2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

≫ EDIT

初夏の柚遠足<三嶋大社編>

トある日曜の早朝。
修学旅行に向かう中坊ズと同じひかりちゃんに乗り込むわたくし。
どーせネズミーランドやろ…ト思っていたら、まさかの同じ三島駅でぞろぞろ。
ふふふ富士山か!マウント富士か!こんなにか!
ト思うほど、中坊ズ以外にもえらいたくさんのヒトが三島駅で下車。
その、あまりの驚きで、
あんなに『三島駅・南口。改札外で待つ!』ト言われていたのにもかかわらず
修学旅行生の渦に飲み込まれ、まったく反対の北口から出てしまい途方にくれたあげく
わざわざ入場券を買って駅を突っ切り、やっとの思いで南口へ到着。

ひゃーーー!!
ゆずーーーー!!


140530-24_convert_20140529221532.jpg


秋の深大寺遠足から早八ヵ月が過ぎ、これでは夏になってしまう!!
トいうことで、久々に遠足を決行することにしたゴレンジャイ。
なんと今回はミドレンジャイ(別名ゆずねー)の飼い犬、柴っぽい柚(9)
という豪華ゲストつき!
トいうか、柚に会いたい会いたいばっかりで
ミドレンジャイの地元に遠足の地を決めたワタシたち。

柚〜〜!!元気ーーー?!!!!

他のメンバーに会うのも久しぶりなのに、まったく無視。

ゆーじゅーーーー!!!うーしゃしゃうーしゃしゃ。

柚に会うのは、相模湖に行った時、前乗りでゆずねー宅に
泊めてもらった時以来だなあ。


140530-23_convert_20140529221507.jpg


立った柚を見ては「かわいいねえ〜〜〜!!」
座った柚を見ては「ゆず〜〜〜かわいいねえ〜〜〜」
修学旅行の中坊よりもきゃいきゃいしている
ミドレンジャイ以外のゴレンジャイ。


140530-22_convert_20140529221450.jpg


のぞく柚。
「柚ーー!」
飼い主ミドレンジャイを残し、残り全員小川のこっちから手を振る。
「柚!見えた見えた!」
柚、皇族扱い。


140530-21_convert_20140529221437.jpg


まず最初の目的地、三嶋大社に到着。
わ、あの樹変わってる。
「ほんとだ!すごいね」
モモ松っつあんと並んで見上げる。
あれさ、女のヒトがこうして手をぐーんと伸ばしてるみたいに見えん?
ほら、両手でさ、あのベルトみたいなのの下がオパイでさ。
「お、パイオツ!」
ま、お下劣!


140530-20_convert_20140529221416.jpg


ご神域やし、柚は連れて入れんな。
「うん、犬はちょっと…って言われても嫌だしね」
え?宅の柚ちゃんがなにか?
「えー…犬は立ち入り禁止なんですよ」
犬?!失礼な!このコは犬じゃなくて柚ちゃんですっ!
「宅のかわいい柚ちゃんざますっ!」
即興モンスターペアレンツコントをしつつ、
柚と留守番チームをおいて中に入るワタシとミドレンジャイ。


140530-19_convert_20140529221402.jpg


亀がわさわさいる。
神社というのは亀がよくいるなあ。

「ご朱印はー?」
あ、もらうもらう!
「こっちらしいよ」
ト、矢印の方に行くと。


140530-18_convert_20140529221347.jpg


どーーん。
…えーと……キミが書いてくれるのか、矢田部なんとかさん。
「お金だして三嶋大社を再建してくれたヒトみたいだねえ。
だからイヤでも目につくようにしてあるのかもね」
まずは矢田部さんを詣れ、トいうことか。


140530-17_convert_20140529221319.jpg


おおー、すごいなーーー。
「ここ、松坂大輔が結婚式あげたんだよ」
マジ?なんで?松坂ってこのあたりの出身?
「いや」
じゃなんでよ。
「知らんがな。勝負事とか商売の神様らしいからじゃない?」
へーーー。
ト、地元ならではのワンポイント三嶋大社を聞きながら本殿に向かう。


140530-16_convert_20140529221255.jpg


犬?あれ、犬だよね?
「ほんとだー。ちゃんと左右で阿吽になってる」
狛犬じゃなくてフツーの犬っぽいよね。
「うん、巻きシッポだし」
なんでだろーー?
「中に巫女さんいるから聞いてみたら?」
うん、お参り終わったら聞いてみよう。

……ト、諸処お礼とお願いをすませて、さて。

あ!巫女さんおらんくなっとる!おらへんがな!
「キレンジャイがあんまり食いついてるから逃げたんじゃない?」
えーーー。
「わ、やば!聞かれるわ!あたし知らんし!って」
えいくそ、逃げられたか。



140530-15_convert_20140529221234.jpg


さすがに有名なパワースポットだけあって、なんだか空気が違う。
…ト、毎回神社に行くたびに思うのは、やっぱりなにかが違うんだろうなあ。

そういえば、さっき社務所のヒトが
あっちにいったら鹿がいるって言ってたけどさ。
「うん、鹿いるらしいよ」


140530-14_convert_20140529221127.jpg


わ。あれやな。
「うわ!あんなにたくさんいるとは思わなかった」
えらい大勢いらっしゃるで。


140530-13_convert_20140529221056.jpg


まったり座り込んでいる鹿のみなさんと、
水たまりでアグレッシブに活動する鳩のみなさん。
お!すみっこに白い鹿いるじゃん!
「えーー?白い鹿ー?」
うん、ほら!


140530-12_convert_20140529221040.jpg


「………あれ、もしかしたらニワトリじゃないかねえ」
……。
「多分、だけど、ニワトリじゃないかねえ」
……。
「ねえねえあれさー」
もおいいっ!!


140530-11_convert_20140529221018.jpg


さっきからめっちゃ見られとる。
神社なのに地蔵。
地蔵顔の鹿。


140530-10_convert_20140529221000.jpg


見とるなあ。


140530-9_convert_20140529220930.jpg


わっちゃん……。


140530-8_convert_20140529220901.jpg


名残惜しいけど鹿に別れを告げて、留守番チームと交代。
柚は後ろ頭もかわいい。


140530-7_convert_20140529220807.jpg


「あたしのことちやほやしてくれるおばちゃんたちどっか行っちゃったわ」
うむ。そんな感じやな。
「飼い主とこのヒト、ぜんぜんちやほやしてくれない」
柚、かわいいかわいい。
待ち合わせから1時間ちょいで、すでに柚に飽きられているわたくし。


140530-6_convert_20140529220747.jpg


それにしても柚はキレイやな。
「昨日シャンプーしたからね」
おとなしいしさー。
「おとなしいっていうよりこれは…」
うん……ちょっとまったりしすぎだけど。

ト、ミドレンジャイと最近のあれこれを語り合っていると
「犬、かわいいねえー!」
トおじさんが声をかけてきた。
「いい顔してるね」
「ありがとうございますー」
「飼い主さんと一緒で」
「はいーよく言われますー」
「言うねえ〜〜〜!!」
ミドレンジャイのおじ転がし。


140530-5_convert_20140529220725.jpg


「さわっても大丈夫かね」
「はい、どうぞ」
「よーしよし」
首のあたりをかしかししようとした足ごと固まる柚。


140530-4_convert_20140529220612.jpg


「このコはなにちゃん?」
「柚です」
「柚ちゃんかー。柴?」
「柴っぽい犬です。雑種」
「雑種!」
「柴よりも一回りは大きいんですよ」
「そうか、よーしよし」


140530-3_convert_20140529220549.jpg


「うちにもねえ、いたんだけどねー…」
「あ…そうなんですか」
……………あら。
ちょっとしんみりしたワタシとミドレンジャイ。
んが。

「うん、あげちゃった」

…あげちゃった、て!
ワシらのしんみりを返せ!


140530-2_convert_20140529220530.jpg


「でも日本犬はいい。かわいいわ」
「ですねー」
「そうか、柚ちゃんか」
………。
「柚ちゃん、よーしよし。柚ちゃん!柚ちゃん!」
足をあげたままナデナデされる柚。
「柚ちゃん、おとなしいなあ。柚ちゃん!」
犬好きなんだなあ、おじさん。
「かわいいなあ、柚ちゃん」
ナデナデ。ナデナデ。

「で?柚ちゃんはどっち?オス?」


140530-1_convert_20140529220513.jpg




さんざん「柚ちゃん柚ちゃん」って呼んでたのに。
柚……そんな『チッ!』みたいな顔しないの……。






初夏の柚遠足、始まりました。
スポンサーサイト

| パラダイス | 17:13 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハンサムの秘密。

タナちゃんは子猫のときは『天使』、
おとな猫になってからは『王子』ト呼ばれている。
そんなタナちゃんに、
どうしてもかわいさという点ではかなわないわっちゃん。
が、それなりにシュッとしたいい顔をしている…ト
オカアサンは思っている。
ツィッターのフォロワーさんにも『ハンサム』ト言われる。


ハンサム。

そんなハンサムがグルーミングをしている。





グルーミングに夢中のハンサム。


140528-2_convert_20140527160335.jpg


ハンサム……。


140528-3_convert_20140527160353.jpg


ハンサ……ム……


140528-4_convert_20140527160416.jpg


み…みんな見ないでーーーっっ!!


140528-5_convert_20140527160444.jpg





今見たことは忘れてーーーーーっっ!!







| | 19:00 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

がんばる。

どんどん雑貨の大型有名ショップがオープンし、さらに消費税もあがり、
ウチのような弱小小売店にとってはキビシい時代が続いている。
さらに、カフェが人気とはいっても、
ウチはお若い方々に人気があるようなオサレカへではないので
そーいう点でもなかなかにキビシい。

昨日もそんな日だった。
お客さんがだーーれも来ない。
雑貨も新しいのたくさん入荷してるのになあ…。
かわいいのになあ…。

だがしかし。
そんな愚痴っていても仕方ないし
できることをやっていくしかない。
がんばらんとな。
「うん、気持ち切り替えてがんばろう!」
うむ。

ト、姉妹ではげましあう気持ち悪さ。





お!ランチのお客さんがご来店。
よっしゃ!がんばろ!
「よし!オーダー聞いて来る!」
おねがいしまっす!

姉とお客さんのやりとりに耳をすましながらプレートにレタスを敷いて準備。

「お決まりですか〜」
「揚げたてポテトコロッケと……」
「はい」
「ナスとトマトとポテトの……」
「重ね焼きですね?」
「はい…それとサーモンの南蛮漬けで」
「南蛮漬け、温めますか?冷たいままでもどちらでもできますけど」
「冷たいままでお願いします」
「はい!では少々お待ち下さーい」

ト、姉がキッチンにやってきた。
「コロッケと重ね焼きと南蛮でーす」
あいよ。
その時にはすでに油にコロッケは投入され、
重ね焼きはココット皿に入れてあるという手際の良さ。
でも一応確認のためオーダーメモを確認しておこう。

……ん?


140526-1_convert_20140526103313.jpg


『なんばる』。

なんばる、て。


140526-3_convert_20140524213348.jpg





姉、がんばり過ぎ。



| ワタナベ家の人々 | 11:22 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遠近法、無視。

今日はおとなしくねむっておるね、ねこのみなさん。
よーしよし。
………ん?
んんん????


140524-1_convert_20140523220115.jpg


…………。
か、か、角度のせいだな。うん。
ちょっとカメラの角度を変えてみよう…。


140524-2_convert_20140523220142.jpg


………あれ?
真上にしてみたのに、おかしいな…。

茶丸にくらべて白丸がえらいことデカイんだけど…。
おかしいな……。
白丸、寄って来てるのかな。


140524-3_convert_20140523220201.jpg


わ、ポーズ変えよった。
変えてもデカイな、白丸。

わっちゃんの下半身=タナちゃんの全身、やな。
大きいだけじゃなくて厚みがな。
圧がな。


140524-4_convert_20140523220233.jpg


ご、ごめんごめん…。
で…でもさ、
わっちゃんの方があきらかに遠くにいるのにさ
変だね。

ぷぷぷぷぷぷ。
わっちゃんの尻=タナちゃん。


140524-5_convert_20140523220949.jpg





ぱつぱつに伸びてる黒いハートが素敵よ、わっちゃん。


| | 08:12 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

となりの芝生は。

わっちゃん!
その手はなんですか。


140522-16_convert_20140521232144.jpg


手!手!


140522-15_convert_20140521232128.jpg


なーんでそんなとこに手かけてんの。
タナちゃん、ねんねしてるだけじゃん。


140522-14_convert_20140521232114.jpg


そりゃさ、それ、普段はわっちゃんが使ってるしね。
でももともとはオカアサン、タナちゃんに買ったヤツなんだよ?
……ま、一回も使ってくれなかったけど。
それをわっちゃんが使うようになって、わっちゃん専用みたいになってるだけでさ。
どっちが使ってもいいんだよ?
わっちゃんだけの、ってわけじゃないんだよ?


140522-13_convert_20140521232100.jpg


『だってぇーー』じゃないの。
わっちゃん、使ってなかったじゃん。
使ってなかったんだからタナちゃんが使ってもいいでしょ?
ね?


140522-12_convert_20140521232045.jpg


『うーーー』じゃなくて。
ほら、手、はなして?ね?

ちなみにね、わっちゃんがぺちゃんこにしてるのはフェルトのやつね。
いちまんえんするやつね。
で、めずらしくタナちゃんが入ってる、わっちゃんお気に入りのベッドね、
それセールで580えんね。


140522-11_convert_20140521232025.jpg


あー、いいコだねー!!
わっちゃん、いいコいいコ!
ほんとにいいコだ!


140522-10_convert_20140521232006.jpg


くうくう。


140522-9_convert_20140521231942.jpg


くうくう。


140522-8_convert_20140521231925.jpg


……っとーーー!!!
デタ!タナちゃんの真剣わちお取り!


140522-7_convert_20140521231852.jpg


はいはいはい!
そこまでそこまで!!


140522-6_convert_20140521231821.jpg


もめないもめない!!
もうやめやめ!
わっちゃん!!もういいじゃん!
今日はタナちゃんに貸してあげてよ、ね?
580えんの取り合いしないのー!!


140522-5_convert_20140521231744.jpg


あーーあーーー。
もーーーー、わっちゃーーーん。


140522-4_convert_20140521231719.jpg


もーーー、ほんとにーー。


140522-3_convert_20140521231704.jpg


いぢわるだなーわっちゃんはーー。
心がせまいよ。


140522-2_convert_20140521231642.jpg


まったくもう…。
まったく………


140522-1_convert_20140521231615.jpg


タナちゃん……
その顔………。





| | 07:15 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キープオン・クオリティー。

あいかわらず、グネグネしているタナちゃん。


140519-16_convert_20140519000313.jpg


なーにが楽しいんだろうねえ、あんたは。
ん?


140519-15_convert_20140519000249.jpg


ね?ターナちゃん。
すんすんしちゃってさ。


140519-14_convert_20140519000229.jpg


……あ……。
ロックオン…。


140519-13_convert_20140519000211.jpg


がばーーー!


140519-12_convert_20140519000145.jpg


がし。

……そして……。


140519-11_convert_20140519000118.jpg


あがーーー。


140519-10_convert_20140519000036.jpg


めっちゃにらんどるしーーー。


140519-9_convert_20140519000021.jpg


やるんか?
やるんか、オイ。


140519-8_convert_20140519000004.jpg


ぎゃーーーー!!


140519-7_convert_20140518235944.jpg


うーーーー。


140519-6_convert_20140518235925.jpg


ちょ、ちょ、ちょっと待って。


140519-5_convert_20140518235905.jpg


なんで、オカアサンにだけはそんなに強気なのよ。


140519-4_convert_20140518235842.jpg


ごめんごめん!!
なんだかわからんけど、あやまるから!


140519-3_convert_20140518235812.jpg


ね?ね?
オカアサンの負け!ね?
わ、わ、また来るのか?!


140519-2_convert_20140518235736.jpg


来る……か………。


140519-1_convert_20140518235648.jpg



ズコーーーー。

…………。
さすがのタナクオリティー………。



| | 07:12 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サニーと歩く伝説の京都、最終回。

波乱の前回はコチラ→

とんだアクシデントで、サニー山田の男前っぷりとわしの鬼っぷりが
浮き彫りになった京都遠足。

いいの?ホントに草履買わなくても。
「大丈夫大丈夫!そんなの買ってもあとあと使わへんからムダやし」
そお?サニーがそういうなら…。


140513-25_convert_20140514222244.jpg

片足が布on布のサニーと大鳥居をくぐって楼門に向かう。
砂利じゃなくてよかったな。

…サニー、ずいぶん平気そうに歩いとるけど……布だもんな。
きつくないわけないわな…。

ト、シンパイしているワタシをよそに。


140513-24_convert_20140514222223.jpg


「リリさん!ほら、牛!牛!」
あーあー、サニー!そんなに走ったら布が!大事な布が!
「これ、撫でないと!」
えー、もっと中にある牛なんじゃないの?撫でるやつは。
「だって牛やろ?」
そりゃ、北野天満宮といえば牛だけどさ、こんな楼門も通ってないところに
そんな大事な神様の使いはいないんじゃないの?
「そお?」


140513-23_convert_20140514222200.jpg


わ、この楼門、中にだれかおるぞ。
誰やろ?
むむー、格子にピントがあっちゃってなかなか中にあわんなー。
「リリさん!ほら!こっちこっち!」
なにさ。
「タナちゃんがいてる!」


140513-22_convert_20140514222138.jpg


おおお!タナちゃんだ!
タナちゃん椅子だ!


140513-21_convert_20140514222110.jpg


ま、かなりニヒルなタナちゃんやけども。


140513-20_convert_20140514222048.jpg


はい、中門に到着ー。
ここは別名、三光門とも呼ばれている。
彫刻の中にお日様と月と星があるかららしいけど。


140513-19_convert_20140514222030.jpg


わーー!すげーー!すげーー!
建具・欄間好きにはこりゃたまらん。


140513-18_convert_20140514222012.jpg


これーー!たまらーん!


140513-17_convert_20140514221955.jpg


そしてこちらが本殿の欄間。
欄間ばっかし撮っとるな、わし。
本殿の欄間も素敵欄間で、しっかり牛の彫刻が施されてるわけだけども
その彫刻はもちろん、北野天満宮の境内にある牛の像はほとんどが臥せた状態。
それは、太宰府で亡くなった菅原道真の遺体を運ぶ際に
車を引いていた牛が座り込んで動かなくなったんで
その近くにあった安楽寺に埋葬した、トいう故事に基づいている、らしい。
んが、この本殿の欄間の中に一頭だけ立ち姿の牛がいる。

へーーーー。
なんで一頭だけ立ってるんだろ。

……ト、考えていると。


140513-16_convert_20140514221922.jpg

……あれ?
ヒトがいないね。
「あれ?時間、まだ余裕あったはずだよね?」
確か、まだ大丈夫だったよ……ね……?

それにしてはワシら以外に人けがなさすぎる。
そろそろ……出よか。


140513-15_convert_20140514221906.jpg


「ありがとうございましたー」

ちなみにサニーはバスを降りる時もお店から出る時も
いつもきちんとお礼を言う。
ホントにちゃんとしとる。
こんなにちゃんとしてるヒトの片足がまさか布on布だとは誰も思うまい。


ありがとうござい……


140513-14_convert_20140514221833.jpg


…………あ。


140513-13_convert_20140514221805.jpg


がちゃーーん。

……こんなすぐ閉めるかね?
アタシが道真公よりも牛にばっかり反応してたからか?


140513-12_convert_20140514221747.jpg


無事、北野天満宮参拝もクリア。
さて次に向かおう。
……が、ここからが問題。
ちょっと歩かないかんよ?サニー、足だいじょぶ?
靴屋さんさがそか?
「なんでよ?大丈夫やって!」
ホントに?
「うん!」


140513-11_convert_20140514221729.jpg


おー、なんと趣のある銭湯か。ここはまだ営業してるんだな。

途中、ちょうど通りかかったバスに一区間乗っただけで
目的地の近くまで到達。
タクシーに乗ってもよかったのだけども、
布のサニーが平気そうに歩いてるのに
普通の靴のあたくしがタクシーに乗ろうとは言いだせず。

…布のサニーて。


140513-10_convert_20140514221705.jpg


ひよこー。
サニーとワタシのお友達に約一名『ヒヨコ』ト呼ばれているシトが
いるのだった。
すかさず写真を撮っていたら、中にいたマスターらしきおじさんに
口パクで
(スミマセン、きょう、おやすみなんですー)
ト言われた。
……いやいやこちらこそ…看板撮るだけの目的で…申し訳ない…。


140513-9_convert_20140514221639.jpg


はい到着ー。
こちらが今回の最終目的地『さらさ西陣』。
築80年の古い銭湯をリノベーションしたカフェ。


140513-8_convert_20140514221617.jpg


はい店内どーん。
和製マジョリカタイルがなんて素敵なんでしょうか!!
ここはもう何年前になるか、店のみんなで社員旅行で一度来たことがあって
もうとにかくタイル好きなワタクシは一度でがっつり惚れ込んでしまった
トいうお店なのだった。


140513-7_convert_20140514221558.jpg


「うっわーー!めっちゃ素敵やんか!」
でしょ?!でしょ!


140513-6_convert_20140514221537.jpg


もーホントにたまらんよなあ。
このタイルさ、レプリカがあってさ、それなら今でも手に入るから
ウチの店もこうしようかしらんって思ったんだけどさ。
「ええやん!」
なかなかねーいろいろと問題がねーー。


140513-5_convert_20140514221510.jpg


ト、こんないい雰囲気の中で世知辛い話をしみじみ。
でもまああれやな、こうして好きな場所に行きたい時に行けるっていうのは
かなり幸せなことなのかもしれんなー。
つきあってくれるいい友だちもいるし。
今回の京都も楽しかったなあ。
あんまりお寺さんは廻らなかったけど、ヅラヅラちゃんと影光くんにも会えたし。
「ねーー!」
やっぱり何回来てもいいわー、京都。
「またいつでも声かけて、つきあうわ」
ありがとう、また来よ!


140313-5_convert_20140514220125.jpg


ト、このへんで美しく〆たかったんだけども、
京都駅に向かうバスに乗り遅れそうになりちょっと走った時に思い出した。
サニー、あんた足!ダイジョブ?!
「だいじょぶやって!」
さっきのあたりで靴かサンダル探した方がよかったんとちがう?
「京都駅まで行った方がたくさん店あるし」
まあそれもそーか。もうバス乗っちゃったし。

…ト、そのまま京都駅に到着し、
行きの新幹線同様帰りもまた時間ギリギリで
ゆっくり別れを惜しむ間もなく、どたばたと
じゃねーー!またねーー!!
「じゃねーー!」
ト、解散。


140513-4_convert_20140514221434.jpg


おみやげだよ…とゆっくり写真を撮る間もなく奪い取られた
たまゆらんさんで買って来たまたたび入りキッカー。


140513-3_convert_20140514221413.jpg


普段、ちょっとわっちゃんと接触しただけで
ビクーーー!!っと逃げていくタナちゃんが
そのわっちゃんと背中合わせになってることにも気付かないくらい
2ぴきとも夢中。


140513-2_convert_20140514220216.jpg


見よ、わっちゃんのこの上腕二頭筋。


140513-1_convert_20140514220200.jpg


タナちゃんも気に入ってくれたようでホッとしたよ。


ホッとしたといえば、帰宅したサニー山田から送られた画像。


1397479963972_convert_20140516020227.jpg


………家まで帰っとる……。

『電車の中ではちょっと右足を後ろに隠しちゃった、てへ』

……てへ、じゃねーよ。
結局、京都市内だけじゃなく京都から神戸まで布on布。

京都最高。
やっぱり伝統があるとこは違うよね!
京都、最強!って最後のカフェで語ってたけども。

そんな京都に負けない伝説を残したね……。
サニー山田…キミが最強や……。




長々とおつきあいありがとうございました〜。
サニー山田と歩く伝説の京都、無事終了〜。

| パラダイス | 07:10 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サニーと歩く伝説の京都、その2。

サニーと歩く伝説の京都、その1はコチラ→


さてさて、次の目的地に向かっててくてく移動。


140512-21_convert_20140511193218.jpg


長屋〜。
すごいなあ、こーゆーのが残ってるのがすごい。
まあ住むのは大変だとは思うけど。


140512-20_convert_20140511193203.jpg


で、到着したのはここ。
『おうちごはんcafe たまゆらん』さん。
ココはごはんが食べられるcafeというだけじゃなく、
猫の保護活動や里親募集なんかもしている素敵カヘ。
でも猫カフェではないので、お店に行ったからといって
絶対に猫さんがいるわけではなく、運が良ければ会える…

……ト思ってはいたけれども…。


140512-19_convert_20140511193149.jpg


ヒィーーー!!
ワタシたちが座ったとみるや、なぜかスタスタとやってきて
テーブルににょろんと横になる黒猫さん。
なんなの、なんなの!なんなのあんた!!
しゃしゃ…写真を撮ってもいいですかっ!!
「はい、どうぞー!」
ちなみにお名前は……
「このコは影光といいます、まだらめ影光」
かーげーみーつーー!!


140512-18_convert_20140511193135.jpg


おお、こんなところにもすっぽり。
このお方はサヴォンさん。
この時はずーっとこうして丸くなって寝てらっしゃった。


140512-17_convert_20140511193120.jpg


そしてもうおひとかた。
やだもーーー!なんなの!!
たまらんなああああああ。
ちなみにこの方は……
「そのコはヅラヅラです」


140512-16_convert_20140511193107.jpg


ヅラヅラーーー!!
うしゃしゃしゃ!!
ヅラちゃんめっちゃかわいい!シルクの手触り!


140512-15_convert_20140511193054.jpg


「なぁに?!なぁに?!どぢたの?どぢたの?ん〜〜??」

どぢたの?って、そりゃヅラちゃんのセリフやろ、サニー山田。

「かーわいいねえ〜!!」

サニー、メラメラが漏れとるぞ。


140512-14_convert_20140511222910.jpg


サニー山田、絶賛メラメラ中。
ヅラちゃんもゴロゴロゆっとる。


140512-13_convert_20140511193040.jpg


猫がお店にいない時もあるということは、
猫の意思でお店にいたいと思った時だけ会えるということだ。
だから、ストレスがないのかなあ?
フツーに店内をあちこちふらふら自由に歩き回ったり、そのへんでコテンと寝たり。

店内にはワタシたちと外国人カッポーが一組。
合計4人の大人がただニヤニヤしてそんな猫をみている。


140512-12_convert_20140511193022.jpg


影光さん、よっしゃよっしゃ!
うりうりうり〜〜ト撫でると小さな声でぐふぐふ。
たまらんやないか、オイ!


140512-11_convert_20140511193006.jpg


お!ヅラちゃんもきた!
やだもう〜〜。
そんなに見つめないでよぅ〜〜(違。


140512-10_convert_20140511192954.jpg


日替わりプレートと、影光さんの尻。

猫と一緒に暮らしてないと、
ごはんのプレートと猫が並んでるってのが信じられないかもしれないけど
ワタシたち的にはまあ普通の光景。


140512-9_convert_20140511192940.jpg


そして、食後には、横においてあった猫じゃらしで腹ごなし。

ほりゃー!ほりゃほりゃ!
2ぴきともまだ9ヵ月児ということで、とにかくよくあしょぶ。

うりゃうりゃ!!
見よ!わっちゃんに鍛えられたこの高速じゃらしを。


140512-24_convert_20140511195120.jpg


うはははは!
いやいやいや、懐かしいなあ。この子猫独特のぴちぴちした動き。


140512-6_convert_20140511192857.jpg


ワタシの高速じゃらしでワケわかんない動きになっているねこ2ぴきを
外国人カッポーが爆笑しながらみている。
キミたち、国に帰ったらぜひともこうしてあしょんでみなさい。
ねこにもいい運動になるし、ニンゲンの腕もぷるぷるになるぞ。


140512-8_convert_20140511192926.jpg


躍動感重視。


140512-7_convert_20140511192911.jpg


躍動感、ならびに臨場感重視。


140512-5_convert_20140511192843.jpg


ねこを保護して里親を探すというのは並大抵の大変さじゃないと思うけど
たまゆらんさんではいろいろイベントもしたりして
楽しくそれに協力できるようになっている。
ワタシたちが行った時も作家さんが作ったねこアイテムの展示販売イベントをやっていた。
もちろんワタシもサニーもまたたび入りキッカーを購入。
欲しいものを買って、それがちょっとでもそういう活動に繋がれば一石二鳥だし。


140512-4_convert_20140511192829.jpg


ウチにも猫がいるのに、なんなんだろう、この『よその猫は別腹』は。

あー楽しかった。
サヴォンさんはずっと寝てたからさわれなかったけど、ヅラヅラちゃんと影光くんで超満腹。
ただ。
ワタシたちは他にお客さんがいなかったからラッキーにもこんなにあしょべたけど
普段はこーいうわけにはいかないと思うので、
これから行かれる方はそのへんはご注意くださいませよ。
ねこたちのストレスにならないようにしなくっちゃねえ。


さて。
これからどーする?
「どっか行きたいとこないの?」
あるけどさー、ちょっと遠いんだよねー。
「いいよ、行こうよ」
でもバス停が近くにないんだよねー。
あ、ここからバスのって〜ここで降りて歩くか。
「歩くでぇ〜!」
……あ、じゃあここで降りれば北野天満宮があるから、寄ってから行くか。
「そーしよ、そーしよ!」

ト、フットワークも軽く颯爽とバスに乗り込み北野天満宮前に到着。

……トバスを降りた途端。

「……ななな、なんやこれ!!」

サニーの叫び声。

どーした?!サニー!!


140412-4_convert_20140511192724.jpg



!!!!
うははははは!!なんや、それ!!
「知らん知らん!!なんで??!!!」
ちょ、ちょっと待って!!
…………………そのまま動くなよ!
「うん!」
…ト、あわててバッグからデジイチを取り出して撮ったのが上の画像。
鬼!


140512-23_convert_20140511195106.jpg



「なんやーーー!!ゴムかなんか出してくれるンと違うんか!」
そんなん持っとらへんもん。
そんなんよりまず記念写真を。
「鬼や!鬼がおるで!」

ぶははははは!


140512-22_convert_20140511195034.jpg


割れとる!ブーツの底がぱっくり割れとる!
「ちょ、なんとかならんかー?!」
なんでこうなったのよ!
「知らんてーーー!急にーー」

ぱっくりあいたブーツ。
歩道で倒れこんで笑うおばちゃん二人。


140512-3_convert_20140511192815.jpg


「いやいや、ちゃんとはめ込めば大丈夫やと……」

ほんとーー?


140512-2_convert_20140511192755.jpg


………ぱかっ。

「……だめやーー!」
うははははは!
「へたにこの割れた底がくっついてるからあかんねや」
…ト、一縷の望みで繋がっていた底をぶちっっ!とちぎる男らしいサニー山田。
ひぃーーーー!!!ちぎったーーー!!!
「この方がええねん」
ひぃーーーーー!!!

はあはあ…笑い過ぎでほっぺたが痛いわ。
どっかそのへんでサンダルとか売っとらんかね?
トちょっとまわりを見渡してもなにもなし。
あ!あそこに和雑貨の店があるぞ、草履でも買うか。
「そんなん買ってもあとあと使わんし!」
えー?でもそのままじゃ歩けんやん。
「大丈夫、ソックスやし、中敷も残ってるし」
ななな、中敷て!!
あんた、ソックスと中敷ってダブル布やん!!
布on布やん!


140512-1_convert_20140511192740.jpg




まさか北野天満宮を布on布で参拝することになるとは…。

……サニー山田…なんて男らしい…。







※サニーと歩く京都編、もうちょっと続きます。

| パラダイス | 11:07 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わっちゃんだよ!4歳になったよ!

そこな猫よ。
しゃかしゃかトンネルを枕にして、またしても謎の寝方をしている
そこなヅラ猫よ。


140509-3_convert_20140508181247.jpg


今でこそ、そんなワケのわからない寝方で
図体ばかりじゃなく態度もデカイわっちゃんだけども。


140509-8_convert_20140508181420.jpg


こんなかわゆい時もあった。

今はもう、片手をのせただけで
PCがミシシシ……ト不穏な音をたてるようになってしまったけども。


140509-7_convert_20140508181403.jpg


こんなかわゆい時もあった。

ソファーに闘いを挑む小さなほやほやの背中。
今はもうこんなポーズをしたら
ソファーごとひっくり返るようになってしまったけども。


140509-4_convert_20140508181302.jpg


こんなかわゆい時………

いや、ウチに来た翌日に二人掛けのソファーを独占するトいう
この態度だったことから考えると今の状態は予想できたけども。


140509-6_convert_20140508181348.jpg


2010年5月9日。

豊橋市の運動公園で生後一ヶ月でワダさんに保護された子猫は
暴れん坊のくせにとにかく甘えん坊。


140509-5_convert_20140508181332.jpg


手を出すとまるでワンコのように頭をぐりぐりとこすりつけてくる。
手を離しても、もっともっとトぐりぐり。

それは4年たった今もかわらないけども。


140509-1_convert_20140508181156.jpg


見つけてくれたワダさんの名前をもらったわっちゃん。
本当は4月初旬が誕生日なんだろうけど、
やっぱり保護してもらった今日が、わっちゃんの誕生日。

いろいろ大変なこともたくさんで
わっちゃんには苦労させられてるし、させてると思うけど。

でもその、オカアサンスキスキ光線のせいで
オカアサンは乗り越えていけてるよ。


140509-2_convert_20140508181225.jpg




わっちゃん、4歳おめでとう。

これからも永遠の小3男子で。








※サニー山田との京都パラダイスは今日はお休みですー。
楽しみにしてくれてた方、次回アップを震えて待て!

| | 07:14 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サニーと歩く伝説の京都、その1。

かれこれひと月ほど前。
サニー山田と京都に行って来た。
行って来たトいうか、サニー山田は神戸在住。
それも当日の朝になって京都行きを決めたので
一軒めのお店で待ち合わせ。





フルーツパーラー・ヤオイソのフルーツサンド。
でかいフルーツがごろごろ。
それをモグモグしながら、いかに自分がオジイヤンになったかを語るわたくし。

いやもうさ、前なら新幹線の発車10分前に地下鉄のホームに着いてれば
余裕で間に合ったのよ。
それがもう〜〜今日は死ぬかと思ったわー。
まず地下から地上にデタところでもう息ができへんもん。
足は前にすすまへんし。
新幹線のホーム遠っ!!
席座ってからも息上がっとるし。


140509-23_convert_20140506205024.jpg


その後、バスで移動しながらサニー山田のオジイヤンっぷりを聞く。

「あたしも相当なもんやで。
ちょっと走るといつまでも汗がハンパないし息荒いし
ノドが血の味がするもんな」

……血の味て。

ト、可憐な桜とは対照的なハードボイルドな話をしつつ
到着したのは…。


140509-22_convert_20140506210458.jpg


じゃじゃーん。

これでどこかわかったヒトはかなりの京都通。


140509-21_convert_20140506204949.jpg


これならわかるやろ。
♪ははうえさま〜おげんきですかぁ〜〜、の一休さんでおなじみの銀閣寺。
もう銀閣寺といえば、この角度。
将軍さまのシーンには必ずコレが映ってたもんだよ。

それにしても中坊が多いな。
「遠足やな」
京都に遠足て!……って関西圏ならよくあることか。
てゆーか、中坊らどいてくれんかのー。
ザ・銀閣寺のおさしんが撮りたいんじゃがのー。


140509-20_convert_20140506204904.jpg


……おいおい、みんなあっち行ったでー。
あんた、置いてかれてるでーー。


140509-19_convert_20140506204819.jpg


………。
………お若いのに銀閣を見てたそがれておる。

………あ!いなくなった!
今こそ、ベスポジ!!


140509-18_convert_20140506204804.jpg


ト、思ったらまさかの外国人女子、フレームイン。

ちっ、仕方ない。帰りに撮るか。
ちょうど特別拝観で方丈の襖絵が観られるからな、
それを観てからゆっくり。


140509-17_convert_20140506204740.jpg


まずはお詣り。

おや?


140509-16_convert_20140506204713.jpg


ジョン・トラボルタやな。
サタデーナイトフィーバーや。


140509-15_convert_20140506204648.jpg


この砂、整えるの大変やろな。
「担当のお坊さんが毎朝やっとるんやない?」
毎朝?!めっちゃ大変やん。
「でももうそれがクセになっとるでやらな気がすまんとかさ」
そんなもんかねえ〜。

ト、『銀沙灘(ぎんしゃだん)』を観て語らっていたのだが
襖絵のガイドさんに聞くと、
「ひと月に一度程度、整えることになっております」
……は?ひとつき?
「雨などで流れたりしたら整えますがめったに崩れないんですよ」
誰や、毎朝とか言ったのは。
「それもなにも混ぜてないんですよ、砂だけで固まるんです」
砂だけ!!
「ちなみに整えるのは庭師さんなんですけどね」
庭師!

サニー山田の読み、ことごとく破れる。


140509-14_convert_20140506204558.jpg


与謝蕪村の襖絵を堪能し、
足利義政の四畳半のお部屋を見学して出て来たのに、まだ中坊山盛り。
くそ。
なんでこんな盗撮みたいな撮り方をせにゃならんのだ。

まあいい。
お庭でも一周してみるか。
ト、中坊と外国人に埋もれつつお庭見物。


140509-13_convert_20140506204526.jpg


「この井戸の水で義政公はお茶を点てたんですわ。
今ももちろんお茶会で使うとります」
へぇ〜〜今も使ってるんだー。
ト、横で説明しているおじいちゃんガイドの声にうなずくワタシたち。
……でもさ。
このガイドさんが説明しとるのどう見ても外国人なんやけども。
「…うん」
ごりごり日本語で説明しとったけどあれでいいのか。


140509-12_convert_20140506204502.jpg


ふぃーーー。
またしても息を荒くしながら展望台までなんとか到着。
いいねえ〜ここ。
観音殿があんなに小さく見えるわ。
「けっこう高いんやなー」
ねーー。


140509-11_convert_20140506204444.jpg


おおっ、いい苔だ。
「いい苔て!」
もうね、寺から庭にきて、で、苔だからね。
苔、いいわー。


140509-10_convert_20140506210433.jpg


やっぱりね、苔はひなたよりもちょっと日陰にあるやつがいいね。
趣があるね。
こう〜じめっとした感じがね。

ト、銀閣を間近に観ながら苔を語る。
やっぱしいいねえ。


140509-9_convert_20140506204423.jpg


164cmのわたくしが手をのばしてやっと届くくらい高い場所に咲いてる椿の花…
…を、むりやり顔の横まで持って来て記念写真を撮っていた外国人カッポー。
んな無理矢理な…。
ハイビスカスじゃあるまいし、椿やで。

彼女の方は着物姿。
多分レンタルしたんだろうなあ。
まわりを見ると結構着物姿の外国人観光客がいた。
うーむ。
ニホンジンよりよっぽど楽しんでるなあ、京都。


140509-8_convert_20140506204357.jpg


さて、銀閣寺を出て哲学の小道をぷらぷら。
4月中旬だったのでまだ桜も残ってたりして、なかなかいいカンジ。

若かりし頃おデートで来たはずなのに、まったく記憶にない哲学の小道。
チッスもしたような気もするがそれよりもそのあとに食べた湯豆腐が
苦手なゴマ豆腐やら酢みそやらババーンと並び、
いやはやなんとも気まずい雰囲気になったことしか覚えておらん。


140509-7_convert_20140506204332.jpg


「あの、真ん中にお届けものが置いてあるのはなんやろ?」
お届けものて、サニー、キミはなにを言うとるんや。
あれはここからは入れませんよ、って合図やがな。
「マジ?!」
そうだよ。
「へーーー!」

ト自信満々で言いましたが、違ってたらどうしよう。


140509-6_convert_20140506204256.jpg


ト、ぷらぷらしながら法然院に到着。
「法然寺はお庭がすごいんだよねえ」
あ、そーなの?サニー来たことあるんだ。
「うん、あの砂の羊羹みたいなのにお花の模様が押してあったりするんだよ」
砂の羊羹って…あれか、あの通路の両脇の。
「そうそう。桜の季節はさ〜桜の花でさ〜」
ほうほう。
「そーいうとこがいいよねえ〜」
そうだねー。

140509-5_convert_20140506210405.jpg


「ここに前来た時はちょうど桜の季節だったからさー、
桜の模様が押してあって素敵だったー」
………。
「そのシーズンのお花にするんだよねー今はなんだろ?」
………あのー。
「ん?」
コレも桜ではないかと。
「……んあ?」
今も桜のシーズンだし、コレも桜かと…。
「……あ!ああ!そうだそうだ、コレだったわ!これこれ!」

法然院、破れたり。


140509-4_convert_20140506204214.jpg


法然院てさ、お花のお寺なんだねえ。
キレイだねえ。
あっちこっちにこうして飾ってあるわ。

………ちょっと待て。
法然院?
法然院って…もしかしてあの?法然さんの法然?
「はー?リリさんなに言っとる今頃?」
マジ?あの、親鸞さんと法然さんの法然??
「そーだよーー!!」
マジかーーー!!全然繋がらんかった!!
あの法然かーー!!


140403-3_convert_20140402212137.jpg



参考画像、あの法然@五色園。


140507-3_convert_20140506204152.jpg


むむっ。
この苔もなかなかよい。
いいカンジでむしておる。


140507-2_convert_20140506204129.jpg


法然院を出てすぐの哲学の小道に一本の木なのに
花びらが3色展開の桜、発見。
すごーい。きれーーい!
枝の付け根の方は白っぽいピンクなのに途中ミックスになってて
上の方は濃いピンク。
一本で3度おいしい桜の木。


140507-1_convert_20140506204059.jpg



今年のお花見は親鸞法然とともにあったな。
ありがたい花見じゃった…。




サニー山田との京都遠足、まだ続きます。




※この三色の桜、『花桃』ですよ、とコメントをいただきました。
そーでしたそーでした、樹に『支那桃』と札がさがっていたのでした。
桜ではなくて桃の種類のようですね。ご指摘ありがとうございました。

| パラダイス | 14:44 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かじかじマンとまねまねマン。

瀬戸で買って来たフクロウ、じゃなかった、ミミズク。





…が、気になってたタナちゃん。
こっそりちかづいてみた。


140504-17_convert_20140504184004.jpg



「こり、なんだろ……」


140504-16_convert_20140504183933.jpg


「なにかにゃー…」


140504-15_convert_20140504183917.jpg


とりあえず死んでるみたいだからかじってみる。


140504-14_convert_20140504183902.jpg


こりゃ、タナちゃん。
タナちゃんの歯がかけちゃうからやめなさいよ。


140504-13_convert_20140504183845.jpg


「そーか、かけちゃうのか…」


140504-12_convert_20140504183811.jpg


「じゃあ……」


140504-11_convert_20140504183755.jpg


「こっち」


そっちもおんなじだよ、タナちゃん!



140504-10_convert_20140504183720.jpg



ん?どしたの?なにか、いた?



140504-9_convert_20140504183706.jpg



「にゃんか……ぞわっと……」


140504-8_convert_20140504183629.jpg


「はっ!!」


140504-7_convert_20140504183555.jpg


「なにやってんだよぅ〜」


データーーー。


140504-6_convert_20140504183536.jpg


こっちがピョンときたら
こっちもピョン。


140504-5_convert_20140504183516.jpg



あーあ、タナちゃん降りちゃった。


140504-4_convert_20140504183452.jpg



まあわっちゃんが悪いわけじゃないしねえ、
仕方ないけどさー。


140504-3_convert_20140504183437.jpg



ト、タナちゃんの動きを確認するわっちゃん。



140504-2_convert_20140504183421.jpg



そうだねえ、あっちいっちゃったねえ。



140504-1_convert_20140504183336.jpg



ト、タナちゃんがいなくなったのを確認してから
タナちゃんの真似をするわっちゃん。

まったくーー。

おっとり長男と負けず嫌い次男なんだからー。


それにしても
タナちゃんが並んだ時とわっちゃんが並んだ時じゃ
ミミズクが縮んだとしか思えんな。


| | 19:27 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

<