| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はしもとみおさんのワークショップいてきたー。

先日、京都のごはんカフェたまゆらんさんで開催された
はしもとみおさんの木彫りワークショップに参加してきた。
メンバーは、わし、くめこちゃん、サニー山田、トメさん。
過去に数回、みおさんのワークショップを経験済みのサニー山田以外は
およそ四半世紀以上ぶりに彫刻刀を握ることになるわけで
不安しかない。
だがしかし、あの!はしもとみおさんに教えてもらえるというのは
そんな不安を吹き飛ばすほど楽しみ。

今回のテーマは『座り猫』。


170626-1.jpg


まずモデルさんのシルエットをクスノキに描いて、
小型のノコギリで切り出してゆく。
まったく思った通りにノコギリの刃が入って行かず
始めた早々に心が折れそうになるわたくし。


170626-2.jpg


タナちゃんの猫背はどうやれば表現できるのか…。
ト、そこに
「ちょっとみてみましょうか」
先生……。
みおさんがちょこちょこっとノコギリを引いただけで、
タナちゃんの猫背がざっくり現れる。
魔法の手だ。


170626-8.jpg


15人ほどいる参加者の中をくるくると回りながら
にこやかに手直ししてくれるみお先生。
やればやるほどどんどん犬化していってしまうわしらの木の塊も
みお先生の手にかかるとあっという間に猫になった。
「猫の特徴はまず丸みですね、耳のつき方が犬と猫では全然違って」
オオーーー!猫だ!猫になった!!
その後もそれぞれの特徴をチャチャッと掴んで手直ししてくれる。
すごすぎる。


170626-3.jpg


顔……どうやれば…タナちゃんのモフッとした感じが…
ト途方にくれていると、みお先生が
「モフッと、モフッと。で、このコはお口がキュッと閉じてるから」
ひゃーー!タナちゃんになった!!
「形を残そうと思ったら、削らないとだめなんです」
………そうか。
残すために削るのか。
深いな。


170626-4.jpg


そんなこんなで3時間ちょいがあっという間。
時間が足りず色付けが中途半端だけどなんとか完成。
たまゆらんさんの猫さんも参加して全員で記念写真。
みんな上手いなあ〜〜。


170626-5.jpg


後列右から3番目と4番目がみお先生のお手本。
……やっぱ全然違う……。
「とにかくよく見ることが大事なんです」


170626-6.jpg


わしら4人の作品。
左から、タナちゃん、トメさんちのチョビヒゲこと波留、
くめこちゃんちのはげまる先生、サニー山田のちぃさん。
うーん…タナちゃんがやっぱりイマイチだなあ。
タナちゃんのちんまり感はなんとか出せたけど
似てねーー。


170626-7.jpg



あー、でもホントに楽しかった。
ノコギリも彫刻刀もさらには絵の具も筆も、
全然わしのいうことはきいてくれなかったけども
それでも楽しかった。

そしてやっぱりみおさんはすごかった。
木の中から命を生み出してる感じ。
また機会があったら参加したいなあ。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!


スポンサーサイト

| パラダイス | 08:15 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お久しぶりだよ明治村。

♪このみちーはーいつか来たみーちーー。
 あーあー そうだよーおーー





はい、長年の読者の方なら懐かしいとすら思えるであろう光景ですね。
そうです、お久しぶりの明治村。
今回の記事を書くにあたって前に明治村に来たのはいつだったかの〜と
調べてみたら2011年4月!もう6年も前だった。
それもゆずねーも一緒に行っている。
6年も前かよ〜〜そりゃ変わってるはずだわ、明治村。
北口に入場ゲートできとったもんなー、前は売店の脇にちょこっとあっただけなのに。


170605-2.jpg


そして6年ぶりに来たにはワケがある。
6年前の記事でも懲りずにやってた『明治探検隊』が去年から名前を変えて
『明治探偵GAME』となってるわけで。
久しぶりにやってみたいなあ、ト思ったわけで。
これやると嫌でも明治村中を歩き回ることになるわけで。
運動不足解消にはもってこいなわけで。
カボチャは誠意なわけで。


ト、誠意を持って探偵ゲーム『弐』に挑戦するわしと姉。
『壱』は小学生向けですよ…その上ですよ…。
なんてったって6年ぶりだし、わからないとつまんないし。


170605-3.jpg


おー、ロンブー淳(右端)も元気にやっとったかね!
いやそれにしても、全然わからん探偵ゲーム。
ざっくり説明すると、明治村を舞台にしたリアル宝探しゲームで
ヒントから推理して明治村のあちこちに隠してある宝箱を見つけ、
最終的に解答をゲット!
……なんだけども。


170605-4.jpg


久しぶりということもあってか、全くわからない。
ヒントからあたりをつけていくのが定説なんだけど仕方ない。
とにかく行こう!ローラー作戦だ!!


170605-5.jpg


いや〜平日なのにめっちゃ人がいる。
信じられん、を連呼する失礼姉妹。

「まず駐車場がさー!」
そう!いっぱいだったね!!
「ねーーー!!!びっくりしたよねーー!」
あんなにのんびりしてた明治村が、ちょっとした観光地のようじゃないか。(失礼)
みんな手に手に明治探偵ゲームの挑戦状を持っている。
すげーな!6年前はここまでじゃなかった。人気アトラクションになってるんだなー。


170605-6.jpg


石川啄木はやっぱりいた。
毎回写真撮ってるわ、ここで。なんでだろう……。


170605-7.jpg


なんとなくこの辺ありそうだよね、ト、とある建物に向かうと
その前で家族で問題を解いていた小学女子に口パクで
(ウラ!ウラニアルヨ!)
ト、ヒントをもらうわし。
そー言われましても……キミがやってるのとコースが違う……。
でもめっちゃキラキラした瞳で(ウラ!ウラダヨ!!)口パク。
わ、わかった…行こう。


170605-8.jpg


ローラー作戦大正解でいくつか宝箱を見つけたわしら。
ヒントがわからなくてもこうしてやみくもに歩き回れば答えが見つかる
というのもこのゲームの面白いところ。
勝手知ったる明治村なので、なんとなーーく宝箱のありそうな場所ってのも
想像つくし。


170605-9.jpg


あ、路面電車!
これは2020年までの期間限定で置いてあるコだわ。
なんと明治時代に名古屋で運行されてた名電1号。
大正時代に札幌電気軌道に買い取られ昭和11年まで札幌市電として活躍してたらしい。
めっちゃかわいい。


170605-10.jpg


竹の吊り手とか。
札幌市さんのご好意で貸してくれてるとのことで。
ずっと貸しといてくれんかしらん。


170605-11.jpg


そして問題の探偵ゲームの方はというと。
宝箱を二つばかり見つけたところで解答の場所がわかった。
ほほう。
あとはそこに行けばいいだけだな。
ヒントがどう繋がるんだかイマイチわからんけどな。
とりあえず答えはゲットだぜ。


170605-12.jpg


夏目漱石んちの猫も変わってた。
若返っとる。
お客さんが増えたせいかあちこち変わってるなあ。
頑張っとるなあ、明治村。


170605-13.jpg


前々から思ってたけど、ベイツモーテル感が強い。


170605-14.jpg


やっぱり一番好きなのは帝国ホテル。
素敵だわーー。
時間があったらまたゆっくり観たいけど、
もう今日は時間切れやな。
昼過ぎから来て明治村ぐるりだもんな。
でも答え見つかってよかった。スッキリ。


170605-15.jpg


ヒントはもうよくわからんので後付けで納得するとして
とりあえずよかったよかったとお互いをねぎらう足で勝負姉妹。

今回はローラー作戦大成功だったね!
「うん、所轄の刑事並みのローラー作戦」
所轄デカは足で稼がないかん。
「小さな巨人だな!」
……もう一回言ってみ。
「小さな巨人…だよね?日曜日のドラマ……」
ドラマのタイトルはあっとるよ、あっとるけど。
もう一回言って。
「小さな巨人」
それはオロナミンCやろ!
イントネーションがさ、
その言い方は『オロナミンCは小さな巨人です!』やん!
もっと平坦に言わないかんわ、小さな巨人。
「小さな巨人」
大村崑か!!



170605-16.jpg



明治村なのにオチは昭和だったというね……。










<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 10:51 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妖精からの弘法大師。

おかざき世界子ども美術博物館は広い公園の一角にあった。
実は、その公園内にはしもとみおさんの展示を観る前から気になったものが…。


170525-1.jpg


あれは…なんだろう。
まるでそこだけ違う世界のような。
行ってみよう。


170525-2.jpg


近づいてみると、土台の部分に鏡が貼られていて
なんだか浮いているようにも見える。
それにしても、キノコ……。
お?!どうやら上に上がれるらしい。


170525-3.jpg


妖精の棲む浮かぶ島。
よ、妖精がいるのか…。


170525-4.jpg


ババーン。

シュール……。


170525-5.jpg


キミが妖精か?

と、ケツを叩いてみたがどうやらこのシトは妖精ではないらしい。


170525-6.jpg


こんなお家に住みたーい。


170525-7.jpg


よくみると滑り台とかも配置されていて、
小さなお子さんなんかは喜ぶんだろうな。
小さなお子さんだけじゃなくて現にここに
喜んでいるオジイヤンが二人いるしな。


170525-8.jpg


小さな窓があったのでのぞいてみたらこんなことになっていた。
シュールが過ぎる。


170525-9.jpg


願わくば、塗り直しをしてもっと発色を良くしていただけたら。
キノコは毒々しさが命だからな。
もっと増田セバスチャン並みにしていただきたい。


ト、岡崎に別れを告げて次にもう一つの目的地へ。
友人のくめこちゃんに「リリさんにぜひ行ってほしい」トおすすめされていた
場所があるのだ。

車を走らせること45分。
蒲郡市に到着。


170525-10.jpg


見えた。
あれだよ。
駐車場に車入れちゃったけど……随分遠そうだなあ…。
でもたまには歩かんとな。行くぞ。


170525-11.jpg


ト、覚悟して歩き出したはずなのに1分も歩いたらすぐ真横に。
あれ?
距離感がめちゃくちゃや。


170525-12.jpg


ドドーーン!!
こちらが東洋一と謳われる三谷の弘法さんこと
金剛寺の子安太子像であらせられるぞ。
デカい…。
そしてハト…。


170525-13.jpg


弘法大師が四国八十八か所で修行中、山の中で難産に苦しむ女性に出会い
秘法の加持祈祷をして安産させた、という姿を現している、ト。
子宝に恵まれるらしいですよ。
ま、わしらには関係ないけども。オジイヤンだから。
てゆーか、ハト!
ハト多すぎ。


170525-14.jpg


赤子とハトを抱く巨大弘法大師。
全長30m。
台座の高さ7m。
身長19m。
……あり?
19+7は30じゃないよね。
…ああ!あの杖も入ってるのか。そーか。
いや、だからなんだってわけじゃないけど……。


170525-15.jpg


三河湾の絶景。
昔行った竹島水族館も見える。
わしらが行った時はまだそんなに有名じゃなかったのに
今はもう押すな押すなの大盛況らしい。
また行ってみたいもんだ。

ん?こんなところに喫茶店が。
そういえばここまで来る途中にも要所要所に『HILL TOP』っていう
看板があったけど、これのことか。
なになに?


170525-16.jpg


蒲郡HILL TOP。
なんだろう…この直線は…。


170525-17.jpg


日本東西3トップライン。
スカイツリー世界一。
富士山日本一。
そして…蒲郡ヒルトップ七つ星。

そこに並ぶか。
おまけに七つ星ってなんやろか。
謎が謎を呼ぶがちょっと入る気にならなかった…ごめんなさい…。


170525-20.jpg


東洋一の子安弘法大師。
鼻の穴目立つわー。

ト、ぼーっとみていたら、
わしらの後ろにいた老人会の面々が突然ハトの餌を撒き出したらしい。


170525-21.jpg


ハト、バサバサバサーーー!!


170525-19.jpg


ヒィーーー!
画像で見たら大したことないけど、現場は怖かったんだぞ。



170525-22.jpg


本堂の入り口に貼ってあった。
「おれがおれがのがをすてて おかげおかげのげでくらせ」
だそうです。
うまいこと言うー。

今日もみなさん、おかげのげで暮らしましょう。



……あ!今日、猫出てない!!
妖精と弘法さんだけだ!!










<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 08:29 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はしもとみお展、行くべし。

岡崎市のおかざき世界子ども美術博物館で開催中の
『はしもとみお 彫刻の世界展  木のどうぶつたち』
を観てきた。


170524-13.jpg


はしもとみおさんの手から生まれるどうぶつたちは
どれも本当に命が宿っているようだった。


170524-1.jpg


この後ろ姿。


170524-2.jpg


ああ、かわいい…。


170524-3.jpg


もちろん猫もいる。


170524-4.jpg


質感まで伝わる。


170524-5.jpg


わんこたちはお触りOKだった。


170524-6.jpg


猫はうちにいるけど、わんこはいない。
もともと犬飼いだったワタシにとっては久々のわんこ。
それもこのサイズ。
雑種犬。


170524-7.jpg


ガシガシガシ。。
わっちゃんは猫のわりには頭をガシガシ撫でさせてくれるけど
やっぱり犬とは違う。
こんなに力を入れて頭を撫でれるのは自分ちの犬だけだと思う。
ガシガシガシ。
コロ爺を撫でてるみたいだ。
泣ける。


170524-8.jpg


ああ、このコはタナちゃんにそっくりだ。


170524-9.jpg


カメレオンもいた。
木とは思えない。
なんて生き生きしてるんだろう。


170524-10.jpg


ツチノコ!!


170524-11.jpg


アトリエも再現されてた。
木の香りがフワーーンとする。
デスクの上にあったバナナマンがめっちゃかわいかった。



170524-12.jpg

ワタシの横の横に座ってるオランウータンは東山動物園にいるコで
ワタシも何度か観たことがあるんだけど、本当にそっくりだ。
ポーズも表情も。
身近などうぶつから森の中のどうぶつたち、架空のどうぶつ、
どのコもとにかく今すぐにでも動き出しそう。
デッサンも絵もたくさん展示してあったけど、
どれもこれもスッ……と紙から出てきそうだった。
平面なのに深みがある。


170524-13.jpg


あー、観られてよかった。
大きいのからごくごく小さいのまで
本物よりほんものだった。


170524-14.jpg


ちなみにこの子ヤギ。
ひとめ見たときからなんだかすごく惹かれたんだった。


170524-15.jpg




似てる……。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 07:44 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

念願のお花見。

今年は全然お花見ができなかった。
満開終わり頃に東京に行ったことは行ったけど雨だったし。
ニャゴヤで満開になった時は週中で、
やっと休みになった時には雨だった。
えいくそ。なんだよ。
よし!桜がダメならシバザクラを観ればいいじゃなぁ〜い?
ト思い、GW明けの月曜日ちょっとお出かけをして来た。





途中の川島SAでオサレな朝ごはんを。
……これねえ、ボリューミーに見えるでしょう?
見えるでしょう?
見えるでしょ?
見えるよね?!
それがねえ……高さ2センチで長さが9センチ程度。
ちっせえ!
二口で食い終わるわ!!


170513-2.jpg


オサレな朝ごはん追加。
白玉きな粉あんベーグル。
チョイスが迷走。


170513-3.jpg


『飛騨の恋人』。
これはあれか、問題にならんのか。
『おもしろい恋人』だったかは問題になったのに。
いいのか。


170513-21.jpg


わしがトイレに行っている間に車に戻っていた姉を呼び戻してまで
撮った顔ハメパネル。
キムピ〜〜。



170513-4.jpg


そして到着したのが岐阜県郡上市にある『國田家の芝桜』。


170513-5.jpg


芝桜のシーズンにはあちこちからわしらのような観光客がやってくるほど
有名なこちら。
國田家のおばあちゃんが昭和36年ごろから一人でコツコツと増やして来たらしい。
すごいわーー。


170513-6.jpg


一つづつはこんなに小さい花なのに
香りがすごい。
周り一帯がふわ〜んとフローラルフローラル。


170513-7.jpg


奥には花桃もあってこちらも綺麗だった。


170513-8.jpg


芝桜って最近すごくあちこちで名所になってて、
有名なところもたくさんある。
その中に入れてしまうとここは少し規模も小さいし見劣りしてしまうのかも
しれないけれど。


170513-9.jpg


でも、3歳くらいの女子がこれですよ。


170513-10.jpg


敷地内の建物に…わ!なんだこりゃ。
鹿の頭?
魔除け?


170513-11.jpg


すぐ目の前に浅い池があって
そこに映ってるのもめっちゃ綺麗だった。
おたまじゃくしがビーーーーッシリいた。
夏になったらうるさいだろうなあ……。


そしてせせらぎ街道を通ってまた郡上八幡ICまで戻る。
それにしてもせせらぎ街道て。
名前からしてすぐ横に川が流れているのだろうということは
わかるのだけれど、全くそれが見えず。
ちっともせせらいどらんやないか。


170513-12.jpg


なかなか風情のあるお寺があったのでちょっと寄ってみた。

……こんちゃんのようなわんこが。
Instagramとツィッターでフォローしている
秘密結社老犬倶楽部のこんちゃんにそっくりだ。


170513-13.jpg


こんちゃんだこんちゃんだ。
かなりの老犬らしくぼぅーーーっとしてるけどそれがまたよし。
郡上のこんちゃん、長生きしてね。


170513-14.jpg


明宝ハムで有名な『道の駅 明宝』に寄り道。
そこの定食屋。
このメニューを見ていた壮年カップルのおっさんが
「山菜の天ぷらにうどんのきんぴらだって!」
ト大声でお連れ様に教えてたけど
うどんのきんぴらて。
それは焼うどんのことか。


170513-15.jpg


そして郡上八幡といえばこの明宝ジェラート。
林家ぺー・パー子さんみたいなのがわしの。
ほうじ茶とチョコでドドメ色セットが姉の。


170513-16.jpg


そしてついでだし、ということで郡上八幡。
前回郡上八幡に来たのが9月に入ってからで、
すでに販売が終了していて食べ損なった有名な水まんじゅう。
今回こそ!!
と思ったのに……。
やっぱりなかった……。
てか、店が開いてなかった…。
月曜休みなのか…。


170513-17.jpg


と、お茶飲んで休憩してぐるっと回ってまた戻って来たら…。
店が開いとる!!
おばちゃんが店先でタバコ吸っとる!
でも午後3時すぎてるし…まさかあったり………

スイマセン!水まん……
「ないよ!!」

おばちゃん、電光石火の切り返し。
もうここの水まんじゅうは縁がないと思おう。


170513-18.jpg


帰路。
あまりの空腹で関SAに寄り道。
なんだこの、ゆるキャラ祭りは。
それにしても……そーか…日本の人口重心か…。
いろんなこと考えるなあ…。


170513-19.jpg


友人のダンナさんに『あつし』トいうヒトがいるのだった。
しょっちゅうネタになるようなことばかりしでかすので
わしらはヒソカに「今日のあつし」を楽しみにしている。
そのせいか「あつし」に敏感。


170513-20.jpg


あー、今回も楽しかった。
関SAで食べたトンテキ定食もうまかったし。
相変わらず姉のお土産セレクトは意味わからんし。
なんだよ、ちょんマグて。
まあわしが先に見かけたら買ってたと思うけど。



170513-22.jpg



最後に、明宝ハムになったわたくしを置いていきます。
多少問題があるので顔はぼかしたけど
めっちゃいい笑顔で明宝ハムになりきってる
とだけ伝えておきましょう。













<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 19:50 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メダルはないけど。<鳩吹稲荷編>

永田シェンシェイの大仏講義を堪能した後、同じ岐阜県内の可児方面に移動。
前々から行きたいとは思っていたのだが、
なんとなくタイミングを逃して行きそびれていた場所。


170331-1.jpg


ババーン!
日本ライン花木センター!!
ちょっと大きな園芸センターだぞー。


170331-2.jpg


そそそそ、庭木が10%オフだからね。
……ってちがーう。
もっと奥!
奥見て!


170331-3.jpg


ババーン!(二回め)

えーと。
久々にものすっごいパラダイス臭。


170331-4.jpg


おお、ここにも絵天井が。
天女?何?弁天様?
さっき見た雲龍の絵天井とは随分趣が違うが。


170331-5.jpg


壁画。
踊り狂う弁天様。
コッテコテパラダイスの予感。


170331-7.jpg


門を抜けると、前方に池と舞台らしきものが。
池の中に誰かおるし。


170331-8.jpg


池の周りにはなぜか客席がズラーリ。
舞台で何かやってたのかしら。昔は。


170331-9.jpg


……全景。

弁天様がふたーり。
ここは日本ライン花木センターの敷地内にある、鳩吹稲荷というお稲荷さん。
あの、おちょぼさんこと千代保稲荷から分霊されているらしい。
あ、この弁天さんがいるとこがお稲荷さんではなく、
この池の奥にちゃんと本堂があります。


170331-10.jpg


シェクシーー…。


170331-11.jpg



ババーン!(三回め)
噂によると、あの舞台の上の弁天さんが某有名人に似てるらしい。
遠いなー。
もうちょっと近くに寄れんかなー。


170331-14.jpg


ぐるっと回り込んでみた。



170331-12.jpg


ああ、遠い。
あれ?
琵琶でうまいこと隠してるけど、もしかしてノーブラ?
ノーブラて。
ノーブラっちゃーノーブラだけども。


170331-13.jpg


うーむ。見えん。
なんとかして見えんもんか。
ノーブラなのか?どーなの?
……あたしゃ、中学男子か。


170331-15.jpg


反対側に回ってみるも、どうやら橋が崩落しているようだ。
がっくし。
なんとなく全体的にほおっておかれてる感満載だもんなー。
直してくれればもっと近くに行けたのに。


170331-16.jpg


思いっきりズームでもこれ………
…あ、でも…フフ。
うむ。


170331-17.jpg



谷でも金、ママでも金。
谷でも金、ママでも金。
噂には聞いてたけど、あんた、谷でも金ママでも金じゃないのか?!
議員さんになってなんだかうやむやになっちゃって
全然最近見かけないと思ったらこんなところでノーブラで琵琶……。



170331-21.jpg


久々のパラダイス満喫で、気持ちだけはお腹いっぱいだけども、
実際の腹はぐーぐーなので、ラーメンでも食べて帰ろう。

なかなかのメニュー構成だ。

よもぎだんごとコーヒーのセット。
みたらしだんごとコーヒーのセット。


170331-22.jpg


まだまだ風が冷たい日だったので、飛騨高山ラーメンを食すわたくし。
高山ラーメンといえば、極細の縮れ麺に濃いめの醤油。
なんだか懐かしい味だわー。
おいしいおいしい。
やっぱり寒い時はこーいうのがいいねえ、ト
向かいを見ると。



170331-23.jpg



ざるラーメンと五平餅のセットを選ぶ姉。
『冷やし麺ダヨ!』とメニューにも書いてあるのに…。
『夏麺ダヨ!』と書いてあるのに…。


久々のパラダイスは、全体的に小寒い感じだったということで。









<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 07:40 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍と大仏とニャガタ先生。

長い冬眠から覚め、ようやく出かけることにした。
行き先は面白スポット満載の岐阜。
前から気になってるところをまとめてやっつけてやろう。


170329-1.jpg


まずやってきたのは羽島にある本覚寺。
ここには龍の天井画があるらしい。
どれどれ。


170329-2.jpg


その前にまずはこのおびんずる様を。
なになに?悪いところをなでておびんずる様をなでて………
………てか……まず何より…
おびんずる様がこわい!
おびんずる様、目が笑ってないって。


170329-3.jpg


さてこちらが「雲龍の絵天井」。
おおー、さすがの迫力。
もともとは幕末期に描かれたのだが1891年の濃尾地震で破損してしまい、
その後日本画家の森村宣稲によって修復されて現在に至る。


170329-4.jpg


八方睨みの龍を堪能した後、御朱印をいただこうと呼び鈴を鳴らしたところ
ご住職の娘さんらしい小学女子が登場。
「300円いただきます」
はい、お願いします。
「しばらくお待ちください…えっと…」
ト、ご住職が現れるまでの間が持たないらしい小学女子。
「あー…(ワシの御朱印帳をパラパラ)…けっこうあちこち行ってますね」
小学女子、渾身の世間話。
だがしかし、上からなのは否めず。

……はぁ、まあ。
そりゃな、多分アンタが生まれる前からあちこち行っとるでな…。

さ、次いこー。


170329-5.jpg


本覚寺からすぐのところにある佐吉大仏。
江戸時代の商人で仏佐吉と称えられた永田佐吉によって建立された釈迦像。
台座を入れて約5m。
大仏って調べるとわりとあちこちにあるもんだ。
特にこの佐吉大仏は、気軽に誰でも入れるようになっていて
ご近所さんにも愛されている。


170329-6.jpg


背中に穴が……。
もしやこれは…。


170329-7.jpg


大仏の周りにはぐるりと佐吉の一生がイラスト付きで紹介されている。
ふむふむ。


170329-8.jpg



『佐吉はよく働きました。
根が正直な佐吉は綿の売買をするのに秤を使わず、相手のいう値段で取引をしました。
このように人を信用し、正直に商売をしていたので、大変繁盛し…』

正直に商売をしていた佐吉。
それにしては……



170329-9.jpg


この顔は……。


170329-10.jpg


そんな佐吉の一生が双六になっております。
戦前に作られたものを現在復刻して、お参りした人なら持ち帰り自由。
色合いといい絵柄といいなかなかよろしい。

さて、先ほどの大仏の背中の穴。
佐吉大仏、実は胎内に入れちゃうのだった。
御子孫の永田さんが管理されているということで、一声かけると。


170329-11.jpg


永田さん登場。
「はいはいはい、とにかくしっかり掴んでね」
はーい。
「とにかく落ちないで」
はーい。
「しっかり掴んでれば大丈夫だから」
…えーと…ワシの足腰がおぼつかないの、そんなにバレバレなんだろうか…。


170329-12.jpg


脚立を使って台座に登り、はしごで胎内によっこいしょ。


170329-13.jpg


中は思ってたより狭い。
なぜならいろんなものが置いてあるから。
金庫まであるし。


170329-14.jpg


お経が一文字ずつ書かれた石も置いてある。
ナムー。


170329-15.jpg


なかなかできない体験もできたし。
ト、そろそろ帰ろうかとハシゴを外したりしていると
「終わった?」
ト永田さんの声。

ありがとうございましたー!
「じゃあコレも。せっかくだから」
はい?


170329-16.jpg


でかい木魚と磬子を鳴らさせてくれるという。
「叩くんじゃなくてね、こう、肩の力を抜いてスコーンと落とすだけ。
重いから力を抜いて落とすだけでいいから」
はぁ。


170329-19.jpg


「こう、ね」
ポコーーン!
「こう」
ポコーーン!
「音が全然違うでしょう?」
ポコーーーン!

永田先生……。


170329-20.jpg


「こっちは、こうまっすぐ持ってヘリに当てる。
鳴らそうとしないで上に向かって当てる。
こう、ね」
ゴォォォォォン!
「響きが違うでしょう?こう」
ゴォォォォォン!

磬子乱れ打ち。
永田シェンシェイ……。


170329-21.jpg


こんな感じだろうか…。
ゴォォォォン!
「ん!いい音だ!でも普通は左手で打つけどね」
ああ、そーか。
どーりでなんとなくヨシキみたいになっとるなと思ったんだ。
いや、なってないから。


170329-22.jpg


木魚、パコーーン。


実はこの後、永田先生の『永田佐吉の一生と大仏の管理』の講義が続き、
木魚と同じくらいワシの腹の音が鳴り響いたことは内緒。
永田先生には聞こえてませんように。









<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 08:15 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

徳川の張り子疑惑。

先日、徳川美術館に行ってきた。


170305-1.jpg


徳川美術館ってのは尾張徳川家の邸宅跡が日本庭園として生まれ変わった
『徳川園』に隣設されている美術館。
徳川家康を中心に代々の大名道具が展示されている。
溢れる葵の御紋とキラキラの金箔。


170305-4.jpg


徳川美術館では今『尾張徳川家のひな祭り』と
『日本最大の婚礼調度〜さちぎみさまのお嫁入り』いう特別展をやっている。
もっとどどーん!とお雛さまが並んでるのかなーと思ったら
なかなかどうして、最後の最後にさらっと並んでるだけだった。
いけどもいけどもお雛さまが出てこないので
「あたしらお雛さま見逃したわ!」
「あの辺にあったんかもねー」
などという声があちこちのおばちゃんから上がっていた。
お雛さま見逃すて。
あの辺てどの辺や。
まだ出てきてへんがな。
なかなか出てこんな…とは思わんのか。

最近流行りの刀剣女子がいたり、
なかなか普通の美術館では見ないタイプのヒトがたくさんいる
不思議な美術館。


170305-3.jpg


展示はもちろん撮影禁止だけど、ロビーにはこんなお内裏様がいた。
目、ほっそ。


170305-2.jpg


お内裏様とお雛様は結婚式真っ最中、という設定なので
お雛様には眉毛があってさらにデコに薄墨で描いた作り眉もある。
ダブル眉。
そして目ほっそ。


170305-5.jpg


これは犬張り子。
雛人形は女の子の幸せを願って飾るものだけど
犬張り子は女の子だけじゃなく、
すべての子供が健康にスクスクと育つことを願うもの。
やっぱり子供の幸せとか健康を願うのは
いつの時代も同じなんだなあ。
犬張り子、かわいいわーー。



170305-6.jpg


かわいいわーー犬張り子ー。



170305-7.jpg



かわい………









<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 09:09 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の妻籠散歩。

木曽路はすべて山の中。
ト島崎藤村が言った通りの中山道木曽路にある妻籠(つまご)宿に行ってきた。
そろそろ紅葉が見頃かね?トいう11月初旬のこと。


161125-21.jpg


中山道馬籠(まごめ)宿からさらに7キロばかり進み、
長野県に入ったところにある馬籠宿は
全国でもいち早く歴史的な町並み保存運動に取り組んだだけあって、
宿場の風情がよく残っている。とてもイイ。
ちなみに馬籠宿に行ったときの様子はコチラで。


161125-19.jpg


妻籠宿の名物のひとつでもある鯉岩。
鯉…どこがどう鯉なのか。
ボーボー過ぎてようわからんがな。


161125-18.jpg


ほほう。
明治24年の地震で頭が落ちたらしい。だーよーねー。
てゆーか、なかなか味のある説明書きだなあ。


161125-17.jpg


脇本陣奥谷は明治10年に総檜造りで建て替えられた建物。
重要無形文化財に指定されている。


161125-16.jpg


おや、脇にえらいリッパな門が。
シャチホコ、乗ってる。
どうやら普通のヒトは正面の入り口から。
で、貴賓の皆さんがこちらの門から入ったらしい。
貴賓?貴賓って誰?


161125-15.jpg


うはーーー。すげーー。
どおりで入り口のおばちゃん「今、いいですよ〜!今がいちばんいいですよ〜!」ト
力説してたはずだわ。
さて、上がらせてもらおうかね。
ガイドのおばちゃんがじゃまにならない程度に説明してくれてるし。


161125-14.jpg


まずイチオシはこのトイレ。
なんと明治天皇のためにわざわざ造ったもの。
明治13年に休憩のためにお立ち寄りになるトいうことで急遽、
京都の桂離宮のトイレを模して造ったらしい。
だがしかし、ほんの数分の滞在時間でトイレは使われず。
そしてソレ以降も誰も使ってないままの未使用のトイレ。
……はー!貴賓!
そーか、あの門を使って入ってきたのは明治天皇か。


161125-11.jpg


そしてこのなんのヘンテツもない台が何かと言いますと。


161125-12.jpg


じゃじゃーん。
こちらも明治天皇がお越しになった時のために造られたテーブルでした〜。
当時『テーブル』がどうゆうものかわからず、めっちゃ悩んだらしい。
誰も『テーブル』というものをみたことがなかったので大体こんな感じ?
みたいなことで造ったのがこれ。
これに布をかけて、ご持参された椅子で休憩なさった、ト。
椅子は持ってきてたのかー。すごいなー。


161125-13.jpg


囲炉裏側から見るとさらにいい感じ。
季節と時間帯と天候が合わないとこーいうふうに光が差し込まないらしい。
「ラッキーですよ!」
そうですねー。
「このあと大勢来られる予定なので、今の時間はホントにラッキーです」
そーなんですか。
「修学旅行生が200人くらい来られるんですよ」
に、にひゃくにん…。にひゃくにんがここに?
「さすがに無理なのでニ部に分けて」
そーですわなー。

や、ホントに先に見学することにしてラッキーだったわー。


161125-10.jpg


その後、隣りの土蔵を利用した資料室に移動。
おお明治天皇じゃないか。
「明治天皇、いい男だわー!」
隣りのおばちゃんが旦那さんに訴えている。
「あたし、明治天皇がいちばん好きだわー」
「ほうか」
「見てーほら。ええ男だがね」
ニャゴヤ弁だわ。
「あたし、明治天皇と結婚したかったわー」
「ほうか」

いやいやいや、「ほうか」じゃないだろう。


161125-9.jpg


さてこちらは、島崎藤村の実兄が当主をつとめていた本陣の建物。
トいっても平成になってから復元されたもの。
はぁ〜部屋数多っ!掃除大変!


161125-8.jpg


足元の亀虫にご注意。


161125-7.jpg


ホントにいい雰囲気だな。
残すの大変だろうけどなー。


161125-6.jpg


おじいやん、セットの一部かと思ったよ。
ふたりとも全然動かへんもん。
…てゆーか、今気がついたけど…
手前のおじいが奥のおじいを撮影してたんかしら。
三脚使って…。
まじか、撮影会?


161125-3.jpg


ちょっと肌寒かったのであったかいお蕎麦。
新蕎麦にエビ天。
ほんんっっっとにうまかった。
妻籠宿ではだいたいどこのお蕎麦屋で食べてもおいしいらしいけど、
多分その中でも特においしい方だったんじゃないかなー。
エビ天もさっくさくでぷりぷりでちょーーうまかった。
あったかいお蕎麦がこんなにおいしいと思ったのは初めてかも。

…蕎麦のおいしさがわかるようになったのねー…わしも。


161125-2.jpg


その後、お茶屋さんに移動。
お茶はセルフサービス。
もう実家でお茶いれてるようにしか見えないけども。


161125-1.jpg


クリームあんみつ。
寒天がぷりっぷりでうまかった。

お店のおばちゃんが店先でお客さんと話している。
「どこから?」
「福岡です!」
「あらそー!」
福岡!
え、妻籠って福岡からわざわざ来るほど有名なの?!
ト、ちらっと見てみると、おお!!噂の修学旅行生じゃないか。
窓の外にもぞろぞろ!
ってゆーかさらに謎。
わざわざ福岡からの修学旅行で立ち寄るようなとこなの?!妻籠。
(重ね重ね失礼)



161125-5.jpg


ト、ここで気がついた。
わしら紅葉観にきたんじゃなかったか?
紅葉…紅葉……。
あれか?


161125-4.jpg



紅葉はなかったけど、静かでいいとこだったなあ……
ト、修学旅行生に埋もれながら
駐車場に向かったワタシたちだった。








※タナわちカレンダー2017発売中です。
タナわちカレンダー2017-2

詳しくはコチラ
(昨日の記事、リンク貼るの忘れてました…)


鍵コメ&ツイッター(@tanabocchan)でもお気軽にお問い合わせ、どぞー。


<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 07:30 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

よろしく、お伊勢さん。

10月中旬だというのに28℃にもなった日、
久しぶりにお伊勢さんに行って来た。
メンバーは、姉とわしとまゆみさん。


161030-1.jpg


まずは豊受大神宮、通称『外宮』からお詣り。
ここで祀られている豊受大御神は、内宮の天照大御神の食事を司る神様。
衣食住、産業の守り神、として知られている。
ってことで、雑貨茶屋としてはものすごくお世話になってる神様なのだ。
日頃のお礼を言わなくては。


161030-2.jpg


そういえばお伊勢さん。
パワースポットとして有名だが、パワーがあり過ぎてちょっと弱ってるヒトは
行っちゃダメらしい。
こんなご神木がニョキニョキ生えてるくらいだもんなー、
なんとなくわかる気がする。木だけに。


161030-3.jpg


式年遷宮の時には正宮だけよく取り上げられてたけど、内宮、外宮とも
敷地内にあるすべての別宮も新しくされてるのはあまり知られていないみたい。
また次の式年遷宮の時にはこの横の場所に新しく建てられるのだよ。
もちろん、橋も。


161030-4.jpg


わきにちょっと入るとあるのが下御井神社。
ここのあたりは静かでもののけっぽくてとてもいい。
もののけっぽいって褒め言葉なのかどうかわからんけど。


161030-5.jpg


かえる石。
(わしが勝手にそう呼んでいる)


161030-6.jpg


これは有名な亀石。
石の橋なんだけど亀っぽい。この木枠がなかった時の方が亀っぽかった。
でもまあ大人の事情もあるだろうしなー。


161030-7.jpg


脇道から駐車場に向かうと、こうして正宮を真横から見ることができる。
いや、これ毎回思うけどいいなあ。
やっぱり美しいのよ、佇まいが。


161030-8.jpg


そして小腹が減ったということで、外宮の参道へ。

ナニ食べようか…ト悩む間もなくすぅ〜〜っと引き込まれるように。
……あ!右端に仁王立ちしたわしが…見切れて…。
そんなわしに「ここ、おにぎりおいしいよ」ト囁いた姉はなぜか、
サメの干物の串を注文している。
なぜ…サメを……。
おにぎりは……。


161030-9.jpg


わしとまゆみさんはこの巾着伊勢うどん。
いや、これびっくりした。
この巾着の中からうどんが出て来るわけだけど、めちゃくちゃうまい。
あわびでとったおダシがちょーーーうまい。
390円でこれなら大満足。
がっつり食べるのもいいけど、こうして参道でちょこちょこ食べ歩きするのが
お伊勢さんっぽくていいんじゃないかト思う。


161030-10.jpg


と、内宮に移動。
ちょうどお昼時でおはらい町はもうすごい人ごみだった。
平日でこれだもんなー。


161030-11.jpg


おはらい町を通って内宮に向かう途中、干物屋さんでつまみ食い。
ここは試食を大盤振る舞いしてることで有名なのでみんなもりもり食べている。
わしもニギスの干物をいただいたけど、はぁ〜うまいわー。


161030-12.jpg


カッサカサのサメとマンボウ。


161030-13.jpg


「お姉さん、彼氏とペアルックでどう?!」ト言われた伊勢Tシャツ。
…いや…、か、かれしいないし…トもごもごお断り。


161030-14.jpg


イニシャルSの世界的有名犬のカフェもある。


161030-15.jpg


内宮に向かう宇治橋には外側と内側、両方に大鳥居が立っている。
これは内側の鳥居。
この鳥居、前の正殿の棟持柱が使われている。
ト、ブラタモリでタモさんがナデナデしていたのでわしも同じあたりを
ナデナデしてきた。
縁起もん、縁起もん。


161030-16.jpg


手水舎で清めるのもいいんだけど、ここはやっぱり五十鈴川で。
小さなさかながすぐそこまで来てるくらいキレイ。


161030-17.jpg


正宮に向かう途中。
あ、へびだ。
めずらしいなあ。
ト、みるみる間に人垣が。
外国人観光客まで「オぅ!スネイク!!」なんつって集まる集まる。
なんだか縁起イイような気がするよね、神社のスネイク。


161030-18.jpg


内宮こと皇大神宮は日本人の大御祖神である天照大御神をお祀りしている。
だからか、毎回思うけどホントに空気が違う。
なんていうのかうまく言えないけど、
胸の奥からふぁ〜〜っとなにか深くでてくるというか。

日頃のお礼と、ほんとはだめなんだけどちょっとお願いというか
見守って下さいねトお伝えしたいことがあった今回。
無事お詣りもすんでよしよしと思っていたところ、ふと見ると
年配のご夫婦がなにやら石に向かって手をかざしている。
おやおや、パワースポットか?
何回も来てるのに、今まで気がつかなかったなあ。


161030-19.jpg

ご夫婦のあとにワタシら3人も手をかざ……
うおーーーー!!!なんじゃこりゃーー!!!あったかい!!
「わ!なにこれ!」
「あったかい!」
ト、行きかけてたご夫婦がくるっと振り返って
「でしょーー!!あったかいわよね!!」
あったかいですー!!
「よねーーー!不思議よねーー!」
「えー!すごーーい!!」
見知らぬご夫婦とオバズ3人、キャッキャと大騒ぎ。

これホントに不思議だったけど枠からずらすとなんにも感じない。
で、石にかざすと遠赤外線かよ?と思うくらいほわ〜〜〜んとあったか。
『四至神』という内宮の四方を守る神様が宿っている石、らしい。
いやはやこんなに実際パワーを感じたのは初めてだ。
「パワー、パワー」
まゆみさんがぱたぱたと夏に骨折した手にパワーをあおぐ。
おお。わしもわしも。
ちょこちょこ痛む右膝にばたばた。
一気に浅草寺化。


なんか、いいことあるような気がする。
うん。
さ!またしても小腹が減って来たよ!なんか食べにいこ!!


161030-21.jpg


おはらい町入ってすぐのところで炙りアワビ。
丸ごと1コその場でサッと炙ってくれるんだけどこれがうめーのなんの!
やわらかすぎるぅーー。


161030-22.jpg


五十鈴川で水浴びするカラスを見物しつつ、
ケーキを食べる。
カラスは連写で何枚も撮ったのに、ケーキの写真はなかった。



161030-23.jpg


ケーキの直後、みたらし。
ここの団子はうまいのよ〜。


161030-24.jpg


おかげ横丁。
来るたびにちょっとずつ変わっていて毎回おもしろい。


161030-25.jpg


もちろん赤福本店ははずせない。


161030-27.jpg


そして〆は、時雨茶漬け。
三つ葉が効いててうましうまし!


161030-26.jpg


神様に挨拶して、おはらい町をぶらぶらしてオイシイもの食べて。
これぞ正しいお伊勢詣りの一日。


161030-28.jpg


いっつも思うけど、ほんとに時間が足りない。
まだまだ見るとこも食べるとこもいっぱいあるのにー。
……って、まだ食う気かよ。


161030-29.jpg



おみくじ付きえいてぃえむ、だって。
「えいてぃえむ………ATM……TIM!
命ッ!!
両手を45度に開き右足を膝で曲げて、『命』文字を作る姉。
伊勢神宮だろうとブレない。
さすがだわー。


さ。帰ろう。






<ブログランキングに参加しています>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 07:30 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

<