| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近江八幡・あっちこっちぶらり。

近江八幡遠足、最終回です。


白雲閣の真向かいには日牟禮八幡宮の鳥居。


170830-2.jpg


参道なのに生活道路らしい。
車もどんどん入ってくるし、活気のある参道だな。


170830-3.jpg


わー。
ここが八幡堀か!
いい感じーー!!時代劇みたいー。
「そうそう、あの辺でな、伝七親分がな」
サッと名前が出るトメさん。

ちょちょちょい、ちょちょちょい、ちょちょちょいな、だな。
「いや、よよよい、よよよい、よよよいな、やで」
……まいりました。


170830-4.jpg


山門。かっこいい。
この山門の周りには近江八幡といえば…トいうくらい有名な
たねやグループのお店がある。
そのため参道はぎっしり車。
まあ参道の先にロープウェー乗り場もあるというのも一因だろうけど。
それにしてもたねやおそるべし。
水郷めぐりの近所にあった新店の方もココも混み混みだ。


170830-5.jpg


あー、いいねえ。
思ってたよりこじんまりした空間だ。


170830-6.jpg


おまいりおまいり。
参道が賑やかということはお参りする人も多いということで
なんだかすごく活気のある神社。


170830-7.jpg


ん?なんて?
『嘘偽の心にて顔を水に写すと池に没す』とな。
怖いわー。
どれ。

170830-8.jpg


どんより。
…これじゃ写らんがな。
もうちょっと綺麗にしといてくれんと。
まあ神さんも色々あるから忙しいんだろうけども。


170830-9.jpg


むむ?これはなんだ?
絵馬がそろばん?なんで?
「あー、全国で何位とか有名な珠算教室あるわ」
そーなのねー。なるほどー。
小さいわりに色々詰め込まれてる八幡さんだなあ。
さて、御朱印御朱印。


170830-10.jpg


お若いお兄さんが書いてくれたなかなか達筆な御朱印。
ねえトメ、この赤い枠なんだろ?この囲ってあるやつ。
「ほんまやねえ、なんやろ?」
気になるなあ、桃かなんかかな?
「ああ、うーん」
滋賀県民のトメも知らんか。
「わからん」
ちょっと聞いてくるわ。

すみませーん!
ト、つい今しがた御朱印を書いてくれたお兄さんに声をかけた。
「はい…」
お疲れなのかしら、さっきからテンション低いわこのお兄さん。
この八幡宮の文字を囲んでる赤い枠って何ですか?何か意味が……
「なんでもありません!」
は?なんでもない?
「全く意味はありません!」
そんなバッサリ……。


170830-11.jpg


まあ諸々あったが無事お参りも済んだので八幡堀を散策。
本当にいい感じ。
「この辺で伝七親分が聞き込みしとってん」
今日はおらんで残念だな伝七親分。
ってさっきから普通に伝七伝七言ってるけど一部の人しかわからん
のじゃなかろうか。
伝七捕物帳の伝七親分ですよ。
説明になってるかどーか知らんが。


170830-12.jpg


ここ、朝ドラでもロケで使われたらしいよ。
「あ!そうやそうや!『あさが来た』でお嫁入りするシーンや!」
そうそう、って全然知らんけど。
「この辺であさちゃんが見送っとってん」


170830-13.jpg


波瑠ちゃん気分満喫のトメさん。


170830-14.jpg

さて八幡堀散策の後はまた町なかに戻ることに。
お、こんなところに銅像が。
近江八幡を栄えさせたと言っても過言ではないウィリアム・メレル・ヴォーリズさん。
もちろん右ね。
ヴォーリズさんは建築家としてもメンソレータムを広く日本に普及させた人としても
有名で、近江八幡の名誉市民第一号。
本当に有名な人なのだ。
関西地方にはあちこちにヴォーリズ建築と呼ばれる建物が残っている。


170830-15.jpg


ヴォーリズさんがやってた近江兄弟社。
元々メンソレータムはアメリカのメンソレータム社が近江兄弟社に製造を委託して
いたもの。その後近江兄弟社からロート製薬に権利が移っている。
でもよく見ると看板に書いてあるのは「メンターム」。
メンタームってのは、メンソレータムが製造できなくなった近江兄弟社が
オリジナルで製造しているもの。
成分がちょっと違うらしい。


170830-16.jpg


メンタム山盛り。
このなかにメンターム資料館があるのにー。
残念ながら今日は休館……。
がっかり。

仕方ない。他のヴォーリズ建築を観に行こう。


170830-17.jpg


アンドリュース記念館こと旧近江八幡YMCA会館。
ヴォーリズ建築の第一号らしい。
ナッツのお店があるとのことだったので
もしかして中に入れるかな……ト期待していたのだが
こちらも休みー。
なんかね、多いのよ、日曜日休みってのが。
こういうとこも近江八幡、観光地っぽくない。


170830-18.jpg


こちらは大正10年に建てられた旧八幡郵便局。
内部は資料館兼アンティークショップみたいな感じになっていて
ヴォーリズ建築にしては珍しく無料開放されている。


170830-19.jpg


マーク、かわいいなあーー。


170830-20.jpg


入ってすぐ、なぜか野菜。
冬瓜100円です。


170830-21.jpg


あ!電電公社!!
わーなつかしーー!!


170830-22.jpg


うーん…無料だから仕方ないかもだけど
全体的にかなり傷んでるねー。
「うん、ちょっと残念やな」
ねー。
直すのもお金かかるだろうから仕方ないとは思うけど
うーん…もったいないね。


170830-23.jpg


それにしても、八幡堀のあたりにあんなにいた観光客の人たちは
一体どこにいるんだろう。
ヴォーリズ建築は観ないのかな。
全然人通りがない。


170830-24.jpg


さて、ここはヴォーリズ記念館。
ヴォーリズさんが自邸とされていて最期を迎えた場所。
中を見学するには要予約ということで、前日に予約の電話をしたのだが
なんと「都合により休みなんですよ」とのことで。
なんという運の悪さ。
なぜ休むんだ!日曜に!どいつもこいつも!


170830-1.jpg


そういえば、滋賀県といえば『飛び出し坊や』
ト言われるくらい有名な飛び出し坊や。
ちょっと見かけただけでもこんなにバリエーションがあった。
それぞれのお店に合わせて作ってある。
すごいねー面白いねー。


170830-25.jpg




水郷めぐりに始まり、なんだか盛りだくさんだった近江八幡。
とにかく暑くて、
おまけにメンバーが
普段引きこもりのわしと歩かないことで有名なトメの二人。
のんびりゆっくり涼みながらの無理しない遠足。
はー、暑かったけど楽しかった。

だらだらを打破するために行った遠足だけど
遠足先でも結構だらだらしてたっていうね。ププ。






長いことお付き合いくださりありがとうございました。
近江八幡遠足、おしまい。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

スポンサーサイト

| パラダイス | 07:43 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近江八幡・町ぶらり。

さて、水郷めぐりを満喫したトメさんとわたくし。
次は近江八幡の町へ。


170828-1.jpg


この辺は前に一度だけちらっと来たことがある。
やっぱりいい感じだなあ。
でもこういう感じがずっと続いているわけではなく、
比較的普通の町、って感じ。
その中にポコンポコンと古い建物が残っている。


170828-2.jpg


その中の一つ「旧伴家住宅」へ。
ここは江戸時代の豪商のお屋敷。
伴家が商売をたたんだ明治以降は役場や学校、図書館として
地域で親しまれて来たが、今は資料館となっている。


170828-3.jpg


自らハードルを上げる伴家住宅。


170828-4.jpg


おー、なかなか立派なお屋敷だなあ。
江戸時代後半に建てられたらしいがその時代に3F建てか。


170828-5.jpg


窓が大きくとってあってすごく明るい。
梁も柱も立派!


170828-6.jpg


展示してあるスタイ。
なんとちりめん製。めっちゃカワイイ!!
きゃっきゃ言って喜ぶおばちゃん二人。

「このウサギのよだれかけ、めっちゃカワイイなあ」
すごいオシャレだよね、この時代にさぁこんなスタイ使ってたんだねー。
「なんて?」
は?スタイ?
「何それ」
雑貨業界でよだれかけのことだけどさ、ちなみに英語だとビブね。
「はぁ〜〜??ええやん、よだれかけで!」
そりゃそーだけど。
雑貨的にはよだれよりは響きが小綺麗だからねえ。
「なんやそれ、よだれかけでええのに」

まさかそんなにトメがよだれかけに固執するとは。


170828-7.jpg


カワイイ〜〜。


170828-8.jpg


ついでにタコの小物入れ。
こちらもちりめん。

170828-9.jpg


こんな小物入れ、なんて贅沢なんだ!


170828-10.jpg


磨き込まれた階段。
素敵だわー。
この階段を上がったところには朝鮮通信使へ出された昼食が再現されていた。

……えーとー…。


170828-11.jpg


タコ!タコ多すぎやろ!
それもそんなに吸盤ばっかしいらんわ!


170828-12.jpg


タコがそびえ立つ二の膳に比べて本膳はかなりバランスがいいなあ。
…と思ったら。
鯛の後ろにカラスミ!
カラスミ多すぎるやろ!喉乾くわ!!


170828-13.jpg


三の膳に至ってはもう、鳥!鳥!!
羽盛て!
羽毛付きか!


170828-14.jpg


奥にはこんな大広間。
めっちゃ広い!
よっぽど柱と梁がしっかりしてないとこんな空間は作れんよな。


170828-15.jpg


わ!昭和初期の裁縫教室だって。
ぎっしり。
これ、昔の人はやっぱり小柄だったんかなー。
今こんな人数座れんことない?
「えー、座れるんちゃう?」
そんなに広いかなあ。
「何畳ある?えーと…ニーシーロ……でこっちがニーシーロー…」
いや何畳とかじゃなくてさぁ…。
「45畳あるで?あれくらい座れるやろ」

小柄なトメと大柄なわしじゃ
空間認識度がどうやら違うらしいことがわかった。


170828-16.jpg


ずいぶんと派手派手しい屏風だなと思ったら、
この貼ってある図柄は明治・大正・昭和にかけて使われた
宣伝用のサンプルらしい。
注文する人がこれらを見本にして、チラシを作ったト。


170828-17.jpg


恵比須と大黒、BL風。


170828-18.jpg


なるほどねーこんな感じでチラシにするんだー。
やっぱりえべっさんが人気だったのかなー。
近江商人、華やかだなあ。


170828-19.jpg


さてそろそろお昼。
予約してあったカフェカシェさんへ。
いいなあ、素敵な一軒家カフェだ。


170828-20.jpg


店主さん一人でやってらっしゃるので予約をして行ったほうが安心
の、カフェカシェさん。
中もめっちゃいい。


170828-21.jpg


庭の雰囲気も合わせて、なんというか、実家感というか。
すごく落ち着ける感じ。
オシャレすぎない、なんか安らげる感じってのが近いかな。


170828-22.jpg


つぼ!
この手のつぼってよく陶器屋さんの奥やお土産物屋さんに並んでるけど
誰が買うんだと思ってたよ。
「西太后が入ってそうやんな」
なんぼ大きいつぼって言っても、
これじゃさすがの西太后も無理やろ。
ジャストサイズか。


170828-23.jpg


お野菜たっぷりのランチ。
美味しかったーー。
9月で近所に移転してしまうらしいので
行ってみたい!と思われた方はちゃんと調べてからどうぞ。
ちなみに移られるのは、前にわしらが行ったことがある「尾賀商店」さん。
ウンウン、あの雰囲気なら似合いそう。


170828-24.jpg


満腹になったので散歩がてら白雲閣。
明治十年に建設された以前の八幡東学校。
今は過去の姿に復元されて、ギャラリー兼観光案内所になっている。


170828-25.jpg


あ。
剣客商売ハッケン。
藤田まこと渋い。
「弥七!!」
…トメはそっちか。

うちら、あれやな合コンしても被らないから安心やな。
「そーやねー安心やね」

剣客商売チームと合コンすることは間違ってもないから安心せい。






※近江八幡遠足、まだ続きます。飽きずについてきてくれてるかしら…。






<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!


<おまけ>
文中の『尾賀商店』で、
2010年に尾賀商店に行った時の記事にリンクを貼ったんだけど
その記事を読み返したらトメんちの猫るうが出てきてた。
そうだったそうだった。
尾賀商店の後トメの家に行ったんだった。
堂々としてた猫るう。
かわいかったなあ……。

| パラダイス | 07:41 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近江八幡・舟の旅。

だらだらと夏休みを過ごすだけじゃもったいないな、ということで
以前からゆっくり行ってみたいと思っていた近江八幡に遠足に行ってきた。


170827-1.jpg


米原駅まで滋賀県在住のトメさんが迎えにきてくれ、
トメさんのピカピカの新車で近江八幡に向かう。

おお、ありがとうありがとう。
この車、土禁じゃない?いい?このままで。
「誰が土足厳禁よ!そんなんしたことないわ!」
あ、そう?じゃあハコノ…
「ハコノリもないって!」

のどかな田園風景と琵琶湖を交互に見ながら
途中行きすぎて戻ったりしながら
まず近江八幡名物・水郷めぐりに。


170827-2.jpg


入り組んだヨシ原の間をゆったりと舟で巡る水郷めぐり。
元々は織田信長、豊臣秀吉の時代に宮中の雅やかな遊びを真似して始まったとか。
エンジン付きの舟もあるらしいけども、
せっかくなら手漕ぎの舟でのんびりまわった方が、ということで
こちら「水郷めぐり まるやま」さんに。

あの舟に乗るのか。
結構お客さんたくさん来てるなあ。
年齢層高めだけども。


170827-3.jpg


トいうことで乗り込んだ舟。
乗り込んだのは、わし、トメ、そして台湾人のご一家。
こんなところにまでインターナショナルの波が。
ちなみに、お父さん、お母さん、お姉ちゃん、弟。
全員メガネ。
ついでにわしとトメもメガネ。
全員メガネ。
メガネ団を乗せた小舟がゆっくり水郷を進む。


170827-5.jpg


おおおお。
見ていた以上に舟が浅い。
思っていた以上に水面が近い。
さらに思っていた以上に船頭さんがオジイヤン。


170827-4.jpg


両側にずっと続くヨシは自然に生えているものではなく、
個人できちんと管理されている。
田んぼみたいにちゃんと仕切りがあるらしい。
「ちゃんと刈り取ったり色々手を加えないとこうはならんです」
船頭さんが漕ぎながら説明してくれる。
へー、刈るってどうやって。舟からとかですか?
「いやいや、水郷って浅いから普通に手で」
あ、そーなんだ、浅いんだ!ここ。
「そう、舟がひっくり返っても泳ごうと思ったらあかんよ。
足ついちゃうから」
はー、なるほどねー。
「冬にはぜーんぶ刈り取って丸坊主になっちゃう」
そーなんですか!
「刈り取ったヨシは簾にしたり屋根の葺き替えに使ったりね」
へぇーー、ヨシズのヨシってこのヨシか!
「そうだよ」
はー、そうなんだ。


170827-6.jpg


あ、龍神様。
こんなところにもきちんと神様がお祀りしてある。

いや〜静かだなあ。
聞こえるのは舟を漕ぐ音と、蝉時雨と、鳥の声と…


170827-8.jpg


台湾人ご一家の話す声と
オジイヤン船頭さんが息を切らしながら説明してくれる声。
舟のヘリに背中をつけて乗っているので、
右耳から中国語、左耳から近江言葉のステレオ放送。


170827-7.jpg


このあたりはよく時代劇の撮影に使われるらしい。
そう言われれば、よくあるなこういうシーン。
小舟の上で密談とか。
お母さんと泣く泣く離れて知らない大人に連れられて
丁稚奉公に向かうとか。
「剣客商売で、こんなシーンありましたよね?」
池波正太郎好きなトメが食いつく。
「ああ、剣客商売はあの辺でセット組んで撮影しとったねえ」
「そうですよねー!そんなシーンありましたよねー!」
剣客商売……わしの好きな藤田まことが出てたことしか知らんわ。
再放送あるかな、今度確認せねば。



170827-9.jpg


空が広いなあ。
今時ないよね、建物も電線も何もない空。

淡々と何もない舟の旅。
こりゃ子供にはちょっと退屈かもしれん。
が、日々の生活に追われたお疲れ気味の大人には
なんだかじんわり染みる。


170827-10.jpg


アオサギ。
アオサギ以外にもシロサギ、カワウ、カイツブリなどの鳥の姿が見れた。
他には亀ね。
「あそこにミシシッピ・アカミミガメ」
ほんとだ!
「よくミドリガメって言われるやつ」
ああ、元々はあんなに小さいのにねー。
「そう、ミシシッピ・アカミミガメ」
ミドリガメなのか、あれ。
「ミシシッピ・アカミミガメね、外来種」
オジイヤン、ミシシッピ・アカミミガメ何回言うねん。


170827-11.jpg


今、『仁』ばりに突然江戸時代にタイムスリップしたって言われても
信じられそうだわ。
それくらいのどかで静か。
でも江戸時代にミシシッピ・アカミミガメはおらんかっただろうけど。


170827-13.jpg


ああ、そろそろ終わりか。
「え!いつUターンした?」
驚くトメさん。
何言っとんの、途中で広いとこ出てそのあと細い水路に入ったじゃん。
「全然気がつかへんかった…」


170827-14.jpg


あそこに入れるのか。
難しそうだなあ。
でも船頭さんベテランやしな。


170827-15.jpg


船頭さん、おいくつなんですか?
「わし?わしは74。退職してから始めたけどね」
え、74!!お元気ですねー!
「そんなことないよー、やっぱりキツい!」
夏はとくに大変ですよねー。
「夏はキツいねー」
ですわねー。
「でもまだ上がおるから。ナンバーツーだから」
あ、そーなんですか!!それはすごい。

御年74歳のナンバーツー船頭さんの案内で一時間の舟旅もあっという間だった。


170827-16.jpg



無事着岸。
何があったとか、すごい見どころ満点!とか、
全くそういうことはなかったけども
かえってそこがいい。

ストレスフルな毎日にちょっとお疲れの皆さん、
これはオススメかも。




※近江八幡遠足、もうちょっと続きます。
どうかおつきあいくださいまし。






<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 12:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テオ・ヤンセンのビーストに会ってきた!!

※動画がいくつか貼り付けてあります。
すべて音声が大きめです。ご注意ください。





先週のことだけど。
三重県立美術館に『テオ・ヤンセン展』を観に行ってきた。


170821-1.jpg


テオ・ヤンセンと言われても全然『??』トいう方が多いかもしれないけど
このカシャカシャしたなんだかわからない大きな物体を観れば
「ああ!」ト思うんじゃないかしら。
以前、CMとかにも使われてたこともあったしNHKで特集されたこともあったから。


170821-2.jpg


いや〜〜すごい。
実物を観るのはもちろん初めて。
映像でしか知らないなりにまあ大きいだろうとは思ったけど
実際のストランドビースト(テオ・ヤンセンが創り出す生命体はそう名付けられています)
は大きいだけじゃなくて、なんだかホントに生きてるみたいだった。
まさしく、風を食べて動く巨大な人工生命体。


170821-3.jpg


プラスチックチューブでできている。
なんと、ウレタンチューブ製の感触器によって水を察知し、バルブを閉じて
自分で方向転換することができる、らしい。
はー、何がどうやってそんなことができるようになるんだか。
ゲージツ家というか、ゲージツ+理系の頭がないとこりゃ無理だ。


170821-4.jpg


館内は全て撮影可、ということで、
すごいねえすごいねえと言い合いながら撮影していたら
「ビーストが動くところをご覧になれますのでお集まりください」
とのアナウンスが。
おおおお!どこやどこや。



170821-5.jpg


これか、これが動くのか。
わやわやと周りを取り囲む人たち。
えらい近いけど、まあ動くって言ってもそんなに速くないだろうから
大丈夫なんだろうな。


170821-6.jpg


誰だ誰だ、と突然登場したイケメンにざわつく人たち。
「オーストラリアから来てくださったオペレーターのティムさんです」
ティムさん。
ティムさんがチューブを繋いだり、あっちをちょっといじったりするのを
至近距離でじーーーーーっと観察する観衆。


170821-7.jpg


ティムさん、正座。
あの位置で正座するということは…どういうことだ。
ざわざわ。
なんの説明もないまま、正座したティムさんを見つめること数分。
いつ動く出すかも何もわからないので、
正座したままのティムさんをたくさんの人が動画で撮っている。
動画の意味あるのか。

そしてまたしても突然、「では……」とアナウンスが。
固唾を飲んで見守る観衆。

そして…。

<音出ます>





……………。
えーと。
いや、すごい。すごいけど。

ちなみに、このハンマー。
強風時に体が風に飛ばされないようこのハンマーで杭を砂に打ち込んで体を固定し
それを軸に風に頭部を向けて横風を回避することができた、ト。
このコはすでに化石(動かなくなってしまったビーストのこと)になってて
動くのはこのハンマーだけらしい。


170821-8.jpg


そしてすぐ、隣の部屋に移動。
またしても動くぞ、ト。
向かい合った二体のビーストの間でティムさんが何やらやっている。


170821-9.jpg


ワタシは最後まできちんと観たことがないのでようわからんが
イメージとしてはどうやろ、アレに似てないだろうか。
アレ、ほら、ジブリの、えーと…大きな黒い虫みたいなやつ。
えーと。
ほら。
ト考えていたらまたしても突然「では!」ト、一声。


<音出ます>





思ってた以上に動きが激しい。
すごい。

いやいややっぱり実際の動きが観られるというのは面白いもんだな。


170821-10.jpg


これがこの時期に造られたビーストたちの「筋肉」ト呼ばれる部位。
ペットボトルでできた風を貯めて圧縮空気にするための器官。
ホントに進化してる。


170821-11.jpg


これは大きな帆が付いてることによって弱い風でも動き、
時速15キロくらいの歩行が可能。

ところであの列はなんだ?
あ、ビースト動かせるみたいだよ!うちらも並ぼう!!
せっかくの機会なのできっちり列に並んで待つワタシたち。
ワタシたちの前には保育園児、小4、小2、赤子の4人の子供たちと
その母二人、そして60代後半くらいのオジイヤン。
ワタシはオジイヤンだと睨んだのだが一緒にいた059は
「あれはお父さんだよー!」と主張する。
えー、子供らのお母さんたちのお父さんじゃね?
「そんなことないよー、多分子供達のお父さんだよー」
どっちの?お母さん二人いたじゃん、それも二人似てたから姉妹だよ。
「オジイヤンではないよ〜」
絶対オジイヤンだよー。
ト、もめたのは帰りの車中のことで、この時はおとなしく並んでいたのだった。

が、ふと見るとスマホを構えて
ビーストを動かす子供らの動画を撮ってるらしいオジイヤン。
すでにもう子供二人と母一人は動かし終わっている。
その間ずっと動画を撮っていた……と思う。
が、真後ろにいるワタシたちからは秒数が全くカウントされていないのが見える。
ビデオに切り替えたところでもう撮れていると思ってしまったらしい。
そのまま「ほら、次!」ト小2男子を行かせている。
ああああ…このままじゃあの子のムービーもないぞ。
「絶対撮れてないよね…」
小声で囁く059。
だよね…どーする?教えようか。
小2男子が位置についてしまったので慌てて小声でオジイヤンに
「それ、そこの赤いボタンもう一回押さないとカメラ動かないですよ…」
ト言ったのに。

「……うるさい!ほっとけ!いいんだ!」

ト、肩越しにシッシッ!!

あらま。
いいよ別に。
たまにいるよね、こーいうオジイ。
他人に教えられるのを拒絶するヤツ。

んが。
小2男子が半ばあたりまでビーストを動かしたあたりで、
そっと赤いボタンを押しているオジイヤン。
そして小2男子が終わったあと、満面の笑みで振り返り
「ホントやな!やっとわかったわ!ありがとう!」

いえいえどういたしまして。
オジイヤンのレベルが一つ上がったな。

話が長くなったけど、その動かせるビーストに挑戦なのだ!

<音出ます>





思ってた以上にこれ難しい。
ちょっとした力の入れ具合で方向が変わってしまう。


170821-12.jpg


これが以前、ワタシも作った工作キットのモデルになったビースト。
それをアップした時の記事でも貼っておこう。
まだ子猫……とは言っても今のタナちゃんくらいあったけど…のわっちゃんが
観られます。
こちらです。


で、最後のビーストは今回日本初上陸のアニマリス・ブルハス・フィリス。
ブルハスっていうのは芋虫の意味。
確かにそれらしい動き。
動かすにはちょっとコツがいるけど面白かった!


<音出ます>






足が絡まったまま無理に引っ張ると、
散歩に行きたくないわんこが引きずられてるようにも見えて
本当に生命体に見えてくるのが不思議。

まだ9月18日までやってます。
お近くの方、ぜひ!


※ストランドビーストにはそれぞれ名前があってちゃんと表記しようと思ったのですが
メモしたのがごっちゃになってしまっていて(阿呆)。
名前を間違うのも失礼なのですべて「ビースト」と表記しました。







<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 09:32 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はしもとみおさんのワークショップいてきたー。

先日、京都のごはんカフェたまゆらんさんで開催された
はしもとみおさんの木彫りワークショップに参加してきた。
メンバーは、わし、くめこちゃん、サニー山田、トメさん。
過去に数回、みおさんのワークショップを経験済みのサニー山田以外は
およそ四半世紀以上ぶりに彫刻刀を握ることになるわけで
不安しかない。
だがしかし、あの!はしもとみおさんに教えてもらえるというのは
そんな不安を吹き飛ばすほど楽しみ。

今回のテーマは『座り猫』。


170626-1.jpg


まずモデルさんのシルエットをクスノキに描いて、
小型のノコギリで切り出してゆく。
まったく思った通りにノコギリの刃が入って行かず
始めた早々に心が折れそうになるわたくし。


170626-2.jpg


タナちゃんの猫背はどうやれば表現できるのか…。
ト、そこに
「ちょっとみてみましょうか」
先生……。
みおさんがちょこちょこっとノコギリを引いただけで、
タナちゃんの猫背がざっくり現れる。
魔法の手だ。


170626-8.jpg


15人ほどいる参加者の中をくるくると回りながら
にこやかに手直ししてくれるみお先生。
やればやるほどどんどん犬化していってしまうわしらの木の塊も
みお先生の手にかかるとあっという間に猫になった。
「猫の特徴はまず丸みですね、耳のつき方が犬と猫では全然違って」
オオーーー!猫だ!猫になった!!
その後もそれぞれの特徴をチャチャッと掴んで手直ししてくれる。
すごすぎる。


170626-3.jpg


顔……どうやれば…タナちゃんのモフッとした感じが…
ト途方にくれていると、みお先生が
「モフッと、モフッと。で、このコはお口がキュッと閉じてるから」
ひゃーー!タナちゃんになった!!
「形を残そうと思ったら、削らないとだめなんです」
………そうか。
残すために削るのか。
深いな。


170626-4.jpg


そんなこんなで3時間ちょいがあっという間。
時間が足りず色付けが中途半端だけどなんとか完成。
たまゆらんさんの猫さんも参加して全員で記念写真。
みんな上手いなあ〜〜。


170626-5.jpg


後列右から3番目と4番目がみお先生のお手本。
……やっぱ全然違う……。
「とにかくよく見ることが大事なんです」


170626-6.jpg


わしら4人の作品。
左から、タナちゃん、トメさんちのチョビヒゲこと波留、
くめこちゃんちのはげまる先生、サニー山田のちぃさん。
うーん…タナちゃんがやっぱりイマイチだなあ。
タナちゃんのちんまり感はなんとか出せたけど
似てねーー。


170626-7.jpg



あー、でもホントに楽しかった。
ノコギリも彫刻刀もさらには絵の具も筆も、
全然わしのいうことはきいてくれなかったけども
それでも楽しかった。

そしてやっぱりみおさんはすごかった。
木の中から命を生み出してる感じ。
また機会があったら参加したいなあ。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!


| パラダイス | 08:15 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お久しぶりだよ明治村。

♪このみちーはーいつか来たみーちーー。
 あーあー そうだよーおーー





はい、長年の読者の方なら懐かしいとすら思えるであろう光景ですね。
そうです、お久しぶりの明治村。
今回の記事を書くにあたって前に明治村に来たのはいつだったかの〜と
調べてみたら2011年4月!もう6年も前だった。
それもゆずねーも一緒に行っている。
6年も前かよ〜〜そりゃ変わってるはずだわ、明治村。
北口に入場ゲートできとったもんなー、前は売店の脇にちょこっとあっただけなのに。


170605-2.jpg


そして6年ぶりに来たにはワケがある。
6年前の記事でも懲りずにやってた『明治探検隊』が去年から名前を変えて
『明治探偵GAME』となってるわけで。
久しぶりにやってみたいなあ、ト思ったわけで。
これやると嫌でも明治村中を歩き回ることになるわけで。
運動不足解消にはもってこいなわけで。
カボチャは誠意なわけで。


ト、誠意を持って探偵ゲーム『弐』に挑戦するわしと姉。
『壱』は小学生向けですよ…その上ですよ…。
なんてったって6年ぶりだし、わからないとつまんないし。


170605-3.jpg


おー、ロンブー淳(右端)も元気にやっとったかね!
いやそれにしても、全然わからん探偵ゲーム。
ざっくり説明すると、明治村を舞台にしたリアル宝探しゲームで
ヒントから推理して明治村のあちこちに隠してある宝箱を見つけ、
最終的に解答をゲット!
……なんだけども。


170605-4.jpg


久しぶりということもあってか、全くわからない。
ヒントからあたりをつけていくのが定説なんだけど仕方ない。
とにかく行こう!ローラー作戦だ!!


170605-5.jpg


いや〜平日なのにめっちゃ人がいる。
信じられん、を連呼する失礼姉妹。

「まず駐車場がさー!」
そう!いっぱいだったね!!
「ねーーー!!!びっくりしたよねーー!」
あんなにのんびりしてた明治村が、ちょっとした観光地のようじゃないか。(失礼)
みんな手に手に明治探偵ゲームの挑戦状を持っている。
すげーな!6年前はここまでじゃなかった。人気アトラクションになってるんだなー。


170605-6.jpg


石川啄木はやっぱりいた。
毎回写真撮ってるわ、ここで。なんでだろう……。


170605-7.jpg


なんとなくこの辺ありそうだよね、ト、とある建物に向かうと
その前で家族で問題を解いていた小学女子に口パクで
(ウラ!ウラニアルヨ!)
ト、ヒントをもらうわし。
そー言われましても……キミがやってるのとコースが違う……。
でもめっちゃキラキラした瞳で(ウラ!ウラダヨ!!)口パク。
わ、わかった…行こう。


170605-8.jpg


ローラー作戦大正解でいくつか宝箱を見つけたわしら。
ヒントがわからなくてもこうしてやみくもに歩き回れば答えが見つかる
というのもこのゲームの面白いところ。
勝手知ったる明治村なので、なんとなーーく宝箱のありそうな場所ってのも
想像つくし。


170605-9.jpg


あ、路面電車!
これは2020年までの期間限定で置いてあるコだわ。
なんと明治時代に名古屋で運行されてた名電1号。
大正時代に札幌電気軌道に買い取られ昭和11年まで札幌市電として活躍してたらしい。
めっちゃかわいい。


170605-10.jpg


竹の吊り手とか。
札幌市さんのご好意で貸してくれてるとのことで。
ずっと貸しといてくれんかしらん。


170605-11.jpg


そして問題の探偵ゲームの方はというと。
宝箱を二つばかり見つけたところで解答の場所がわかった。
ほほう。
あとはそこに行けばいいだけだな。
ヒントがどう繋がるんだかイマイチわからんけどな。
とりあえず答えはゲットだぜ。


170605-12.jpg


夏目漱石んちの猫も変わってた。
若返っとる。
お客さんが増えたせいかあちこち変わってるなあ。
頑張っとるなあ、明治村。


170605-13.jpg


前々から思ってたけど、ベイツモーテル感が強い。


170605-14.jpg


やっぱり一番好きなのは帝国ホテル。
素敵だわーー。
時間があったらまたゆっくり観たいけど、
もう今日は時間切れやな。
昼過ぎから来て明治村ぐるりだもんな。
でも答え見つかってよかった。スッキリ。


170605-15.jpg


ヒントはもうよくわからんので後付けで納得するとして
とりあえずよかったよかったとお互いをねぎらう足で勝負姉妹。

今回はローラー作戦大成功だったね!
「うん、所轄の刑事並みのローラー作戦」
所轄デカは足で稼がないかん。
「小さな巨人だな!」
……もう一回言ってみ。
「小さな巨人…だよね?日曜日のドラマ……」
ドラマのタイトルはあっとるよ、あっとるけど。
もう一回言って。
「小さな巨人」
それはオロナミンCやろ!
イントネーションがさ、
その言い方は『オロナミンCは小さな巨人です!』やん!
もっと平坦に言わないかんわ、小さな巨人。
「小さな巨人」
大村崑か!!



170605-16.jpg



明治村なのにオチは昭和だったというね……。










<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 10:51 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妖精からの弘法大師。

おかざき世界子ども美術博物館は広い公園の一角にあった。
実は、その公園内にはしもとみおさんの展示を観る前から気になったものが…。


170525-1.jpg


あれは…なんだろう。
まるでそこだけ違う世界のような。
行ってみよう。


170525-2.jpg


近づいてみると、土台の部分に鏡が貼られていて
なんだか浮いているようにも見える。
それにしても、キノコ……。
お?!どうやら上に上がれるらしい。


170525-3.jpg


妖精の棲む浮かぶ島。
よ、妖精がいるのか…。


170525-4.jpg


ババーン。

シュール……。


170525-5.jpg


キミが妖精か?

と、ケツを叩いてみたがどうやらこのシトは妖精ではないらしい。


170525-6.jpg


こんなお家に住みたーい。


170525-7.jpg


よくみると滑り台とかも配置されていて、
小さなお子さんなんかは喜ぶんだろうな。
小さなお子さんだけじゃなくて現にここに
喜んでいるオジイヤンが二人いるしな。


170525-8.jpg


小さな窓があったのでのぞいてみたらこんなことになっていた。
シュールが過ぎる。


170525-9.jpg


願わくば、塗り直しをしてもっと発色を良くしていただけたら。
キノコは毒々しさが命だからな。
もっと増田セバスチャン並みにしていただきたい。


ト、岡崎に別れを告げて次にもう一つの目的地へ。
友人のくめこちゃんに「リリさんにぜひ行ってほしい」トおすすめされていた
場所があるのだ。

車を走らせること45分。
蒲郡市に到着。


170525-10.jpg


見えた。
あれだよ。
駐車場に車入れちゃったけど……随分遠そうだなあ…。
でもたまには歩かんとな。行くぞ。


170525-11.jpg


ト、覚悟して歩き出したはずなのに1分も歩いたらすぐ真横に。
あれ?
距離感がめちゃくちゃや。


170525-12.jpg


ドドーーン!!
こちらが東洋一と謳われる三谷の弘法さんこと
金剛寺の子安太子像であらせられるぞ。
デカい…。
そしてハト…。


170525-13.jpg


弘法大師が四国八十八か所で修行中、山の中で難産に苦しむ女性に出会い
秘法の加持祈祷をして安産させた、という姿を現している、ト。
子宝に恵まれるらしいですよ。
ま、わしらには関係ないけども。オジイヤンだから。
てゆーか、ハト!
ハト多すぎ。


170525-14.jpg


赤子とハトを抱く巨大弘法大師。
全長30m。
台座の高さ7m。
身長19m。
……あり?
19+7は30じゃないよね。
…ああ!あの杖も入ってるのか。そーか。
いや、だからなんだってわけじゃないけど……。


170525-15.jpg


三河湾の絶景。
昔行った竹島水族館も見える。
わしらが行った時はまだそんなに有名じゃなかったのに
今はもう押すな押すなの大盛況らしい。
また行ってみたいもんだ。

ん?こんなところに喫茶店が。
そういえばここまで来る途中にも要所要所に『HILL TOP』っていう
看板があったけど、これのことか。
なになに?


170525-16.jpg


蒲郡HILL TOP。
なんだろう…この直線は…。


170525-17.jpg


日本東西3トップライン。
スカイツリー世界一。
富士山日本一。
そして…蒲郡ヒルトップ七つ星。

そこに並ぶか。
おまけに七つ星ってなんやろか。
謎が謎を呼ぶがちょっと入る気にならなかった…ごめんなさい…。


170525-20.jpg


東洋一の子安弘法大師。
鼻の穴目立つわー。

ト、ぼーっとみていたら、
わしらの後ろにいた老人会の面々が突然ハトの餌を撒き出したらしい。


170525-21.jpg


ハト、バサバサバサーーー!!


170525-19.jpg


ヒィーーー!
画像で見たら大したことないけど、現場は怖かったんだぞ。



170525-22.jpg


本堂の入り口に貼ってあった。
「おれがおれがのがをすてて おかげおかげのげでくらせ」
だそうです。
うまいこと言うー。

今日もみなさん、おかげのげで暮らしましょう。



……あ!今日、猫出てない!!
妖精と弘法さんだけだ!!










<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 08:29 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はしもとみお展、行くべし。

岡崎市のおかざき世界子ども美術博物館で開催中の
『はしもとみお 彫刻の世界展  木のどうぶつたち』
を観てきた。


170524-13.jpg


はしもとみおさんの手から生まれるどうぶつたちは
どれも本当に命が宿っているようだった。


170524-1.jpg


この後ろ姿。


170524-2.jpg


ああ、かわいい…。


170524-3.jpg


もちろん猫もいる。


170524-4.jpg


質感まで伝わる。


170524-5.jpg


わんこたちはお触りOKだった。


170524-6.jpg


猫はうちにいるけど、わんこはいない。
もともと犬飼いだったワタシにとっては久々のわんこ。
それもこのサイズ。
雑種犬。


170524-7.jpg


ガシガシガシ。。
わっちゃんは猫のわりには頭をガシガシ撫でさせてくれるけど
やっぱり犬とは違う。
こんなに力を入れて頭を撫でれるのは自分ちの犬だけだと思う。
ガシガシガシ。
コロ爺を撫でてるみたいだ。
泣ける。


170524-8.jpg


ああ、このコはタナちゃんにそっくりだ。


170524-9.jpg


カメレオンもいた。
木とは思えない。
なんて生き生きしてるんだろう。


170524-10.jpg


ツチノコ!!


170524-11.jpg


アトリエも再現されてた。
木の香りがフワーーンとする。
デスクの上にあったバナナマンがめっちゃかわいかった。



170524-12.jpg

ワタシの横の横に座ってるオランウータンは東山動物園にいるコで
ワタシも何度か観たことがあるんだけど、本当にそっくりだ。
ポーズも表情も。
身近などうぶつから森の中のどうぶつたち、架空のどうぶつ、
どのコもとにかく今すぐにでも動き出しそう。
デッサンも絵もたくさん展示してあったけど、
どれもこれもスッ……と紙から出てきそうだった。
平面なのに深みがある。


170524-13.jpg


あー、観られてよかった。
大きいのからごくごく小さいのまで
本物よりほんものだった。


170524-14.jpg


ちなみにこの子ヤギ。
ひとめ見たときからなんだかすごく惹かれたんだった。


170524-15.jpg




似てる……。








<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 07:44 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

念願のお花見。

今年は全然お花見ができなかった。
満開終わり頃に東京に行ったことは行ったけど雨だったし。
ニャゴヤで満開になった時は週中で、
やっと休みになった時には雨だった。
えいくそ。なんだよ。
よし!桜がダメならシバザクラを観ればいいじゃなぁ〜い?
ト思い、GW明けの月曜日ちょっとお出かけをして来た。





途中の川島SAでオサレな朝ごはんを。
……これねえ、ボリューミーに見えるでしょう?
見えるでしょう?
見えるでしょ?
見えるよね?!
それがねえ……高さ2センチで長さが9センチ程度。
ちっせえ!
二口で食い終わるわ!!


170513-2.jpg


オサレな朝ごはん追加。
白玉きな粉あんベーグル。
チョイスが迷走。


170513-3.jpg


『飛騨の恋人』。
これはあれか、問題にならんのか。
『おもしろい恋人』だったかは問題になったのに。
いいのか。


170513-21.jpg


わしがトイレに行っている間に車に戻っていた姉を呼び戻してまで
撮った顔ハメパネル。
キムピ〜〜。



170513-4.jpg


そして到着したのが岐阜県郡上市にある『國田家の芝桜』。


170513-5.jpg


芝桜のシーズンにはあちこちからわしらのような観光客がやってくるほど
有名なこちら。
國田家のおばあちゃんが昭和36年ごろから一人でコツコツと増やして来たらしい。
すごいわーー。


170513-6.jpg


一つづつはこんなに小さい花なのに
香りがすごい。
周り一帯がふわ〜んとフローラルフローラル。


170513-7.jpg


奥には花桃もあってこちらも綺麗だった。


170513-8.jpg


芝桜って最近すごくあちこちで名所になってて、
有名なところもたくさんある。
その中に入れてしまうとここは少し規模も小さいし見劣りしてしまうのかも
しれないけれど。


170513-9.jpg


でも、3歳くらいの女子がこれですよ。


170513-10.jpg


敷地内の建物に…わ!なんだこりゃ。
鹿の頭?
魔除け?


170513-11.jpg


すぐ目の前に浅い池があって
そこに映ってるのもめっちゃ綺麗だった。
おたまじゃくしがビーーーーッシリいた。
夏になったらうるさいだろうなあ……。


そしてせせらぎ街道を通ってまた郡上八幡ICまで戻る。
それにしてもせせらぎ街道て。
名前からしてすぐ横に川が流れているのだろうということは
わかるのだけれど、全くそれが見えず。
ちっともせせらいどらんやないか。


170513-12.jpg


なかなか風情のあるお寺があったのでちょっと寄ってみた。

……こんちゃんのようなわんこが。
Instagramとツィッターでフォローしている
秘密結社老犬倶楽部のこんちゃんにそっくりだ。


170513-13.jpg


こんちゃんだこんちゃんだ。
かなりの老犬らしくぼぅーーーっとしてるけどそれがまたよし。
郡上のこんちゃん、長生きしてね。


170513-14.jpg


明宝ハムで有名な『道の駅 明宝』に寄り道。
そこの定食屋。
このメニューを見ていた壮年カップルのおっさんが
「山菜の天ぷらにうどんのきんぴらだって!」
ト大声でお連れ様に教えてたけど
うどんのきんぴらて。
それは焼うどんのことか。


170513-15.jpg


そして郡上八幡といえばこの明宝ジェラート。
林家ぺー・パー子さんみたいなのがわしの。
ほうじ茶とチョコでドドメ色セットが姉の。


170513-16.jpg


そしてついでだし、ということで郡上八幡。
前回郡上八幡に来たのが9月に入ってからで、
すでに販売が終了していて食べ損なった有名な水まんじゅう。
今回こそ!!
と思ったのに……。
やっぱりなかった……。
てか、店が開いてなかった…。
月曜休みなのか…。


170513-17.jpg


と、お茶飲んで休憩してぐるっと回ってまた戻って来たら…。
店が開いとる!!
おばちゃんが店先でタバコ吸っとる!
でも午後3時すぎてるし…まさかあったり………

スイマセン!水まん……
「ないよ!!」

おばちゃん、電光石火の切り返し。
もうここの水まんじゅうは縁がないと思おう。


170513-18.jpg


帰路。
あまりの空腹で関SAに寄り道。
なんだこの、ゆるキャラ祭りは。
それにしても……そーか…日本の人口重心か…。
いろんなこと考えるなあ…。


170513-19.jpg


友人のダンナさんに『あつし』トいうヒトがいるのだった。
しょっちゅうネタになるようなことばかりしでかすので
わしらはヒソカに「今日のあつし」を楽しみにしている。
そのせいか「あつし」に敏感。


170513-20.jpg


あー、今回も楽しかった。
関SAで食べたトンテキ定食もうまかったし。
相変わらず姉のお土産セレクトは意味わからんし。
なんだよ、ちょんマグて。
まあわしが先に見かけたら買ってたと思うけど。



170513-22.jpg



最後に、明宝ハムになったわたくしを置いていきます。
多少問題があるので顔はぼかしたけど
めっちゃいい笑顔で明宝ハムになりきってる
とだけ伝えておきましょう。













<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 19:50 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メダルはないけど。<鳩吹稲荷編>

永田シェンシェイの大仏講義を堪能した後、同じ岐阜県内の可児方面に移動。
前々から行きたいとは思っていたのだが、
なんとなくタイミングを逃して行きそびれていた場所。


170331-1.jpg


ババーン!
日本ライン花木センター!!
ちょっと大きな園芸センターだぞー。


170331-2.jpg


そそそそ、庭木が10%オフだからね。
……ってちがーう。
もっと奥!
奥見て!


170331-3.jpg


ババーン!(二回め)

えーと。
久々にものすっごいパラダイス臭。


170331-4.jpg


おお、ここにも絵天井が。
天女?何?弁天様?
さっき見た雲龍の絵天井とは随分趣が違うが。


170331-5.jpg


壁画。
踊り狂う弁天様。
コッテコテパラダイスの予感。


170331-7.jpg


門を抜けると、前方に池と舞台らしきものが。
池の中に誰かおるし。


170331-8.jpg


池の周りにはなぜか客席がズラーリ。
舞台で何かやってたのかしら。昔は。


170331-9.jpg


……全景。

弁天様がふたーり。
ここは日本ライン花木センターの敷地内にある、鳩吹稲荷というお稲荷さん。
あの、おちょぼさんこと千代保稲荷から分霊されているらしい。
あ、この弁天さんがいるとこがお稲荷さんではなく、
この池の奥にちゃんと本堂があります。


170331-10.jpg


シェクシーー…。


170331-11.jpg



ババーン!(三回め)
噂によると、あの舞台の上の弁天さんが某有名人に似てるらしい。
遠いなー。
もうちょっと近くに寄れんかなー。


170331-14.jpg


ぐるっと回り込んでみた。



170331-12.jpg


ああ、遠い。
あれ?
琵琶でうまいこと隠してるけど、もしかしてノーブラ?
ノーブラて。
ノーブラっちゃーノーブラだけども。


170331-13.jpg


うーむ。見えん。
なんとかして見えんもんか。
ノーブラなのか?どーなの?
……あたしゃ、中学男子か。


170331-15.jpg


反対側に回ってみるも、どうやら橋が崩落しているようだ。
がっくし。
なんとなく全体的にほおっておかれてる感満載だもんなー。
直してくれればもっと近くに行けたのに。


170331-16.jpg


思いっきりズームでもこれ………
…あ、でも…フフ。
うむ。


170331-17.jpg



谷でも金、ママでも金。
谷でも金、ママでも金。
噂には聞いてたけど、あんた、谷でも金ママでも金じゃないのか?!
議員さんになってなんだかうやむやになっちゃって
全然最近見かけないと思ったらこんなところでノーブラで琵琶……。



170331-21.jpg


久々のパラダイス満喫で、気持ちだけはお腹いっぱいだけども、
実際の腹はぐーぐーなので、ラーメンでも食べて帰ろう。

なかなかのメニュー構成だ。

よもぎだんごとコーヒーのセット。
みたらしだんごとコーヒーのセット。


170331-22.jpg


まだまだ風が冷たい日だったので、飛騨高山ラーメンを食すわたくし。
高山ラーメンといえば、極細の縮れ麺に濃いめの醤油。
なんだか懐かしい味だわー。
おいしいおいしい。
やっぱり寒い時はこーいうのがいいねえ、ト
向かいを見ると。



170331-23.jpg



ざるラーメンと五平餅のセットを選ぶ姉。
『冷やし麺ダヨ!』とメニューにも書いてあるのに…。
『夏麺ダヨ!』と書いてあるのに…。


久々のパラダイスは、全体的に小寒い感じだったということで。









<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

| パラダイス | 07:40 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

<