2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

≫ EDIT

ぺろりぺろり。

あ!
ちょっとオカアサンがハバカリに行っている間に!






こりゃ!わっちゃん!
そこ、オカアサンの席でしょーが。


140430-6_convert_20140429145811.jpg


こりゃ、わちお!
なんばしよっと!あんたはほんとに!
そこ、オカアサンの席でしょうが!
こどもがまだたべてるでしょが!


ト、鉄矢と五郎さんの奇跡のコラボを織り交ぜつつ。


140430-5_convert_20140429145754.jpg


ねえねえ、わっちゃん。
返してよ、オカアサンの腰痛ざ…い……
……す………。


140430-4_convert_20140429145740.jpg


……うーむ。


140430-3_convert_20140429145725.jpg


わっちゃんはさあ……。


140430-2_convert_20140429145706.jpg


あ…。


140430-1_convert_20140429145642.jpg




なんというか、いろんな意味で
わっちゃんにはかなわん。





スポンサーサイト

| | 08:04 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クルミちゃんのこと。

道ばたで最初にクルミちゃんを見つけたのは翠さんの娘ッコだった。
娘ッコはまだ幼稚園児なので、単純に
『あ!こねこだ!』ト、思ったに違いない。
翠さんもその小ささから子猫だと思ったようだ。
が、翠さんの飼い猫にゃん太くんのかかりつけの獣医さんに連れて行ったところ
事態は一変。

※確認したところ、見つけたのはいちばん上のお兄ちゃんだったそうです。
間違えちゃった、ごめんなさい。


140428-3_convert_20140427191402.jpg


子猫だと思われたその猫はすでに12歳は過ぎており、
さらに重い腎不全を患っていた。
そのため子猫だとおもうくらいにやせ細り小さくなっていたのだった。
顔がむくんでいるせいで身体のバランスも子猫みたいに見えたのかもしれない。
「このコ、もう長くは生きられない…」ト獣医さんに告げられた翠さんは
自宅にその猫を連れて帰ることにした。


140428-4_convert_20140427191420.jpg


長くはないかもしれないけど、最後のときは
暖かいおうちで家族として見送ってあげたいト思ったんじゃないかな、と思う。
猫と暮らしてるヒトなら誰でもそう思うだろう。
でも、実際それができるかどうか。
ワタシならどうかな…ト話を聞いた時に思った。
末期の腎不全、介護が大変なことは想像がつく。
ましてや家にはすでに猫がいる。

でも、翠さんはサクッと決断しておうちにその猫のためのお部屋を作った。
娘ッコはその猫に『クルミちゃん』ト素敵な名前をつけた。


140428-5_convert_20140427191437.jpg


クルミちゃんの病気はもう治らない。
トいうことを聞いて娘ッコは泣いたらしい。
それでもなんとか納得して、今はクルミちゃんの介護で忙しいお母さんのかわりに
にゃん太くんの世話をがんばっている。

そしてクルミちゃん。

翠さんの家族になって一週間がたった今、表情がどんどん変わって来ている。


140428-6_convert_20140427191456.jpg


最初の頃は給餌と点滴で栄養を摂るしかなかったクルミちゃんが
今は自力で少しずつゴハンを食べられるようになったらしい。
粗相のあと翠さんがホットタオルでふきふきすると
ヘソ天でごろごろ言ったりもするらしい。

ぐったりして寝たままシッコしてたクルミちゃんが
今はペットシーツに座ってなさることもあるト。
血液検査もこの一週間で一部をのぞいて正常値になったト。


140428-7_convert_20140427191513.jpg


なんてすごいんだクルミちゃん。
なんてすごいんだ翠さん一家。

ただカワイソウというだけで連れて帰るのはどうなんだろう……
単なる自己満足なんじゃないだろうか…ト悩んでいた翠さん。


そうかなあ。
自己満足でもなんでも、
現実にクルミちゃんの体調は良くなってるようだし
翠さんに抱っこされてるクルミちゃんは幸せそうに見えるし、
いいんじゃないかなあ。
娘ッコだって、
限りが近いからって一つの命を見捨てちゃうお母さんよりも
最後まできちんと責任持って見守るお母さんの方が絶対うれしいはず。
ましてや自分が見つけた命だもんねえ。


140428-8_convert_20140427191532.jpg


これだけなついてるところをみると
きっと以前は飼い猫だったのかもしれないクルミちゃん。
それがどうして腎不全の末期の状態でひとりで外をさまよっていたのか
あまり想像したくない現実があるかもしれないけど。

もう腎不全は治らなくても
クルミちゃんには新しい家族が見つかって
きっと、いや、絶対喜んでるんじゃないかなあ。

願わくば1日でも長くクルミちゃんと翠さん一家の日々が
続きますように。


140428-2_convert_20140427191343.jpg


どうでしょう、ウチのおふたりさん。
キミらはウチに来れてしわわせかね?
え?
どーだね?


140428-1_convert_20140427191325.jpg


大変なこともいっぱいあるけど、
少なくともオカアサンはキミらのおかげでしわわせだよ。


ト、いうことも再認識できたクルミちゃんのお話。
翠さんにも、
紹介してくれたトメさんにも感謝。





| | 07:16 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いちご狩りからトコトコ。

とうとう!
念願の!


140425-7_convert_20140424225833.jpg


いちご狩りに行って来た。
本当は2月に行く予定だったのだが、よく考えたらオリンピック期間にかぶっていた。
そりゃいかんがな!ト、言い出しっぺのくせに自ら延期を願い出たわたくし。
その後もなんやかんやと予定がたたず、このいちごシーズンも終わり間近になって
やっと行けたのだった。
間に合ってよかった。

本当は4人で来るはずだったのに、前日になってマユミさんが足を捻挫…。
トいうことで仕方なく3人で参戦。


140425-6_convert_20140424225704.jpg


60分食べ放題!テンション上がりっぱなし。
うひー!でかーい!
あまーい!
うまーい!
ト、キャッキャ言いながらぶちぶちちぎってはもぐもぐ。

「まゆみさんの足、真紫になっとったねえ〜」
「大丈夫なのかねえ〜」
大体さまゆみさんは昔からここぞって時にアレだよねえ〜。
「そうそう!」
ははははは!

中学からのつきあいになるワタシたち。
心配しながらも(?)いちごをちぎる手は止まらない。


140425-5_convert_20140424225641.jpg



それにしても60分食べ放題で1300yen、というのはどうなんだろう。
「がんばってモト取らないと!」
うん、そだね。

……ト、本気でモトをとろうとしたのはどうやらワタシだけだったらしい。
ほんの15分ですでにギブ状態。
もうだめだー、もう食えんー。
「けっこう食べたよねえ〜」
食べたよーー、としちゃんも食べてる?
「食べてるよー!でもそろそろきつい」
だよねえ。
どーする?時間まだまだあるけどこれ以上いてももう入らんぞ。
「だよねえ〜」

トいうわけでそろそろ撤収することに。
さてさて。
「リリさんいくつ食べた?並べてみよー」
よっしゃー。


140425-4_convert_20140424225619.jpg


…………。
上がやまちゃん、右がとしちゃん。
そして……手前のがわたくし。

………オイッ!
キミら、一体どこが『食べてるよ〜』だよっ!
「リリさんすごいねえ〜」
「いくつ食べたの?これ」
知らんがな、数えとらんがな。
「数えてみなよ」
うん…………。

はい、80コでした。
15分で80コ食べました。
帰りに1パックお土産ももらったし、充分モト取ったな。


140425-3_convert_20140424225557.jpg


その後、去年できたばかりのコストコに移動。
わたくし初コストコ。
あー楽しかった。
クロワッサンおいしいし、ズワイガニのお寿司もおいしかったし。
有名な180えんホットドックも食べれたし、あれこれ試食もあったし、
量が多過ぎて安いんだか高いんだかもうワケわかんなくなったけど
いやーまた行きたいわ〜。
連れてってもらってよかったー。
会員なってくればよかったかなー。



……ト、実家に戻ってからオカンに報告。

「コストコって……あーー、空港のところにできたやつ?」
そうそう、すごい広くておもしろかったよ。
「あら、じゃああたしが会員になろうかしら」
えー?マジでー?
「だってあんたたちの家からは遠いけど、ここからなら近いじゃない?」
まあそうだけど…でもオカン、コストコで買うものあるかー?
量がすごいよー。
「アラーー!なに言ってんの、あたしの友だちもけっこう行ってるんだっけよ」
あ、そーなんだ。
「そうよー」
へーー。
「あたしの友だち、そこであれ買って飲んでるって」
あれってなにさ?


140425-2_convert_20140424225529.jpg


「けっこういいみたいよ、安くて」
だからなに?何飲んでるの?
「あれよ、あれ!」
なに?


アメリカの井戸水!


140425-1_convert_20140424225512.jpg


………アメリカの…井戸水…。
…そう来たか…。


いちご狩りで80コ食べたとか。
初コストコとか。
いろんなことがあったのに…。

全部持ってったな……オカン……。




| ワタナベ家の人々 | 07:54 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たーいーくーつーー。

わっちゃん……。


140423-5_convert_20140422222030.jpg



なぜそんな格好を…。



140423-4_convert_20140422221958.jpg



えーと、
ちょっと、そこのわっちゃんよ。


140423-3_convert_20140422221930.jpg


『ん?』
じゃないんだよ。
なんでそんな格好してんの。
寝るなら寝る、寝ないんならちゃっと起きる。
ね?
どっちかにしなさいよ。


140423-2_convert_20140422221910.jpg


あ。
シカトかよ。


140423-1_convert_20140422221841.jpg



よくまあ、ここまで
『退屈』を表現できるもんだよ、猫なのに。







| | 08:17 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絵描き歌大会、参加作品ハピョー!その2。

はい、前回は絵描き歌よりなにより
メガネのサインが話題をさらってしまった絵描き歌大会2014ですが。
もうどかんどかん発表つづけますよ。
いいですかー。


絵描き歌mi-14_convert_20140416194525


みちゃんの作品。
描いてたら某タイヤのアレに似てきたからそれでまとめた、ってとこでしょうか。
それにしても……。
腕!
足はまだしも!
腕、ぶよぶよ!
腕ぶよぶよでコワイって!
腕、手抜きしすぎ!


絵描き歌tome-14_convert_20140416194848


留吉さんの作品。
だーかーらー!!
チラシの裏に描くな、っちゅーの!
でもって059画伯のGYマークに対抗して
もちろんこちらはTHマーク。
タイガースおぢさんはどうやら波平さんより毛が2本多いらしいな。


絵描き歌tanachichi-14_convert_20140416194733


タナカ父の作品。
タナ父の特徴の一つである『文字で表す』は今回も健在。
ビクッ!て。
それにしてもなんというか、えーと…。
マヨネーズのボトルがどろ〜っと溶けたようにしか見えない
のはなんなんだろう。


絵描き歌emi-14_convert_20140416194143


えみさんの作品。
なんとなく↑のタナ父の作品と似ている気がするのは
目がビクッとしてるせいであろう。
そしてさらにすごいのはなんとだまし絵になっているところ。
多分えみさんも気がついてないと思うけども。
まず、ビクッとしているのが目だとすると
オパイのでかいへそから何かもよーんと出て来てるオバQモドキ。
そして見方を変えて、オパイらしきものを目をつぶったところだと思うと
蝶ネクタイして鼻ちょうちんふくらまして居眠りしてるくせに
脳の中では何かがビクッとしているという、深い作品に。
………深い……かどうかはまあ…知ったこっちゃないけど…。


絵描き歌sanny-14_convert_20140416194717


サニー山田の作品。
なんだい、女の子みたいに赤で描いちゃって。
マークはどれなのかなあ…ト思ったら
『大阪ガス!もうこれしか思いつかんかった』ト。
知らんがな。
なんで唯一思いつくのが大阪ガスなんだ。
赤で描いたもんだから、なにやら逆さになったサクランボみたいやし。
おまけにてっぺんのふわふわマシュマロなんてかき餅にしか見えんぞ。


絵描き歌atsushi-14_convert_20140416194029


アニー山田の作品。
アニー山田はサニー山田の旦那さん。
今回のサイン旋風を巻き起こした張本人。
今年もやっぱり燦然と輝くAのサイン。
……いやもう、夢に出て来そうだよアニー山田のコレ。
なにこれ?オペラ座の怪人?なんなん?
片目だけまつ毛もあるし何か入っとるし、怖いわ!
マークが?って、こっちが?だっちゅーねん。


絵描き歌kanade-14_convert_20140416194200


カナデちゃんの作品。
ああ、ホッとする、ホッとするよ!心が洗われるようだよ!
『なんのマークがいいか思いつかなかったから
JASマークにしてみた。
知ってる?
おうちとか建てる木材は日本工業規格のJISじゃなくて
日本農林規格のJASなんだよ』
………って知らんわーい!!
なにこの、建築こぼれ話。
みなさん覚えておくといいですよ。
家を建てる時悪徳業者に引っかからないかもしれん。


絵描き歌karakaru-14_convert_20140416194217


からかるさんの作品。
@!あっとマーク!
さすが電脳の申し子!
ってゆーか、これくらいしか突っ込みどころがないくらい
キレイな作品ですな。


絵描き歌mame−14_convert_20140416194430


まめさんの作品。
デタ!毎回、絵描き歌界に一石を投じて来たまめさん!
今回もまた、なんだかもう…絵描き歌なんだかなんなんだか
わからない状態になっております。
ダンボ、醤油好きじゃない!
ダンボ、鼻で醤油垂らさない!
ダンボ、アタマにザルかぶらない!


絵描き歌nii0227-14_convert_20140416194603


にぃ0227さんの作品。
えーゆー!!えーゆーですよ!
からかるさんの@もそうだけど、これ盲点だったなあ。
ト、auに必要以上に絡むのはその下の顔がコワイから!
妖怪図鑑に載ってそうなんだもん!
ご本人も『邪悪』と書いてらっしゃいましたがね、
邪悪というより天然でコワイ…。


絵描き歌una-14_convert_20140416194924


うなさんの作品。
これね、今回の応募作品の中でいちばん歌に忠実だったとおもうんですが。
本来の答えとくらべてもちょっとずつ配置が違うだけ。
なのに…なぜこうなった……。
『何度描いてもこうなってしまいます。
どうしたもんでしょう』
って言われても。
知らんがな!こっちが聞きたい(笑)。


絵描き歌mayun1-14_convert_20140416194358


まゆんさんの作品。
毎回3D作品でエントリーしてくれるまゆんさん。
今回はタナちゃんとわっちゃんを作ってくれましたよ。
すごいなあ。
わっちゃんのふぐふぐがかわいいわー。


絵描き歌mayun2-14_convert_20140416194416


でもコレにバケツをかぶせるわけにいかなかったらしく
コップをバケツ風にしてみたり、
真ん中にそのまま餅を置いてみたり。
苦戦のあとが見えます。
でもタナちゃんもわっちゃんも似てるなあ。


download_convert_20140419190544.jpg


悠母さんの作品。
ホールのケーキでしょうか?プリンでしょうか?
ト思ったのに
『仙台の雑煮は角餅です』。
雑煮…いったいどこに雑煮が…。
ト探したら口みたいなとこですね、おわんに餅。
あんなに堂々と謳ってるわりにちっさ……。


絵描き歌tomoko2-14_convert_20140416194942


ともこさんの作品。
あ、ここにも仙台の角餅雑煮が!(違。
アタマに角煮雑煮乗っけて
口におにぎりくわえて
目がドーナツか。


絵描き歌tomoko1-14_convert_20140416194907


同じくともこさんの作品。
「もう少しがんばってみましたが、どうでしょう?」
……って。
えーと……どうでしょうか…。
ワタシに言えることはただひとつ、
ビン底メガネをかけたPTA会長のようだ、ということだけです。


絵描き歌kosanta-14_convert_20140416194245


kosantaさんの作品。
ものすごーく当然のように、さらっと『←官兵衛』て。
官兵衛ってなんやねん!
『←餅』はわかる。
『←ナイキだぜ』もわかる。
この並びで『←バケツ』なら理解できるけどもそこでなぜ
『←官兵衛』。
みなさんご存知の、みたいに『←官兵衛』。
なんやねん官兵衛!
黒田官兵衛の官兵衛か?
ト、ググってみたらどうやらゆるキャラらしい。
頭に兜をかぶっておったが、こ…これのことなのか……『←官兵衛』。
かんべえかんべえ言い過ぎだ、おれ。


download-1.jpg


メタボ猫さんの作品。
鼻血ブー。
もしくは、鼻毛ボー。
『通勤の電車内や仕事の合間に必死に考えました。
そのせいで紙が折れ曲がっています』。
………泣ける。
涙で風になびく鼻毛ボーがみえないよ……。


絵描き歌agedama1-14_convert_20140419185150


あげ玉子の作品。
おいおいおい!孔雀て!
どこが孔雀や!って話ですよ。
どう見ても、おケツからなにか噴射しつつ冷めた瞳で熱く見るアヒル的な
なにかのようにしか見えんぞ。


絵描き歌tsuyu-14_convert_20140419185230

つゆちゃんの作品。
今年はノー参加だと思ってたら迷惑メールの方にはじかれてただけだったトいう
つゆちゃん画伯の作品。
再送してくれてありがとう〜〜。
今回の絵描き歌、マークを描かなきゃいけないトいう
高いハードルがあったわけで、
その中でいちばん多く描かれていたのが案の定、温泉マーク。
所詮温泉マークたかが温泉マークと思われるでしょうが、
つゆちゃんの描いたこの温泉マークの美しいことよ。
どうせ入るならこのマークのついた銭湯に入るよ、あたしゃ。



トいうわけで。
以上で全エントリー作品ハピョーしました。
ふぅ…。
やはり今回のポイントはマークですね。
なかなか意図が伝わりづらかったようでご迷惑おかけしました。
で、この絵描き歌で本来、なにが描けるかというと……ですね。


140420-2_convert_20140419194339.jpg


中日ドラゴンズ・マスコットキャラのドアラ〜〜!だったのでした。

答えを知ってたくめこちゃんはたいそう苦労しただろうなと思います。
ご苦労、ご苦労。
優勝は………ちょっっーーーーっと考えます。
みなさんはどれがよかったですかー?


140420-1_convert_20140419185129.jpg


トいうことで絵描き歌2014、終了です!
参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました!!
来年は………ホントにちょっとどうしようか迷っておりまして
今回で最後になる可能性大ですが、でもやっぱりおもしろかったですねえ。
ぷぷぷ。






| 今日の画伯 | 07:22 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絵描き歌大会、参加作品ハピョー!その1。

はい、長らくお待たせ致しました。
まあ大体の方は待ってないと思うけど、一部マニアは待っているこの企画。

タナわちカレンダー争奪・絵描き歌選手権2014
パチパチパチ〜〜!!

今年はホントに応募が少なくて淋しい限り。
マニアとマニアじゃないヒトの温度差がヒドい、ヒドすぎる!
特に某ゆみた巨匠とか某つゆちゃんとか、
デザインや絵を描く本職の方が今年はノー参加…。
ということは……。
大体想像つくでしょう、もう魑魅魍魎の嵐ですよ。
来るメール、来るメール、なんだかわけのわからない
ぐにょぐにょしたのが添付されてるんですよ。
そりゃね、描いてる方もわかってないんだもん、ナニ描いてるのか。
本人がわかんないもの、こっちがわかるわけねーもん。

あー、おもしろかった。

ト言うわけで、届いた順番にハピョーしていきますよ。
まずは改めてお題の絵描き歌を。


『でっかい ふわふわ マシュマロと

 たまごを みっつ あたためて

 にまいの おさらに もりつけて

 ついでに おわんに もちひとつ

 まんなか たまごに おしょうゆかけて

 となりの たまごが おどろいた

 バケツで あわてて ふたしたら

 おやおやおなじみこのマーク

 ほらほら◯◯のできあがり。』


さて。
準備はいいですかー。




絵描き歌059-14_convert_20140416194004


まずは059画伯の作品。
なんですか、これは。
季節外れのサンタクロースですか。
恋人がサンタクロースですか。
恋人もいないのに。
そしてやっぱり059のおなじみのマークといえばコレ。
結局、
恋人はジャイアンツファンの季節外れのサンタクロースだったト。


絵描き歌poshiyuka1-14_convert_20140416194619


ぽしゆかちゃんの作品、その1。
…その1て。
まず、マークがでかい!
たこ焼きくわえたツインテールとマークが同じ大きさて。


絵描き歌poshiyuka2-14_convert_20140416194641


そしてぽしゆかちゃんの作品、その2。
なんだかよくわからんけどとにかくほかほかしている、ト。
ほかほか感だけは痛いほど伝わったけども。
でもって、その1にも描いてあったけどもなぜかサイン入り。
そう。去年サニー山田の旦那さんが作品にサインを描いていて
それが一部であこがれの的になったわけです。
サイン、かっけーー!!ト。
……阿呆ですか、キミたちは。


絵描き歌poshiyuka3-14_convert_20140416194657


ぽしゆかちゃんの作品、その3。
もう絵描き歌が湯水のごとく湧き出るぽしゆかちゃん。
しょうゆはそのままかけてるところだし、
おわんにもちひとつもそのままだし。
多分これが最初の作品だったと思われるけども、
サインだけはしっかり描きこんである、ト。


絵描き歌megane-14_convert_20140416194447


ぽしゆかちゃんの旦那ちゃん、メガネの作品。
作品はね、こう言っちゃなんだけども
まあまあ可もなく不可もなくだな、ト思ったわけです。
ぽしゆかちゃんも書き添えてあったように
マークが☆て!守りに入っとるな、ト。
だがしかし…。


絵描き歌megane2-14_convert_20140416194509


一緒に送られてきた全体図。
なにやら中2病らしく説明臭いタイトルが書き添えてありーの。
いやいやいや、もうそれよりなにより。

絵描き歌megane2-14_convert_20140417183842


『めーがーね』て!
サインが『めーがーね』て!
以前はあんなに「メガネって呼ぶな」だの「おれはメガネじゃねえ!」だの
言ってたくせに、もう自ら
『めーがーね』。
それもひらがな。
なんやねん、めがねのサインて。


絵描き歌todomatsu-14_convert_20140416194754


とどまつさんの作品。
今回いろいろなマークが描かれてましたが、このとどまつさんの
テレマークが個人的にはいちばん好きでしたねえ。
実は、マーク・パンサーとかマーク・ジェイコブスとか
描いて来るヒトいないかなーと思ってたんですがねえ。
さすがにいなかった。
キチンとしてるけどその中にテレマークを描いて来るあたり、
なんとなくとどまつさんのキャラクターが垣間見えるような気がしましたが
いかがでしょう。


絵描き歌todootto-14_convert_20140416194827


とどまつさんの夫さんの作品。
自分のサインをマークにしたとどまつおさん。
ある意味アヴァンギャルドですが、
これがマークなんだト言われればそうなのかト。
これ、村上隆の習作なんだよ、ト言われればそうなのかト。
……いや、嘘です。


絵描き歌kumeko1-14_convert_20140416195126


くめこちゃんの作品、その1。
マークは毛。
…いやちがう、楽天ゴールデンなんとかーずの毛マーク。
だから毛じゃなくって…えーと、なんだっけ?毛じゃなかったんだっけ?
まあとにかく毛マークの目つきの悪いシザーハンズ。


絵描き歌kumeko2-14_convert_20140416194304

くめこちゃんの作品、その2。
毛マークのうかれた団子娘。

ってゆーか!
捨てる書類の裏に描くんじゃありませんよ。
まったくもーー。


絵描き歌kumeko3-14_convert_20140416194320


でもって、いっぺん、くしゃくしゃー!として捨てちゃったくせに
サイン書くの忘れたからって
拾ってサイン書き足して送ってくんじゃねえですよ。
それもミョーにかっこいいサインだし。


絵描き歌doratan1-14_convert_20140416194045


ドラたんさんの作品、その1。
実はドラたんさん、この作品の前に3つ送ってくれてるんですよねー。
ただマークらしきものが見当たらず、
マークも歌のアイテムのひとつなのでなんでもいいので描き足して下さいね、と
お願いしたところ、まったく違う作品を送って下さったわけで。
「温泉マークです!これしかできません!」
ト、書き添えてありました。
はいありがとうありがとう、注文つけちゃってごめんなさいね、ト
思っていたところ……


絵描き歌doratan2-14_convert_20140416194101


ドラたんさんの作品、その2。
「目のところが地図記号になっています。これを最後にします」ト。
…いやいや、地図記号なくても下に温泉マーク描いてあるがな。
いや、それにしても最初のヤツから数えてもう5枚も描いてくれとるし
すげーな、絵描き歌の押せば命の泉沸く、やな。
……ト、思っていたところ……。


絵描き歌doratan3-14_convert_20140416194119


ドラたんさんの作品、その3。
「ギブアップです!今回はむずかしかったです!」て。
……ギブアップ…て…。
6枚も描いておいてギブアップはなかろう…。
途中から目の下のクマがデフォになっとるし、
温泉マークと地図記号のダブルネームだし、
もう充分、充分です!!


140418-1_convert_20140417183809.jpg



トいうわけで、2ぴきも呆れてる絵描き歌の数々。
まだまだハピョー続けますよ〜。








| 今日の画伯 | 07:39 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はいポーズ…ってば!

あ!なんだか2ぴきがいいカンジで並んでおる!
しゃ、しゃ、しゃしゃしん!
しゃしんをとらとらねねねば……


140416-1_convert_20140415195026.jpg


……焦りすぎ。
わっちゃんが切れちゃったよ。

ごめんごめん、もう一枚!
いいー?いくよー。


140416-2_convert_20140415195046.jpg


あ。
…タナちゃん…。


じゃあもう一枚ね!
いくよー。


140416-3_convert_20140415195107.jpg


はいはいはい。
わっちゃん、いいのいいの。
もう一枚ねー!


140416-4_convert_20140415195139.jpg


…………。
タナちゃん……。


140416-5_convert_20140415195155.jpg



たぶん、今、
オカアサンとわっちゃん
同じ顔してるね…。








絵描き歌、近々ハピョーしますよ〜。お楽しみに〜。

| | 07:49 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すぶり。

おもむろに狙って。


140413-13_convert_20140412193439.jpg


じんわり手をあげ………


140413-12_convert_20140412193420.jpg


……たかと思ったら……


140413-11_convert_20140412193359.jpg


「わっちゃんはそんなおもちゃであしょばない……」


……ト、見せかけてーーー


140413-10_convert_20140412193342.jpg


「てーーーーし!!!」


140413-9_convert_20140412193327.jpg


「…………」

もういいの?


140413-8_convert_20140412193312.jpg


「…うん…もうわっちゃんは………」


もうわっちゃんは??


140413-7_convert_20140412193256.jpg


「びしゅっ!」


140413-6_convert_20140412193234.jpg


「ばしゅっ!」


140413-5_convert_20140412193216.jpg


「びしーーー!」


140413-4_convert_20140412193200.jpg


「びししーー!」


140413-3_convert_20140412193129.jpg


「てしっ!」


140413-2_convert_20140412193112.jpg


「このほそほそめーーー……」


140413-1_convert_20140412193050.jpg


「きょうはこれくらいにしといてやるけど
わっちゃん、いつでもやってやっかんな!」



空振りをな…。


そしてあいかわらず最初から最後まで
しっぽの先までぴくりとも動いてないちゃいろ…。







| | 08:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

五色園トリップへようこそ。最終回。

やっと終盤、五色園トリップ。
前回はコチラ



140411-23_convert_20140410212824.jpg


ばばーん。
五色園は単なる宗教公園ってだけじゃないのだ。
大安寺というお寺もある。


140411-22_convert_20140410212754.jpg


そしてもちろん桜。
もともと五色園ってのが松・竹・梅・桜・紅葉の五種類の樹木にちなんでつけられた
ものらしく、特に中でも桜の名所として有名。
今は入り口もぱーぱーでオールフリーになっているが、以前は普段は入場無料なのに
桜のシーズンだけは入場料をとっていたらしい。
それくらい名所として有名だったってことか。


140411-21_convert_20140410212734.jpg


でも多分、入場料とってた時からライトアップはしてなかったんだろうな。
だって……ねえ?
桜にたどりつくまでが……ねえ?
ライトアップされた親鸞とかさすがに……ねえ?

ト、お花見と肝試しをまとめて楽しむところを想像していると。

「リリさん!リリさん!」ト大声で姉。
どうしたどうした?


140411-20_convert_20140410212714.jpg


おお!!孔雀!
こんなところで孔雀!
尾羽を広げてくれとは言わないから、もっとよく見せておくれよ。


140411-19_convert_20140410213141.jpg

あ…。
わたくしのメラメラを感じ取ったらしい。
ソソソ……とにげてゆく孔雀。
ったくよぅ、動物ってのは敏感だぜ。


140411-18_convert_20140410212416.jpg


「あれ、キジだと思う?孔雀かなあ?」
姉よ。
なぜこの状態であえてキジ。


140411-17_convert_20140410212355.jpg


あんたもそんな隠れんでもええがな。
古葉監督か。


140411-16_convert_20140410212322.jpg


めっちゃ単刀直入な警告を見ながら次へ向かう。


140411-15_convert_20140410212306.jpg


お?なにやら橋の上で揉めとるぞい。
どれどれー?
ちょっとワクワクするなあ。


140411-14_convert_20140410212248.jpg


なかなか混み合っておる。
どうやら真ん中で座り込んでダダをこねてるヤツが主役のようだが。
親鸞、どこやねん。


140411-12_convert_20140410212145.jpg


『日吉丸矢作橋 出世の緒』。
……えーと。
矢作橋?五色園って書いてあるけどな…まあいいけど。
で、どんなエピソードが?ト、まわりを見てみたがなにもなし。
仕方ないのでちょっとググってみたところ、
12歳の日吉丸(のちの太閤秀吉)……は?秀吉?は?突然秀吉?
いやまあいい。
12歳の日吉丸が矢作橋で野宿中、小六正勝(後の蜂須賀小六)にアタマを蹴られ、
それに猛然と抗議をして睨みつけたところ、
子供にしては見どころがある、ト気に入られ子分になる。
日吉丸はこれをキッカケにどんどん出世してゆく。
ト、まあ秀吉への第一歩がこの橋だったト。


140411-13_convert_20140410212203.jpg

日吉丸、めっちゃダダこねとるがな。
で?あのヒゲボーボーが小六か。
…小六って小学六年じゃないぞ、ヒゲボーボーの小6じゃないからな。
こわいわ、そんなん。
てゆーか、なんぼ子供だからって
こんな橋の真ん中で野宿してる方もどうかと思うぞ、日吉丸よ。


140411-11_convert_20140410212101.jpg


こんなにいるのに、誰ひとりとして日吉丸を見とらん。
なかなかに個性的な面々が揃っとるな。


140411-10_convert_20140410212032.jpg


ヤーー!!(ダチョウ倶楽部)。


140411-9_convert_20140410211956.jpg


と、木とやぶの間からなにか……。
なになに?
『六角堂御参籠 雲母坂お通い』。
……まったく意味がわからない。お通い、て。
先に下ってるお坊さんが親鸞か。親鸞がどっかにお通いしとるとこか。
えーと?

親鸞聖人は9歳から29歳まで比叡山で修行を積んでいたけども、もう自分の
求めている答えは出ないと思った、ト。
『阿弥陀如来はどんなヒトでも必ず往生させると言っているが、
商人や女性なんかは前生の悪行ゆえ往生できない上に阿弥陀如来を拝すること
すら拒絶され、一段低い聖徳太子への信仰しか許されない。
これはどこかで信仰の本質が見失われてしまっとらんか』ト。
そこで、親鸞は正月早々から百日間、比叡山から六角堂まで
三里十八丁の距離を毎夜、雲母坂という険しい山道を往復した、ト。
毎晩山から親鸞が抜け出ることを不審に思った弟子の正全房が跡をつけて
みると、雲母坂の雪を血潮に染め蔦をたどり木にすがって必死で六角堂に
向かう親鸞の姿があった、ト。


140411-8_convert_20140410211936.jpg


驚くとともに涙ながらに拝まずにいられなかった正全房さん。


140411-7_convert_20140410211914.jpg


しーんらーーん!!カームバーーーック!!
とでも言いたくなるような後ろ姿。
それにしてもものすごい場所に配置しとるよなあ。
地形、ばっちりだもんなー。


140411-6_convert_20140410211857.jpg


さて、涙ながらに拝んどる横をさらに進むと。
……むむ?
この山道は……。
♪このみちーは〜いつか来たみ〜〜ち〜〜〜……。


140411-5_convert_20140410211836.jpg


♪あ、あーーーそうだよぉ〜。
あんた、見覚えあるもん。


140411-4_convert_20140410211818.jpg


ひょうきん族世代ならわかる。
この鬼瓦権造ポーズは、身代わりの名号じゃな?
ぐるっとまわってここに出たのか。
じゃあ、車停めたとこもけっこう近いはず。
そろそろ戻ろう。
日が暮れたら親鸞の目が動くらしいし。
……って、噂ですよ噂。


140411-3_convert_20140410211802.jpg


坊さんオリエンテーションを横目で見て出口へ。
このヒトたちは雨の日も風の日もずーっとこうしてこの場所にいるんだなあ。
これから先もずーーーっと。
当たり前のことなんだけど、あまりにもニンゲンくさいので
なんとなく不思議な気がする。


140411-2_convert_20140410211726.jpg


これが五色園の全景。
この看板、入り口にしかないから全然どこをまわってるのかわかんなかった。
途中にもぜひとも設置した方がよかろうぞ。


140411-1_convert_20140410211658.jpg


結局、4分の1くらいは見てないらしい。
もっと奥にあったんだな。
でももうごちそうさまって感じだったし。

とにかくすごい五色園トリップ。
ドライブスルーで流すより、こうして足で廻る方がおすすめです。
……おすすめ?


140411-24_convert_20140410212854.jpg


やあやあ、諸君!
長々続いた五色園パラダイスもやっと終了だよ。
おちかれ、おちかれ!


140411-25_convert_20140410212927.jpg


……えーと、お呼びじゃない?






長いことおつきあいありがとうございました。
パラダイスカテゴリーの中でもトップクラスのパラダイスでしたね(笑。

| パラダイス | 16:21 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

五色園トリップへよううこそ。その3。

さてさて、佳境にはいってきた五色園トリップ。
前回まではコチラ

遠目にもデーハーだったのは弁財天さんだった。


140408-19_convert_20140407165045.jpg


弁財天…だよね??


140408-18_convert_20140407165017.jpg


えなりくんじゃないよね?
えなりくんじゃないよね?

ト、大事なことなので2回言いながらつぎへ。


140408-17_convert_20140407164957.jpg


えーと、
『川越の名号』。
ざっくり説明すると、旅の途中雪に見舞われ日が暮れてしまい仕方なく
扇屋さんに一晩泊めて欲しいとお願いした親鸞聖人。
だがしかし扇屋夫婦は軒下なら勝手にするがいい!と戸を閉めてしまう。
軒下で厚く礼をいい念仏を唱えながら朝を待つ親鸞聖人に感激し
即、念仏のとりこ。
で、まあ親鸞さんが出発し川を渡ってしまった後も名残を惜しんで
形見をおねがいします、と頼んだわけだな。
そしたら親鸞さんが向こう岸からこっちに向かって空中にエア習字をしたト。
するとあら不思議、扇屋の妻が持った紙に
『南無阿弥陀仏』の文字が浮かび上がった…、ト。

ほほぅ。


140408-16_convert_20140407164936.jpg


向こう岸からしゃしゃしゃっとエア習字をなさる親鸞聖人。


140408-15_convert_20140407164919.jpg


で、この紙に念仏が浮かび上がったわけだ。

で。
問題はこの後ですよ。
あたしゃね(浅香ミッチー風)!
ちゃんと写真を撮ったんですよ、『南無阿弥陀仏』と書かれてるとこを!
なのに、写ってない。
意味なく連写で2枚撮ったはずなのに、残ってるのは真っ白。
……ななななな…なんで?!

そういえば、五色園ってちょっとしたその手のスポットとしても有名らしい。
全然知らんかったけど。


140408-14_convert_20140407164904.jpg


そー言われれば確かに、この休憩所なんてマジでコワイ。
うまいことリノベーションすれば古民家カヘとかできそうなのに。
これじゃホントに廃墟だ。

…イカンイカン!
次、行こう!!


140408-13_convert_20140407164831.jpg


『鹿ヶ谷 鈴虫松虫の剃髪得度』。
なにやら睨み合っとるようにみえるけど違うんか。


140408-12_convert_20140407164813.jpg


このヒトらは法然上人の弟子、住蓮と安楽。
どうやら朝廷チームが法然さん一派をつぶそうとしてた当時、この二人は
鹿ヶ谷で念仏を唱えていて、そこに御所の女房鈴虫と松虫も通っていたト。
で、後鳥羽上皇が留守の時に抜け出してまたしても念仏を聞きに行った二人。
住蓮と安楽の説法に心をゆさぶられて尼さんになってしまったト。
それを知った上皇はそらもう怒っちゃって、その結果。
住蓮・安楽は斬首。
法然・親鸞は流罪…トなった、ト。

ほほう。
これであの、御流罪に繋がるんだな。


140408-11_convert_20140407164734.jpg


鈴虫、松虫。

その後も姉が何かっちゅーと
「鈴虫松虫!」ト口ぐせのように言っていた鈴虫松虫。
ついつい言いたくなる鈴虫松虫。
どっちがどっちだか鈴虫松虫。


140408-10_convert_20140407164711.jpg


そしてキミもどっちなんだ、住蓮安楽。
ミョーにキリッとした顔をしているな、住蓮安楽。
ドラフト1位指名のルーキーみたいな眉毛の整え方やな、住蓮安楽。


140408-9_convert_20140407164649.jpg


鼻緒、切れちゃったお坊さんもいれば。


140408-8_convert_20140407164632.jpg


ポンカンを大事そうに抱えるお坊さん。
ト、それをかこむお坊さんズ。

もうこのへん説明がないからなにがなにやら。
関係があるのか、鈴虫松虫。

ト、いつまでも鈴虫松虫と言ってても仕方ないのでつぎへ。


140408-7_convert_20140407164611.jpg


おお!なかなかの大作やないか。
『日野左衛門門前石枕』。
金貸しの左衛門が借金の取り立てがうまくいかず家に帰って
やけ酒くらって奥さんに当たり散らしてたところに
雪を避け一晩の宿を求めてやってきた親鸞一行。

またしても親鸞!
どこでも宿を借りる男。

もちろん断られまたしても軒先で泊まり込み。
雪がひどくなる中念仏を唱えつつ石を枕に横たわる親鸞。
一方夢で
「軒先に阿弥陀如来がいらっさる。はよなんとかせんと未来永劫苦労するぞ!」
ト告げられた左衛門。


140408-6_convert_20140407164428.jpg


おいおい、聞いてないよ!トあわてて飛び出した左衛門が見たものは。

『そこに映るのは吹雪の中
一心に念仏を唱える親鸞聖人のお姿でした』。


140408-5_convert_20140407164410.jpg


『一心に念仏を唱える親鸞聖人のお姿でした』。

……………。


140408-4_convert_20140407164350.jpg



しんらーーん!!
後ろ、後ろーーー!!



140408-3_convert_20140407164328.jpg


何回も言うけど。
今日はお花見だから。お花見にきたんだからね。


140408-2_convert_20140407164305.jpg


わっちゃん、ほんとだよ?
目的は桜なんだよ?
コンクリ像はほんのついでで……


140408-1_convert_20140407164244.jpg



………あ……わっちゃん……。







※五色園、もうちょっとだけつき合って下さいねー。

| パラダイス | 07:53 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

五色園トリップへようこそ。その2

シュールな五色園トリップ。前回はコチラ


140403-2_convert_20140402212101.jpg


遠くに見えていた謎の人影。
近くに行ってみると……。


140406-18_convert_20140405215954.jpg


…親鸞聖人、まさかの田植え。
親鸞さん、いろんなことなさるわい。
えーと、ナニナニ?

『お田植え』。
そのまんまやないか。
『親鸞聖人は村人たちの田植え風景を見て
一遍の念仏の声もないのは残念なことだ、と呟きました』ト。
『このままでは悪人として一生をいたずらに過ごすばかりであろう』ト。
『私も田植えに加えてもらい念仏の楽しさを伝えてみたい』ト。


140406-17_convert_20140405215856.jpg


『さあ、私の唄う歌についてきなさい。
さすれば田植えが楽しくまたはかどるであろう』。

……で、その結果が

『南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏』て。


140406-16_convert_20140405215842.jpg


村人Aよ、楽しく田植えははかどったかい?
ずいぶんと遠い目をしているけども。
そっちの村人Bはどうだい?


140406-15_convert_20140405215621.jpg


………増えとる!
親鸞聖人の向こうに村人姉が増えとる!!


140406-14_convert_20140405215545.jpg


まったくもう。
後ろにはこんなのもいるし。
ホントに油断も隙も…


140406-13_convert_20140405215530.jpg


「なむあみだぶつ〜なみあみだぶつ〜」
…………働き者やな、村人姉。
一緒に楽しく苗運びか。

はいはい、田植えはそれくらいにして次行こう。
「こっちに『←御流罪』って看板があるよ」
行くか。


140406-12_convert_20140405215408.jpg


沼だよ、沼。
そうやらこのあたりは湿地帯みたいだからねえ。
なかなかに雰囲気がある沼やな…。


140406-11_convert_20140405215351.jpg


てゆーか!御流罪どこ!
もんのすっごい山道なんすけど!
ト、ひいひい言いながら山道をのぼるわたくし。
マジでつらい。
3歩進んでは休憩、3歩進んでは休憩。
ひぃひぃ…親鸞さんよぉ〜どこまで流されたんだよぅ〜。


140406-10_convert_20140405215319.jpg


…いたよ。
なんなんだろう、この距離感は。
今までのものもそうだけど
なんというか……絶望的に配置のバランスが悪い。
そこを含めての天才・浅野祥雲なんだけど。


140406-9_convert_20140405220649.jpg


御流罪中の親鸞聖人、ひげボウボウ。
もう誰やらわからんやないか。
これを見るためだけにあんなに苦労したのかと思うと……。


140406-8_convert_20140405215242.jpg


下に戻ろう。
もうトレッキングと言ってもいい。
絶対明日筋肉痛になるわ。

ト、やっとの思いで降りて来ると目の前に…。


140406-7_convert_20140405215223.jpg


ジョジョーン。
なんやねんキミらは。
「説明……あるけど…」
なんて?
なんて書いてある?
「いや…その…」
なんて?


140406-6_convert_20140405215137.jpg


わかるかーーーい!!


140406-5_convert_20140405215117.jpg


…なんて顔してんだよ、まったく。
ま、とりあえずこのメラメラしてる頓珍漢が不動明王ってことだけは
わかった。


140406-4_convert_20140405215045.jpg


中にはこんなフツーの像もある。
もうこっちがまつがってんじゃねーの?トいう気すらしてくる
五色園マジック。


140406-3_convert_20140405215027.jpg


デーハーな像を従えてタバコを吸うオジイヤン。
もうこれくらいのシュールじゃびっくりせんぞ。
どれ、あのデーハーなのを見に行こうかね。


140406-2_convert_20140405215004.jpg


桜、きれいなのにねえ。
完全にコンクリに負けとるもんな……。



140406-1_convert_20140405214946.jpg


わっちゃん。
オカアサン、桜観に行ったはずなのに
あんまり覚えてないよ……。






まだまだ続くよ〜〜。パラダイス五色園。


※たくさんのコメント、メール、どうもありがとうございました!
ブログはやめませんのでご安心ください(笑)。
ただ今まで毎朝の楽しみにしていて下さった方にはホントにごめんなさい、です。
でもなるべく長く続けるつもりですので、これからもよろしくお願いします。

| パラダイス | 09:48 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

五色園トリップへようこそ。その1。

どうやら桜がそろそろ満開らしい。
来週になったらすでに終わり頃かもしれない。
そいつぁイカン!イカンでぇ〜〜!
トいうことで、
まったく予定してなかったのだがちょこっと花見に行くことにした。


行き先は、パラダイス好きとして前々から一度は行っておかんといかんやろ、
ト思っていた五色園。
中部地区のB級スポットで検索すると必ず出て来るくらい、
パラダイス好きには有名な五色園は愛知県日進市トいうところにある。
ざっくり説明すると、
『大安寺というお寺の広大な敷地に作られた日本唯一の宗教公園。
親鸞聖人の生涯をコンクリートの塑像を使って表現している』のだ!
そしてそして、なによりのポイントはそのコンクリ塑像の作者。
あの!天才コンクリ像作家、浅野祥雲先生なのだ!
以前パラダイス犬山編でご紹介した『桃太郎神社』の像も同じく浅野祥雲作。

まあ、コンクリ像も有名だけどなんといっても
桜の名所としても有名らしいので一粒で2度オイシイのが五色園ってことで。


140403-19_convert_20140402213311.jpg


とりあえず入園無料なのでそのまま車でGO。
おお!咲いとる咲いとる。
あ、言い忘れたが、なんといっても一山まるごとで五色園なので
なんとドライブスルー宗教テーマパークなのだった。
もちろんPに駐めて歩いて廻ってもOKだけど、どれだけ時間がかかるかわからんので
まずはそのまま進むことに。
それにしてもドライブスルーて。

………!!


140403-18_convert_20140402215410.jpg


デターー!!
でかい!思ってた以上に塑像がでかいぞ!
ナニナニ?えーと…説明書きを読むと…『月見の宴』ト。
ヒザに抱かれたあの赤子がどうやら赤子時代の親鸞聖人らしい。
月が冴え渡ると同時につかつかと前に出て両手を拝み
『南無仏』と一声称えられました、ト。


140403-17_convert_20140402213209.jpg


あの、ヒザに座ってるのが親鸞聖人子供時代か。
ってゆーか。
………シュール。
シュールすぎる。
だれとも視線があわん。


140403-16_convert_20140402215350.jpg


ひとり、宴のメンバーが増えとる。
なぜそこにジョインするのだ、姉。
まあ大きさ比較にはちょうどいいけども。
デカさがわかってもらえるからな。

さて、次に行こう。


140403-15_convert_20140402212642.jpg


おおおっ!!
またなにやら向こうでオリエンテーリングをしとるグループが!
と思ったら。
なになに?『信行両座』?
………なんのこっちゃ。


140403-14_convert_20140402212619.jpg


説明も読んだけどイマイチ…ピンと来ず。
どれが親鸞聖人なんだかもわからず。



140403-13_convert_20140402212559.jpg


こいつか?
……いや、違うな。
これはどうやら、熊谷蓮生房ってシトらしい。
遅れて駆けつけたって書いてあるからな。
ってことは真ん中が親鸞かねえ。


140403-12_convert_20140402212541.jpg


熊谷さんナメの親鸞軍団。

これだけいても、誰とも目線合わんもんな。
ト、車に戻ろうとしたら……


140403-11_convert_20140402212523.jpg


おおっ!!あんなところに!
油断も隙もねーな。


140403-10_convert_20140402212457.jpg


『赤山明神貴婦人邂逅』。
ま、この貴婦人2mくらいありますけどね。

いやいや。
この調子で山のあちこちに親鸞聖人がいるんだろうか。
ドライブスルーってくらいだから車からちょちょいと見られるのかと
思ってたけど、どうやらそうでもないらしいぞ。
次は……看板があるけど……。


140403-9_convert_20140402212428.jpg


ひぃーーー。
山道きっつ!
なんじゃこれーー。


140403-8_convert_20140402212408.jpg


あ!なんか向こうに人影が…ちがう…コンクリ影が。


140403-7_convert_20140402212350.jpg


『身代わりの名号』……。
名号ってのはこの嫁さんの方がいつも懐に入れてたお札みたいなやつのことだと
思うんだけど、それにしちゃデカイやろ。
南無阿弥陀仏…って念仏が書いてあるし、もうでかい墓石にしか見えんわ。

でもって、道からすぐのところにある塑像は、有志のみなさんのおかげで
塗り直しがちょっとずつされてるらしいんだけども、
この山の中にある塑像までは手がまわらんらしく。
こえーよ。
旦那さんの方なんて、リアルちびまる子ちゃんみたいに青線入っとるもん。


140403-6_convert_20140402212320.jpg


さて、どうやら池のまわりに点在してるらしいので、車を停めて歩いてまわることに。
さっそく向こうに親鸞さんらしきお姿が。
なんせデカイのでわかりやすいな。


140403-5_convert_20140402212301.jpg


ざっぱーーん。
ものすごい波感。


140403-4_convert_20140402212212.jpg


『桜ヶ池大蛇入定の由来』のシーンですよ。
もう親鸞聖人、いろんなことなさっとる。
スペクタクルすぎてなにがなんだか。
阿門梨という僧侶が6年の苦行の末大蛇に変身したらしい。


140403-3_convert_20140402212137.jpg


で、こっちが親鸞さんかと思いきや法然上人らしい。
青空にそびえ立つ法然。
遠くに桜。
嘘みたいにシュールな光景。
これをシュールと言わずになにがシュールか。


140403-2_convert_20140402212101.jpg


ああーー、あんなに遠くにいるのにこんなに大きく見えるということは
どうやらあれも親鸞一座。


……みなさん、引いてませんか?
大丈夫ですか?
まだまだ五色園トリップ、始まったばっかりですからね。




140403-1_convert_20140402212033.jpg



タナちゃんの顔が渋い………。
もしかしてみなさんこんな顔して読んでへん?大丈夫?









※思うところがあってランキングは4月から参加するのやめました。
かれこれ何年だろう…ずいぶん長いこと参加してましたが、どーにも伸びませんでしたしね。
やっぱりランキングってみなさんの応援が目に見えるのですごく更新の励みになってました。
でもここんとこ伸びるどころか毎日更新しててもどんどん落ちるばっかりで、
なんだかなあ…やっぱりつまんないのかな…と凹むようになってきてしまったので
これならもうランキングなしで気が向いた時に更新するようにしようと思いまして。

今まで応援してくださったみなさま、ありがとうございました!!
毎日かかさずポチしてくださった方々にはホントに感謝しています。
どれだけ毎日の更新の励みになったかしれません。ありがとうございました。

| パラダイス | 07:36 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新年度なので。

新年度ですな。


140401-1_convert_20140331213316.jpg


140401-2_convert_20140331213335.jpg


140401-3_convert_20140331213356.jpg


140401-4_convert_20140331213418.jpg



ま、こんなかんじでゆるゆるいくがいいですよ。



140401-5_convert_20140331213441.jpg


キュートなヒップにズキ、ドキ!


140401-6_convert_20140331213457.jpg


こうしてみると、
グラビアのヒトってポージングがうまいことがよくわかる。
1枚目から4枚目までと同じカラダとは思えない。

「わっちゃんのここ、あいてますよ」

そして相変わらずの春日感。

グラビアなのか春日なのか、わっちゃん。











※今年もやってます、タナわっちカレンダー争奪絵描き歌大会2014。
お題はコチラに載ってます。どしどしご参加を!!

| | 07:30 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

<