2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

アンニュイな彼女

前回の「オーラの力」の、裏香織サマからいただいたコメントを読んでいて、思い出したことがあったので忘れないうちに。

今の場所に移転して来る前は、ナゴヤ市内でもオシャレ~と言われる場所でやっていたのだ。今みたいな路面店じゃなく、テナントビル
わりとこじんまりしたビルではあったが、結構個性的なショップが入っていた。
そのビルを仕切っていたのは、ナゴヤのセレクトショップの先駆け的存在だったお店。
そーいう店のスタッフだけあって、店長のミキちゃんもサブのシホちゃんも本当にオシャレさんだった。

ビルの2Fの喫茶店で私が一人で休憩していた時、シホちゃんがお客さんと一緒にお茶しに来たことがあった。人見知りの私からすると、お客さんと二人っきりでお茶を飲むなぞ考えられなかったので(ほえ~~~!)と感心して見ていた。
そのうち二人の話がぼちぼち聞こえて来る。
「トリュフォーが………」「マリエンバードは……」「トリコロールシリーズは……」…………なに?映画??映画の話なの?なんの話なの?
トリュフォーて!
わたしゃ、トリュフォーについて語ろうなんて思ったことないぞ。
サスガ、おしゃれリーダーはちがう。

そしてある雨の日。
あまりにヒマだったので、そのおしゃれリーダーの集う店に遊びに行ったのだった。行くっていっても、隣だが。

お客さん来ないねー。
「うん、雨の日はねー…」「仕方ないねー」
3人で外をながめていた時。
シホちゃんがため息まじりに言った。

「私、今日ちょっとアンニョイな気分なんだ……」

アンニョイ……。
アンニョイ…。

雨のしずくが流れ落ちる窓を見つめるシホちゃんが、オヒョイさんに見えてきたのだった。


FC2 Blog Ranking
毎日ポチッと一押し、お願いします!
スポンサーサイト

| 変わった人々 | 01:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーラの力

前にも書いたが、私は圧倒的に人見知りだ。
本当に接客業に向いてないなあ、と自分でも思う。店にいる時はまだナントカするのだが、展示会などはかなりつらい。
例えば、担当者がよそのバイヤーと商談中だったりした場合。
「じゃあ一人で適当に見ますんで!」と会場をブラブラできるメーカーさんはヒジョーに気楽でいいのだが、そんなトコはほとんどなくて、大体のメーカーさんでは「誰か代わりの者を!」ということになる。
これがツライ。
ナニがつらいって、中途半端な顔見知りというのがこれ以上ないっちゅ-くらいツライ。なーにを話せばいいのだ?!
どこまでツッコミいれても平気なの?アナタは。ああああ、会話が続かない~~。
ト、いう状態になるのがイヤなので、一人でブラブラしてる時には「ほっといてくれオーラ」を出すようにしているのだが、これがどーも誤解されているらしい。
ミズノさんに、「寄って来たらいてまうぞオーラ」が出ている、ト、言われたのだ。

いてまうて。
ナンじゃソラ。
ワシは横山のやっさんか。
目で殺すんか。

ほっといてくれオーラが、いつの間にかその先に進んでいたようだ。
イカンな、と思っていた矢先、コーヒー豆の業者さんの担当が替わった。引き継ぎで何回か前担当者と一緒に来ていたのだが、今回から独り立ちとなったのだ。
コーヒー豆の発注は059が担当なので、納品の際の応対も059がする。
今回ルーキーはコーヒー豆以外にも何か重要な任務があったようだった。
「こ、これがGWの営業日のお知らせです」
ト言いながらゴソゴソ紙を取り出して059に説明している。
フーン、と思いながら、私は059の隣で黙って見ていた。
ナニも言わなかった。ただ黙ってルーキーを見ていた。
だけだったのに。

だんだん彼の顔が赤くなって来た。さっきまで順調だったのに。
そして、チラチラと目線が私と059の間をさまよったかと思ったら、
「……と、このようになっておりますて、次のご発注は……」
ト、言った。

おりますて、て。

何事もなかったかのよーに、なんとかがんばって話し続けているよーですが。
フフフフ。
え?なに?なんだって?
ト、口をはさんでみた。
「はははは、はい!あの、このようになっておりますて……」

これはどういうことだろう。
私は黙って見ていただけなのに。いつの間にいてまったのだ?これが「圧」というヤツだろうか?
うーむ、おそろしいことだ。
ただの人見知りオーラが圧を持ち始めている。なんとかしなくては。

えっと、取引先の中途半端な顔見知りのみなさん、寄って来てもいてまうよーなことはないですが、私が一人の時はなるべくほっといて下さい。
お願いします。

FC2 Blog Ranking
ポチッと一押しお願いします。

| こんな取引先 | 02:04 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つられカレー部会

ほぼ日でカレー部例会があった。その余波は大きく、もうカレーモード一色になってしまった。仕事が終わってからカレーなんて作っていられない!今、カレーを食わなければ大変なコトが起きる!という追い立てられるよーな気持ちになり(ナニも起きゃせんのだが)、早速カレーを食べに行った。

行ったのはインド人がやっているカレー屋さん。
経営に日本人がタッチしているのかいないのかわからないが、殺風景なカレー屋なのだ。
20070426215826.jpg

金モールが泣かせる。
とりあえず貼っとけ!みたいなタージマハール。きっとくるくる巻いてあったのであろう、ポスターもスジスジだ。
画像右側の壁が白いのは、和室の個室だから。
和室の個室。インド人しかいないカレー屋なのに。絶対元は焼き鳥屋とか居酒屋だったはずだ、この店。
でも味はいいのだ。カレーさえ頼めば、こんなでかいナンが食べ放題。もちもちしてウマイ!ビールはもちろん「マハラジャ」だし。

20070426211237.jpg


メニューを見ていて気になったのが「ワイトチキンカレー」。
ワイトチキン…?どんなチキン?
ト、思ったら「White chicken curry」でした。発音通りにルビをふっただけー。
その流れなので「ポテートフライ」も納得。
そーだよな、ポティトゥだもんな。
もひとつおまけに「パティの予約もOK!」とな。
これには少し悩んだ。パティ?パテ?鴨肉とかのパテはサスガに前日までに予約してくれんと、できへんでー…なのかしらん?でもインド人がパテて……。
しばらく悩んだオレ、バカバカバカ!
答えは「パーティ」でした。ポテート、と、パティ。すぐピンとくるべきだったのに。

基本的にハコにばっかしこだわってる店は好きじゃないので、こーいう系の店はヒジョーに落ち着く。ちょっとヘンなルビだけじゃなく、低い画素のままプリントしましたーみたいな画像つきのメニューも、それはそれでええじゃないか。サモサにモザイクがかかってるんだぞ。目を細めてサモサを真剣に見る機会なんてめったにない。

いろいろと気になる点は多々あれど、今回私がいちばん気になったのは、これだ!
20070426213007.jpg

メニューのサモサほどじゃないが、画像が荒くてすいません。ケータイのズームで撮ったので。
で、みなさん気がつきましたか?
なーんでこんなに長いカウンターなのに、イス2脚?カウンターに座らせる気一切ナシ。
これを撮っている間、ウエイターのお兄さんがビミョーにポーズをとっていた。
ちがうんだよ、兄さん。君を撮っているんじゃないんだ。いいよ、そんな素敵なカメラ目線。あーなんでそんなに「ワレがワレが」なんだい?
20070426210202.jpg

だがしかし、そんな兄さんより私たちの方が「ワレがワレが」だったのだった。
「ごちそうさまー!」とご機嫌で外に出た私たちの耳に「コレモッテイッテ!」という声
が聞こえたのだ。
ナニナニ?!
ノリノリで振り返った私たちに、兄さんは「チガウチガウ!カンケイナイヨ」と手を振る。なんやいな?
と思って見ていると店内からドア越しに、兄さんに大きなゴミ袋が手渡されていた。
店長から兄さんにゴミ出しの命が下っただけだったのだ。
残したナンだけじゃなく、ゴミまでもらう気マンマンか!
なんでも「ワレが!」か、ワシら。
ま、それくらいウマかったってことで。

FC2 Blog Ranking
ポチッと一押しお願いします!

| パラダイス | 23:56 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一日一善

おばあちゃんが席で放心状態になっている。
おばあちゃんは近所におうちがあるのだが、一人暮らしなので、ご家族が心配してこれまた近所の老健ホームに入居しているのだ。だが、おばあちゃんはホームにいるのがいやなのだ、と言う。
「まー年寄りばっかだで、ツマラン!」と言って毎日出歩いている。
「みんな年寄りだもんで、陰気くさい話ばーっかし。私、おもしろくないんだわ」と言う。そういうおばあちゃんも、もう80近い。
よく通りでタクシーを拾おうとしている姿を見かける。タクシーで三越に行くのが好きらしい。
いつもそんな元気なおばあちゃんなのに。
「どうしたんですか?」059が大声で聞く。
「はぁ?まータクシーがつかまらんかったで、歩いてたら、ここまで帰ってきちゃったわ」
「どこからですかー?」
「タクシーが、まー来んのだわー。仕方ないで歩いてきたわ~」
「……おばあちゃん、どこから歩いてきたのー?」
「はぁ?まーねー、タクシーもなかなか来んのだわー。まー疲れたわーー」
「……どこ行って来たのー?」
「………」無視。
「おばあちゃーん!三越から歩いて来たのー?!」
「はー?……まあ三越よりは近いわ」
……もういい。追求すまい。聞いてもわからん。

どこからかはわからんが、とにかく歩き疲れてへろへろのおばあちゃん。いつものごとくオーダーも一仕事だったが、それより手に持っているコンビニ袋が心配だ。
「おばあちゃん、アイス入ってるよ?こんなのんびりご飯食べてたら溶けちゃうよ」
「………」
魂が抜けたようになっている。こんな腑抜けなおばあちゃんを見るのは初めてだ。
ホームのご飯はいつも同じのばっかりでイヤらしく、ウチでゴハンを食べた時は、ついでにお惣菜をテイクアウトしてくれるのだが、どう見てもコンビニ袋の中にお弁当が入っているのだ。だいじょーぶか?ダレが食うのだ?今おばあちゃんメシ食ったばっかだぞ。
ちなみにホームでも晩メシ出るんだぞ。
私の心配をよそにおばあちゃんは059にテイクアウトを指示している。
が、なかなか帰ろうとしない。
「疲れたわぁ~~~………」
とにかく疲れたを連呼している。
うーむ。どーせ買い物に行かなくちゃいけないしな。ヨシ。

おばあちゃん、送って行こか?
「……もう歩けんわ…」
車で送るよ。買い物行くから。
私が言った途端、おばあちゃんの顔がパァ~~~~!ッと明るくなった。
「ありがと、ありがと!車代出すから!」
いらんて、そんなん。

だがおばあちゃんのナビはなかなか高度だった。
「その電信棒のとこで」
電柱、いっぱいある……。ここでいいの?
「その先」
はい、ここ?
「もっと先」
……どこやねん!あ、ここ?ここおうち?
「ここを左に入って……」
うちとちがうんかい。……まあいい。
「あ、右に行ける?」
え?右なの?こっち?左じゃないの?
「左に入ってから、右」
だーーーーー!曲がってから言えや!

大騒ぎのあとようやくおばあちゃん宅に到着。一休みしてからホームに帰るらしい。
拝まんばかりに感謝してくれるおばあちゃんに手を振って、買い物に向かう私なのだったが、路地からちょっと広い道に出る寸前、何か視界の端に気になるモノが……。
道路脇にある、アレは………。

車を停め、サッと降りてサッと拾ってサッと乗り込み、ブーッと発進。
折り畳んだ千円札だった。
なんとゆー動体視力。

もしかして神様からのごほうび?
買い物のついでに送っただけなのに、おばあちゃんに感謝されるわ、英世さんはやってくるわ、あー幸せ。



FC2 Blog Ranking
ポチッと一押しお願いします。

| 変わった人々 | 01:31 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迷惑だけども

みなさんのところに「迷惑メール」というヤツは来ますか?

私のとこには来ます。
ケータイの方は、ドコモダケがグッジョブをしているらしく一切来ないのですが、問題はパソコンの方です。インターネットをしている限り多少は仕方ありませんが、うっとーしいことこの上ありません。

迷惑メールのほとんどがエロサイトへのお誘い。
こっちが「男」というテイで送られてくるものです。
もちろん開きもせずゴミ箱に入れるワケですが、タイトルだけ見ていると、いろいろ工夫のあとが見られます。

2時間おきくらいに同じアドレスから送信されているメール。
1通目「×子です」
2通目「×子です…今日はだめですか?」
3通目「×子です…いつまでも待ってます」
4通目「×子です…どうしても会ってくれないんですか?」
5通目「×子です……これで最後にします、お願いです!いつまでも待ってます」
6通目「×子です…やっぱりダメなんですね…」

オイオイ、×子よ、いくらなんでもしつこいぞ。
ト思ったところで最後のメール。

7通目「×子です。私、どうでしたか?」

って、会ったんかい!

そんなメールは日常茶飯事で、たいして驚かなくなっている私ですが、最近のヒットはコレです。

「私のパプアニューギニア人の主人の事で相談があります」

……そんな事相談されても。



FC2 Blog Ranking
ポチッと一押しお願いします!

| こんな自分 | 23:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あなたのお名前なんてーの?

女子二人組のお客さん、というのは山程いる。お友達同士というのが多いが、姉妹もかなり多い。いいトシした兄弟がつるんで買い物したりお茶を飲んだり、というのは少々薄気味悪いものがあるが、姉妹というのは全然アリだ。女子って得だなあ。
そんな常連姉妹の中でダントツ美人姉妹なのは、ダレあろうアノ!アサダ姉妹ではあるが、お子をお産みになってもなお美人姉妹道を突き進んでいるのは「中津川姉妹」だ。

定期的に店に来てくれるようになった最初の頃は単に、「あの美人姉妹」と言っていた。
ウチに来る度にケータイで美容院に予約をいれている。
どんだけ髪フェチやねん。ワシらなんか3ヶ月行かないことなんてザラやで。あ、これは休みが美容院とかぶってるからだから!無精で行かない、とかじゃないから!結べばいいや、なんて思ってる訳じゃないから!前髪くらい自分で切ればいいや、なんて考えてないから!

そんな美人姉妹とボチボチ挨拶をかわせるようになり、そのうちに「家が遠くて…ホントはもっとしょっちゅう来たいんだけど」と言われたのだった。
遠いって、どのへんですか?
「中津川なんです」
!!中津川!中津川って、中津川フォークジャンボリーがあったとこ?……フォークジャンボリーて……。
え~~!岐阜は岐阜だけど、ほとんど長野じゃないですか!旅行ですよ、それじゃ。
美容院のついでとはいえ、毎回そんな遠くから…。ありがたいことだ。

ご姉妹ですよね?
「そーです。あ、こちらもご姉妹でされてるんですよね?」
あぁ…そーです。
でもウチは…どちらか言うと残念な姉妹なんで。

トいうわけで、ソレ以来「中津川姉妹」となった美人姉妹。
先日本当に久しぶりに来てくれた。
「TV、見ましたよ~!録画しました!」
ひぃぃぃぃ。やめてくれ~~。早く消して下さい~~~。
その日はなぜか久しぶりの常連さんが多く来た日だった。
中津川姉妹のこの発言を皮切りに、今さらの「TV見ました」発言が次々と……。

「いつものリリさんでしたよ。あ~TVなのに普段通りだなあって思いました」@コームラさん。
「TV映り、すごいいいですよね~~」@ペリエさん。
「TV見て気がついたんですけど、あの女性議員に似てますよねー!あの…片山さつきさん!」@デカさん。

………コームラさんのはまだいい。
その後の二人の発言はいかがなものか?!
テレビ映りがすごくいいって、実物は…………ってことか?!
おまけになんだ!片山さつきって!言われたことねーぞ!ワシはコイズミチルドレンか!

話がズレました。

中津川姉妹は、二人ともお母さんになった。
お母さんになっても相変わらず二人ともキレイだ。
ただし…。
他の常連さんたちは、本名がわかっている人がほとんどだ。私たちがつけたあだ名は、内部だけで通用するものでご本人に呼びかけたりはしない。シマブクロさんは特例だ。
だが、中津川姉妹は本名がわからないのだ。
つい「中津川さん!」と言ってしまいそうになり(おお…イカンイカン)と口を押さえることもたびたびある。なんだ、その名前。

中津川さん、もしよければ名前教えてください。今度カフェの方の顧客名簿にサインお願いします。



FC2 Blog Ranking
ポチッと一押しお願いします。

| 変わった人々 | 01:21 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ

ワタナベはオカンである私が大好きだ。
同じようにかわいがり、同じように世話をして、同じように一緒に暮らしている姉のことは、子分としか思っていない。
私が何か食べていても、よほどのもの(例えば焼き魚トカ…お刺身トカですね)でない限りはフツーに寝ている。
が、姉がよほどのものでもなく普段のものを食べていても「ドレドレ?」とチェックが入る。それが例えばはっさくであっても一応チェックはする。
そして「ケッ」と顔をそむけて去って行く。
私がアイスクリームを食べていても「フゥ~ン」という顔で見ているが、同じアイスを姉が手に取ろうもんなら、15センチの至近距離でプレッシャーをかける。
「おかあさん、同じの食べてるよ~。ホラ~。おかあさんからもらいなよ~」
姉が必死で言っても、ワタナベは目をそらさない。

自分より格下のくせにナニ言ってやんでぇ。
ト、その目が言っている。
そう、この目。
ワタ1


そして姉が食べ終わると「ケッ…食い終わりやがった」と立ち上がり、
「おかぁさ~ん、アイツくれへんかった~~」ト、私のヒザに甘えに来るのだ。
私がまだ、そのアイスクリームを食べていようがおかまいなしだ。

そのワタナベが体調を崩したのは去年の夏の初め。
それから毎日1錠、心臓の薬を予防としてのんでいる。
もうトシなので、腎臓がかなり悪くなっているらしい。
なんとか無事に過ごせてはいるが、それが…ここ2、3日イマイチ調子が悪いのだ。
食欲はあるのだがあまり食べれないようだ。でも食べれなくなったらもうおしまいだ。体力が落ちてしまう。
こらいかんぞ、なんとかして食べてもらわなくては。
ト、さっき猫用のふりかけを買って来た。
ふりかけといっても、カツオブシ。猫用の。
本当はあまりよくないのだろうが、まず食べてもらうことが先決だ。

袋をあけた時点ですでにワタナベの目に力が。
普段食べているカリカリをお湯でやわらかくして、そこにふりかけて、冷めたらよく混ぜて、ト。
テーブルの上に置き冷ましている間もワタナベはうろうろしている。そしてあろうことかいちばん高いテーブルに飛び上がろうとし始めた。
なんという食への執着だ。人間でいえば、もう90のおじいちゃんなのに。
さすが我が息子よ。森繁なみの息子だが。
あわてて冷蔵庫に入れて冷まし、急いで混ぜた。
……がっついている。
ああ、よかった。

一応は安心だが、これからどんどん心配なことは増えていくはずだ。
でもできる限りのことはやるからね、オカンも子分も。
これからワタナベの大好きな立ち抱っこ(私が立った状態で抱っこしてあげることです。座ったらダメらしい)の時間も、もう少し長くしてあげなくては。
まあ、こんな目で見られたら、何時間でもしてあげたくなることマチガイなしなのだ。


ワタ2


ま、子分にはこんな顔しないんですけどね。
立ち抱っこもオカン限定特典だしな。フフン。


FC2 Blog Ranking

ポチッと一押しお願いします!

| | 23:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もれてますか?!

いっつも彼の帰った後に、気がついていたのだ。
ゆかがビチョビチョになっている。
くっそー、絶対今度こそ言ってやる!
その、今度、が今だ。

彼、とはウチに浄水器の取り替えにやってくる、某レンタル会社の所長だ。
最初の頃は、無駄っちゃべりが多くていやになったものだが、あまりに私たちが相手にしなかったせいか、最近はわりとスムーズに作業を終えると帰って行く。
ただその作業がスムーズに終わるかどーかが、問題なのだが。

ッフッフッフッフ……。
荒い鼻息。
「ハイ!終わりました、ハイすいません」
やっと終わったか……。ドレドレ……ゆかは、ト。
わ、やっぱし!ビチョビチョやん。
すいませーん、ゆか、拭いてってもらっていいですか?
「え?拭きましたよ」
イヤイヤ、ビチョビチョなんで。
「拭いてますよ。ちゃんと」
これでですか~?
「あ!本当ですねー!イヤ~すいません。取り付けの近くばっかり拭いてたんで」
……そーなんですか。でもいっつも帰られた後こんなんなんで……。
「あ~漏れたんですね!こっちばっかり拭いてたんですよ、そっちまで漏れてると思わなかったなー。漏れたんですねー」
本体から漏れてるわけじゃないですよね?
「あ、それは大丈夫です。いやー取り替える時に漏れたんだなー」
……。
「いや、こっちは気にしてすごく拭いてるんですよ。いやぁ漏れたんですね!」
……。
「こりゃすいません、漏れたんだなあ~。漏れてますね!」
返事せにゃいかんのか。
……あーそーですか。
「いやいや、まさかこっちまで漏れてるとは思わなかったんで!漏れたんですね!」
知らんっつーの。
一生分の「漏れた」を聞いたよーな気がするわ。

その後、ドアマットを取り替え料金を受け取り、やっと帰るか、ト、思いきや。

「どーもすいませんでしたねー。いつも浄水器のまわりばっかり気にして拭いてたんですよ。まさかあっちまで濡れてるなんて思いませんでした。いや~、いつの間にか漏れてたんですねー!」
あーーーーーーーーーーー!!
漏れた漏れたウッサーーーーイ!
アンタの口から言い訳が漏れ漏れじゃーーー!
……ああ、私の鼻息まで荒くなるわ、まったく。

ブログランキングに参加してます。ポチッと一押しお願いします!
FC2 Blog Ranking

| 変わった人々 | 23:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アカゲー

ブログを始めてすぐに登場した「赤毛おかあさん」。
今では「アカゲー」と気軽に呼ばれている。もちろん裏で、だが。
まあご本人にそう呼びかけたところで、わかるはずもないだろう。
何年も前にたった一時だけ、自分の娘が髪を赤くしていたことなど忘れているだろうし、それだけの理由で自分が「赤毛お母さん」などとワケのわからない名前をつけられたことなど想像もしていまい。
おまけに「赤毛お母さん」ならまだしも「アカゲー」。

娘が東京の大学に行ってしまったので、一人でゴハンを食べに来る。
口癖は「ダイエットしてるから」だ。
ジムに通ったり結構がんばっているようなのに、しょっちゅう059に「2キロ太っちゃったのよー」ト、言っている。
こないだもそう言っていたはずなのに。更2か?
右肩上がりじゃないか。いいのか?ダイエットしてるんじゃないのか?

今日も059に注文をつけている。
「2キロ太ったから、ご飯、もう少し減らして」
「え~?でも今でも結構少なめですよ」
「いいのいいの。半分くらいでいいわ」
「今の半分ってすっごい少なくなっちゃいますよ?」
「アラそ~お?じゃあ、5口くらいで」

5口て。
アンタのひとくちがどんなもんか、ウチらにわかるかいな。
キッチンで私と059はお茶碗を前に悩んだんだぞ。
残したくない気持ちはありがたいが、そんなに難しい注文しないでほしい。

そして身体にいいこと大好き!なアカゲーは一時黒ごまに凝っていた。
ランチのプレートにババババッと黒すりゴマをふりかけていた。
すべての食材が黒くなっている。
まずそーだな……。
ある時、もうその携帯黒すりゴマが振っても振ってもなかなか出て来ず、ちょっとイラッとしたらしいアカゲー。
思い切ってババッと大きく振ったようだった。

ダバ~。

黒すりゴマが山のように出ていた。口のところに、乾燥剤が引っかかっていただけだったのだ。
人には細かい注文をつけるくせに、自分には大雑把なアカゲー。
無言で乾燥剤を横にどけて食べ始めていた。


ダイエットしてるわりに、茶色のシュクレ(フランスの無精製角砂糖です)を必ずアッサムティーに入れるのもアカゲーのこだわり。
ホントなら紅茶の香りが消えちゃうのでオススメしないのだが、アカゲーは大のお気に入りなのだ。なのでアカゲーがいつも座る席には、白ではなく茶色のシュクレの方を多めに置くようにしている。
のに。
気がついたらアカゲーが他のテーブルのシュクレを物色していた。
「あれ?お砂糖少なかったですか?」
あわてる059にアカゲーはにっこり。
「ううん、ちょうどいい大きさのがなかったから」

……アンタの、ちょうどいい大きさなんて知らんて。

わからん。
ホントーにアカゲーはわからん。
その際限なく沸き出す、マイペースの源は一体なんだ?!
そして、たったの5口しかご飯を食べてないのに、なんで気がつくと2キロ太っているのだ?!なんでいっつも2キロなんだー!


FC2 Blog Ranking
ポチッと一押しお願いします!

| 変わった人々 | 02:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

めざせ、ヴァージョンアップ

休みなので、ちょっと遠くまでゴハンを食べにいくことにした。
ETCが導入されてからというもの、意味なく伊勢に行ったりしている。
今回の目的地は中部国際空港。通称セントレア。セントレアは、出発ロビーにいろいろ物販もあったり飲食もあったり、銭湯まであったりして、ヒコーキに乗る目的じゃない人も楽しめる場所なのだ。オープンの時はエスカレーターに乗る入場制限があったほどなのだ。
ま、今は……。
同じ店がナゴヤ市内にあるのに、わざわざ高速を使ってまでセントレアに行く、というくらいだから推して知るべし。
空いているのだ。

セントレア

セントレアのメインキャラ「なぞの旅人フー」は某有名デザイナーが作っただけあってかわいいのだが、気になるのは後ろの瓦屋根。
海外から人くるっしょ?じゃあ日本的なモンでお迎えしちゃったりしてー!的な空気がミエミエのわかりやすい日本的さ加減。ある意味、ナゴヤ気質。
こんな日本的なファサードでもスタバ。

それにしても。
あいかわらずETCはウルサイ。特にカードを挿入したまま車から降りる時がヒドい。
車に乗り込んでカードを入れた後、忘れ物を思い出し取りに行こうとちょっとエンジンを止めたりなんかすると、

「カード ガ ノコッテイマスーーーーー!!」

大絶叫だ。
わかっとるわ!人間を甘くみるな!

そしてETCとともに設置されているのが、DVDナビ。
これは車を買った時に、私がリクエストしたのだが、どーもコイツがイカン。


空港へ

私はどこを走っているのだ。空飛んどるやないか。
どこに浄化センターが。

陸地へ

やっと陸地かよ。水陸両用か!
市民病院って…言い張るにも程がある。

このDVDソフトが作られた時には最先端だったのだろうが、とっくに海は埋め立てられ空港ができ、ヒコーキもバンバン飛びまくっているというのに、私の車ではいまだそこは海。
うーむ、古い。古すぎる。
はやいとこヴァージョンアップして、時代の波に乗らなくては……。
海じゃなくて。

……どーよ、この一人大喜利。

| こんな自分 | 02:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

引っ越しの風になって

雑貨の仕事を始めてからこの4月で丸何年かになる。何年かって何年なんだよってことだが、まあそこは追求するな。
ま、それを記念して、というワケじゃないが、あっちからこっちへ引っ越しすることににした。前々から考えてはいたのだが、新年度ってことで、思い切ってみた。
前のトコも残してあるので、ここで初めまして!のお客さん!よかったら前のトコも見に行ってクダサイ。読み応えアリのダラダラ加減となっとります。
前からのお客さん、こっちでもあっちと同じように、どーでもいいコトをつついていきたいと思っています。これからもよろしくです。
こっちだのあっちだの、ちょっとうっさいですか?もう言いません。

ブログを始めて1年半もたつのに、今さら引っ越し……。
そして「今さら」繋がりだが、私と059の中で流行っている曲。
それは「千の風になって」。
……なぜ今さら??
それがよくわからない。急に口ずさんでしまったのだ。
♪わたしの~おはかの~ま~えで~……。
だがしかし、私はこの曲を2回聴いたことがあるかないか程度なのだ。悲しいけど悲しまないで的な曲だということは知っている。でもたった2回でナニができる?1サビを覚えている自分ってスゴいと思ったくらいだ。
059も2回聴いたことがあるらしい。でも彼女は私よりヒドい。
♪わたしの~おはかの~ま~えで~なかないでください~~~~…。
ここだけだ。ここしか覚えていないのだ。
なのに、私と一緒に口ずさんでいる。
結果、このあとの部分は♪…ンンン~ンンンン~ン~ンン~~~…と由紀さおり風ハミングになる。まあそれはいい。わからないのに、歌おうとするその心意気は買おう。
問題は、1サビのあと。
私の記憶では、春はなんとかで夏はなんとかになってぇ~~みたいな2サビがあったと思うのだが、ここがまーったくわからない。わからないなら歌わなきゃいいのに、なぜか口ずさんでしまうのだ。
よくあるでしょう、どーしても離れないってゆーか抜けない歌が。
059と並んでランチの後片付けなどをしていると、どちらからともなく、♪わたしの~~……と歌い出してしまう。♪なかないで~…の「で」のトコでちょっとためたりして。
でも。
途中でハタ、と止まってしまうのだった。わからないから。
ハミングすらもできない。
しばらく「…………」と黙ったあと、また最初のお墓の前に戻る。

なんとかお墓の前から移動できないものか、とまわりの人たちに聞いてみたのだが、みんなお墓の前から動かないのだった。
今さらCDを借りる、トいうのもなんだしな…まあ時間がたてば抜けるさ。
ト、思っていても、私が忘れても059が忘れず、059が忘れているのに、私がつい歌い出してしまって、またお墓の前に二人で立っているのだった。
由紀さおり・安田祥子姉妹ばりにスキャットしつつ食器を洗うのだ。そのうち♪ゆうや~けこやけ~の~あかとんぼぅ~~~トカ歌い出しそうな勢いなのだ。

一体いつになったらお墓の前から動けるのか。
一日も早く、私たちからこの曲が抜けていくことを願っている。


| こんな自分 | 23:51 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

<