| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

科捜研登場。

いっとき、全然行かなくなってしまっていたイマイスーパーに
最近またよく行くようになっている。
時間的なこともあって全然行かなく、というか、行けなくなっていたのだが
理由はそれだけではなく、フルーツの質が悪くなったこともあった。
以前と比べると格段に質が悪くなってしまい、
それもあって足が遠のいていたのだ。

が。
気がついたら品数も多くなったし質も良くなっている。
そしてもう一つ。
久しぶりに行くようになって気がついたことがあった。

フルーツ売り場に新しいお兄さんがいた。


170426-1.jpg


そのお兄さんは科捜研の新入りによく似ている。

科捜研の新入りト言われても
『科捜研の女』を見てない人には全くわからんだろうが
先シーズンからウェービーヘアのお兄ちゃんが加入したのだ。
仕事はできるが誰にでもタメ口で馴れ馴れしく図々しい。
新人類だ新人類(あまりにも古い)。
新人類の科捜研だ。

その新人類の科捜研っぽいのがニコニコとおばちゃんらと語らっている。
「お兄さん、こないだのいちご、ちょっと酸っぱかったわ〜」
ト言われても
「あー!こないだのねー!ウンウン」
ニコニコ答える新人類の科捜研。
「お兄さんにもそっちは酸っぱいよって言われとったもんねぇ」
「今日のはどれも酸っぱくないよー」
「あ、ほんと?」
にこやかに談笑しつつあっさりお客さんゲット。

その後もわやわやと新人類の科捜研に群がるおばちゃんたち。
そしてそれをサクッとさばく新人類の科捜研。


170426-2.jpg


やりよるなあ。
おばちゃんらの心をぐっとキャッチしておる。
と、新人類の科捜研の客あしらいのうまさに感心しつつ
イチゴを2パック手に持ち、さらに手を伸ばしていると。

「はい、どうぞ〜!」
ト、さっと箱が。
おお…気がきくじゃないか、新人類……長いな…えーと
この、科捜研め。


170426-3.jpg


ちょっとユルめのパーマで懐っこい受け答え。
ニコニコ気がきく。
どれもこれもイマイになかったものばっかしだ。
イマイはユルめのパーマじゃなくてきつめの天パなのだ。
…そこか?

「い〜ラッシャイマッセェ〜〜!!」
相変わらず一本調子で声を出しつつ
グイグイと野菜を並べているイマイ。
お客さんが選んでいるのに
横からどんどんどんどんかぶせてゆくイマイ。
相変わらずのイマイ。
進歩がないイマイ。


ああ…ダメだ、イマイ。
それじゃああの科捜研にかなうはずないだろう。



170426-4.jpg





イマイファンの皆さん申し訳ない。
これからは科捜研の時代だ。









<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!
スポンサーサイト

| 変わった人々 | 07:32 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たのむよメロンさん。

近所のメロンさんは、一番ト言ってもいいくらい古い常連さんだ。
自宅でお茶を教えていて、一見優しそうでもその正体は天然の毒舌…
トいうかなり厄介なおばあちゃん。

週に一回くらいお出かけの帰りに寄ってくれて
いろんなことを姉に要求。
何センチ四方の段ボールをくれ、とか
うちで買ったものでもないアクセサリーを
「ちょっと直して」ト持ってくるのなんてまだかわいい方で、
最近のヒットは、

「琺瑯の鍋、焦がしちゃったの。
内側は全然きれいなんだけど外側だけ焦げ焦げ!
どうしよう。
ここ、琺瑯のヤカン置いてるでしょ?
どうしたらいいかしら?直せる?」

だった。
確かに野田琺瑯のヤカンは取り扱っている。
店でも使っている。
だからって。

「ねえ?うちの鍋どうしたらいい?直せる?」

……知らんがな。
鍋の焦げくらい自分でなんとかしてくれよ。

まあ面白いからいいんだけど。



170417-4.jpg


ところで。
うちに来てくださった方ならわかると思うんだけども、
店のトイレは北東の角なので全く日も当たらず、
冬の間ヒジョーに寒い。
なんとかその寒さを和らげるために、
普段はトイレのドアを開けっ放しにしている。
そうするとエアコンの温風がふんわりとトイレに流れ込み
いざ使うときもなかなか暖かいのだ。

そのトイレにメロンさんが向かった。

「ちょっとトイレ貸してね」
はい、どーぞー。

ト、行ったと思ったらすぐ戻って来たメロンさん。


170417-3.jpg


「あたし、ドア開けたままでトイレは無理〜」

は?

「ドア、閉めてもいい?
ドア開けたままじゃちょっとーー、ねえ?」



170417-2.jpg




…………!!!
ちょっと、ねえ?
じゃないよ。
一人暮らしの家じゃあるまいし。
頼む、閉めてくれ。
積極的に閉めてくれ。

……まさかドアも閉めずになさろうとする方がいるとは思わなんだよ。







<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!



| 変わった人々 | 07:08 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あした

すごくかなしい知らせが届いて、
まだ信じられない。

この世界に『当たり前』のことなんて本当にないんだなあ。
『あした』が今日と同じように普通にやってくるなんて
なんの保証もない。
そんなの、わかってたつもりだったけどホントにはわかってなかった。









タナちゃん、わっちゃん。
あんたたちのためにも
オカアサン、毎日ちゃんとするからね。




あ、タナわちも茶屋一家も元気です!
ご心配なく!




<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| 変わった人々 | 08:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デミでもドミでも。

059がいた頃、毎回もめていた事案がある。
『ドミグラシチュー』。
たまにカフェのお惣菜メニューで作るのだが、その度に
『ドミグラシチュー』なのか
『ドミグラスシチュー』なんか
『デミグラシチュー』なのか
『デミグラスシチュー』なのか。
わしはつい『ドミグラ』ト書いてしまい
059は必ず『デミグラス』ト書くので、なんとなくお互いモヤモヤしていた。
059に『どっち?!』ト聞かれても、そんなもん知らんわ。
ドミグラスソースとはブラウンソースを煮詰めて作ったもののことで
店やメーカーによってドだったりデだったりする。
どっちでも正解トいうのはわかっていても、
それでもやっぱりモヤモヤしていた。


170302-1.jpg


先日『牛肉と3種のきのこのドミグラシチュー』を作った時のこと。


ものすごくスカしたカッポーがご来店になったのだ。
たまに来るカッポーで、彼はまだしも彼女がとにかくスカしている。
ナイフとフォークをご所望されるんじゃないかと毎回ビクビクしてしまうほど
とにかくスカしている。
その彼女が…。


170302-2.jpg


「あたし、この、ドラゴンシチュー

ドドドドラゴンシチュー!!
ドラゴンシチューて。
セレブ臭プンプンさせて、ドラゴンシチューて。
『デ』か『ド』かで悩んでたわしらなんて小せえ小せえ。


170302-4.jpg




ドラゴンシチュー…。
強そうすぎて、手も足も出んな。






<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| 変わった人々 | 07:51 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いか事件。

友達のユカちゃんはおじいちゃんおばあちゃんを大事にする良い子。
そんなユカちゃんのおじいちゃんが危篤状態となってしまった。
慌てて駆けつけたユカちゃん。


「ああユカちゃん間に合った!」
お布団のまわりには親戚一同。
「ほら、ユカちゃんこっちこっち!」
「おじいちゃん、ユカちゃんきたよ」


170209-2.jpg


「おじいちゃん!ユカだよ!ユカだよ!」
必死で呼びかけるユカちゃん。
「おじいちゃん、ほら、ユカがきたよ」
「おじいちゃんユカちゃんが来てくれたよ」
「おじいちゃん!ユカだよ!おじいちゃん!!」

……そんな呼びかけに応えるかのようにうっすら目を開いたおじいちゃん。
そして。


170209-4.jpg


「…………いか?


しーーーんトする親戚一同。


「……い、いかじゃないよ!ユカだよ!おじいちゃん!ユカだよ!」


170209-1.jpg


「………」
「ユカだよ!」
「………いか?
「ユカだよう!おじいちゃん!!ユ、カ!」



170209-4.jpg


「……い…か…

口をおさえ肩を震わせる親戚一同。


170209-3.jpg




これが、いまだに親戚が集まると必ず言われるという
ユカちゃんの『いか事件』。

おじいちゃん、笑かしてくれるわー。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| 変わった人々 | 07:40 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イマイセンパイ……。

めちゃくちゃ久しぶりにイマイスーパーに行ったのだった。


わしはもう全然行っていなくて、たまーーーに行った姉から
イマイ、いなかったよ」
との報告を受けるばかりで、
もしかして本当にやめたんじゃ…と思っていたのだった。
まあそれはそれでありだな、とも、
イマイのあの『い〜〜らっしゃいませぇ〜〜』を思い出すだに納得だったし。
だがしかし、
ねこねこ展に来てくださった読者のかた数人から
『わたし、イマイのネタが大好きなんです』
ト言われたこともあり、やめたならやめたで
きちんとシリーズ終了のけじめをつけないといけない。
……真面目か。
ってゆーか、イマイのネタが好きて。
あんたらおかしいで。


そしてやって来たイマイスーパー。
どやさどやさ。

…………あ!!いた!
いるじゃん!イマイ!
やめてないじゃん、イマイ!

「いーーーーらっしゃいまっすぇ〜〜〜〜!!」

………イマイだ。
イマイだよ。
真顔で人参出しとるよ。
人参に向かって「いーーーーらっしゃいまっすぇ〜〜〜〜!!」って言っとるよ。
なんだー。いるんじゃん。
やめてなかったんだー、よかったよかった。
……ト。
あ!!イマイ、どこ行くんだよ!バックヤード行くなよ!
なんかおもしろいことしろよ!
イマイ!イマイーー!!


170127-2.jpg


……あーあ……行っちゃったよ…。
何にもおもしろいこともせずに。
なんだよ〜〜せっかくのチャンスだったのにーー。
イマイ、出てこねえかなあ。
出てこねぇかなあ、イマイ。


ト、意味もなくカートを押して野菜売り場をうろうろするわたくし。


そろそろ出てくるんじゃね?
イマイ、まだかなー。
出てこないかなー。
イマイ、出てこないかなーー。


170127-1.jpg




……バスケ部の先輩、体育館から出てこないかなー…。
みたいになっとるがな…。









<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!




ねこねこ展 2/5までやってます
161227-nekoneko.jpg
姉と二人でおまちしております!ほぼ実物大タナわちパネルと記念写真をぜひ!

| 変わった人々 | 07:22 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ねこねこ展5 一週間経過。

ねこねこ展@リアル雑貨茶屋。
始まって一週間がたちました。



170109-4.jpg


はー、怒濤の準備から始まってようやくほっと一息です。

思いがけず、読者の方がたくさん来て下さっていて
ヒャーーー!!とびっくりするやらうれしいやらで
ホントにホントにありがとうございます!

そして時男から常連コメッコのきよさんも来てくれました。
もう3回目のねこねこ展ご来展ですよ、きよさん。
ということで、早速。


170109-1.jpg


タナ仮面。


170109-2.jpg


わち仮面。


170109-3.jpg




タナちゃん!
わっちゃん!
ほら、みてあげて!!!




ねこねこ展へいらした際はぜしとも一声かけてくださいね〜。
タナわち仮面にならずとも、
ほぼ実物大タナわちパネルと記念写真をどうぞ。
でもって、タナわちカレンダーまだ残ってるのでどーぞシクヨロ。





<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!


| 変わった人々 | 08:58 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そこ、大事なとこだから。

いっとき、姿が見えない時期があった歯医者ペア
ミョーにえばってるアラフォー歯科衛生士と、
夫婦でもつきあってるわけでもないのになぜか尻に敷かれている先生のペア。
でもそれがいつものことらしく、
別に先生も気にするふうでもなく毎回やりこめられている。
最近またちょこちょこ来てくれるようになったのだが、
やっぱりいつも何か言ってはガツーン!とつぶされる先生。



161017-1.jpg


今日の話題は北海道のようだった。

「はぁ〜?なに言っとるの?それは函館だって!」
トびしっと叩き込む歯科衛生士に対し、なにかもごもごと抗う先生。
先生の声はもごもごこもっていて全く聞こえないのだが、
対する衛生嬢の声はキッチンにいても聞こえる。
「だーかーら!ごりょうかく、でしょ!ごほうかくってなに?!」
どうやら五稜郭のことを言ったらしい。
確かにごりょうかくだけど、そんな大きな声で言わなくてもイイじゃん…。
そのあとも北海道ネタでガンガン攻撃されている先生。


………なんか申し訳ない気持ち……。


161017-2.jpg


トいうのも。

多分、北海道の話になったのはその前に選んだお惣菜のメニューのせい
だと思われるからだった。

ショーケースに並べてもあるのだが、席で選んでいただくために
黒板にその日のお惣菜メニューが書いてある。
そして不思議なことに同じお惣菜なのにちょっとした名前の違いで
人気になったり全然出なかったりもする。
今日の『秋鮭とキャベツのちゃんちゃん焼き』もまさしくそうだった。
なぜか『秋鮭とキャベツの味噌バター炒め』にすると大人気のくせに
『秋鮭とキャベツのちゃんちゃん焼き』にするとあまり選ばれない。
なにが違うのだ。
バターか。
バターがいいのか。
それとも『ちゃんちゃん焼き』ってのがイマイチピンと来ないのか。
でももう充分知れ渡ってると思うんだけどなあ、ちゃんちゃん焼き。
北海道料理の代表格といってもいいんじゃないだろうか。
でもなぜか敬遠されてしまう。
それがわかっていて今日はあえて『ちゃんちゃん焼き』ト書いたのだった。
たくさん作り過ぎて早めに減らしたいお惣菜があったので、
なるべくそっちを選んでもらおうと、
わざと人気のない『ちゃんちゃん焼き』にしたのだった。
これが情報操作というやつか(違。



161017-3.jpg


だが、先生はそんな小手先のごまかしに引っかからなかった。
ショーケースで確認し黒板を見て、しっかり選んだ。

『秋鮭とキャベツのちんちん焼き!



161017-4.jpg





そ、それだけは…!!
先生…そのまつがいだけは……!!!




ビロウな話題なので、タナちゃんのかわゆいお写真でごまかしてみました。
すべてじゃらしと目線がまったくあってないのがポイントです。





<ブログランキングに参加しています>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!


| 変わった人々 | 07:28 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すでに古典ボケ。

毎週末に来てくれるナンセイチョウさんは、
普段は専門職でバリバリ仕事をこなすデキ会社員。
の、はずなのだが、
以前にも着地点がわからないという話をしたことがあるくらい
どうにもつかみどころがないというか、天然というか、不思議なヒトなのだ。
ウケ狙いで言うのではなくご本人はいたって真面目なので、
こっちもどこまで突っ込んでいいのかいつも悩む。


160920-3.jpg


「わー、秋モノかわいいのがたくさん!」
そうなんですよ。
「このあいだ『姉に』って買ったチュニック、キツかったって言われて」
あらら。
「あ、でも私も好きなやつだったからいいんですよ、私が着るんで」
わぁありがとうございます。
「うーん、でもどこがキツかったのかわからないんですよねー」
そうですね、かなりゆったりしてましたもんね、アレ。
「ですよねーー、ガバチョとかは普通にはいてるんだけどなあ」

……ガバチョ…。

「そうなんですよ、ガバチョはべつにキツくないみたいで」

ガバチョ…。

「おかしいですよねー」

いやいやいや。
なにがおかしいのかもうわからない。
おかしいのはあんたや。
ガバチョは普通にはいてるからチュニックがキツいというのがおかしい、
トいう論理もおかしいけど、ナニよりまず。

ガバチョて。
鶴瓶か。
ガバチョじゃない。
ガウチョだ。



160920-2.jpg


そのナンセイチョウさんのおかあさんが転んで骨折してしまったらしい。

あららら大変!
でも前にもそんな話されてましたよね?
「そーなんですよぉー!去年も骨折して入院したのに」
わーー、大丈夫ですか?
「今回はそんなにひどくはなさそうなんだけど」
でも入院ですか?
「そう…みたいです」
あら、心配。
「まだ脚に去年のボトルが入ってるのに」

去年のボトル…。

行きつけのスナックか。



160920-4.jpg




いや、タナちゃん。
もういっぱいです。





<ブログランキングに参加しております>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| 変わった人々 | 07:45 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

むーさんのこと。

最初にむーさんの話を聞いたのは、かれこれひと月チョイ前のことだった。

猫が好きなんだ!ト言いながらわんこ4ぴき+黒猫1ぴきと暮らす
キノコ星人ことキノコのインスタに見慣れないワンコの画像がアップされたのだった。
あのコ新入り?
ト聞くと、
「居候」
いそうろう?
「長期預かりできるかちょっとトライアルというか」
どゆこと?


DSC_2826.jpg


フレブルのむーさん。
むーさんは飼い主に飼育放棄されて病院が預かっているコだった。
詳しい事情はわからないけども、
もう3歳なのに自分の名前すらわかってない疑惑とか
手足の太さのわりにあまりにも小さい身体とか
愛されてなかったということはわかる。
ストレスからだろうか、アトピーもひどい。
それを見かねたキノコが病院ではなく、普通のおうちで、
飼い犬修行をさせようと一時預かりを決意した…トいう経緯。
「誰か、ちゃんとかわいがってくれるヒトいないー?」
えー…アタシのまわり猫飼いばっかしだしなー。

トいうことで、キノコの心意気は素晴らしい。
けど残念ながら協力できんなあ…。


DSC_2825.jpg


が、事態が急変したのはつい先々週のこと。
いつも通り話している時にキノコがぽろっと
「散歩行ってごはん食べていびきかいて、幸せそうに寝ちゃうんだよねえ」
ト言った。
そりゃ今までの暮らしに比べれば全然幸せなんじゃないの?
「そーだけど。でもこんなのホントに幸せじゃないし」
……うん。
「今がいちばん幸せ!って顔して寝てるんだけどさ、幸せのレベルが低いよ」
うん。
「あんたはもっと上をみなきゃだめだよって言ってるんだけど」

それを聞いてふと思い出したことがあった。
……そうだ、まゆみさんの友達でフレブル飼ってたヒトいたな。


DSC_2828.jpg


そこからあれよあれよと展開。
長く一緒に暮らしたフレブルさんを2年ほど前に亡くしたOさんご夫婦。
まゆみさんの話を聞いてむーさんに興味を持ってくれた。
そして即お見合い。

「ど、どーしよう…むーさん、セールスポイントがないもん…」
ナニを言うのキノコ!大丈夫だよ!
「でも性格暗いし」
そーなの?


DSC_2835.jpg


だがしかし。
現れたむーさんは全然暗くなかった。
ブフブフ言いながらOさんお父さんに突進し、抱っこされ、
降りたらそのままお母さんに体当たり。
その後、どお?と様子を見に行ったワタシにもわしわし寄って来る。
すっげー笑顔だし。
明るいじゃん。


DSC_2836.jpg


アトピーのせいでちょっとハゲハゲだけど、なんとも愛嬌のあるいい顔。
キノコの言ってた通りの性格だったとしたら、
今のむーさん、がんばってるな。

結果、お見合いは大成功。
つい先週、むーさんはOさんのおうちのコになった。
今までの育ち方からいってこれからいろんなことがあるだろうことも
しっかり理解した上で、Oさんご夫婦はむーさんのお父さんとお母さんに
なってくれたのだ。


DSC_2827.jpg


よかったねー。ト、キノコに言うと。
「だってすっごい言い聞かせたんだもん。
明るくしてた方がトクだよ、って」
そーなのか。
「どこに行ってもみんなにかわいがられるし、って」
だからか、むーさんあんなにがんばってたの。
「むーさんがんばってたよね?!」
うん。


DSC_2831.jpg


「散歩の時にさぁ」
うん。
「むーさんのことをずっと大事にしてくれるおうちが見つかるといいね、
って言ってたんだ〜」
そっか。
「広いお庭があって、お父さんとお母さんがいて、
お母さんはおうちにいてくれて、お休みにはみんなでお出かけして、
そんなおうちがあるといいねえ、って」
へーー!!Oさんちぴったりじゃん!
「そーなんだよ、理想だよ!」
すっげーー!!!


DSC_2833.jpg


Oさんご夫婦も、言ってた。
やっと次のわんこを探そうかって話をしはじめた時だったらしい。
なのでもう少しあとだったらもう次のわんこがいたかもしれない。
もっと前ならまだその気にならなかったかもしれない。
そして先代わんこの名前がなんと「ムーン』。

なんだ、この縁。
縁トしか思えないな。


DSC_2837.jpg


お見合いも後半。
また様子を見に行ってみると、ぼーーっとたたずむむーさんの姿。
この時はわからなかったけどキノコの話を聞いてからこの画像を見ると
むーさん、パワーを出し切って疲れたんだな。

むーさん、むーさん。


DSC_2838.jpg


むーさん、幸せになるね。
これからはちゃんとムーくんって呼ぶよ。
おめでとうムーくん。
これから気持ちが落ち着くまで大変だと思うけど
がんばるんだぞ!


DSC_2839.jpg





フフフ。
それにしてもホントに似てるわ、ムーくんとムーくんお父さん。







<宣伝です>
ねこねこ展4関係の記事はコチラ→ねこねこ展カテ
『鯵ぽたユミタの七転八倒』はコチラ→七転八倒
『アトリエ彩葉のキッカーワークショップ』はコチラ→キッカー

『七転八倒』『ワークショップ』ご参加希望はメール、コメント欄からでもOKです。
お気軽にお問い合わせ下さい。



| 変わった人々 | 07:22 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

<