| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春の茶屋遠足<おちょぼさん編その1>

4月のあたまに059と3人で出かけた。
どっか遊びに行こう行こうトずっと言いながら全然実現せず
ようやく!!だったので、3人ともちょっと浮かれている。
行き先は岐阜県海津市にある千代保稲荷。通称おちょぼさん。
二回くらい行ったことあるんだけどまた行く。
天気もいいし最高だ。
その途中『善光寺東海別院・かいだん廻り』という看板を発見。

善光寺?善光寺ってあの長野の善光寺?それの別院?059知ってる?
「うん、たぶんそうだよ」
059の実家はここからわりと近いのだ。
へーー、行ってみようよ、あたし長野の善光寺行ったことないし。
「うーん、でもわりと小さな普通のお寺さんだよー?」
でもかいだん廻りってあるよ?やってみたいよかいだん廻り。
「寄ろうか!」
「行こう行こう!」


180417-2.jpg


ババーン。
……でかいじゃん。誰さ小さな普通のお寺さんって言ったの。
「あれー?あたし何見てたんだろう…」
059は小さな頃から変わってないんだな…。


180417-3.jpg


お、涅槃仏。
最近設置された感じだね。
「耳、うっす!」


180417-4.jpg


ほんとや!
耳ぺらんぺらんやん。
これは福耳と言えるのか。


180417-5.jpg


さてまずはご挨拶してお詣り。


180417-6.jpg


あ!あったあった!あれだ、かいだんめぐり。
『瑠璃壇の下のくらやみをめぐって御錠前をさわると
善光寺如来様とご縁が結ばれます』って。
階段で降りるのか。地下なんだな。
いく?いっちゃう?
「行こう行こう」
壁を伝って、って書いてあるよ。
どれ。


180417-7.jpg


ヒィーーーーーー!!!!真っ暗!!
「こわいこわいこわい!」
「無理無理無理!!!」
マジで真っ暗なんだけど!!
「ちょちょ!無理だってーー!」

予想外の真っ暗加減に思いっきり動揺するおばちゃん3人。

あかん、進めん…。
「ちょっと待って、ライトライト」

……パッ。

スマホの懐中電灯をつけて前方を確認。
これは邪道だからみなさん真似しないようにネ❤️ウフ。


180417-8.jpg


暗い中最初の角を曲がると壁に仏登場。
おおー。
ちょっと安心するわ。
そしてその先に…。


180417-9.jpg


ひゃーーーー!極楽浄土やーー。
このあたりに錠前があるはず…あ、あったあった!!
さわれさわれ。ご縁を繋げんといかん。
ここの真上にご本尊さまが安置されてるんだって。
「すごーーい、色が変わるよ?」
「わ、ほんとだ!」
照明の色がじんわり変わる。
おー、なんかすごいね。
「LEDやね」
お寺さんもいろいろがんばっていかないかんでな。

などといつまでもここにとどまって錠前をいじいじ触っているのは
またこの先真っ暗だから。
でも進まなくては。


180417-10.jpg


はー、ちょっと怖かったねー。
「うん、怖かった!…あれ。もう終わり?」
うん、振り出しに戻った。
「階段ここしかなかったね」
うん。
「かいだんめぐりって書いてあったからもっと階段があるかと思ってた」
………かいだん…。
「階段めぐりでしょ?」
…ははーん、059…どうやら阿呆やな?
こんな真っ暗で階段めぐるの危ない危ない。
「それもそうだね!へへへ」
ワッハッハ!

阿呆の会話。

(かいだんめぐり、というのは戒壇めぐりと書きます。
階段じゃありませんからね)


180417-11.jpg


ボケないための五カ条。
しょっぱなからあかんわ。
まず、仲間がおらん。
「うちら仲間じゃん!」
…あ、ありがとう!そうだよね?!
「うん!」

傷を舐め合うおばちゃんズ。


180417-12.jpg


おお、おもかるさんや。
どれどれ。
……重っ!!重いっ!!
こりゃ願いはかなわんな。


180417-13.jpg


で、隣にいたのはおびんずるさま。
痛いところをナデナデするとご利益があるト。
特に足腰にいいト!!
こりゃいかんやらないかん!


180417-14.jpg


おさすり棒でナデナデ。
特に右膝が痛いのですおびんずるさま。
よろしくお願いしますおびんずるさま。
なにとぞよろし……


180417-15.jpg


おびんずるさま…ちょっと顔がコワイっす……。


180417-1.jpg


あーー楽しかった。
看板見かけてたまたま寄ったけど、おもしろかったねー。
てか、外からみてもやっぱでかいよこのお寺。
「アレー?おかしいなあ、あんなに小さかったのに」
「059が覚えてるの、あっちの家族葬やるための建物じゃない?」
ぐるりと回ってきた姉が指差す方を見ると確かにこじんまりしたお堂。
「あ!あれだあれだ!ほら!小さいじゃん!あれだよ!」
俄然元気を取り戻す059。
いやいやいや、覚えてるのがあれだとしてもさ、
すぐ横にこんな大きな本堂があったら目に入るやろ。
「昔からそーゆーとこだよね…あたし…」
……三つ子の魂百までって言うしね…。


180417-16.jpg


そして本日の目的地、おちょぼさんに到着。
久々だなあ。いつぶりだろ?6、7年ぶりかなー。
「アタシは大人になってからは初めてかも!」
059、そんなに来てないの?!
でも地元ってそういうもんかもねー。

※確認してみたら前回のおちょぼさん参りは8年前!
詳しくはこちらで。タナちゃんが若い!(当たり前)


180417-17.jpg


参道に入って早々にまずは鯛焼き。
やっぱりねーお稲荷さん参りはこれがなくっちゃね。
あー甘いの食べたら今度はしょっぱいのがほしいねえ。
「うん!」
お漬物屋さん行こう!


180417-18.jpg


このお漬物屋さんは試食もしっかりできておいしいのだ。
ポリポリ食べて、あれもこれもと漬物を選ぶおばちゃんズ。
「なんかさー漬物のおいしいおいしくないってのがわかるようになったね」
うむ。
「いいことだよね」
そうだよ、世界が広がったってことだよ。

ちなみにここで買った福神漬けがうまくてうまくて
カレーに入れるとおいしさアップ!
マジおすすめ。

このあとは豆菓子やさんでも試食してお土産選び。
食ってばっかし。
あかん、いい加減お参りしよか。


180417-19.jpg


ト言うことで、ようやくお参りに。
まずはおきつねさんの好物お揚げさんと小さなロウソクを買うところから。

何しに来たんだのおちょぼさん参りはこれからです。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

応援クリックどうもありがとうございます!励みにしています。
スポンサーサイト

| パラダイス | 11:26 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊奴神社だワン。

近くに用事があったので、ついでに話題の神社に初詣に行ってきた。


180116-1.jpg


住宅地の中にあるこじんまりした神社。
テレビで初詣の様子を見たときには、一の鳥居の外までずらずらーーーっと
行列ができていた。
さすがに1月中旬にもなると空いてるな。


180116-2.jpg


おー、立派な御神木が。
お稲荷様もあるし、あとでしっかりお願いしておかなければ。


180116-4.jpg


恒例、狛犬。
なかなかよろしい。


180116-3.jpg


この子はすばらしい!
なんていい顔なんだ!!

さて、名古屋市西区の住宅地の中にあるこのこじんまりした神社が
なんで今年話題なのかというと…。


180116-8.jpg


なんと伊奴神社なのでした。
伊奴と書いて「いぬ」と読みます。
いぬ神社、そりゃお詣り来るわな。


180116-5.jpg


創建は673年というからかなりの古刹。
その昔、庄内川の氾濫に困った村人が旅の山伏にお祈りをしてもらうと
その年は洪水が起こらなかった、と。
不思議に思った村人が開けてはならないと言われていた御幣をあけてみると
中には1匹の犬の絵と「犬の王」という文字が書かれていた。
そして次の年にはまた洪水が起きてしまう。
再び立ち寄った山伏にお詫びすると、山伏は「御幣を埋め社を建て祀れ」と言った。
その通りにするとその後洪水はなくなった。
それが伊奴神社の始まりと言われている。

とパンフレットに書いてあった。

こっちからお祈りを頼んでおいて
洪水が起きなかったからって不思議に思うのはいかがなものか。
さらに開けるなと言われてたのに開けちゃうし。
おう、村人よ。


180116-6.jpg


とはいえ、こちらの伊奴神社、安産子授けの神様としても有名らしい。
犬は多産で安産ってことで犬の石像が奉納されていて、
お腹をさすりさすりして安産祈願する妊婦さんも多いんだとか。

ただ、ワタシがお詣りしている間、
隣でわんこの石像をさすっていたのはおじいやんだった。
「よーしよし、よーしよし」ト言っている。
「あんたがさすってどーすんの、これ安産だが!」
ト、おばあやんに言われ
「…犬がよぅ……」
トちょっと残念そうだった。


180116-7.jpg


三が日にはこの小さな犬のおみくじも売ってたらしい。
こんなの売ってたら買うわなー。


180116-9.jpg


絵馬堂もありますよ。
なんというヘタウマ絵馬…。
秋田犬とドーベルマンと人間をあわせたような…。
味わい深い。

ちゃんとお詣りもしたし、
お稲荷様でおもかる石も試したし、
今年もがんばろう。


180116-10.jpg


そういえば、案内板に『シャシャンボの木』とわざわざ絵まで描いてあったので
どんな木なんだろう?と見に行ったらこれが生えていた。
大きな木だけど、めずらしい木なのかしら。


180116-11.jpg


和名シャシャンボ「小小ん坊」。
当て字にするにしてもなかなか斬新やな。


180116-12.jpg





いただいた御朱印にも犬の王。
今年はワンコのようにみなさまにかわいがっていただけますように。







<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

応援クリックどうもありがとうございます!励みにしています。

| パラダイス | 07:28 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニャゴヤ観光withトメ その2。

ニャゴヤ観光その1はコチラ


熱田さんからぼてぼてと移動してきたのはこちら、大須観音。


171227-1.jpg


日本三大観音のひとつである大須観音は
まわりにババーーッと商店街を従えたニャゴヤ有数の観光地でもある。
三大観音、残りの二つは各自ググるように。
若い頃はよく来たなあ、古着屋さんが多いんだー。
「そうなんや、確かに若向きの店が多いな」
うん、今でも古着は好きだけど、今、古着着たらもうまんま
『古い服を着た人』に見えちゃうもんな。
「あー、なるほど」
ばばあは綺麗にしとかないかんでな。


171227-2.jpg


看板をみているあいだに、
鳩に餌やりマンと鳩の渦の中に取り残されたトメさん。

このへんお寺があちこちにあるんだけど
その中でもちょっと有名なとこがあるから行ってみよう。
「有名?」
うん、いろんな意味で有名。


171227-10.jpg


ババーン!萬松寺〜。
「……は?…ここお寺???」
そうだよ〜。あたしもこうなってからは初めてだけど
昔はこじんまりした地味ないい感じのお寺だったんだよ。
「…はーーーーすごいなーー」
すごいねーー。


171227-5.jpg


萬松寺は織田信長の父、信秀が菩提寺として開いたお寺。
「信秀のお葬式で信長が抹香を投げつけた話もここなんやな」
へーー。
徳川家康がまだ竹千代だった時代に人質として送られ
信秀のもとで過ごしたのも萬松寺。
なかなかに歴史的にも華々しい。

歴史好きにはもともと有名なお寺だったんだけど、
最近はこの改装で有名。
まず写真撮っていいか聞いてみよう。
すみません、写真って大丈夫ですか?

「はいはい、どうぞどうぞ!インスタ映えするからねウチは」

……いんすたばえ…。
ご住職がインスタ映えとは…。
…まあ言いたくなる気持ちもわからんでもないが
わしはそういうのは求めとらん。


171227-11.jpg


ギラギラーーー。


171227-12.jpg


リーチがかかってるパチンコ台みたいにギラギラー。


171227-7.jpg


LED提灯ぎっしりー。


171227-13.jpg


葵の御紋もギラギラ〜。

……って、さっきからなんか音楽がずっと聞こえてくるけど。
「奥の方やな」
行ってみよう。


171227-3.jpg


信長のからくり時計。
舞っとる舞っとる。

奥では信長が舞い


171227-4.jpg


入り口では龍がニョニョーーン!!

「なんや!!これ!!」
高さ8mの白龍でございますよ。
時間になると口から水蒸気をブハーーーッと吐き水をじょぼぼ〜と噴き出し
チカチカとライトも点灯するというショータイムもございます。
白龍、水と光のモニュメント、でございます。
「……はぁーーー」
ちなみに持ってる玉にはおみくじみたいに『吉』とか『凶』とか
出るらしいよ。
「すっごいな」
いろんな意味で振り切ってるよな。

ショータイムには時間があわず見られなくて残念であった。


171227-9.jpg


振り切った萬松寺をあとにして商店街をぶらぶらしているとテレビのロケに遭遇。
特別興味もないのでそのまま通過のつもりが、
あまりにヒトがいるのでちらりとのぞいてみると…。
AかしやSんまだ!
Gっさんもいる、ってことは『Gっさん家』だな。
「なにそれ?テレビ?」
うん、ニャゴヤローカルの番組。
Sんまが出るなんてきっとスペシャルやな。
年末年始にやるんじゃないかね。

(予想的中で、どうやらニャゴヤでは元日に放送するみたいです。
大須の何やらのスタンドで何やらを食べるシーンがあったら、
その近くにぼんやりたたずむおばちゃんふたりがいると思ってください)

「はー、それにしても今日はよく歩いたわ〜」
だよねーー。
「足がもう…」
あたしは膝が。
「階段も多かったもんなー」
疲れたねー。
「サニーがいたら叱られるやろけどな、こんな程度で!って」
うむ、予定もぐだぐだで歩くのも遅くてな。


171227-14.jpg



最後に、新幹線地下街エスカにある『きしめんよしだ』で晩餐。
おいしかったーー、もちもちしてて。
「ほんとにおいしいな!」
にしてもさ、
こっちはすでに完食してるのにトメはまだ半分以上も残ってるってどゆことよ。
「あたし、歩くのも食べるのも遅いんよ……」

……サニーに叱られっぞ。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

応援クリックどうもありがとうございます!励みにしています。

| パラダイス | 09:42 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニャゴヤ観光withトメ その1。

12月上旬のこと。

山形在住のネコ友カナデちゃんが仕事でこっちに来るトいうことで
急遽ランチすることになった。
カナデちゃんはこのブログを始めるキッカケをくれた、ある意味恩人。
そして山形ってことでめったに会えない。
そりゃ会うでしょ、ト、琵琶湖のほとりからトメさんも駆けつけてくれた。


171219-1.jpg


だらだらとニャゴヤ駅界隈をぶらつき、矢場とんを食しただけで
カナデちゃんは颯爽と岐阜でのお仕事へ。
ネコ友の中ではダントツお若いのにいちばん大人でいちばんしっかり者。
それでいてかわいい。
はぁ〜カナデちゃんはわしらの星やな。
「そうやな」
自慢の孫をにこにこと見送ったおばあ二人は次の目的地へ。


171219-2.jpg


トメさんが行ったことないトいうので熱田神宮へ。
ニャゴヤを代表する神社だ。
かくいうワタクシも今までに数回しか来たことがない。
それもここ10年以上はまったくのご無沙汰。
こういうチャンスでもなければ、近すぎて来ないかもしれない。


171219-3.jpg


まず正門のすぐ真横にある大黒様と恵比須様をお参り。
知恵の神様・上知我麻神社、和銅8年に鎮座されたという別宮八剣宮にも
しっかり手をあわせる。
和銅8年っていつ?
「……いつ?」
ワシよりは確実に歴史に詳しいトメもわからず、調べるとなんと708年。
708年……。
参道には弘法大師お手植えと伝えられる大楠。
樹齢は1000年を超えるらしい。
向こう側を歩くヒトと比べるとその大きさがわかる。
は〜…千年の重さよ……。


171219-4.jpg


桜と紅葉が一緒に観られるなんてねえ。
天気がもう少しよかったらねえ。
「雨が降らなかっただけマシやな」
それもそうだ。
……おや?なにかやってるよ。


171219-5.jpg


熱田神宮彫塑コンクール特賞作品展だって。
コンクール……コンクール…。
ク、の下になんか紙が貼ってない?
なに間違えたんだろ。


181219-6.jpg


…考えることはみな同じと見えて、
なんとかめくろうとしたあとがある。
なんぼ見たくても破いちゃだめ〜。
でもそのおかげでちらっと見えた。
「ル」って書いてあった。
「彫塑コンクル」だったんだ…。
書いちゃったのか…コンクル。


171219-11.jpg


で、どんな作品展かと思ったら粘土のようだ。
あ、ちがう。焼いてある。
焼き物か。
へ〜〜。


171219-7.jpg


芸術の秋、かー。
小学4年。
隣はねこか?


171219-9.jpg


ねこのおすしやさん、だって!
小学3年だよ?うまいこと作ってあるよねー!
「湯飲みやしゃもじまで作ってはる!」
すごいねえ。
おばちゃんふたり、ほー!と感心。


171219-10.jpg


わ!本丸御殿のとら、だって!
これめっちゃうまい!本丸御殿の襖絵の虎、ほんとにこんな感じだもん。
似てる。
うまいわーー!
「これも小3だよ?!」
すっごいわーー。
「こっちの『きたおぽっさむ』もかわいいわー」
この鳳凰もうまいよ。
どの子もすごいね。
「小学生でこれってすごいな」
ねーー。

………んんん??なんかこれ、めっちゃうまいんだけど。


171219-12.jpg


アルマジロ。
……45才…。
小学生がほとんどで中学生の作品ですらひとつふたつだったのに
なぜ45才の作品が。
なにきっかけで参加したんだろう45才。
やけにうまいよ45才。
なぜモデルにアルマジロを…45才。


171219-13.jpg


そしてようやく本宮。
お伊勢さんと同じ神明造りで、やっぱり厳かな気持ちになるな。
一年のおわりの月にこうしてお参りできたのもなんだかありがたい。
来年もみんな元気で過ごせますように。


171219-14.jpg


本宮のとなりの神楽殿のわきから裏にまわる道があるのを皆さんご存知?
こころの小径と呼ばれるこの細い道はなんと撮影禁止。
その奥に水を司る清水社と、熱田大神の荒魂をおまつりする一之御前神社がある。
この一之御膳神社、実は数年前まで一般には立ち入り禁止だった場所。
最近になってようやくお参りがゆるされるようになったということもあって
パワースポットとか、あーだこーだといろいろと言われている。
確かにこころの小径は境内よりひんやりというか、
なんとなく漂う空気感が違うような気もした。
なんだろ、金網で仕切られてたってのも一因かな。


171219-15.jpg


こちらは金網ならぬ「信長塀」。
桶狭間の戦いの勝利の記念に信長が奉納したという。
なぜに勝利の記念に塀を。
昔の人はわからんなあ。
「日本三大塀のひとつらしいよ!」
トメ情報。
日本三大塀って、残りふたつはどこよ?
「それは……各自ググろう」
そやね。
各自ググるように。


171219-16.jpg


以前お参りした時にはまったく気がつかなかった宝物館も見学。
「いいとこだねー、熱田神宮」
あ、そう思う?
あたしも思ったよ。
若い頃に初詣でちょこちょこーって来ただけだもんなー。
こんなに広くていろいろお社があるなんて全然知らんかった。


171219-17.jpg


「なんだろやっぱり、トシとともに感じるものが変わって来るのかも」
うんそれはあるね。
アタシはわりと若い頃から神社仏閣まわるの好きな方だったけど
でもババアになってからの方が全然感じるものがあるもん。
「なんかわかる」
ねー。

などというしみじみした会話をお茶屋さんでかわす二人。

「それにしてもアレやな」
ん?


171219-18.jpg




「このお餅、香ばしくておいしいな!」
だよね!!ちゃんと焼いてあってさ。
「おいしいわ」
ね!!


結局最後はぜんざいにもっていかれたという。




おばちゃんふたりのニャゴヤ巡り続きます。






<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

応援クリックどうもありがとうございます!励みにしています!!

| パラダイス | 07:29 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイル大好き!モザイクタイルミュージアムその2。

モザイクタイルミュージアム編その1はこちら



さて4Fのタイルを堪能したあとは3Fヘ移動。
多治見市笠原のモザイクタイルの歴史がいろいろ展示されている。


171204-8.jpg


だ、誰?!


171204-9.jpg


笠原のモザイクタイル製造の先駆者、山内逸三さん…。
一緒に写真を、と言われても…
なぜにこのポーズを選んだのか。


171204-1.jpg


ショーケース!!
これ、リアル雑貨茶屋に来たことがある方はピーン!とくると思うけど
うちにあるのとそっくり。
やっぱかわいい。いいわ。
…にしても、そーか。
もう、こういう『展示』されるようなものってことなんだなー。
うちのも店やめたらここに引き取ってもらおうかしら。


171204-2.jpg


ショーケースの裏側。
ぷぷぷ。鉄人28号か。
タバコ屋の坊ちゃんが貼ったんだな、さては。



171204-3.jpg


このフロアではモザイクタイルの歴史なんかも学べたりする。
ああかわいい。
このブドウのタイル、なんてかわいいの!


171204-5.jpg


鯉の川上りかしら。
割れちゃってるけどいい色だなあ。
この時代のモザイクタイルってどれも色がいいわ。

さあ次にいくか。
ト、その前に。


171204-6.jpg


イエーイ!って。
同期の打ち上げかよ。


171204-7.jpg


バイバイ!山内さん。


171204-10.jpg


1Fはモザイクタイルのショップと、それを使ったワークショップができるスペース。
その片隅にこんなタイル車。
よぅ貼ったなあ。


171204-11.jpg


お花〜。


171204-12.jpg


モザイクタイルってほんとに色も形もいろいろあるんだよなー。


171204-13.jpg


ナンバー『多治見』。
まあやりたくなるわなー。


171204-14.jpg


前はこんなん。
すっげ……
んん??


171204-15.jpg


大すきタイル…。
まあまあ『大すきタイル』は良しとしよう。
その上の『はら』ってのはなんだ。
誰か自分の名前貼ったな!!

と思ってよく見たら。

171204-10.jpg


反対側に『かさ』。
かさはら。
笠原か。
もっと近くに貼ってくれなわからんがな。


171204-16.jpg


なんだろ、人の顔みたいにも見えるし。
でもなんでフロントガラス全体を貼ってないんだろう。
飽きたのかなー。
「車内も見せたかったんじゃないの?」
え?車内?
「うん、見てみ」
どれどれ。


171204-17.jpg


わ!!シートにも貼ってある…。
ここまでくると狂気すら感じるわ…。


171204-18.jpg


なかなかモザイクタイルだけで人を呼ぶというのは
難しいかもしれないなあ。
個人的には大好きだし素敵だとは思うけど、
一回見れば十分って感じもあるし。
もうひとつなにかあるといいんじゃないか、とか
エラソーだけど思いましたよ。


171204-19.jpg


ちょっと横から見てみた。
なんか嘘みたいなかたちやな。
こんな斬新なミュージアムがあるのが実は…。


171204-20.jpg


多治見市笠原中央公民館と同じ敷地っていうのもすごくね?
………あ!
やらないからね!
やらないから!
「……え〜〜」
あんた、絶対やりたがると思ったよ。
『謎解きゲーム タイルラビリンスの謎を解け!』。
ったくもー。
腹減りなんだから謎なんて解いとる場合じゃないわ。


171204-21.jpg


ん?中央公民館の看板。


171204-22.jpg


ここまでタイル。
笠原、やりよるねえ。


171204-23.jpg


そしてこんなおしゃれランチも食べましたよ。
15種類もちまちまと乗ってらっしゃる。


171204-24.jpg


ちまちま。
ここまでちまちまだと「あ、これおいしかった!」と思っても
もう食べられないってのが悲しい。
一期一会ってやつかしら。
…違う。


171204-25.jpg


いちいちメニュー確認しつつ食べた。
こりゃぁ作るのめんどくさいだろうなあ…と
あくまで作るヒト目線。
ロールキャベツなんてピノサイズなんだもん。


171204-26.jpg


さらにお茶を飲みに移動。
今まで多治見って陶器の街っていうイメージしかなくて
あんまりゆっくり来たことなかったけど。
いいお店があちこちにある。
いいなあ。


171204-27.jpg



真夏には『日本一の気温』になったこともある多治見市。
今の季節がいちばんいいかも。
はー、行けてよかった〜。






<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

応援クリックどうもありがとうございます!励みにしております。



<タナわちカレンダー2018、発売開始です>
tanawachi2018.jpg
詳しくはこちら
2018年もタナわちと一緒にいかがでしょうか。
よろしくお願い致します!
通販とかめんどくさいわ…という方は鍵コメくださ〜い。

| パラダイス | 07:40 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイル大好き!モザイクタイルミュージアム編。

ずっと行きたかった場所にようやく行くことができた。
ババーン。


171129-1.jpg


はい今(ハゲ山……)と思ったヒト、手をあげてー。
…はーい!
だって…。
ビミョーにうっすら木が生えてるとこがどうにもハゲ山っぽいじゃないか。


171129-2.jpg


でも近くに寄るとこんなにおしゃれ。
いや!遠目に見てもおしゃれよ、うん(焦。
ここはなんの建物かといいますと。
岐阜県多治見市にある『モザイクタイルミュージアム』。
多治見は焼きものの街として有名なんだけども
その中でもこのあたりはタイルが特に有名。
そりゃもうタイル好きなワタクシとしては必見!の場所なのだ。
そしてこのハゲ山のような外観は
タイルの原料を掘り出す粘土山をイメージしているらしい。


171129-3.jpg


かーわいいドア。
ロッキーチャックの家みたい。
この壁に散りばめられてるモザイク模様もいいなあ。
なんだろ?やっぱりタイルなのかな。


171129-4.jpg


…茶碗だ…。
思ってた以上に地味。

さてこのモザイクタイルミュージアム、入館するとまず4Fにあがり
そこから降りてくるというルートで見学。
どれどれ。


171129-5.jpg


ほほう!
屋根がないわ。外か。
タイルならではの展示方だなー。


171129-6.jpg


わーー!かわいいーーー!


171129-8.jpg


この4Fに展示してあるものはすべてどこかで使われていたものばかり。
全国の銭湯とか旅館、あちこちのおうちから
壊される前に集められたもの。
そーよねー、タイルって普通は改築のときに壊されちゃうものだもんね。
もったいないよねー。


171129-9.jpg


丸亀城かな…。


171129-10.jpg


あらシェクシー。


171129-11.jpg


あーこういうテーブルかわいいなあ。
カフェのテーブルこういうのにしたいなー。
でも椅子はだめよねー。
ケツ冷えるわ。


171129-7.jpg


こういうのってどこで使われてたのかな。


171129-14.jpg


これもかわいいなあ。


171129-15.jpg


あああやっぱりかわいいマジョリカタイル!
大好物!!


171129-16.jpg


昔のお風呂はこーいうふうだったなあ。
トイレとかお風呂、こんな感じのタイルだった。
今考えるとかわいかったんだよなー。
そりゃ目地はすぐ汚れるし掃除は大変だし寒いけど、
でもやっぱりタイルはいいなあ。


171129-17.jpg


コーナー風呂。
色合いがめっちゃかわいい。


171129-12.jpg


吹き抜けになってるから、自然光でタイルの良さがよくわかる。
この日はたまたま曇りだったけど晴れの日はまた違うだろうし
雨の日は雨の日で水滴がついていい感じかも。


171129-13.jpg



はー、やっぱいいな、タイル。



モザイクタイルミュージアム編、続きます。



<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

応援クリックどうもありがとうございます!励みにしています。


<タナわちカレンダー2018、発売開始です>
tanawachi2018.jpg
詳しくはこちらで。
よろしくお願いします!!

| パラダイス | 07:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の城下町・今私は女城主と朝ドラ編。

さあ岩村城の城下町でもぶらぶらするとしよう。


171110-1.jpg


だいたい古い街道沿いには絶対古い薬局があるもんだ。
でもって、そこのディスプレイが本当にわたくしは大好き。
ここは特にいい雰囲気だなあ。水野薬局か。
ん?いわむら観光マップの情報によると
「水野薬局(水野家)には板垣退助が明治15年岐阜で暴漢に襲われる数日前に
宿泊したというエピソードもあります」
ですってよ!
んまーー。

171110-3.jpg


古い薬の看板。
…だれ?
いい顔だけど。


171110-2.jpg

ババーン!(有)松浦軒本店。
220年以上も続く和菓子屋さん。
カステーラが有名なんだけど……どうかなーカステラかー。


171110-4.jpg


古い賞状がずらーり。大正2年とかあるし。
賞状そのものがめっちゃかわいい。
今の賞状って画一的でつまんなくなってるんだなー。


171110-5.jpg

ちょっとした休憩スペースにはカステーラの試食とお茶が自由に飲めるように
なっていた。
おお、おいしかったらお土産にかってゆこう。
どれどれ。
……うみゃい!
めっちゃうみゃいぞ!
カステラってみりんが入るせいかわりとねっちょりした甘さのものが多いけど
これは全然そんなことなくて卵の味が強い。
あっさりしててふんわりしててうみゃーーーい。
今まで食べたカステラの中でもしかして一番好きかも。


171110-6.jpg


江戸時代に染物屋を営んでいた土佐屋さんで
昔ながらの藍染めの展示を見たり。


171110-7.jpg


今、私は女城主…。
IWAMURA!!
イワム〜〜ラ!!!


171110-8.jpg


ト、女城主気分になりきれないまま旧家『勝川家』を見学。
鬼のように広い。
すっげーーー。
こりゃ本当に掃除が大変だ。


171110-9.jpg


いい廊下だわ〜。
そしていいガラス。


171110-10.jpg


さらに、いいタイル。


171110-11.jpg


んー…何言ってるのかよくわかんないなあ。
娘の部屋でしょ?
三方がガラスで雨戸がなくて?
ん??どれ?


171110-12.jpg


こーいうことか……素通し。
陽当たりならびに風通しよすぎ。
おまけに丸見えじゃん。
昔はカーテンなんてないよね?
あらいやん。
あらいやんはいいけど、ほんとにいいガラスだなー。


171110-13.jpg


はー、今が2017年だって忘れそうだわ。
明治?って感じ。


171110-14.jpg


うーむ。
このキャッチコピーはアレに比べると弱いなー。
今、私は女城主。


171110-15.jpg


てゆーか、さっきから気になってるんだけど
この、それぞれのお宅にかかってるのれんに名前が書いてあって。
こちらは「寿美子」さん。


171110-16.jpg


「いく子」さん。


171110-17.jpg


「きよこ」さん。


171110-18.jpg


「しのぶ」さん。


171110-19.jpg


「ともよ」さん。

これは…もしかして奥さんのお名前なんじゃなかろうか。
さすが女城主の町。

…ト、のれんを撮るのに必死でふと気がついてみたら。


171110-20.jpg


なんかすごいオシャレなお店!
いい感じじゃーん。
かわいい!


171110-21.jpg


コーディネートはまあ見ようによってはかわいいかなー。
でもスニーカーかわいい!
ちょうど靴ほしいなーと思ってたとこだし、
このスニーカー買って帰ろうかなー。
めっちゃかわいいじゃん!
中にもっとある……


171110-22.jpg


……ははーん。
そゆことかー。
セットなんだ、これも。
スタイリストさんが選んで並べてあるわけね。
そりゃオシャレなはずだ。
ちぇーー。


171110-23.jpg


セット、と言われるとこのあたり全体全部セットなんだ。
へぇ〜〜うまいこと作ってあるもんだな。
実際に見るとやっぱり作り物感がわかるけど、
画面を通すとそうでもないんだろうなー。
てゆーか、なんのドラマなのかなー。いつ放送?


171110-24.jpg


こちらのお店はリアル。
お餅、うまかった〜〜。


171110-25.jpg


ここは普通のお宅に板塀をつけたり看板をつけたりして銭湯風。
へぇ〜。
で?なんのドラマ?
だれかおせーて。


171110-26.jpg


あ!
あ!
これか!これだ!
朝ドラだって。来年の春からのやつだ。
「半分、青い」。
そういえば東濃が舞台とは聞いてたけど、まさかこことは。
こりゃ放送が楽しみですね〜〜アタシは多分みないけど。


171110-27.jpg


この看板もいつか映るんだろうか。
来年の4月かららしいので、みなさんチェックしててくださいよ。
映ったら(あああそこかー)ト思い出してください。


171110-28.jpg


さらに気になったものが。
なんだろうこれは。ようかん?いやういろう?


171110-29.jpg


え!からすみ?からすみってあの?
……いや、からすみ風だから『からすみ』って名前なのか。
で、その正体は………米粉ってことはやっぱりういろう系らしい。
ういろう好きの姉『レモン』をゲット。
うまかったす。ちょっと固めのういろうって感じ。
そしてレモン!レモンのういろうって新鮮。


171110-30.jpg


ト、姉が店内でレモンからすみを購入していると、
うにゃうにゃうにゃ!ト朗らかにご帰宅のねこさんがひとり。


171110-31.jpg


おかえりー。


171110-32.jpg


うにゃうにゃー。
おしっぽ、ピーーン。


171110-33.jpg


さて、そろそろ夕方。
寒くなる前に帰ろうか。浩子さん。


171110-34.jpg


そうですねおよねさん。


171110-35.jpg


そうしましょう、しんこさん。
……え?しんこ?


171110-36.jpg



なるへそ……。
『きんこ』にするわけにはいかんしな。

女城主から朝ドラまで思ってた以上にモリモリな岩村城跡とそのまわり。
じつはこの古い町並みから岩村城跡本丸まで
急な坂道を800mで行ける、ト。
車の運転に自信のない方はぜひ徒歩でいかがでしょう。







<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!






| パラダイス | 07:30 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の城下町・岩村城+紅葉狩り編。

久しぶりにいいお天気の休日。
そろそろいいんじゃないかということで出かけることにした。

そろそろいいんじゃないかっていうのは、もちろん紅葉。
去年は全然紅葉らしい紅葉を見られなかったので
今年こそ!ト意気込んでいるのだ。


171108-1.jpg


だがしかし、まだ11月上旬。
さすがに早かった。
くそーー、でも来週まで待ってたらまた天気が悪いかもしれんし。
それに出かけるのじたい本当に久々だし。


171108-2.jpg


で、やってきたのは岐阜県恵那市にある岩村城跡。
ここは日本三大山城のひとつに数えられている、
別名『霧々城』とも呼ばれているお城。
なんてったって標高717mですからね、霧もでるっちゅーねん。
とはいえ、お城本体は明治時代の廃城令でなくなっちゃってるんだけども、
こうして石垣がどどーんと残っている。


171108-3.jpg


い、石垣の段差がすごい。
50cm近くあるんじゃなかろうか。
1185年に築城されてそのあと700年も続いたってことだから
そりゃ堅牢にもできとろうよ。


171108-4.jpg


ちなみのこの岩村城、織田信長の叔母さん「おつやの方」が
城主を務めてたことでも有名。
めちゃくちゃ女城主推し。
ここに来るまでにあちこちに『女城主』『女城主』トのぼりが。


171108-5.jpg


わーーー、絶景やな。
さすが東洋のマチュピチュ。
東洋の……。
東洋か…。
大きく出たな…。


171108-6.jpg


ちょっとさびしいお城の跡。


171108-7.jpg


わしはよう知らんけども、おつやの方が女城主をつとめてた
その同じ頃、しぞーかの方でももうひとり女城主がいたそうで。
それが井伊直虎。
その時代からこの風景は変わっとらんのかもなー。


171108-8.jpg


あ、人が来る。
ここに来るのにわしらは車で登って来たのだけども
そりゃもーーー!怖かった。
『車のすれ違いが難しいので徒歩でのぼるのをおすすめします』
と看板があったくらい。
ハイキングにはちょうどいいのかもしれんが、
いや…どうだろう…それもかなり大変そうだけどな。


171108-9.jpg


お、わしが。
ほら、影のさきっぽに。
わしが。
おーいおーい!イエーーイ!!
ト、ひとりで手を振って写真を撮っていたら
やってきたオジイヤンに「はいはい!」と返事をされてしまった…。


171108-10.jpg


向こうに見えるのは岩村の城下町。
めっさ高い。
城下町、遠っ。


171108-11.jpg


車で下界に戻りますよ。
登って来る時は写真を撮る余裕もなかった。
あ、ちゃんとわたくし助手席なのでご安心を。


171108-12.jpg


ヒィーーー。
車、来ないでぇ〜〜。
ト、なんとか山を下り、城下町の方にむかうことに。
その途中。


171108-13.jpg


わーー!!めっちゃきれい!めっちゃきれい!!


171108-14.jpg


城下町のはじっこにある武並神社。
たまたま通ったけど、ここ紅葉狩りの穴場なんじゃないの?
綺麗すぎる。


171108-15.jpg


ひょーーー。


171108-16.jpg


ひゃーーーー。


171108-17.jpg


いやもう、まだ早いかなと思ってただけに嬉しい。
今年はもうこれで十分だわ、と思うくらいに綺麗。


171108-18.jpg


なにやら由来のある神社なのかしら…とググってみたのだが
恵那市にはここの他に6つ『武並神社』があるとかで
ここをあわせて「武並七社」トいうらしい。
なんで同じ名前なんだろう…7つも。


171108-19.jpg


さて、岩村振興事務所のパーキングに車をとめて
古い町並みを散策しますよ。
まずはナマコ壁。
おばちゃんのデッサナー(デッサンするヒト)がたくさんいた。
デッサン心を刺激するのだろうか、ナマコ壁。


171108-20.jpg


さ。
ようやく古い町並みですよ。

久々のパラダイス、次回もおつきあいくださいませ。



171108-21.jpg



今日はおやすみの2ぴき。
君ら、神々しいな。







<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 07:25 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近江八幡・あっちこっちぶらり。

近江八幡遠足、最終回です。


白雲閣の真向かいには日牟禮八幡宮の鳥居。


170830-2.jpg


参道なのに生活道路らしい。
車もどんどん入ってくるし、活気のある参道だな。


170830-3.jpg


わー。
ここが八幡堀か!
いい感じーー!!時代劇みたいー。
「そうそう、あの辺でな、伝七親分がな」
サッと名前が出るトメさん。

ちょちょちょい、ちょちょちょい、ちょちょちょいな、だな。
「いや、よよよい、よよよい、よよよいな、やで」
……まいりました。


170830-4.jpg


山門。かっこいい。
この山門の周りには近江八幡といえば…トいうくらい有名な
たねやグループのお店がある。
そのため参道はぎっしり車。
まあ参道の先にロープウェー乗り場もあるというのも一因だろうけど。
それにしてもたねやおそるべし。
水郷めぐりの近所にあった新店の方もココも混み混みだ。


170830-5.jpg


あー、いいねえ。
思ってたよりこじんまりした空間だ。


170830-6.jpg


おまいりおまいり。
参道が賑やかということはお参りする人も多いということで
なんだかすごく活気のある神社。


170830-7.jpg


ん?なんて?
『嘘偽の心にて顔を水に写すと池に没す』とな。
怖いわー。
どれ。

170830-8.jpg


どんより。
…これじゃ写らんがな。
もうちょっと綺麗にしといてくれんと。
まあ神さんも色々あるから忙しいんだろうけども。


170830-9.jpg


むむ?これはなんだ?
絵馬がそろばん?なんで?
「あー、全国で何位とか有名な珠算教室あるわ」
そーなのねー。なるほどー。
小さいわりに色々詰め込まれてる八幡さんだなあ。
さて、御朱印御朱印。


170830-10.jpg


お若いお兄さんが書いてくれたなかなか達筆な御朱印。
ねえトメ、この赤い枠なんだろ?この囲ってあるやつ。
「ほんまやねえ、なんやろ?」
気になるなあ、桃かなんかかな?
「ああ、うーん」
滋賀県民のトメも知らんか。
「わからん」
ちょっと聞いてくるわ。

すみませーん!
ト、つい今しがた御朱印を書いてくれたお兄さんに声をかけた。
「はい…」
お疲れなのかしら、さっきからテンション低いわこのお兄さん。
この八幡宮の文字を囲んでる赤い枠って何ですか?何か意味が……
「なんでもありません!」
は?なんでもない?
「全く意味はありません!」
そんなバッサリ……。


170830-11.jpg


まあ諸々あったが無事お参りも済んだので八幡堀を散策。
本当にいい感じ。
「この辺で伝七親分が聞き込みしとってん」
今日はおらんで残念だな伝七親分。
ってさっきから普通に伝七伝七言ってるけど一部の人しかわからん
のじゃなかろうか。
伝七捕物帳の伝七親分ですよ。
説明になってるかどーか知らんが。


170830-12.jpg


ここ、朝ドラでもロケで使われたらしいよ。
「あ!そうやそうや!『あさが来た』でお嫁入りするシーンや!」
そうそう、って全然知らんけど。
「この辺であさちゃんが見送っとってん」


170830-13.jpg


波瑠ちゃん気分満喫のトメさん。


170830-14.jpg

さて八幡堀散策の後はまた町なかに戻ることに。
お、こんなところに銅像が。
近江八幡を栄えさせたと言っても過言ではないウィリアム・メレル・ヴォーリズさん。
もちろん右ね。
ヴォーリズさんは建築家としてもメンソレータムを広く日本に普及させた人としても
有名で、近江八幡の名誉市民第一号。
本当に有名な人なのだ。
関西地方にはあちこちにヴォーリズ建築と呼ばれる建物が残っている。


170830-15.jpg


ヴォーリズさんがやってた近江兄弟社。
元々メンソレータムはアメリカのメンソレータム社が近江兄弟社に製造を委託して
いたもの。その後近江兄弟社からロート製薬に権利が移っている。
でもよく見ると看板に書いてあるのは「メンターム」。
メンタームってのは、メンソレータムが製造できなくなった近江兄弟社が
オリジナルで製造しているもの。
成分がちょっと違うらしい。


170830-16.jpg


メンタム山盛り。
このなかにメンターム資料館があるのにー。
残念ながら今日は休館……。
がっかり。

仕方ない。他のヴォーリズ建築を観に行こう。


170830-17.jpg


アンドリュース記念館こと旧近江八幡YMCA会館。
ヴォーリズ建築の第一号らしい。
ナッツのお店があるとのことだったので
もしかして中に入れるかな……ト期待していたのだが
こちらも休みー。
なんかね、多いのよ、日曜日休みってのが。
こういうとこも近江八幡、観光地っぽくない。


170830-18.jpg


こちらは大正10年に建てられた旧八幡郵便局。
内部は資料館兼アンティークショップみたいな感じになっていて
ヴォーリズ建築にしては珍しく無料開放されている。


170830-19.jpg


マーク、かわいいなあーー。


170830-20.jpg


入ってすぐ、なぜか野菜。
冬瓜100円です。


170830-21.jpg


あ!電電公社!!
わーなつかしーー!!


170830-22.jpg


うーん…無料だから仕方ないかもだけど
全体的にかなり傷んでるねー。
「うん、ちょっと残念やな」
ねー。
直すのもお金かかるだろうから仕方ないとは思うけど
うーん…もったいないね。


170830-23.jpg


それにしても、八幡堀のあたりにあんなにいた観光客の人たちは
一体どこにいるんだろう。
ヴォーリズ建築は観ないのかな。
全然人通りがない。


170830-24.jpg


さて、ここはヴォーリズ記念館。
ヴォーリズさんが自邸とされていて最期を迎えた場所。
中を見学するには要予約ということで、前日に予約の電話をしたのだが
なんと「都合により休みなんですよ」とのことで。
なんという運の悪さ。
なぜ休むんだ!日曜に!どいつもこいつも!


170830-1.jpg


そういえば、滋賀県といえば『飛び出し坊や』
ト言われるくらい有名な飛び出し坊や。
ちょっと見かけただけでもこんなにバリエーションがあった。
それぞれのお店に合わせて作ってある。
すごいねー面白いねー。


170830-25.jpg




水郷めぐりに始まり、なんだか盛りだくさんだった近江八幡。
とにかく暑くて、
おまけにメンバーが
普段引きこもりのわしと歩かないことで有名なトメの二人。
のんびりゆっくり涼みながらの無理しない遠足。
はー、暑かったけど楽しかった。

だらだらを打破するために行った遠足だけど
遠足先でも結構だらだらしてたっていうね。ププ。






長いことお付き合いくださりありがとうございました。
近江八幡遠足、おしまい。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 07:43 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近江八幡・町ぶらり。

さて、水郷めぐりを満喫したトメさんとわたくし。
次は近江八幡の町へ。


170828-1.jpg


この辺は前に一度だけちらっと来たことがある。
やっぱりいい感じだなあ。
でもこういう感じがずっと続いているわけではなく、
比較的普通の町、って感じ。
その中にポコンポコンと古い建物が残っている。


170828-2.jpg


その中の一つ「旧伴家住宅」へ。
ここは江戸時代の豪商のお屋敷。
伴家が商売をたたんだ明治以降は役場や学校、図書館として
地域で親しまれて来たが、今は資料館となっている。


170828-3.jpg


自らハードルを上げる伴家住宅。


170828-4.jpg


おー、なかなか立派なお屋敷だなあ。
江戸時代後半に建てられたらしいがその時代に3F建てか。


170828-5.jpg


窓が大きくとってあってすごく明るい。
梁も柱も立派!


170828-6.jpg


展示してあるスタイ。
なんとちりめん製。めっちゃカワイイ!!
きゃっきゃ言って喜ぶおばちゃん二人。

「このウサギのよだれかけ、めっちゃカワイイなあ」
すごいオシャレだよね、この時代にさぁこんなスタイ使ってたんだねー。
「なんて?」
は?スタイ?
「何それ」
雑貨業界でよだれかけのことだけどさ、ちなみに英語だとビブね。
「はぁ〜〜??ええやん、よだれかけで!」
そりゃそーだけど。
雑貨的にはよだれよりは響きが小綺麗だからねえ。
「なんやそれ、よだれかけでええのに」

まさかそんなにトメがよだれかけに固執するとは。


170828-7.jpg


カワイイ〜〜。


170828-8.jpg


ついでにタコの小物入れ。
こちらもちりめん。

170828-9.jpg


こんな小物入れ、なんて贅沢なんだ!


170828-10.jpg


磨き込まれた階段。
素敵だわー。
この階段を上がったところには朝鮮通信使へ出された昼食が再現されていた。

……えーとー…。


170828-11.jpg


タコ!タコ多すぎやろ!
それもそんなに吸盤ばっかしいらんわ!


170828-12.jpg


タコがそびえ立つ二の膳に比べて本膳はかなりバランスがいいなあ。
…と思ったら。
鯛の後ろにカラスミ!
カラスミ多すぎるやろ!喉乾くわ!!


170828-13.jpg


三の膳に至ってはもう、鳥!鳥!!
羽盛て!
羽毛付きか!


170828-14.jpg


奥にはこんな大広間。
めっちゃ広い!
よっぽど柱と梁がしっかりしてないとこんな空間は作れんよな。


170828-15.jpg


わ!昭和初期の裁縫教室だって。
ぎっしり。
これ、昔の人はやっぱり小柄だったんかなー。
今こんな人数座れんことない?
「えー、座れるんちゃう?」
そんなに広いかなあ。
「何畳ある?えーと…ニーシーロ……でこっちがニーシーロー…」
いや何畳とかじゃなくてさぁ…。
「45畳あるで?あれくらい座れるやろ」

小柄なトメと大柄なわしじゃ
空間認識度がどうやら違うらしいことがわかった。


170828-16.jpg


ずいぶんと派手派手しい屏風だなと思ったら、
この貼ってある図柄は明治・大正・昭和にかけて使われた
宣伝用のサンプルらしい。
注文する人がこれらを見本にして、チラシを作ったト。


170828-17.jpg


恵比須と大黒、BL風。


170828-18.jpg


なるほどねーこんな感じでチラシにするんだー。
やっぱりえべっさんが人気だったのかなー。
近江商人、華やかだなあ。


170828-19.jpg


さてそろそろお昼。
予約してあったカフェカシェさんへ。
いいなあ、素敵な一軒家カフェだ。


170828-20.jpg


店主さん一人でやってらっしゃるので予約をして行ったほうが安心
の、カフェカシェさん。
中もめっちゃいい。


170828-21.jpg


庭の雰囲気も合わせて、なんというか、実家感というか。
すごく落ち着ける感じ。
オシャレすぎない、なんか安らげる感じってのが近いかな。


170828-22.jpg


つぼ!
この手のつぼってよく陶器屋さんの奥やお土産物屋さんに並んでるけど
誰が買うんだと思ってたよ。
「西太后が入ってそうやんな」
なんぼ大きいつぼって言っても、
これじゃさすがの西太后も無理やろ。
ジャストサイズか。


170828-23.jpg


お野菜たっぷりのランチ。
美味しかったーー。
9月で近所に移転してしまうらしいので
行ってみたい!と思われた方はちゃんと調べてからどうぞ。
ちなみに移られるのは、前にわしらが行ったことがある「尾賀商店」さん。
ウンウン、あの雰囲気なら似合いそう。


170828-24.jpg


満腹になったので散歩がてら白雲閣。
明治十年に建設された以前の八幡東学校。
今は過去の姿に復元されて、ギャラリー兼観光案内所になっている。


170828-25.jpg


あ。
剣客商売ハッケン。
藤田まこと渋い。
「弥七!!」
…トメはそっちか。

うちら、あれやな合コンしても被らないから安心やな。
「そーやねー安心やね」

剣客商売チームと合コンすることは間違ってもないから安心せい。






※近江八幡遠足、まだ続きます。飽きずについてきてくれてるかしら…。






<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!


<おまけ>
文中の『尾賀商店』で、
2010年に尾賀商店に行った時の記事にリンクを貼ったんだけど
その記事を読み返したらトメんちの猫るうが出てきてた。
そうだったそうだった。
尾賀商店の後トメの家に行ったんだった。
堂々としてた猫るう。
かわいかったなあ……。

| パラダイス | 07:41 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

<