2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

風邪をひいたら味噌煮込み

なんだか急に寒くなって風邪っぽいので、予定していた出張をやめて、一日グダグダすることにした。風邪には休養がいちばんだ。
それにしても、目が覚めたらすでに昼1時をまわっていたというのはどうだろう。
寝過ぎじゃねーか、コノヤロー。
おまけに、ふあああああ~トあくびをしたら、姉が待ってました!ト顔を出し、
「昨日『明日の昼は味噌煮込みだ!』って言ってたから、朝からバナナしか食べてない!」
ト言う。
味噌煮込みうどんですね、はいはい。

ナゴヤで味噌煮込みうどんといえば有名店がいくつかあるのだが、そのうちの一つは今日はお休み。そこ以外だと、有名「家系」チェーンが好きな私たち。近所に有名「店系」チェーンの一軒はあるのだが、そっちはどうも…。よく行く「家系」はウチの近所にはないので少しお出かけになってしまう。
雨だけど…まあいいか。
休みらしく、グズグズしたテンポで用意していたらいつの間にか2時近くになっていた。
おおー、お昼のラストオーダーは二時半やぞ。間に合うんか?

道がわからないから!ト言う姉を乗せて、めずらしくワタシの運転で、うどん屋に向かう。
到着したのは二時半ジャスト。
確認すると「大丈夫ですよ、でも三時から中休憩に入りますけどね!」とのことで。
おー、まかせとけや。三時までには食い終っちゃる。

2時半に店に入り、すぐオーダーして、うどんが出て来たのは2時40分。
DSC04070_convert_20080930023814.jpg

ぐっつぐつのアッツアツ。
ちなみにワタシは一味をバババッとちょっと多めに振りかけるのが好きですが。
DSC04071_convert_20080930023740.jpg

いっくらふうふうしても全くさめないので、味噌煮込みはこうして鍋のふたにとって食べる。まあ好みなので、そのままずるずるいってもいいけども。ま、確実にヤケドするけど。
DSC04072_convert_20080930023650.jpg


他にお客さんがいなくなった店内には、なぜか冬ソナのよーな曲が流れている。
その中で、残り10分でなんとかこの熱々うどんを食いきろうと無言で食べ続ける私たち。
冬ソナが終わった。
次に始まったのは、なぜかリチャード・クレイダーマン。←イージーリスニングの帝王。←わからないヤングはまわりの初老に聞いてね!ウフ。
………。
古民家風の純和風店内が一気に、ゴブラン織りの猫足ソファーが置かれたリビングルームのような空気に。
そういえば、なぜうどん屋さんのBGMはだいたいお琴なんだろう?
ト思いつつ、ラストスパートにかかると、クレイダーマンが終わり…次にまた。
「……冬ソナやな…」

……なんで今、冬ソナプッシュ??

誰?そんなに冬ソナばっかし有線にリクエストしてるのは!
風邪ひいてあったまりにうどん食べに来てるのに…なんか寒いのは何故。







おまけ
DSC04074_2_convert_20080930024334.jpg
味噌煮込みを食べる時は必ずこの「前掛け」を着用のこと。
あんなにていねいに食べたのに、こんなに飛んでいる……。
味噌煮込みを食べる時にカッコなんてつけてられません。


人気blogランキングへ
今日一日でしたことは、うどんを食べたこと。ウマイ味噌煮込みに一票お願いします。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!ナゴヤ以外で味噌煮込みうどんを食べると麺がゆるくてちょっとガッカリ。味噌煮込みの麺はアルデンテよりもさらにかためでお願いします。




スポンサーサイト

| こんな自分 | 05:46 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミスド・姉の夢店。

先日のアタシの夢の話をしたところ、姉からも変な夢の報告があった。

ミスドに並んでいるらしい。
まるで大学の講義室のようなひな壇に、商品が並び、その中から選ぶ。
どんだけ種類が豊富なんだ、ミスド。
姉の前にはちょっとヤサぐれた感じのお母サンと娘がいる。娘はさっさと決めたのだが、お母サンがなかなか決まらない。グズグズしている。
どうしよう~決まらーん!ト、悩むお母サンだが、娘はすでに商品を手にしている。そして食っている。
「はよ、決めや~。モチーナでいいじゃん!モチーナ!
も、モチーナ!なんだ、それは!
ト、姉が見てみると、娘の手には揚げた餅が。

揚げた餅といえば「おかき」じゃん。
「いやそれがおかきじゃないんだわ。なんか、ビチョッとシロップにつかってて、ぬおーん…となるの」
モチーナ、食べたの?アンタ。
「ううん、その娘がくれたんだ。ちょこっと」

で、結局お母サンはナニを悩んでいたかというと、サーモンときのこの炊き込みゴハンもいいなあ…と悩んでいるらしい。

…ねえ、そこはミスドなの?
「うん。ミスド」
ミスドなの?
「ミスドの新製品みたいよ」

ずーっと悩むお母サン。姉はすぐ後ろで辛抱強く待っていた。すると、姉の後ろからおっさんの声が。
はよせんか!ワシはさっきからもう80分は待っとる!

は、はちじゅっぷん!ネズミーランドか!
「いや、そのおじさんは絶対80分も待っとらんのだわ。だってあたしの後ろにはいなかったんだもん、さっきまで」
…いやもう、夢だから。ホントにいたかどーかはいいんだけど。

で、結局。
アンタはナニにしたの?

「うーん、あたしも迷っちゃってさ~。モチーナ、ともう一つ新発売のがあってさ。それが外はカリッと中はトロッとで」
へー、なに?

ハニーチュロ・餅味

は?
ハニーチュロ・餅味

も、餅味?
餅、じゃなくて?餅味?餅の味なの?
「そう、中からトロッと餅が出てくるの。で、餅味」

えーと、それは『ハニーチュロ・餅味』ではなくて『ハニーチュロ・餅』の方が正しいと思われ。
「いや!だってポスターにも描いてあったもん『ハニーチュロ・餅味』って」
ああ、そう。じゃあまつがいないね。
………って、ちがうだろ。

『モチーナ』と『ハニーチュロ・餅味』。
今年のトレンドは餅です。お菓子業界の人、いかがですか?




人気blogランキングへ
餅だから「モチーナ」て。アンタは小林製薬か。姉のネーミングセンスに一票お願いします。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます。ホントは出張の予定でしたが、寒そうなのでやめました。風邪のひきはじめっぽいので大事をとって。ひきはじめが肝心ですからね。よーし!明日は味噌煮込みだ!




| | 05:23 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

相変わらずだぜ、アカノちゃん。

「あいてる網にのせればいいのに!私たちのコーチンを!」
ト、アカノちゃんが力強く何度も言っている。
私たちはカウンターの席に座っているので、オープンスタイルの厨房が丸見えなのだ。

わざわざ暗黒舞踏を見に、東京からナゴヤまで足を伸ばしているアカノ。
「暗黒舞踏ってなに!」
目をまんまるにした姉に聞かれたのだが、ワタシもなんとなーくしか知らないし、イメージとしては白塗りでドンドコドンドコ………ズッダーーーーー!!(←ナニ?このものすごいバックリしたイメージ)みたいな…。
「そうそう、全身白塗りなんですよ…こう……」
アカノが姉に説明している。
「え?!全身タイツなの?」
「ちがいますよぅぅぅ!」
……全身タイツの舞台を、わざわざナゴヤまで観に来るかい!

で、その暗黒舞踏を観て、ナゴヤに一泊して翌日ウチの店に遊びにきてくれたアカノちゃん。ゴハンを食べてケーキを食べて。本当ならもっとヒマなはずの日なのに、なんでかお客さんが途切れずゆっくり話もできない。わざわざ来てくれてるのに申し訳ないなあ。
昨日の夜はオトモダチとゴハンだったようだし、今日何時に帰るの?
「まだ決めてないんですよ」
あ、じゃあ晩ゴハン一緒に食べてさ、それから帰りなよ。新幹線って何時最終?
「えーと……9時半か10時ですね」
じゃあ間に合うね。そーしよう。
ト、いうことで夜になるまであちこちで時間をつぶしてもらって、せっかくだからナゴヤといえば鶏!を食べに行くことにした。先週に続きまた鶏を食べにいくオレ。
が、土曜日の夜だからか、あっちへ行っても何組も待ちが、こっちへ行ってもまた待ちが…。仕方ないので最終手段の店に向かった。
そこもコミコミで、なんとかカウンターに滑り込めたワケだけど…。
「どうしたんでしょうねえ?なんかあるんでしょうかね?なんでこんなにどこも込んでるんですか?」
んー、まあ土曜日の夜だからねえ、仕方ないかもねー。

が、なんとか座れたこの店も。
「なんで!今のうちに私たちの串を!そこに!置かない!」
どうも来月で閉店になるらしく、そのせいかお客さんがモリモリ。そしてそのせいかスタッフ全員テンパっている。
でも、私たちにはあまり時間がないのだよ。早く串を焼いてはもらえんか。
「あ!なんかタッパー出しましたよ………あ!しまった!なんにも出さずにそのまましまいましたよ!なんで出したんだ、あのタッパー!」
それはね…テンパっているからだよ。
席のあっちからもこっちからも「ウーロン茶はまだですか?」トいう声が聞こえてくる。
ちなみにウチの席のウーロン茶もまだですか?

新幹線の最終に間に合うようにここを出なくちゃな。
早く、鍋を!私たちに鍋をプリーズ!
DSC04064_convert_20080928011211_convert_20080928011525.jpg

あわてて食べているのがよくわかる、ほとんど食べ終わってからの鍋画像。ナゴヤコーチン旨辛鍋。一体ドコにナゴヤコーチンが……。こんな画像ならなくても同じやん。
さ!今から行けば余裕で間に合うから。
ト、バタバタと名古屋駅に向かった訳ですが。

向かう車中、一応ケータイで新幹線の時刻表をチェックしてみたワタシ。
……………。
んんんん??
あのさー…アカノちゃんのソレ、ひかりしか乗れない切符なんだよねえ~…。言いにくいんだけど、ひかりの最終あと10分で出ちゃいますけども。絶対間に合いませんけども。
「えー!そんなワケないですよぅ!10時までありますよ」
いや、そのあとはのぞみちゃんしかないよ。
「うそ!だって…。昨日と今日でそんなに時刻表が変わりますかねえ?」
はい…だって…昨日は平日だけどさ…。
クドいようだけど、今日は土曜日だから…。
「………あ!そーゆーことか…」
そーゆーことってどーゆーことよ!だからさっきから何度も今日は土曜日だと…。
キミも、あんなに何度も時刻表確認してたじゃないか!
「いやー、なんで今日の時刻表で見なかったんだろう?あたし」
……知るか!相変わらず最後のツメが甘いのぅ~。

ということで。
DSC04067_convert_20080928011345_convert_20080928011547.jpg

なぜかワタシのTシャツとダボパンで寝る準備をしているアカノ。
シャレで「泊まって行けばいいのにー」とは言っていたが、ホントにそんな羽目になるとは…。
あんなに、急いで熱々の雑炊飲んだのにーー!







人気blogランキングへ
また鶏か…と言わずに、そこをなんとか一押しお願いします。



今日も呼んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!急に寒くなりましたねえ。鍋のおいしい季節です。


| こんな取引先 | 05:02 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

営業さんいろいろ

アジアはがんばってたんだなあ…ト、しみじみ思ったのだった。

某問屋さんでウチの担当をしてくれていたアジアが辞めてしまい、担当が替わった。それが7月初め。
なんやかんやとしょっちゅう顔を出してくれていたアジアとちがい、この3ヶ月で新担当者の顔を見たのはたったの2回。展示会もなかったし、別にそれはいいんだけど。
じゃあナニが気に入らないかといえば。
全くなんのフォローもないのだ。
注残品がどうなってるのか、とか、納品ミスの代替品はいつ届くのか、とか、そーいう細かいフォローが一切ない。こっちから聞かないと連絡がない。そのままだ。
そして騒動のキッカケは、その納品ミスだった。

発注していたのとはちがう色が届いた。
すぐ「ちがいます」ト連絡すると、ソレを持って帰り「発注いただいた色に替えます」と言ったのだ。
が、いつになっても届かない。連絡もない。
どうなっとんじゃ。こっちはその色が欲しいから頼んだっちゅーのに。
で、またこっちから連絡してみた。
「あ…じゃあ来週金曜にお届けします」
ト、彼は言った。
が、金曜の午後6時になっても彼は来なかった。
むむむむむ……。まったくぅ!どーなっとんじゃー!

昔は、当てにならない営業担当にはキチンと文句を言うのが常だったワタシだが、最近は人間も丸く、いろんな意味でいろんな部位が丸くなってきただけあって、取引先にクレームなど言わないようになっていた。トゆーか、すぐ(こんなもんなのね…)トあきらめて、そこにはオーダーしないようになった。オトナになったもんよのう。←そーなのか?
が、コレはいかん。いかんですよ。
ト、いうことで、彼に電話をしたのだが留守で、仕方ないので社長さんに今までのいきさつを話し、ちょーっとあまりにもねえ~ト愚痴ったのだった。

そして、昨日のことだった。
当のご本人から電話が。
「僕はお届けするとは言いましたが、それは配送するという意味で」
そうなのか。
でもウチとしてはアジアがよく営業のついでに持って来てくれてたので「お届け=配達」だと思っていたわけで。
勝手にそう勘違いしてたんで…あ、そうなんですね。でも金曜出しで配送したなら、その連絡くらいは欲しかったですけどね。
「前担当者はサービスで持って行ってたんですよ。なので、同じサービスを期待されちゃうとちょっと…」

は?!サービス??
営業に来るのをサービスと?申されました?
キミの仕事はなんなんだ?
「それに、本来なら下代で○○円以上じゃないと運賃着払いになるんですけど、今回はこちらのミスなので元払いでお出ししてますし」
……はぁ~~~???
ナニ当たり前のこと言うとんじゃーーー!
してますし、て何?コレもサービスってこと?もともとはそっちのミスなのに?それもすぐ注文品を送ってくれれば問題なかったのに?こっちがせっつくまでなんもなかったのに?
で?
取引先に営業で廻るのをサービス、ト??
クドいよーだが、キミは営業職なのに?


あーもうやだ。
そんな考えの営業にオーダーなんてしとぅないわ。
彼のやり方が間違っている訳じゃなく、ただ、ウチと合わないだけなんだろうけど。
彼は彼のやり方でやって下さい。
でも、ウチはいやです。お願い!

前々担当者だったマツオカに何年ぶりかで電話をして、泣きついた。
で。
担当替えとなりました。今度はド新人。でもその方がマシな気もする。お互いのためにも。

それにしても…マツオカ、喜んでたなー。
最後はオレを頼ってくれた!みたいに。こんな面倒なクレームだったのに。
ごめんね、ホントに。
サンドバッグ代わりにしちゃって。
でも、アタシに文句ブーブー言われて喜ぶなんて…。
さすが筋金入りのドM。






人気blogランキングへ
サービスって奥が深いですね。とりあえずサービスで一押しお願いします。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとう!そんなに難しいことを要求した訳じゃないと思うんですが。間違ってますかねえ~?…ワタシは、営業の善し悪しはフォローで決まるト思っているんですけどね。






| こんな取引先 | 05:48 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボウルに乗って

ひっさびさに、おそろしくバカバカしい夢をみた。


実家からなぜか自転車でウチに帰っている。
ワタシはわっかの小さい、俗に言う「BMX」。えーとなんの略かとゆーと「Bicycle Motocross」ですな。バイセコー・モトクロス。あの丈夫そうなヤツ。
…合ってますよね??←自信なし。
いやもう全くBMXとか興味ないし。今回オリンピック競技になって初めて観たくらいで。おもしろかったけど。
確かに、実際のワタシの自転車もわっかが小さいタイプだけど、それはただ単に折り畳みできるタイプだからであって。

で、夢。

そのBMXに乗って軽快に実家から帰ってくるワタクシ。そらもう、BMXだから、水たまりもビシャーン!ビョンビョン岩とか飛び越しちゃう。濡れてヌルヌル滑る坂道(←多分粘土質)も、ダッダッダッ!って感じで飛び降り。
……い、岩??粘土質の坂道??どこに住んでる?ワタクシ。

そんなBMX野郎に対し、なぜか姉はフツーに並走。「ふぅふぅ」とか言いながら、必死でついてきている。雨なのに傘もささずに。
なんでこんなに無理のある設定なんだろうか。

もちろんかなりの荒くれ者なBMXなので、車ともしょっちゅう接触。
さすがに途中でBMXのタイヤが歪んで来てしまった。

うーん…これじゃあ帰れないなあ…。

ここで一旦ファンファンファンファンファァァァ~~ン……トCMに入って。
しばらくたって突然夢再開。

その時のワタシの乗り物は。

なんと、ステンレスのボウル。それも中にぎっしりキャベツの千切りが詰まっていて、ご丁寧にラップしてある。そのボウルにうつぶせで乗っかるように、しがみついているワタクシ。
しがみついている。
そう、そのボウルは身長164センチのワタクシが両手両脚を広げてしがみつけるくらいデカイわけでして。
ガシッとしがみついて、ボウルごとゴーン!ゴーン!と飛び跳ねて進む。(←どうやって??トいう質問にはお答えできません。なんか知らんけどボウルごと跳ねてたんだもん)
風にあおられて、ラップが一部分はがれ、顔にピタピタ当たる。
キャベツがこぼれる…。
ト、思いながら、ゴーンゴーン……。

DSC04034_convert_20080925011346.jpg

キャベツの千切りはご用意できませんでした。かわりにサニーレタスで。
これの何倍でしょうか………。
ワタシが上からふたをするようにしがみつけるボウルって。
うーん……なんでボウルで飛んでる?
なんで千切りキャベツ?
トンカツ気分?




人気blogランキングへ
キャベツの千切り並みに、細かく連打でお願いします。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!久しぶりにはっきり覚えてる夢でした。顔にラップがあたる感触までも。






| | 05:00 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとつ賢くなりました

今までいろいろと、エラそーに語って来た。
ホントすまん。
ワシもまだまだじゃ。

お店でカイモノをして領収書をもらう時。
ワシは今までそのことで多々文句を言って来た。
例えば、呼び捨て。
「宛名はどうしますか?」
うーん…せめてソコは「お宛名は」に変えてもらえんか。
そして『○○でお願いします』ト頼んだ場合、8割くらいで
「○○ですね?」
ト、確認される。
なんで、ソコで呼び捨てやねん。ソコは「○○様、ですね?」なんとちがうんかーい。
ヒドいとこになると、書きながら。
「○○…これでいいですか?」
などと聞いてきやがる。

あ、ついでに書く方になった場合。
お宛名をこちらにお願いできますか?
ト、レシートの裏に書いてもらうことがよくあるのだが、その時に。
「あ、上様で」
ト、言うのはいかがなものか。
ついでに
「御品代でいいです」
ト、言うのもまつがっておるのではないか?
自分のこっちゃで、キミィ。
様トカ御トカつけんじゃねー!

なーんてね。
今まで大口たたいてきてホントごめんなさい。

今日、領収書を…ト言われていつものように「お宛名をこちらに…」トお願いしたところ、そのお客さんがどこかに電話で確認をとり始めた訳で。
「じゃあ、お言葉に甘えて領収書を頂こうと思うんですけど、宛名はどうすればいいですか?」
ト、聞いていなさる。
「……はいはい…。はい、わかりました…ブランクですね?」
電話終了。

ほほー。
ブランクさんか。
えーと……。
ブーラー……。

「あ、宛名無しでおねがいします!」

ブランク……。
それは「ブランク」様じゃなくって、「空欄」の意。

…ブ、ブランク様じゃなかったーーーなかったーーー。←2回言った。







DSC04006_convert_20080924001528.jpg

2008年10月3日~9日<日曜休>
『フウチ9』発売記念
「松野屋の荒物雑貨展」
とゆーのが、東京・蔵前にあるアノニマ・スタジオであります。
町工場や農村で生まれた昔ながらのブリキ缶やカゴ等々どこか懐かしくてあたたかい、
そんな荒物屋さんが開店です。
特に4日は職人さんによる実演販売や、レセプションパーティーなどもあるようです。
そして見逃せないのはフウチ編集長・小澤典代さんと松野屋社長・松野さんのトークショー。
ウチに来たお知らせには

「手品はしません!」
ト書いてありました。

そりゃないぜ、顧問


興味のある方はぜひ!






人気blogランキングへ
日々是勉強也。日々コレ、押すなり!


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!「ブランク」で動揺したようで、但し書きの「ご飲食代金」のところで「飲」を書く時、「欠」の部分に「食」を書いてしまいました。食へんにまた食。「食食」です。どんだけ食う。

| こんな自分 | 05:34 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足の上の…

例の外反母趾をこれ以上悪化させないように、予防をすることにした。
予防…?予防とはちょっとちがう気もするが。
まず夜は、全部の指の間を広げるヤツ←よく売ってるやつ、を足に装着。
これはもともと足の血行をよくして、疲れをとるためのモノで、たまに使っていたのだ。それがほとんど毎日稼働するように。
そして、問題の昼間。
シュッとした靴とか←ほとんどないけど、ヒールの高い靴とか←さらに持ってないけど、は、痛くなりそうでコワくて全然履けなくなってしまった。あの痛みを思い出すとちょっと無理。
ま、コワくて履けない以前にもう一つ理由もあるけど。

夜の指広げマスィーンに対抗して、昼間は、親指と人差し指の間にガイハン予防アイテムを導入したのだ。それが『ポニョ』。←059命名。
ポニョは、『新開発のポリマージェルが指と指の圧迫による痛みを軽減します!』らしい。
「!」マークの、点をはずしたみたいなカタチをしている。そのやわらかクッションを指の間にはさむと、アーラ不思議。内側に曲がっていた親指が、ちょっとまっすぐに近い状態になるのだ。

その日はブーツを履いていた。
そして、立ち仕事の女子には必須アイテムの着圧ハイソックス。
着圧ハイソックスは、ビシーーーッとしている。おまけにたまたま、手持ちの着圧の中でもいちばんキツいヤツだった。きっちり足のカタチになっている。
途中までは調子よく仕事をしていたのだが、夕方近くなった頃足に違和感が。
ガイハンの痛みではなく、なんか足の甲あたりに感じる。ブーツにあたってゴロゴロして痛い。
しばらく我慢していたが、どーにもジャマなのでブーツを脱いで確認。

ビシーッッと着圧ソックスで引き締められた足の、甲の部分がポッコリ。
ポニョが指の間から脱出してしまっていた。

着圧ソックスを脱ぐのはなかなかの手間なので、ソックスの上からなんとか定位置に戻そうとがんばってはみたが←どこまでも無精者、ソックスの圧は強く、更につるつるは手強く、全く歯が立たない。
仕方ねえなー。んもーー。
フガッ!と、キツキツの着圧ハイソックスを脱いでみた。

足の甲に、ちょこんとポニョが乗っていた。
それを横から見ていた059が。

「あ!足の上のポ……

……みなまで言うな。





人気blogランキングへ
唄わずに、まず一押しお願いします。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!ちゃんとガイハン体操もしています。テーピングはちょっとめんどくさそうなので、このへんでなんとか阻止できるようにがんばります。

| こんな自分 | 05:28 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペットはアゲアシトリ。

高速で、すごいぎりぎりのところで追い抜かして行った車がいたのだった。
あぶねー!あんな運転ずっとしてたら、いつか事故るよね。
「うん……あーゆーのってさ…」
姉がそう言って、しばらく間があいた。

「…反逆者ってカタカナでなんて言う?」

反逆者をカタカナで……。
カタカナで?……カタカナ……。

そりゃーアンタ、『ハン・ギャク・シャーー!』じゃない?

さあみなさんご一緒に、くらいの勢いで。
滑舌はっきり。
「ハン・ギャク・シャー!」。

「そ、そうじゃなくって!」
爆笑しつつ姉がさらに。

アルファベットで!

…言いたいことはわかるけど。



人気blogランキングへ
念願の!といえば、もちろんランキングアップ!



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!毎日雨ばかりで、頭が人の3倍くらいに膨らんでいます。白菜です。


| こんな自分 | 05:56 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そう来るか…。

バッグをぱっくり広げて中を確認している女子がいたので、声をかけたのだった。

それ、マチも広いしかなりたっぷり入りますよ。A4サイズも余裕ですよ。

すると。
持っていたバッグをくるりと持ち替えて、今度は反対側から見る。
反対側といっても左右の持ち手を替えただけなので、左にあった内ポケが右に来たくらいのちがいで、まったくなにも違わない。
今の動作に一体なんの意味が…。
が、さらにもう一回転。
もとの向きに戻った。戻ったところでワタシを見て…。

「これの容量はどれくらい?」

…容量…容量…えーと容量…。
バケツじゃないんだから…。
なんていえばいいですか、立方センチメートルですか?ccですか?mlですか?ナニ入れますか、水ですか?容量…ようりょう??
うーん…見たまんまなんですけど…サイズ測りましょうか?

「このサイズは入りますか?」とか「一泊旅行くらいは大丈夫ですか?」はよく聞かれるので、返事も簡単なのだ。ファイルの大きさは決まっているし、一泊旅行っていってもそう大げさじゃない限り、荷物の量は想像がつく。
なのだが「容量」なんてバックリしすぎな質問は難しいなあ…。もうちょっとせばめてもらえんかねー。どんな答えが正解なんだ?

ト、思っていたら。
次のお客さんが…。


「このバッグ、あたしの教科書とお弁当箱入りますか?


知らん!





人気blogランキングへ
週末はランキングもがた落ち~。ま、ぼちぼち一押しよろしくお願い致します!


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!「ごめんなさい、アナタの教科書とお弁当箱、あたし知らないから…入るかどうか…ちょっとわかんない…入りそうですか?」ト、正直に答えたオレ。この答えはどうでしょう…。



| 変わった人々 | 05:52 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

焼き鳥ミーティング

ちょっとヤボ用で、仕事が終わってから059と二人で出かけた。
出かけたはいいが、どーにもハラが減って仕方ない。
サッサと片付けて(←メインの用事なのに)、とにかくナニか食おう!(←いつの間にかこっちがメインに)。
どーする?ナニがいい?ナニ食べる?あ!このへんならアノ!焼き鳥屋にしない?
「あ!いいねえ~!ずっと行ってないもん。あそこでしょ?えーと……」
そうそう、あそこあそこ。えーと…………。
「なんだっけ?……えーと……」
ちょ、ちょう…ちがうなあ……。
「鳥吉!」
ちょうきち…じゃねーよ。どこだよ、ソレ。

DSC03995_convert_20080919013529.jpg
半分以上食べてから撮影したねぎ味噌きゅうり。うめー!

ト、まったく見当外れな名前を連呼しながら到着した焼き鳥屋。
ココはワタシも059も大好きな店。

DSC03991_convert_20080919013324.jpg
つくね、塩。柔らかくてうめー!

串を食べつつ、ちょっとマジメにお客さんを呼ぶ相談をする。
仕事場以外でリラックスしつつのミーティングもいいじゃなぁい?

ちらりと廻りを見ると、座敷に会社の飲み会らしきグループ。大人数だ。
おお!
見てみて!あの人、ほら!アレに似てない?あの金髪の人!
「どれどれ?」
超フツーに振り返って見る059。

DSC03992_convert_20080919013357.jpg
ササミ・ゆずこしょう焼き。ピリ辛でうめー!

去年のM1で優勝した…それの…突っ込みの方!
「ああ!サンドウィッチマン?」
そうそうそうそう!
「伊達?」
そうそう!……そう??伊達?伊達だっけ?あの中途半端な金髪の…。
「そう、伊達。あああ………似てるかもー」
ゆずこしょうが効いたササミ串をくわえたまま、堂々と振り返る059。

DSC03994_convert_20080919013457.jpg
プチトマベーコンチーズ。想像通りの味。

「あ!外人さんがいるね、あの団体」
うん。いるねえ~、さっきから誰かに似てると思ってたんだけど…出て来ない。
「パックンマックン!」
パックンマックンて!パックンか!マックンか!パックンだ。

DSC03993_convert_20080919013427.jpg
ナゴヤコーチン!弾力プリップリ!肉汁じゅわー!


コーチンにかぶりつきつつ、やっぱり振り返る059。
「あー!でも正面から見たら似てなーい!伊達!」
アンタ、正面から目が合う方がおかしくね?見過ぎ見過ぎ!みすぎたかお!
「でも似てないもん!」
絶対、伊達、こっち気にしてるってば!

DSC03996_convert_20080919013611.jpg
エリンギ。歯ごたえナイス!うめー!

それにしても、パックンマックンじゃないんだよね…誰かちがう人…あ!
デーブ・スペクター!
「デーブスペクター??うーん…そうなるともう外人ってだけじゃ…」
うっさいよ。あ!もう一人外人さんがいた!
「ホントだー!あの人もパックンマックンに似てない?」

DSC03998_convert_20080919013641.jpg
とり鉄火丼。ササミの霜降り肉をさっと炙ってヅケに。ちょーうめー!

まーたパックンマックンか!ここはパックンマックン村か!そうそうパックンマックンばっかしいるワケない!てか、まったく似てないし!
「…ほんとだ…よく見たら、顔が小さくて鼻が高いだけだ…」
そんなの外国人だったらフツーなのに、なんでヨリによって『パックンマックン』しか出て来ないんだよ!パックンマックンとサンドウィッチマン・伊達って。ものすご隙き間突いてない?大体、こんなにパックンマックンを連呼してるのって、日本中でも、今ウチらしかおらんとちがう?

DSC03999_convert_20080919013709.jpg
完食。

久しぶりのおいしい焼き鳥のおかげでテンションが高くなり、ついでにかなり有意義なミーティングができた。
なんてすばらしい!
ビバ!パックンマックン!
ビバ!焼き鳥!
ビバ!鳥吉!
そして、ありがとう!鳥吉!
………だから、鳥吉ってどこだよ。






人気blogランキングへ
とり鉄火丼初体験!ここのクリックも勇気を出して、初体験!



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!ナゴヤコーチン串はホントに旨い!地鶏サイコー!


| こんな自分 | 05:41 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガビーン。

以前、新聞に載っていた旅行の広告を見ながら、
「わー、安いねえ~!」
ト、オカンと話していた時。

「アラー!じゃあ今度3人で行こうか?!」
ト提案されたのだった。

うーん……。
ワタちゃんがいるから無理だ。ワタちゃんがいなくなっちゃったら考えよう。
ワタナベがだいぶ弱っていた時だったので、とてもじゃないけどワタシも姉も二人揃って家を明けるのは無理な時期だった。

「…そうだね!」

オカンも、ワタシがワタナベをひとりで留守番させたことがないのを知っているので、そううなづいていた。

で、また温泉でも行きたいなあ…いう話が出ている今日この頃。
そういえば、前にオカンが言っていたことを思い出し。

近いうちにさー、どっか行く??
ト、オカンに聞いてみた。

「どこかって?ワタシ?」
いや、じゃなくてさ、3人で、よ。
「え~…なんで?」
なんでって……。前に言ってたじゃん。「ワタちゃんがいなくなっちゃったら、どっか行こうか」って。時期もいいしさ。どう?

行かない!ワタシ!忙しいもん!
↑間髪入れず。

2008022618130000_convert_20080918023217.jpg
~ワシの心象風景として、ぶっ壊れた泡立て器をお届けしました~


……………ああ、そう……。

実の母を、旅行に誘って、あっさり振られる妙齢女子。






人気blogランキングへ
間髪入れずの「行かない!」宣言デター!間髪入れずに一押しGO!!


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!母よ、冷たくはないか?

| ワタナベ家の人々 | 05:48 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

商売人は歯が命。

ホントに久しぶりにN伝さんが来た。
以前はよく業者さんを連れて商談やら説教やらをしに来てくれていたのだが、それすらもできない程忙しいらしい。
「ええか?今?」
あ、狭い席しか空いてないけど、あそこでもいいですか?
「ええ、ええ。どこでもええわ」
おじさん、お久しぶりですね!
「まぁよぅ……ホントにイショガショショショショ…なかなかそショショショショ…なぁ?」
…………………。
「アンタんとこは、ショショショショ…ん~~???」
…………な、なんか聞かれている………。
なんか問いを投げかけられているのはわかるのだが……一体……なにを……。ガショショショショってなんだ?!
えーとーーー……いや~……はっはっは………。
「なぁ!はっはっは!」
……曖昧に笑ったら、おじさんが納得したようで業者さんともども席に着いてくれた。
当たってた?対応。
うーむ…またおじさん、歯がどっか行っちょるようだ。空気抜け過ぎ。あれで業者さんは話がわかるのだろうか?

「お決まりですか?」
059がオーダーを取りに行った。
「アンタたちなんにする?」
「あ、私たちはアイスコーヒーで」

「ほんじゃあよぉ、アイシュふたシュと、ジューシュはなニュがハシュ?」

なニュがハシュ…て。が、ガンバレ!059!
「……ジュースだと~…グレープフルーツとオレンジと…」
「ああじゃあオレンジでエエわ。オレンジジューシュ」
「はい!」
…ふぅ…簡単なのでよかったわぁ。

20分後、打ち合わせも終了したようだった。レジに来るN伝さん。
「久しぶりだなあ、アンタたち元気ショウやニャ」
はい!元気ですよー。おじさん忙しそうですねえ、相変わらず。

「まー、イショガショショて、歯医者にも行けシュシュシュシュ」

えーと…きっと『歯医者にも行けれーせんわ』だな。
……あーそれは大変じゃないですか。早く治さないと。

「まー、やることがやミャホリョアシュシュシュシ)$5*pfkw-40~#mFXD1/」

!!!。
わ、ワカラン!『やることが山ほど…』まではなんとかわかったが、その続きがまーったくわからん!やべーーー……。
……そ、そうなんですかー…。

「まー、植え込みのソウジュガゴ2$LFN#9{&|?>S`C……??」

う、植え込みのなんだ?!なんか後半、疑問形になっちょるし!なんだ?ナニを問われとるのだ?
……そういえば、おじさんとこ前の歩道、工事してましたもんねえ。←植え込みからの連想。

「……はぁ?…ああ、ちょっチョやった。でもよぅハショショがハシュシュシュ……」

ハショショがハシュシュ…………。
ごめんなさい、もうわかりません…見当がつきません…どうしよう…。
ここはもうイッパツ、オトナの対応を…。

……あー、そうなんですかーー←仏様の微笑みつき。

一向に話に乗って来ない私たちを見て、
「アンタたちもイショガショショショ、またクリュわ。ありがしょう!」
ト、言ってN伝さんは帰って行った。
ちがうの!ちがうの、おじさん!お話ししたいのはヤマヤマなの!

大好きなN伝さん、絶対また来てほしいけど…。
その前にまず、歯、治して下さい。





人気blogランキングへ
とりあえず一押しお願ショショショショ~~。


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!ワタクシも、伸ばし伸ばしにしてる歯医者さん詣で、今月中にはなんとか!…ま、ほんとは5月に来いと言われておったワケですが。


| 変わった人々 | 05:33 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弱る左脳

いつもいつも人のことばっかし言ってんじゃねーよ。
そういうアンタはどうなのよ。

ト、059と姉に言われる前に自ら申告。

キッチンの壁に貼られた、備品の買い出しリスト。
別名「この問屋ではコレを買え」リスト。
ドドドーッと並ぶそのアイテムの中に「包装紙」の枠があって、そこには、3種類書き出してある。

紺色
みずいろ←薄紙
茶柄

…ちゃがら。

もうずーっと前に書いたヤツだけど、誰もなんにも言わないのでワタシもそのまま黙っている。
茶柄ってどんな柄だよ、ほうじ茶か煎茶か。
……ま、正しくは花柄なんだけども。

それから、つい先日059に発見されるまで全く気づかなかった件もある。

店で販売している焼き菓子には、すべて品質表示シールを貼らなくてはイケナイ。
原材料と賞味期限を書くのだが。
それに、ワタクシときましたら。

'08 . 9 . 113  」
ト。

9月113日て。
ワタシはデーモンか!10万113歳か!

……ぶはははは!お前も蝋人形にしてやろうか……。このフレーズ好きだなあ…。



人気blogランキングへ
地味に続きネタでした。押して下さい、お願いします。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!台風の被害、ひどくないといいですね。うちの雨漏りもね…。←はよ直せ!

| こんな自分 | 05:54 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海馬のいたずら

059がお客さんからオーダーを聞いてメモをとる。
それを見ながら、キッチンで取り分け温め皿に盛る。ワタシがそれをしている間に、059はすでに次のお客さんのオーダーを聞いている。なんて流れるように美しい作業。
が、その手がたまに止まる。それはドリンクで「ダージリンティー」がオーダーされている時。

「ダージリンティー」を、059は必ず、
ダージリ
ト、書くのだった。
いや、わかるからいいけど。
でも059の字で書かれると、それが、
ダンジリ
ト、読めるのだった。
ダンジリ。
ダージリンティーのオーダーが入るたびに、なぜかキヨハラの顔が浮かぶ。
よく知らないけど、キヨハラは岸和田出身なんでしょうか?でもって一体いつの間にそんな刷り込みが、ワタシに。
おまけにだんじり祭りにも全く詳しくないワタシ。
その結果、059の「ダージリ」の字を見るたび、一瞬、脳裏に、角を恐ろしい勢いでグワーッと曲がってくる山車の上で、白い地下足袋をはいたキヨハラが「ラッセーラー!ラッセーラー!」ト飛び跳ねている光景が浮かぶ。
……どこかがまつがっているのはわかっておりますけども。

059ネタで、もう一つ。

毎年大人気のモンブランが、先週からとうとうお目見えしたウチ。
熊本産の和栗を、ナマから手作りでマロンクリームに仕立てる超手のかかるウマイやつなのだ。毎年楽しみにしてくれているお客さんも多い。
その告知をどうするか、ちょっと二人でまじめに話し合っていた時だった。
しばらく考えていた059が、おもむろに口を開いて、

モンビランは……」

……モンビランて。
声に出して発音してみると、びっくりするくらい腰砕けな響きがします。


腰砕けでもう一つ。

さっき姉と、夜の散歩をしないかね?トいうことで散歩してきたワケですが。
思いがけないところに、ぽっかりと空き地があったのでつい、
あ!空き地だ!
ト、言ってしまったワタシ。
そこに、あ・うんの呼吸で。姉が。

あきちのの宮だ!

姉の引き出しって、すんごいのが、すんごい手前に無造作に入ってるらしい。
まさか「空き地」で「秋篠宮」が出てくるとは……。






人気blogランキングへ
連休最終日です。最終日記念にポチッと一押しお願いします!



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!
励みにしてます。ホントよ。

| ワタナベ家の人々 | 05:44 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

番外編…越前大仏って……。

越前大仏って、名前だけは知っていたがまさかまさかまさかこんなところだとは…。
えーと…。
ああそうか!今日は平日だから、お休みなのね…ト、思ったが…。
ビミョーにすすけた印象の門前町。どこにも人がいない。
人がいないだけならまだしも……。こいつぁどーも…平日だからとかじゃなくて、永遠に、今日も明日もあさってもお休みのご様子…。荒くれ者が居座っている西部劇の町のように、落ち葉がぴるるるる~ッと風に舞う……幻想まで見えて来る始末。
もうとっとと大仏でも見て帰ろう。イカンイカン…ここは本気でパラダイスだ。本パラだ。
ちなみに拝観料は500円ナリ。完成当時はナント3000円だったらしいわよ、それが2000円、1000円、800円…となり、今は500円…。ダンピングダンピング…。きゃーーー!!
「本殿より先に五重塔に行ってね~、もうすぐ閉まるからー」
ト、言われたのでとりあえずそっち方面らしき方に向かう。だって、人の流れがまったくないんだもん、こっちで合ってるのかどーかも、ワカラン。
DSC03953_convert_20080913235050.jpg
とにかく何もかもデカイ越前大仏一家。
中門の仁王像もデケーの。でもねえ~………残念なことにねえ~…。
DSC03954_convert_20080913235126.jpg
ワシ、ひび割れてまんねん…ガッサガサやねん。
アンクレットはかわいいのにねえ~。
えーと、この画像はほとんど目の高さだった、ト。どんだけデカイかおわかり?
DSC03955_convert_20080913235207.jpg
五重塔…五重塔…。これもとにかくデカイので、遠くからでもよう見えますわ。
でも…。
とにかく誰もいない…閑散とした境内。渡り通路も誰もおらず。
DSC03959_convert_20080913235250.jpg
真下に着いて見上げてみる。エレベーターで上まで上がれるらしいのだが、どーにも行く気がしない。だってコワイんだもん。入り口の詰め所には誰もいないのに、エレベーターの手前には仏像がごっそり並んでコッチ見てるし。暗いし。
説明書きには、東寺の五重塔より高い!日本一の高さ!とは書いてあるけども…そりゃ高いけど…なんなんだろうか、このありがたみのなさは。←軽く毒。二十何億六千万もかけて建てたかもしれへんけども、なんつーかねえ…ソソラレないのよねえ~…。
大仏方面に戻ろう。
DSC03956_convert_20080912002726.jpg
ああっ!!
あそこにいるのは、さっき、恐竜博物館でペットボトル片手に100%興味なさげにブーラブラしてた、二人組!団長抜きの安田大サーカス似の二人!飲食絶対禁止の博物館内で、ずーっとペットボトルを手に持ってるもんだから、超マークされてた二人。上がっちゃいけないエレベーターから、突然展示室に登場して「お客様…どちらからいらっしゃいました…?」って聞かれてた二人。
………行くとこなかったんだね~…。
で、ハイ。改めまして、大仏殿。
DSC03966_convert_20080912002917.jpg
……デ、デカ過ぎる。小さく写ってるのが姉。わかりますかね?ニルスの不思議な旅みたいになってますけど。
東大寺大仏殿よりデカイんですってよ。中にいらっさる大仏さんにいたっては、
『越前大仏は五十六尺、奈良の大仏は四十九尺で、越前大仏より七尺低いのであって』
らしいです。
…えーと……なんつーかあっちもこっちも意識し過ぎ。いいじゃん、越前は越前の道を行けば。そんなに気にしなくても~。
はい、ドーン。
DSC03963_convert_20080912002803.jpg
ご本尊・越前大仏さん。
………でけーのぅぅぅぅぅ。
ト、大仏さんの感想はコレしか出ないくらいデカイ。おまけに、大仏さんよりも、まずまわりの光景が…。
DSC03964_convert_20080912002838.jpg
ほら、コレ。この小さいお部屋にそれぞれブツが…。
ちがう壁面も…。
SN3D05160001_convert_20080913231157.jpg
ほーらほら!びーーーーーっしり!その数…えーといくつだっけ?メモ取ったんですよ、ワシ…えーと…ハイ!
1281体!
………デカイわ、多いわ、人はいないわ…。とにかく、過ぎる!
過ぎるぞ!越前大仏!



※帰って来てから調べたところ、この五重塔ったら差し押さえになったあと公売にかけられてます。それも3度。買い手がまったくついてない模様。だって3度目の公売価格が31億!(五重塔、宝物殿、講堂、日本庭園などなど合わせて。大仏殿は免れてますね)…どーですか?買ってみる??


SN3D05090002_convert_20080913231249.jpg
この回廊(←多分、公売物件)に果たして…明るい未来があるのか??そして、そこを進むワシにも……。



人気blogランキングへ
世間一般は連休ですね。連休記念に一押し、応援お願いします。


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!これにて番外編つき恐竜博物館編、めでたく終了です。長々と引っ張りまして、申し訳ありませんっした。飽きちゃった?


| パラダイス | 05:58 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恐竜物語その3

石満載の「地球の科学ゾーン」の次は、「生命の歴史」ゾーンへと、恐竜博物館を進む。

脊椎動物の誕生、海中から陸上への進出…そのへんは古生代。
そして徐々に爬虫類が出てくる中生代へ。
そおか~、爬虫類から哺乳類やら恐竜に進化したのかーへぇ~…ト感心していたところに。
…ああっ!
DSC03945_convert_20080912002407.jpg
な、なに?!このステテコマンは!
ステテコに黒靴下は!
「我こそは始祖鳥でおじゃる」
かわいーい!たまらーん!鳥だけに、ハートを鷲掴み!
……。
ト、その隣には。
DSC03946_convert_20080912002457.jpg
うきゃー!アンタもかわいいじゃないのよ。
なに、この挑戦的な目つきとモデル立ちは!
このままモダンバレエの舞台とか出れそうじゃないの。

が、さらにワタシのハートを一瞬で持っていった憎いアンチクショウがコイツ!
DSC03948_convert_20080912002546.jpg
ウッッヒョーーー!!
なんだかわかんねーけど、ウッヒョオオオオーー!!
たまんねー!この「シノルニトサウルス」。
さすがに中国鳥竜だけあって、そのポーズも酔拳チック。

中国鳥竜。
そうです。一説によると、小型肉食恐竜が「羽毛」を獲得してそれが次第に飛ぶ能力を持つ鳥類になった…とも考えられているそうで。
と、なると、恐竜は絶滅したワケじゃなくて、「鳥」になってワタシたちのまわりに生き続けている…ト。

なーんかスゲー。
やっぱり恐竜ってロマンよね。

そう思いつつ、次は哺乳類コーナーへ。
ババーン!
DSC03951_convert_20080912002652.jpg
おお!こんなところにアルプスの少女ハイジが山で会う「大ツノのダンナ」が!
ギガンテウスオオツノジカ、ですって。なに?ギガント大ツノのダンナ?
まったくもう、大ツノにも程がある。大ツノが過ぎる!

あ、もちろんヒトもある。
DSC03950_convert_20080912002618.jpg
でもまあ、こうねえ~…骨になってしまうと、恐竜もヒトもそう大差ないもんだねえ。

いろいろ観て廻った最終的な意見が、ソレ。

もちろん展示だけじゃなく、実物化石を触れるコーナーもあるし、かなりの充実度。さすが世界で認められてる博物館はちがう。
少しだけ賢くなった気分で恐竜博物館にサヨナラ。
DSC03902_convert_20080912002117.jpg
見返り恐竜。これはきっと草食。


さーて、どする?
まわりなんにもないねえ~……。
え?「越前大仏」??
……近いの?行ってみる?まあブツ好きとしては、せっかくだから押さえておこうかね。


ト、いうわけで恐竜博物館はこれにて終了。
次回は番外・越前大仏編です。




人気blogランキングへ
ウッヒョーーー!押っしてーーーーー!!おっねがぁーーーい!!



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!シノルニトサウルスのマネをずっとしていたので、係のおば…いえ、おねいさんが、ワタシを遠巻きに観察していました。見んなよ……そりゃじゅーぶん怪しいけども。


| パラダイス | 05:11 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恐竜物語その2

前回に続き、福井県立恐竜博物館よりお届けします。

DSC03918_convert_20080910235139.jpg
ジオラマは、ちょこっと動いたりもするのだった。これなんて、恐竜母にお乳でもせがんでいるかのように首を振って、甘えている子恐竜…。
か、と思ってよくみたら。
デカイ方が草食恐竜・シュノサウルスで、ちっこい方がガソサウルスという肉食恐竜。
ガオー!…ト、今まさに食いつかんとしているところであった。
うーん…よく考えたら、恐竜は卵なんだし、お乳をせがむというのはまあ…無理な話ではあったが。
そうそう、館内はすべてフラッシュ禁止←博物館・美術館なら当たり前。でもって特にこのジオラマのあたりは撮影するには厳しいくらい薄暗い。
夕闇くらいの明るさしかない中に、延々と「ゥギャオ~…」「ガーオーーー!」ト、恐竜の鳴き声が響いている。
…そして突然動く恐竜。
そりゃ泣くわ、子供。ベビーカーの子供は例外なくビビって泣いていた。顔を伏せて足早に通り過ぎる子供もいた。うーん…せめて6歳以上じゃないと、下手したらトラウマになるかもしれんな。

DSC03930_convert_20080910233933.jpg
種類別に分けて展示してある骨格標本には、すべて復元模型もついている。例えば、このサウロロフスなら、肉付けするとこんな感じらしい。
DSC03931_convert_20080910234006.jpg
……ち、ちっちぇーー!
せめてこの倍はほしい。
そして、小さいといえばこの「アギリサウルス・ラウダーバッキ」。
DSC03933_convert_20080910234040.jpg
コイツは小さくて軽かったらしい。この骨格標本でも1mしかない。
うーん…これくらいなら飼えるよなあ。二本足でタカタカ動き回って、草食だから、小松菜とかあげちゃったりして。いやーん、かわいいかもー。
ト、恐竜相手に妄想中のワタシの目に、驚きの姿が!
DSC03936_convert_20080910234156.jpg
なんじゃ!このアタマは!
キミは…田中小実昌か!それともローマ法皇か!
DSC03937_convert_20080910234227.jpg
こんなんですよ、もう。アタマにタコノマクラついてるって。
ナメで撮るとこんな感じ。
SN3D04950001_convert_20080910234818.jpg
もういいですか?くどいですか?
いやもう、かわいくて。この「パキケファロサウルス…の一種」。
一種て!
こんなに特徴的なのに、…の、一種!
お願いだから名前決めてあげてー。

…ト、ワタシがムキキキ…と笑っている横で「お前ならどれがいい?」トいう声が。
横目で見ると、大学1年くらいのピチピチカポー。
「え~どれってぇ~?…この中でぇ~?」
「うん。オレはー…この真ん中かな?」
「うーん……迷う~~~~!」
「選べよぅ~!」
この↓中。
DSC03935_convert_20080910234112.jpg
……選べようぅ~て…選んでどないせい、ト。
どれでもええやんけ、周飾頭亜目・3兄弟。←勝手に決めた。

ああ、でもそろそろ楽しい恐竜・骨格標本の世界が終わってしまうのだった。
DSC03940_convert_20080910234303.jpg
ちょっと鉄琴みたいだったので、撮ってみた。
やっぱり足元に小さい復元模型がいる。だから、小さすぎるって。

こんなハデな恐竜の世界が終わってしまう…。
…………次の地球の科学ゾーンて、どんなんだろう…。
DSC03941_convert_20080910234341.jpg
「石」。
石の表面をドアップで観る。
………………テーブルをぐるぐる廻して、一応見るには見たが…ごめんなさい…。どれを見ても、石…としか思えず。
とりあえずトットと移動することに。
石部門を通り過ぎて、次は「生命の歴史ゾーン」。
ここで、ワタシが唯一撮った画像がコレです。
DSC03943_convert_20080910234412.jpg
……ピゴペて。←勝手に略している。
カブトガニの化石とか、アンモナイトとか、いろいろもっとめずらしいのも展示してあったのに、唯一気になったのがコレか。
ヒコーキで寝る時にあると首が疲れなくていいわよね~、ピゴペの第三段階あたり。

ト、プロが聞いてたら怒りそうな感想とともに、次回へ続きます。





人気blogランキングへ
恐竜の名前は忘れても、ココの一押しはお忘れなく!よろしくお願いしマーッス!



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!ホネホネロックな画像ばかりでごめんなさいね。





| パラダイス | 05:38 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恐竜物語その1

高速を降りた気配で目が覚めて、ぼんやり外を見ていたら。
『愛にあやまれ』
ト、書いてあった。
愛にあやまれ……。愛に…あやまれ…て!
びっくりしてもう一度見直した。
『澄んだ流れと、愛にあうまち』。
いっぺんで目が覚めた。

そんなキャッチーな売り出しをしているのは福井県勝山市。私たちはそこにある「福井県立恐竜博物館」に向かっている。ここは世界でも有数の恐竜博物館なのだ。楽しみだー。
DSC03899_convert_20080909222020.jpg
まず着いて早々フクイサウルス発掘隊がお出迎え。ここは数多く恐竜の骨が発掘されている「恐竜の町」なのだ。ココへ来る途中も発掘現場の横を通った。んまぁ~あんなに高いとこまで切り崩して~…一体ナニを造るんだろうねえ~…ト思っていたら、あれが発掘現場だったのだ。どうりで段々になってたはずだわ。

まずは恐竜の世界へようこそ…の前に、ちょっとしたお勉強。
恐竜が生きていたのは中生代と呼ばれる時代。今からざっと……2億4800万年前から6500万年前まで。
2億年前でもスゲーのに、それに4800とかついちゃう。それも万年。万年て。ナニ言うてまんねん。ワシ風邪ひいてまんねん。←風邪にカイゲン!
DSC03903_convert_20080909222217.jpg
こんな化石まで見つかってますが。
これはベロキラプトルとプロトケラトプスの共倒れの化石。爪がアタマに食い込んでる、らしい。一応、想像図ではこんなんなっちゃったまま化石に。
DSC03904_convert_20080909222317.jpg
なんつーか、やっぱり化石発掘とか恐竜相手の仕事って、想像力もないとやってられない世界なんだろうなあ。
だってあんな骨のカケラから、この絵が出ますか?!普通。
すごい世界だ。
DSC03907_convert_20080909222432.jpg
ドーン。恐竜だ、恐竜だ!
DSC03906_convert_20080909222510.jpg
うははは!バランス悪いぞー!なんでこんなに手がちっちゃいねん!
DSC03910_convert_20080909222628.jpg
アタマ小さすぎ!
DSC03909_convert_20080910001220.jpg
さらに首も長すぎる!
おまけに名前も長いぞ、どいつもこいつも。
「アメンチサウルス・ホーチュアネンシス」やら「ヒバクロサウルス・ステビンゲリ」やら。
「イグアノドン・アセルフィルデンシスは、イグアノドン・ベルニサルテンシスにとてもよく似ていますが…」って…。もうええやん、同じで…トいう気になってくる。でもよく見ると個体差があるようで、恐竜相手というのは、想像力もいるしドンブリ勘定じゃやってられないこまかーいお仕事なのだ。あたしにはとてもじゃないけど無理!
DSC03914_convert_20080910002234.jpg
これは、さっきのアメンちのホーチュさん。それのジオラマ。ジオラマって…もっと小さいものかと。
いやもう、キリンもびっくりです。ちなみにこいつの骨格標本は全長23mもある。その半分が首。
はー。発掘して組み立てた人もびっくりしたやろねえ。
なんでこんなに頸椎ばっかし…なんかまつがっとらんか?ワシら…。

ああ、まだまだこんな画像ばっかしある。
恐竜に興味ない方々、ごめんなさい。
恐竜好きな方、次回もお楽しみに。
恐竜に詳しい方、こんなバックリした感想ばかりで申し訳ない。怒んないでね。
DSC03923_convert_20080909222726.jpg
ちょっと暗いけど、こんな笑顔でまた次回。






人気blogランキングへ
恐竜…ロマンだわ~。ランキング…ダウンしてるわ~。助けると思って一押しお願いします。えーと…ナニから?



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!これはパラダイスにはもったいない。…と思うんだけども…。どうなりますかねえ~。へっへっへ。

| パラダイス | 05:32 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

関節技

先週の出張の時、一日目からすでに足が痛かった。
別に新しい靴を履いていたワケじゃなく、ヒールが高かった訳じゃなく、もちろん靴擦れとかぶつけたとかでも全くなく。痛い位置としては、左足の親指の付け根。

歩いている時だけかと思いきや、立ち止まっている時も座って休憩している時も、痛い。
ズキンズキンする。激痛だ。
なんだこりゃ。痛いよぅ。
たまに脳天直撃!のような痛みがはしる。
あう!
履き慣れた靴だったのでおかしいと思いながらも、展示会でサンプルとして並んでいたやわらかいサンダルを履かしてもらった。多少は楽になった気がするが、それでもまだ痛い。
あまりに「痛いよぅ痛いよぅ、ここが痛いんだよぅ」と訴えるワタシを見かねて、「そのサンプル、履いて行って下さいよ、もう」ト言ってくれた優しい取引先。好きです。
二日目は、そのサンダルを履いていたのだが、それでもやっぱり痛い。なんなんだろうか…。

原因がわからないので、湿布を貼るのもちょっと躊躇。
一度、整形外科に行くことにした。

カーテンの向こうでは、若先生が診察をしている。
超早口で、エラそう。おじいちゃん先生はすごく優しかったのに。
「ここが痛くて…夜も眠れない」ト訴える患者さんに「ああ、そりゃ痛いわ。だってこんなに曲がってるもんねえ、痛くて当たり前」
そりゃそうかもしれないけど…。
「前とはちがう場所が痛いんだけど」トいう患者さんに「そう言われても、痛みの出方は人それぞれだからねえ~」
次の患者さんにも「人それぞれ痛みの出方はちがうから、なんともねえ~」……。
一種のスパルタ式なんかのう。でも、患者さんはほとんどおばあちゃんばっかしだし、も少しなんとかねえ~…。

で、ワタシの番。
経過を話し、足を診せる。
「あー、外反母趾だわ」
外反母趾?
「出とるでしょう、ここが。見りゃわかるでしょう?」
……………まあ…出とるって言われりゃ出てるけど。
「まあ、まず写真撮ってみよか。それからまた詳しく」
ト、いうことでまずはレントゲン撮影。

その画像を見ながら、さて診断。
「ほら、外反母趾だわ。自分でもわかっとったでしょう?」
いやー、外反母趾ってもっと出っ張ってると思ってたんで、こんな程度で痛くなるなんて思ってなかったですけどね。
「ここがこんなに出とるのに?どう見ても外反母趾でしょう~」
…てゆーか、なんかさっきからカチンとくるんですけども。
だから、こんなに出てるって言われても、人と比べても出てる方だなんて思ったことなかったから。
「人って誰と比べて?」
周りの友達とかと比べても、ワタシなんて出てない方だったし。
「そーんなん!周りの人と比べたって駄目でしょう?!」
キーーーーーッッッ!!!
よほど出てれば別だろうが、こんな程度で外反母趾だなんて思ってもみなかったので、調べたこともなかったわい。それを、一体ナニと比べろと?

周りの人以外、誰と比べりゃいいんですか?!足のかたちなんて!
フツー、友達じゃないですか?そんなの比べるの。

「…あ、ああ…ああ……まあそう、そうですけどね……」


フンッ!
言うたった!

オリンピックでマラソンの土佐さんが途中棄権したが、あの痛さが今ならわかる。
痛いよね、外反母趾。
だって、ホントーに痛かったもん。
ワタシの外反母趾もとりあえず今は治まっているが、またなんかのきっかけで痛くなるはず。しばらくテーピングでもやってみようか。指の間にもなんか挟んだりして。
またあの若先生にエラそうに言われるのはイヤなので、ちょっとがんばってみる。
負けないぞぅ~。
あーあ、それにしても…また関節系かぁ~……。




人気blogランキングへ
同情するなら、押してくれ。


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!ヒールの靴なんてめったにはかないのにこうですよ。チェッ。


| こんな自分 | 05:10 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さよなら、メモリー。

休みでお出かけするので、デジカメのメモリーカードの整理をすることにした。
仕事用に撮影したものは別として、ソレ以外はデータをとっておくようなモノでもない。全消しするか…とも思ったが、その前に一応チェックを…。
まあほとんどアクアトト・岐阜の画像だけど。

……………。
なんでこんなもん、撮ったんだろうなあ…俺は。
DSC03704_convert_20080908030818.jpg
なぜ人は、泉があると小銭を入れたくなるのだろうか。
ワタシは入れないけども。ここに入れて一体なんのご利益があるのか。
……きっとない。ないはず。……よって、削除!

DSC03718_convert_20080908021250.jpg
アラ、ステキなハート型じゃないの!
ト、思ったら蛇。今となってはもう他人とは思えないが、見てて気持ちのイイものでもないので、削除。

DSC03727_convert_20080908021438.jpg
ああ、これは。
アナゴとウナギの2ショット。太い方がうなぎかい?
…ホントになんでコレを撮る?

DSC03728_convert_20080908030742.jpg
そして、なんでそんなに鯉に心惹かれたのかわからんが、鯉が連写されている。こんなウロコをアップで撮らんでも。
DSC03729_convert_20080908030709.jpg
右顔。
DSC03735_convert_20080908030633.jpg
でも俺って左の方が写り、いいんだよね~。
の、左。
確か本編でも鯉の連写があったはず。
……なんなんでしょう、この鯉に対する熱意は。
でもまとめてサクッと削除。

DSC03823_convert_20080908021520.jpg
コレは、お土産に買った「アイスクリームにかける醤油」を試した時の画像。これだけのために、普段めったに買わないバニラアイスを買って来た。
結果は……うーん……まあ、べつにまずくはないけど、あえてかけんでも。
控えめにかけると、カラメル風味でそこそこイケる。が、量を少しでもまつがえると大変なことに。それはそれは……びっくりするほどの醤油味。醤油だから当たり前。
アイスじゃなくて、いそべ巻きとかね、焼いた餅につけると合いそう。甘辛で。
でまあ、当然ながら、この醤油まるまる残っているので、こんな画像はいつでも撮れるっちゅーことで、削除!

最後はこれか…。
DSC03721_convert_20080908021406.jpg
これもなー…。
多分「長良川の鵜飼いの風景」の、パネル、を撮ったもの。
なんでパネルを撮るか。わざわざ。
向こうのおいちゃんのカーッ!の顔と、対照的に福々しいこっちのあんちゃんの顔がツボだったようだ。なんでかというと……。
DSC03720_convert_20080908021326.jpg
……寄りで、さらにもう一枚撮っている。
だーかーらー!
あえて、ココをアップで撮らんでも。


なんだかもう、やっぱしワケのわからん画像が多い。
これからはもう少しきちんと記念に残るようなモノを撮ろう。
………パラダイスにそんなモノがあれば…の話だけども。





おまけ。
DSC03699_convert_20080908021111.jpg
旨かったぁ!山もある、海辺の町からやってきたアジ。アジだけ一気に食べちゃって、メシが丸ごと残ってしまった…トいう逸話もあるとかないとかあるとか。




人気blogランキングへ
アクアトト・岐阜からの画像を中心にお届けしました。ランキングにも届け!


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!基本、何枚も何枚も撮るタイプではないので、ブログにアップできなかったのはこんなもんでした。エコ撮影。画像もある意味、一期一会精神で。

| こんな自分 | 05:47 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これでいいカニ?

今朝は姉の叫び声で目が覚めた。
「じゅーじ!!」
……じゅーじ……?
じゅうじ?……10時?……10時!!!!
あわてて手元のケータイを見ると「9:48」。
なーんだ10時じゃないよ、9時48分だよ。はっはっは。困るなあそんな…………。
は?!
くじ?よんじゅーはっぷん???!!……はぁ???!

ちなみに普段は10時には店にいます。オープンは11時。
いやぁ焦った焦った。

顔洗ってメイクして、テキトーにそのへんにあった服を着て。
イチバン手がかかるアタマは、ニットキャップで隠す、ト。
はいオッケー。
10時2分には店にいました、ワタクシ。
新記録達成です。…記録、それは儚い。それでも人々は記録に挑む。←途中ハショってる。


ト、いう話を午後になって059にしていた。ちょっと自慢げに。
起きて14分後には職場に立っていた、トいうことを自慢げに話す妙齢女子というのはいかがなものですか?
<あ、ちなみに、妙齢女子っておわかりだと思いますがシャレですよ。本来の意味の「妙齢」じゃないですよ。字のまま「ミョーな年齢」ですからね。本来の意味の妙齢女子なら、起きて10分後でも充分ですからね。>


当然、なかばあきらめたようなあきれたような顔でワタシを見つめる059。
「じゃあ、その帽子の下はどうなってるの?」


はい、ここで話は飛びますが。
実はブログというものは、設定をすれば「アクセス解析」というものができるようになっているわけで。その中に「検索キーワード」というものがある、ト。
どんな検索ワードでウチにたどりついたのか、わかるわけですね。
そりゃもういろんなワードで、いろんな方がウチに来てくださっててありがたいことです。
で、なにが言いたいかというと。
最近の検索ワードの中で、ワタシ的に大ヒットだったモノがこれ。

『寝起き 芥川 メデューサ』

ええ、あのページに大ヒット。
これが一人なら、まあ…ねえ……ト、あきらめもしますが、何人かいる。
…マニア??


はい、話戻って。

え?帽子の下?……見たい?とってみる?
「うん!見たい見たい」
えらいこっちゃになってるよ。
「いいから見たい!」
……じゃあ……。ト、帽子をぬぐ。


「……カニ!カニ道楽だ!」

ニット帽を半日かぶれば、蛇からカニ道楽に大変身。

…カニ道楽…か………。
人のアタマを一体なんだと……。



人気blogランキングへ
お絵描きがなかなか難しいです。ランクアップはもっと難しいけども。


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!ゴルゴ・カニ道楽は子供には見せないように。きっと泣くから。



| こんな自分 | 05:24 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時をこえて。

また近いうちに奈良に行きたいなあ…ト思っている。
2年前にみんなで行ったばかりだけど、どーしても心残りがあるのだ。
ひとつは、唐招提寺がお色直し中で楽しみにしてた千手観音像が観られなかったこと。…ってどんだけブツ好きやねん。
もうひとつは、思い出の中の「奈良」が見つからなかったこと。

思い出の中の「奈良」。
それは二十歳頃に彼氏と行った奈良。
緑の芝が広がっていて(←多分、奈良公園か?)
左手に、高床式っぽい建物があって(←多分、正倉院か?)
右手に、小道。
ユルい丘状になっている。
そして、大量の鹿。(←確実に奈良公園)

2年前にも奈良公園に行ったのだ。東大寺もちゃんと行った。
のに、思い出の奈良の風景はそこにはなかった。
あれは奈良じゃなかったのだろうか。
否!
奈良以外に、あんなにあちこちでわらわら鹿が徘徊している場所があるはずがない。

ト、059に思い出の奈良探し計画を打ち明けたところ「ああ!私もその『奈良』を知っている!」ト言い出した。
「私が修学旅行で行った奈良も、その風景だったー!」
だよねーーー!!なかったよねーー!
「なかったー!」
こっちにさ、道があってさ。
「そうそう。こう…丘~って感じなんだよね~」
そうそう!
お互いの頭の中が見えるわけではないので、もしかしたら全くちがう風景を思い浮かべているかもしれないのだが、一応は意見の一致をみた私たち。
しばらくそれぞれの頭の中の『奈良』を反芻。

どこか、もう少し違う場所だったのかもね。奈良公園全部を観て廻った訳じゃないしさ。
「そうだねー」

「あ!でもさ!」
なに?
「あれから…ていうか、アタシたちが観た時からもうだいぶたってるし、ナニか新しいのっていうか違うモノができて、風景が変わってたのかもしれないねー」
ああ、そうかもね。だいぶたつもんねえ~。
「そうだよー。ほら、ウチらが観た時は大体同じ時期だしさ」
……同じ、時期?
059は、修学旅行ト言ったはずだがの。
修学旅行で奈良って、それも三重県からの修学旅行で奈良って、それはきっと小学生じゃないのか?
修学旅行って、小学校の?
「うん」
……もう一度、問うぞ。
…同じ時期?
「そうじゃない?ウチらの記憶の奈良って、大体同じ時期じゃん!だから、そのあとになんか手がくわえられたんだよ、きっと!」
…なーにが『きっと!』だ!「センパイ!ガンバ!」みたいなポーズとりやがって。

なんで、あたしが二十歳頃に行った奈良と、アンタが小学校の修学旅行で行った奈良が、同じ時期の奈良なんだよぅ!
その設定に無理があるのがわからんか。
アンタとアタシは4つしか違わんやろがー!
アンタの『奈良』は、パラレルワールドか!






人気blogランキングへ
紅葉の季節にでもぜひ。こっちのクリックもぜひ!


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます。奈良国立博物館はもちろん必見で!

| ワタナベ家の人々 | 05:34 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大葉はデフォルトで。

いつもお昼は…もとい、お昼も、しっかり食べる。
大体は前日の残り物のお惣菜とゴハンを、ランチタイムが終わってだーれもいなくなった店内で堂々と、のうのうと、そしてガツガツと食べる。

残り物のお惣菜がない時は、前日の夜のうちに近所のスーパーでお弁当を買って来ておいたり(MEGA弁などがコレに相当しますね)、小食ぶって菓子パンを買って来ておいたりする。
誰に対しての小食アピールか、まったくもって不明。

今日のお昼は、昨日の残りの「キノコ入りドミグラソース煮込みハンバーグ」の予定だった。
ハンバーグが残ることなどめったにない。それもドミバーグ。はるちゃんのドミグラソースは、あのドミ独特の変なエグミがなくて、本当においしいのだ。

わーいわーい!ごちそうだー!
ト、かなり楽しみにしていたワタシ。

が、朝起きてみると、冷蔵庫の中に「刺身盛り合わせ・3割引→さらに半額!シールつき」をハケーン。
姉が昨夜の散歩の際、スーパーで買って来てくれたらしい。
「あたしにはお寿司のパックで、リリさん用にお刺身にしといた!」
……なんで?なんで?
なんで自分はお寿司で、アタシには刺身なん?

……刺身て。
晩ご飯ならまだしも、なんで昼に、刺身盛り合わせ

若干、やるせない思い。
でもせっかくワタシのために買って来てくれたものだし、お刺身は大好きだ。食う。

前日の夜に三割引のさらに半額になっていた刺身盛り合わせで、刺身定食@カへ。
『これが今、旬のカへスタイル!多めのツマがマストアイテム』

2008090415360000_convert_20080905002400.jpg


オラオラオラ~~!メニューを立ててお客さんの目から隠すな!
育ち盛りの早弁か!俺は野球部か!

てゆーか…せめて、皿に移せよ……。





人気blogランキングへ
ツマが多すぎだと思います。押してくれてもいいと思います。


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!せめてお味噌汁があればよかったのに…。お姉様、今度はワタシにも寿司パックをお願いします。助六でもいいから。

| こんな自分 | 05:02 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレゼント選びは慎重に。

今回の出張。最後の展示会を見終わったのは原宿。
帰りののぞみちゃんまでちょっと時間があったので、そのあたりをプラプラ歩く。
ふと見上げると2Fのショップのウィンドウに、ちょっとかわいい猫Tシャツが。
お!
フラフラ~ッと店に入り、ソッコー決断。
が、サイズがデカイ。Lしかない。男子も着れるヤツなので、いくらワシでもLはデカイ。
でもカワイイ…。
あ!そーだ!コレ、マッキーにあげればいいじゃないか。そうじゃないか。いつもワシのTシャツにあーだこーだと難癖をつけてくるんだから、ワシが着るつもりのTシャツをあげてしまえばいいじゃないか。
マッキーの誕生日は、すでに軽く半月過ぎている。
そうと決めたら、ちょっと欲が出て、もう少しマッキーに似合いそうなTシャツはないもんかのぅ…と探す気になった。ま、あちこち探しに行く気は毛頭なく、その店でってことで。

オウム…オウム……。
オウム柄は………まさかないよなあ~……。
あ!

……と、トリ…。
それも、キジ
↑この絵じゃわからんだろうけども、なんといってもこれはキジ
キジとスカル。スカルというより頭蓋骨。
……どーなの、コレ。これでもいい気がするけど。
しばらく迷った末…30秒あまり熟慮を重ねた結果…やはり、初志貫徹ということで、最初の柄に決定。実際のところは鶏ガラ、ちがう、トリ柄の方が同じLでもでかかったのだった。マッキーはワシよりも下手したら華奢なのだ。同じLなら少しでも小さい方がよいのでは…トいうこの優しさよ。思い知れ。ぶははは。

ト、ワタシが一人で妄想の世界で大爆笑している間に、お店のお兄さんが、クソ丁寧にラッピングをしてくれていた。
うわー……マジっぽーい……。
「カードもおつけしてますので、よかったらこちらにメッセージを書いて下さい、ね!」
…はーーい……。

なぜだかものすごく丁寧にラッピングをされて、カードまで添えられて、まるで本命かのように包まれたワケのワカラン、でもカワイイ柄のTシャツを持って店から出たところで考えた。
どうせならまだ時間あるし、持って行けばいいんじゃないの?
わざわざ送りつけるのも…ねえ~……。かといって、次、マッキーに会えるのが果たしていつになるやらワカランし。
となると、フジモッサンのも用意せねば。
フジモッサンの誕生日は「ヤなニクの日」なのだった。
もちろん過ぎている。もともとマッキーとフジモッサンには一緒に渡すつもりだったのだ。

ま、フジモッサンへのプレゼントは簡単だ。
酒。
ああ見えて、いろいろ細かいこだわりがあることはわかっているので、おまけにそのこだわりが常人にはイマイチ理解できない点であることもうっすら知っているので、とりあえず酒さえ渡しておきゃー文句はないだろうて。

酒~酒~。
若人が集う原宿を、酒を…特に焼酎を求めてさすらうこと5分。
わりとすんなり酒屋さんが見つかった。

「焼酎?このへんが焼酎だけど。……これなんて飲みやすいわよ」
ト、お店のおばあちゃんがおすすめしてくれたのは「いいちこ・特大ボトル」。
いいちこ……2リットル。プラスチックボトル。…いや、いいけども。……いいのか?…さすがにこれはちがうやろ。
実は、人にあげたいんですけど。
「じゃあ、これなんて上等よ」
上等なのか。安いけど。
まあいいか。なんていっても、フジモッサンは「ジャン・ポール・エヴァン」と「グリコ」を一緒くたにする男だ。これに決定だ。
「のしはつける?」
のし……誕生日なのに、のし。
えーと…のしはいいです。
「このままでいい?」
……あ……えーと………は、はい…。
ご、ごめん、フジモッサン。コンビニ袋みたいなビニール袋で、口キュッと閉じられちゃったよ。い、いいか。いいよね?ね?

ビニール袋に入ったままの焼酎と、ものすご本格的に包まれたTシャツを持って、会社に向かう。車中で信号待ちの間に、カードにメッセージを急いで殴り書き。内容も字もなにもかもおそろしい仕上がりに。
うーん…………、これでいいんだろうか。
どう見ても小学生のような字になっておるが。
……まあいいか。どーせそんなに真剣に見やへんやろし。

本当は車中で電話するつもりだったのだが、なんせカードを書くのに手間取り、気がついたらすでに会社の前を通り過ぎるところだった。
おおおお……イカンイカン。
あわてて降りて、さてフロアに上がるまえに電話を…ト思ったら、ちょうど上に行く人がエレベーターに乗り込むところだった。
結局、ノーアポで到着。

突然の登場にちょっと腰が引け気味のお二人に、無事手渡しもでき、なんとか任務終了。

マッキー、気に入ってくれるといいんだけど。
フジモッサンは酒ならなんでもいいんだろうから、まあ大丈夫だろうけど。

ト、考えながら品川に着き、まず切符を受け取っておこうと歩いている時だった。
向こうからなんか見覚えのある人が。
うーん………?…わ!…ち、ちがうわ。
見覚えのある人じゃない、見覚えのあるTシャツだった。
さっき迷って却下したキジTシャツが歩いて来ていた。

う、売れてるんじゃん……。キジ。






人気blogランキングへ
果たして猫Tは着てもらえるでしょうか?もらえると思う人は、ちょっとココ押してみそ。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!でもホントは買ったあとで、安西肇Tシャツにすればよかった…と少し後悔しました。すげー似合わなそうだけど。


| こんな取引先 | 05:08 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと残念。

午後5時。見本市を見終わったワタシと姉。
ワタシはもう一件アポがあったので、まっすぐ帰る姉と「じゃ!」と大崎で別れた。

その後原宿を歩いている時、ワタシのかわりに休日出勤でケーキを作ってくれている059から「こっちはそろそろ降りそうだよ~」とメールが来た。
ふーん。
東京はめっちゃいい天気なのに。

そしてさらにその後、代官山を歩いている時、
「空が光り始めたよ。早めに帰って来た方が良さげっぽい。新幹線STOPしませんように…」
おおげさとちがう?059ちゃん。ご丁寧に「ように…」のあとに、パンパンと手をたたく絵文字までついている。
まあいいや、もう帰るだけだし。

が。
恵比寿から品川に向かう山手線車内で、またもメール着信。姉だ。
「今乗ってる新幹線、静岡あたりで停まってるよ」
!!。
マジ??
どうも岐阜羽島~米原間がひどい雨らしい。
うーん……そう言われても、もうのぞみちゃんとっちゃったし。ま、そのうち動くやろ。動かなかったにしてもとりあえず品川に行ってみんとわからんし。

さらに着信。
「とりあえず掛川まで行って運転見合わせって、アナウンスで言ってるよ。動くのかな?」
にゃんだと。
まあ動かなかったら仕方ないから、そのへんに泊まって、朝帰るか。

まったく大雨の気配がない東京にいるので、全然新幹線が停まるかもしれないという実感がわかないまま、品川に到着。
新幹線の運転見合わせで、大パニックになっているかと思いきや、いつも通りの品川。
途中で運転見合わせでも、とりあえず時刻通りの発車はしているらしい。定刻で発車はするが、途中で前が詰まっているので到着は遅れるかもしれない、と、アナウンス。
ふーん。動いてるじゃん。ならいいか。
もっと悪い予想をしていたのでまったく動じないワタシ。
でも、どれくらい遅れるかわからなかったので、一応予備の本を買って、なぜかおせんべいまで買ってホームに行った。新幹線の遅れ、満喫する気マンマン。

フツーに時刻通りに発車。
姉にメールすると、姉の乗った新幹線も今は動いてるという。でもだいぶ前に乗ったはずなのに、気の毒なことよのぅ。

動き出してすぐ、車内アナウンスが。
雨も弱くなったので、運転見合わせも解除されたらしい。
『こののぞみ号は、定刻通りにナゴヤ駅に到着の予定です』ト言っている。
……せっかく文庫本買ったのに…。ブルボン・プチまで買ったのに。普通に着くのか。
まあラッキーなんだけど…さ……。
ビミョーに運がいい、というかなんとゆうか。

ちょっと複雑な気分で、買い込んだ本をみていると、また車内アナウンスが。

「のぞみ○○号・広島行き。運転手はヤマダ……」
ふーん。
「車掌は、ナカイ…ナカハタ…」
ナカイ、ナカハタ…。
「ナカネ…」
ナカイ、ナカハタ、ナカネ?!!
ナカイ、ナカハタ、ナカネ??!!ナカ一族か??!

「……オオタの4名です」

……惜しい。
こっちもビミョーにラッキーだった。





人気blogランキングへ
なぜだかタイミングのいいワタシ、に、一押し応援お願いします。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!こーいう小さいことで運を使い果たしてる気がするのは、なぜ。


| こんな自分 | 04:28 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神様おねがい。

小さい子の便秘というのは、大変だ。話を聞いてるだけでも、お母サンの大変さが身にしみる。まあお母サンも大変だが、きっと本人がいちばん大変だ。

ののちゃん(2)自身、自分が大変な事態にあるということはわかっているようだった。
ランチを食べ終わった後、ふとののちゃんを見ると、おなかが20センチくらい出ていた。バレーボールでも飲み込んだか。

の、ののちゃん……おなか…がエラいことに…。ずいぶんいっぱい食べたんだねえ~……。
すると、普段は会話が成立しないののちゃんなのに、
出ないの
ト、ものすごくはっきり言った。
…出ないの……。出ないのか~…そっちか~…。

水分も牛乳もヨーグルトも、毎日とってるのに出ないらしい。お母サンも本当に困っているようだった。こんな小さい子が便秘で苦労するなんて、かわいそうだなあ。

が、お母サンが雑貨のオカイモノで迷っている間、ののちゃんが固まっている。
ちょっと陰の場所で、あらぬ方向を見つめじーっとしている。
猿の次郎がやっていた「反省」のポーズで、ビミョーにお尻を突き出して動かない。
お母サン…ののちゃんが…。
「あ!……キテル!」
ののちゃんにトイレの神様が降りて来ているらしい。ト、いうか降りて来つつあるらしい。
ここでみんながやいのやいの言ったら、神様がどこかに行ってしまうかもしれない。
大人全員、見て見ぬフリ。お母サンも素知らぬ顔でカイモノを続ける。

20分あまりたった頃、無事神様は降りて来た。

それで運がついたのか、後日、またウチでゴハンを食べた後に神様が来た。
条件反射になったのだろうか。よく本屋に行くとトイレに行きたくなるが、ののちゃんにとってはウチが本屋のようだ。

で、昨日のことだった。
ランチを食べたあと、レジ前で姉と、商品のことで話し込むののちゃんお母サン。ののちゃんはいつも通り、お母サンの足元で座り込んでいる。

それからしばらくして、雑貨の商品整理をしていたワタシの耳に異様な声が。
「ア、アア~~ん……」
………。
「ア~~~ン……ンン……」
……なに?!なに、この声!
ワタシがキョロキョロするのと同じく、もう一組いたお客さんも「??」トいう顔でキョロキョロしている。
「……アッァ~~~ン!!」
うわ!なに?!AVかよ?!………いや、ののちゃんだった。
ののちゃんが、お母サンの足にしがみつき例のポーズでまたあらぬ方向を見つめている。
足元で「ああ~~~!」ト声をあげる2歳児を、見て見ぬフリをしつつ、会話を続けるののちゃんお母サンと姉。
神様~はよ来て~。


今回は神様が途中で寄り道をしているようでなかなか降りて来ず、さすがにいつまでも知らん顔はできないトいうことで、お母サンは、ののちゃんを「お尻突き出し@反省のポーズ」のまま、抱きかかえて帰って行った。

ののちゃんの腸、もう少し活発になっておくれよ。
たのむわ。





人気blogランキングへ
ののちゃんのおなかを一押しするつもりで、ココをクリック。


今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます!ののちゃん、ガンバレ。でもこーいうことって、大人になっても言われるんですよねえ~「アンタが子供の頃便秘がひどくてねえ~」とかって。きっと将来ののちゃんも「お店ん中でよく固まっててねえ~」って言われることでしょう。

| 変わった人々 | 04:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

永遠

えーと。

7月10日19時38分、ワタナベが永眠しました。

あの記事のあと、まったくワタナベのことに触れなかったので、察して下さっていたかもしれませんね。このまま何もないままにしようかとも思ったのですが、やはりワタナベのことをあんなに心配してくれていた方々にだけはきちんとお伝えしなくては…と考え直しました。
本当はもっと早くご報告するべきだったのですが、私が師匠と慕っている方がガン闘病中で、その方の退院を待っておりました。今回無事退院されたので、安心して報告できます。


腎不全というのは、最終的に尿毒症を起こし最期はひどい痙攣で飼い主は見ていられないほどつらい、ト聞いていました。そうなったら、私は大丈夫だろうか…それ以上苦しませないために安楽死というのも考えなくてはならないだろうか…。ワタナベの最期が近づいているのは見ていてわかったので、ちらりとそういうことも思ったりもしました。
が。
そこがワタナベのえらいところで、ゴハンが食べられなくなってからもまるでいつもと変わらず。トン先生にも、進行具合からいって苦しまないと思う…と言われていましたが、本当に静かにその時にむかっている、という感じでした。

ワシの部屋1号室(お風呂)でダッラー……。心配して私と姉が見守っていると、その横を(うっとーしいのぅ…)とすり抜けて、ワシの部屋2号室(トイレ)に移動。仕方なく、リビングでいつも通りの時間を過ごすしかない私たち。そのうち、カツカツカツ…ト小さい足音がして、ワタちゃん登場。リビングのすみっこにある自分のトイレでジョワ…ッとシッコをして、しばらく私たちと一緒にいてくれたあとまた、カツカツカツ…と1号室に戻る。

もうほとんどお水も飲めなくなっていたのに、立ち上がるのもやっと…という状態だったのに、逝ってしまう3時間前までそのペース。

ワタナベにしてみれば、なーんか調子悪いのにオカンがじろじろめそめそ見てくるし、あー辛気くさいのぅ…という気分だったようで、最後の最期まで、そんな感じでした。

そして最期。
一声「ニャ…」とゆって、ワタちゃんは逝ってしまいました。

思えばいろんなことがあったけど、そのどんな時もワタナベはフツーだったなあ。
もちろん猫だからそれが当たり前なんだけど、でも、その当たり前に私はどれだけ救われたかわかりません。

ワタナベはいなくなってしまったけれど、ワタナベとすごした記憶は私の中にあります。
これから先またイヌネコと暮らすことになっても、そのコとの暮らしはワタナベも一緒です。
もちろん淋しくないと言ったら大嘘で、ずっと一緒にいたかったけど、でもワタナベと暮らせてすごく幸せだったし楽しかった。いつまでもめそめそしていたら、そんな思い出まで嘘っぽくなってしまう気がします。
なので、ワタがいなくなって最初の休みにお伊勢さんに行きました。神様ちがいかもしれないけど、ワタちゃんがそっちへ行ったのでよろしくお願いします、ト挨拶してきました。
知らない人が来るとビビるワタちゃんがいなくなったので、安心して新しいTVも導入できました。
ワタナベの姿はないけど、私の毎日は前と変わりません。
ワタナベのことを考えて泣けてくる時もあるけど、そーいう時はフツーに泣いて、ちーん!と鼻かんでます。ムリして我慢はしてません。

なんだかとりとめのない報告になってしまいました。ワタナベのこと、ワタナベがいなくなったあとの私のことまで心配して下さったみなさま、こんなんでごめんなさい。


最後に。
ワタナベの状態が悪くなり「死」というものが現実に近いのだ、ということを覚悟しなくてはならなかった今年の1月。糸井重里さんの、この文章に出会って、ああ自然体でいいんだな…と救われた気がしました。
ああ、そうなんだよね。ト、今もたまに、このテキストを読み返します。

『部屋の中にリンゴがある。
そのリンゴを凸だとすれば、リンゴのかたち、リンゴの大きさに凹んだ部屋が、リンゴにぴったりついて存在しているわけだ。

世界の中に、ぼくがいる。
ということは、世界はぼくのかたちの凹型をしている。
ぼくが動くたびに、凹型の世界も動く。
そんなふうに、ぼくらは生きている。

きみと、世界の関係もそういうふうになっている。
きみは、きみのかたちをのぞいた凹型の世界に暮らしている。

あるとき、急にきみがいなくなったりすると、きみのいた凹型の世界は、きみのかたちの穴が開く。
その穴にもし「いのち」というものを注入できたなら、きっと、もうひとりのきみが生まれるだろう。
凹型の世界のほうは、きみがいなくなったとしても、きみのいた空間をなかなか埋めようとしない。
きみがまだその空間をしめているかのように、世界はふるまいつづけることになる。

でも凹型の世界のほうが、いつまでもきみをいさせようとするなら、
きみという凸型の存在は消えてしまっても、
いつまでもきみは残ることになる。

きみは死んでも、みんなのこころにあるきみの思い出はいつまでものこるかもしれない。
凹型の世界のことを考えると、
永遠ってあるのかもしれないと、思えてくるよね。   』

<ほぼ日刊イトイ新聞ーダーリンコラム2008年1月14日版ー……一部抜粋>

※上記テキストは、ほぼ日・糸井重里氏の許可を得て転載しています。


70001_convert_20080901014046.jpg



人気blogランキングへ
週明けからこんな報告でごめんなさいよ。



今日も読んでくれて&応援クリック、どうもありがとうございます。超長文になってしまいました。すいませんねえ。












| | 05:10 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

<