2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

≫ EDIT

天才の手をかりて更新<動画だよ〜>

ちょっとバタバタしておりまして
なかなか日間賀島の画像を加工する時間が取れず…でして。

ちょっと猫の手を借りようと思います。


最近のわっちゃんの趣味は、
洗面台にためた水がぐぉぉぉぉっっと流れていくのを見ること。

もともとは洗面台の栓を洗面ボウルの中でころんころんさせるのが
好きだったんだけども、それがもうなかなかしつこい。
で、やめさせるために水を溜めちゃえばいいんじゃね?ト
オカアサンは思ったわけです。
だがしかし、今度はその溜めた水が勢いよく流れていくのを見るのが
どうにもおもしろくなっちゃったらしい。
渦ができるのがおもしろいのかなあ。
でも、そうそう何回もムダにお水を流させるわけにはいかないので
栓をしたままにして待たせておいたわけですね。
最初のうちは、自分で栓をあけようとしてもお水がたんまり溜まっているので
手が出ず、むぅーーーっと待ってたわっちゃんですが
そのうちふと……気がついちゃった、ト。

そうだ、オカアサンのまねすればいいじゃん、ト。

そーいう動画です。




コチラでも。



……わっちゃん、天才!


これぞ、まさしく『猫の手を借りる』。
うまいことまとめたわ、おれさま。

スポンサーサイト

| 動画 | 07:40 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しっぽ問題。

140927-10_convert_20140926231109.jpg


140927-9_convert_20140926231049.jpg


140927-8_convert_20140926231020.jpg


140927-7_convert_20140926231004.jpg


140927-6_convert_20140926230938.jpg


140927-5_convert_20140926230854.jpg


140927-4_convert_20140926230833.jpg


140927-3_convert_20140926230752.jpg


140927-2_convert_20140926230736.jpg
♪もしもピアノがひけたなら のメロディーで。


140927-1_convert_20140926230711.jpg



♪しっぽは〜ないけーど腹はあるぅ〜〜



わっちゃん…
オカアサン、涙でレンズがぼやけちゃったよ……。


| | 08:06 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひまじゃないけど日間賀島〜その2。

着いて早々に、唯一の目的だったお昼ゴハンをすませてしまったチーム半田。
とりあえずあとは日間賀島をプラプラするのみ。

あ、でも日間賀島にはいくつかお寺があるんだった。
せっかくだからいってみよ!


140924-15_convert_20140923194816.jpg


ばばーん。
知多新四国八十八ヶ所のひとつでもある大光院のご朱印。
左上のハンコ!!イルカ!イルカ!
やだもう〜かわゆす〜。


140924-14_convert_20140923194744.jpg


最近のスーパーのいちじくはいかん。
まったくもって味がない!あれでよく『いちじくで有名な…』とか言えるもんだわ!
だいたいさ〜いちじくってこーいう庭先に生えてるやつがいちばん
おいしいんだよねえ〜。
………おいしいんだよねえ〜……こーいう路地もの…が……。
「リリさん!食べちゃいかんよ!!」
はっ!
いかんいかん、吸い寄せられるとこだった。



140924-13_convert_20140923194717.jpg


それにしてもいい天気。
「あ!とんび!ほら!とんび!近いよー!」
うん、そうだねえマユミさん。
「あ!ほら!すぐそこ!近いよ!近い!」
うん、そうだねえ近いねえ。
「わっ!どこいった?」
そのへんにおるんじゃないかね。


140924-12_convert_20140923194654.jpg


「あ!ほら!あそこにいた!」
ほんとだねえ。
「ほらほら!とまっとるとまっとる!リリさん、とまっとるよ!」
そ、そうだねえ……ってゆーかなに?撮れってことかね。
「いや、そーいうわけじゃないけど……あっ!飛んでっちゃった!」
……マユミさん、キミはあれかね?トンビ好きかね。ナガブチかね。


140924-11_convert_20140923194634.jpg


……恋人ブランコ…。
ワタシたちが見ているお散歩地図には『ハイジのブランコ』ト書いてあるので
そのつもりで歩いて来たのじゃが、なにがどうなって恋人ブランコに…。
それも
『恋人同士が交代で乗って「好きです」と叫ぶと幸せになれる。
…本当かな?』
て。
……どへーーベタすぎーー。
…そんなのするやつ、ホントにおるんかいなー。


140924-6_convert_20140923194451.jpg


いる!!!それもいっぱいいる!!
行列できとる!!!
交代で乗ってる!!


140924-10_convert_20140923194615.jpg


………ああ。
思えば遠くへ来たもんだ。
おれも若い頃あーゆーことを堂々とできていれば…。
今ここにいなかったかもしれんな………。
まぶしい…。
いろんなモノがまぶしい。


140924-9_convert_20140923194557.jpg


あ、猫だ。
ああああ…いかんいかん。
来ちゃ駄目ーー。
切なくなるから来ないでくれーー。


140924-8_convert_20140923194542.jpg


あああ……来ちゃった。
それもすっごくなつっこい。
ガリガリだ……。
港の猫ってお魚もらって幸せ、みたいなイメージあるけど
どの港もみんなそうってわけじゃない。
それもココは港からはだいぶ離れてるし、あたりにお店もまったくない。
なんでこんなとこで一ぴきでいるのか。
あーーもうーーー。
なにもしてあげられないよーーーー。
かわいそうかわいそうって思うだけしかできないし。
連れて帰れるわけじゃないし、このコが食べられそうなものも持ってないし。
せめてお水でも。
ト、ホントは良くないけど持ってたペットボトルの水を手に入れてみた。
…飲まず。
だめかー。


140924-7_convert_20140923194527.jpg


「あっ!!!」
「マユミさん!大丈夫?!」
「すべったーーー!!」
大丈夫?!ナニやっとんの?!
「つめたーーい!」
マユミさん、お尻濡れとるがな。なにやっとんのーー。
「はい!貝殻。これにお水入れてみたらどうだろ?」
えー…でも水飲まなかったよ。
「そっかー…」
でも試しにあげてみよ、せっかくマユミさんがおケツを犠牲にして拾って来た……
あ!飲むよ、すっごい飲む!!
「わーーよかったーー!」
マユミさんグッジョブ!!


140924-5_convert_20140923194426.jpg


こんなことしてもなんの足しにも助けにもならないのはわかってるけど
とりあえず欲しがるだけどんどん貝殻に継ぎ足した。
誰かがあげようとしたであろうせんべいのかけらも落ちてたから、
それも水に浸してやわらかくしてみたらぺろぺろなめてた。
厳しいね…のら猫の世界は。
願わくば、このコが少しでも長く生きてくれますように。


ト、自分の偽善っぷりに凹みつつぼてぼてと砂浜に降りてみた。
あーあ……切ないわーー……。
トうつむくワタクシ…の目に…。


140924-4_convert_20140923194409.jpg



砂に書いたラブレターなう。
ラブユーて。
なんだ、ラブユー東京か。ロス・プリモスか。


140924-3_convert_20140923194353.jpg


………。
それぞれの名前を書いて、ハートを散らして…
なんだ、その日付は。
『〜』ってことは、あれか、つき合い出した日ってことか。
8月25日ってついこないだじゃねーか。
おまけに(21)と(17)か。
そりゃこーいうこと書きたい頃だわな。
はいはいはい、しあわせでなによりなにより(棒読み)。


140924-2_convert_20140923194332.jpg


海ってのはこーゆーこと平気でさせちゃうんだよなあ。
砂にラブユー東京って書いてみたり(違)、
『好きだー!』とか叫びながらブランコ漕いでみたり、
いやはや…。


140924-1_convert_20140923194315.jpg


さ、振り出しに戻りましたよ。
お土産買ってそろそろ帰ろっかー。


…の、思惑がその後どうなったかは次回で。

| パラダイス | 07:40 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひまじゃないけど日間賀島〜その1。

ワタシは愛知県の前足、知多半島の真ん中あたりの半田市出身なので
そりゃもう子供の頃から『日間賀島(ひまかじま)』トいう名前には馴染みがあった。
知多半島の先っぽからすぐのところに、篠島と日間賀島というふたつの島があって
篠島にはその昔、吉田拓郎やらナガブチやらが来た、はず。
だがしかし、そんな程度の認識。
あえて行こうと思ったことがなかった。
それが、佐久島に行ったのをきっかけに日間賀島にも…ト思うようになり
行こう行こうと言いつつずるずる2年。
今年こそ行こうよ!ト言っていた矢先、
ワタシが大好きなドラマ『孤独のグルメ』で日間賀島編が放映されると聞き
大慌てでチーム半田に『孤独のグルメを見なさい!』と指令を出し
予習した上で、少し秋っぽくなって来た先週、ドドーンと日間賀島へ向かった。

おお…ようやく日間賀島へ行く日が…。
あの船に乗っていくのか。
記念に……。


140922-18_convert_20140921234944.jpg


……って、マユミさん…。
あんた何ポーズとっとんねん。
ピース!じゃねーよ。


140922-16_convert_20140921234906.jpg

なんか船ってテンション上がるなあ。
旅、って感じするわーー。

「ちょ、ちょ、リリさん!」
マユミさんなによ。
「波!波すごいよ!ざばばばーー!って。ホラ!撮って撮って!」
波て。
そらすごいやろ、高速船なんだから。
「ほら!ほら!」
はいはい。

ト、撮ろうかなと思ったところで日間賀島の西港が近づいて来た。


140922-15_convert_20140921234847.jpg


あ!あれ!『孤独のグルメ』でゴローさんも見てた蛸の交番だ!
すごいなあ、さすが蛸とふぐの島だ。

ト、西港に停まる高速船。


140922-19_convert_20140921235013.jpg


どうやら日間賀島の表玄関といえば西港らしく、ほとんどのヒトたちが降りてゆく。
でもいいんだもんねー。
アタシたちは東港だもんねー。
もうランチも予約してある…
「リリさん!リリさん!ほらほらほら!!みてみてみて!」
なんだよぅ、マユミさん。
「ほらほら!船停めてる綱がゆるいんだって!」
は?
「すごくゆるーくぐるぐるって巻き付けただけなんだわー!」
あ、そー。
「ほらほら!撮って!撮って!ゆるいから!ほら!」
…んもおーーー。はいはい、撮ります撮ります。

ユルいかなあ…ちゃんとぐるぐるっとひっかけてあるじゃないかー。

ト、言い争うヒマもなく無事東港に到着。


140922-14_convert_20140921234831.jpg


日間賀島といえば!の撮影ポイントの前でポージングのチーム半田。
ワタシをふくめ4人とも日間賀島初上陸。

さあさあ急ぐよー。腹減ったよー。

ワタシたちが利用したのは『島ランチ』という、往復の高速船とランチが
ついたセット。ランチは8軒の中から選べるのだ。
『島ランチでお願いします』と好きな店に予約しておけばオケー。


140922-13_convert_20140921234803.jpg


港の目の前の店に到着。めっちゃ混んでる…。
ひまじゃないけどひまかじま、の知多半島ギャグをホーフツとさせる。

おおお。ゴローさん。
そう、『孤独のグルメ』でゴローさんがメインで食べてたのはちがうお店で
ここでは途中に立ち寄るってテイでたこ串を食べただけなんだけども、
個人的にどーしてもこっちの店に来たかったのだ。
うししし。

すみませーん!予約したワタナベですけどぉー。
「はー?!よやくーー?!」
……は?
「………よやく………忘れとった……」
…お、おばちゃん……たのむよ…。
「ちょ、ちょっと待っとって、席あけてもらうで!
ごめーん!予約忘れとったんだわ!ここ、あけてもらってええ?」
ト、まあまあ食べ終わっていた若者グループに声をかけるおばちゃん。
「わかった〜」
ト、気軽に席を立ち自分たちのドリンクを手にテラス席に移動する若者たち。
なんつーか…ざっくりしとるなあーー。


140922-17_convert_20140921234921.jpg


ト、多少のゴタゴタはありつつも、ドーン!と出て来た丸ごと2ぴきの茹でたこに
テンションがあがるおばちゃん4人。
早速、足をハサミで切ってがぶり。
わ、おいしい!やわらかいけど歯ごたえある!


140922-12_convert_20140921234725.jpg


続いて茹でたてしらす。
「このドレッシングで食べてー」
えー…せっかくのしらすをドレッシングてー……ト思いながらも
試しにかけてみると。
きゃーーー!めっちゃウマイ!超あう!
しらす、おいしいっっ!!
「このドレッシング、ここで作ってるんだ!」
「わ、買えるかなあ」
あたしも欲しい。


140922-11_convert_20140921234710.jpg


続いて、炭火で焼いたたこ。
くーーー!うめーーー!!
ぷりっぷり!

ひゃーうまいうまい!ト大絶賛しつつもりもり食べていたら突然
「生しらす食べる?」
ト、おばちゃんの声。
「いつもは島ランチで出さんのだけど、今日は特別だわ。食べてって!」


140922-10_convert_20140921234648.jpg


わーーー!キラッキラしとるがなーー。
でもって、ちょーーーーうめーーーーっ!!
何コレ!!
「おいしーーーーい!!」
「生しらす初めて食べたけどおいしいねーー!」
いやもうホントにおいしい。
前に江の島で食べた時はシーズン終わり間近だったせいか
少しエグミがあって、おお大人の味…ト思った記憶があったけども
コレ、全然それがないわーー。
おいしいいいいいいい。


140922-9_convert_20140921234631.jpg


そしてもうひとつ、こんなの初めて!トいいトシのチーム半田をカンゲキさせたのが
イカのお刺身。
うますぎる……。
なんだ、これは!!
なんつーの?なに、この歯応え!
パキッとしてふわーー。
しいてあげればシャウエッセン。
……イカの刺身でシャウエッセンってのもアレだけども。
ほんとーーにおいしい。


140922-8_convert_20140921234615.jpg


煮だこもとにかくやわらかくて味がしみてておいしいのなんの。
白いゴハンがほしいーーー。


140922-7_convert_20140921234549.jpg


〆のしらす丼。
はーーー……しあわせ。
タコ飯もうまいうまいと平らげたあとなのにウマイ。
どれもこれもおいしかった。
おいしいのばっかりで満腹ってしあわせだわぁ……。


140922-6_convert_20140921234526.jpg


ト、店を出て外観を撮ろうと思ったら……マユミさん…。
ったく。

……………どかねえな…。
ちょ!マユミさん!写っちゃうから!
「はーー?」
満面の笑み。
…がっつり入って来るねえ〜…。


140922-5_convert_20140921234459.jpg


腹ごなしに散歩。
たこのマンホール。


140922-4_convert_20140921234442.jpg


島独特の路地。


140922-3_convert_20140921234419.jpg


島独特の……。
うーむ。これも現実だよねえ。
「家が残ってる方が税金が安いからねえ、壊したくても壊せないってとこもあるよね」
リゾートに来て税金問題を語る。
だてに半世紀近く生きてない。


140922-2_convert_20140921234401.jpg


鯖大師に到着。
弘法さんが鯖を持ってるという鯖大師は四国に本院がある由緒あるお寺。
だがしかし、ここは無住で本堂の中にご本尊がいらっさるはずなんだけども…
どーにも開けられる雰囲気じゃなく。
お参りだけして…と。


140922-1_convert_20140921234334.jpg


こちらの弘法さんもちゃんと鯖持ってる。
普通、弘法さんって言ったら筆なのにねーー。


おいしいもの満載で始まった日間賀島。
ちょっとのんびり島タイムです。

| パラダイス | 11:39 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深夜の光景

いつでもどこでも腹のチャックを見せて


140921-6_convert_20140920225548.jpg


どてーーんとヘソ天。

おさらにゴハンが残ってるのに


140921-5_convert_20140920225528.jpg


ビミョーに離れた位置でしんねり待つ。
それも顔そむけて。


140921-4_convert_20140920225504.jpg


見慣れたいつもの光景。


140921-3_convert_20140920225447.jpg


これと。


140921-2_convert_20140920225430.jpg


これ。


140921-1_convert_20140920225345.jpg



毎度シュールですみません。


| | 08:21 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これぞボケとツッコミ。

夏からずっと続いている、2ぴきによる毎朝の店警備。
オカアサンが起きたらまず、とたたたと階段へ向かう。
それもタナちゃんリードで。
自分が行きたい!ト言えばオカアサンが断るわけないという
絶対の自信をみなぎらせながら階段へ向かうちゃいろ。
そのあとを、オカアサンの様子をうかがいつつついていくわっちゃん。
そして、階段を意気揚々と降りてゆくちゃいろ。
オカアサンを見上げながら一歩ずつ降りてゆくわっちゃん。

結果、先に1Fに到着したちゃいろがどうするかというと。


140919-9_convert_20140918222859.jpg
「………ちゃいろ…」


どーん。


140919-8_convert_20140918222841.jpg
「なんで……」


……なぜ。
なぜそこでヘソ天で寝るか。


140919-7_convert_20140918222822.jpg
「………ちゃいろ…じゃま…」

わっちゃんはドアが内側に開くというのを知っているので
だいたい階段の上で待つ。
たまに下にいるなあと思うと、
きちんとドアからちょっと離れたところにいる。


なのに。


140919-6_convert_20140918222803.jpg
「…………」


…あのね…。
ドアに近ければいいってわけじゃないんだよ、タナちゃん…。


140919-5_convert_20140918222732.jpg
「ありー?」


うんうん。
タナちゃんはいいよ、それで。


ト、オカアサンはほほえましく見ていたのに
わっちゃんから指導が入ったらしくしぶしぶ起きたタナちゃん。


140919-4_convert_20140918222706.jpg
「ちゃいろーー、おまえさぁーー」


ぷぷぷ。言っとる言っとる。


140919-3_convert_20140918222641.jpg
「そんなとこでねてたらあかないだろーー?」


説教たれるわっちゃん。
ぶすーーっとしてきいてるタナちゃん。


140919-2_convert_20140918222607.jpg
「んもーーー」


気が済んだらしく、
よっこらしょ、ト勝手にドアをあけるわっちゃん。


140919-1_convert_20140918222537.jpg
「……ちっ…うし、うっさい…」




毎朝、コントですよコント。
ホント飽きんわ。






| | 07:22 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オモテもウラもあります。

わっちゃんがダンボールにはいっている。


140915-01_convert_20140914212641.jpg


どうやらなにか気になるらしい。


140915-02_convert_20140914212725.jpg


じーっと近づいて目で確認したあと。


140915-03_convert_20140914212747.jpg


そ……トさわる。
ぽふぽふトさわるんじゃなくて、あくまで
そ…ト。

わっちゃんは、気になることがあると必ず
そっと触るのだ。
目視のあと、そ…。


140915-04_convert_20140914212809.jpg


この時も、バッグの猫が気になったらしく
手をのばしてそ…っとさわっていた。

そんな感じで、姉のトあるソックスをそ…っとおさえるのだった。
それはうさぎの顔がかいてあるソックスで足の甲の部分にうさぎの鼻がくる。
姉がそれを履いていると必ず、
わっちゃんがやってきてじっと見たあと、そ…と手でうさぎの鼻をおさえる。

トいう話をオカンにしたら、腹を抱えて笑ったのだった。
ちょっとかわいい話…のつもりだったのになぜか大笑い。
「そのソックス!カワハラさんにもらったのよォ!」
ト、大笑いの間に言う。
カワハラさん……ああ…オカンのウォーキング仲間か。
「そう!そのカワハラさんよォ!」
へー。
「あのね!このあいだ、何だか知らないけどカワハラさんが急に
『あたしもうウォーキング行かない!』
って言いだしたのよー」
急に?なんで?
「知らない!なんだか気に入らないことがあったんじゃないの?」
へーー。
「だから、あたし、『あ、そう』って言ってやったの!」
……はあ。
「あたし、ウラオモテないから」

そう、オカンは自分で自分のことを『ウラオモテがない』トいう程度に裏表がある。

「あたしウラオモテないから、行かないって言われたらあ、そうって言うの」
…ははーー。
「カワハラさんにも『じゃあみんなにもそう言っとくね!』って言ったの」
はあ。
「そしたらカワハラさんあわてちゃって!
多分、自分が『もう行かない』って言ったら
あたしが「どーして?なにかあったの?」って聞くとでも思ったんじゃない?
でもほら、あたし、ウラオモテないから!」
…そーね…。
「だからもうあわてちゃって、みんなに
『ウォーキング行かないって言ったけど行くから!心配かけてごめんなさい』
って謝って回ったらしいのよぅ!
それで『ワタナベさんにはいちばん心配かけたから』って
そのソックス持って来たのよぅ!」
心配なんてしてないのにな…。
「だぁって!カワハラさんそーいうヒトなのよ!まわりを振り回すことばっかりすんの!」
あ、そー。
「だからあたし、なに言われてもしれーっとしてるの」
カワハラさん…。
「カワハラさん、最近もねえ
友だちを車に乗せてる時になんだかもめたらしいのよ、
そしたらあんた、どうしたと思う?」
え?え?どうしたって?
「カワハラさんよ、どうしたと思う?」
どうしたの?
「『あなたここで降りて!』って車から降ろしたってよ!」
はーーー、すごいね。
「でしょーー?!車に乗ってる時にその場で降ろすってねえーー!」
うん。
「カワハラさん変わってんのよ!」
ちょっとひどいね。
「降ろされた人、どうしたと思う?」
どうしたって……え、どうしたの?なんかあったの?

「タクシー拾って帰ったんだって!!」

…………。
………フツーーーーー。
そりゃ、そーするわな………。

自ら裏表がないというくらいウラオモテはあるくせに
話にオチはないオカン。


140915-05_convert_20140914212831.jpg


タナちゃんの裏はしろ。


140915-06_convert_20140914212848.jpg




ソックスをそっと手でおさえるトいうわっちゃんのかわいいお話、
だったはずが、
オカンの裏表を暴露するだけの結果に……。
2ぴきのかわゆい画像でごまかせるだろうか……。


| ワタナベ家の人々 | 07:38 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミックスしよう。

PCの打ちまつがいが止まらない。
先日のこともあるし、
ものすごーーく気をつけてるはずなのに
見直してからアップしているはずなのに。

今日もやった。
店のFBの記事だった。
かれこれ4時間くらい経過してから
なにげに見直して気がついた。

前身頃と後ろ身頃で素材が違う、
いわゆる異素材ミックスと呼ばれるカーデを画像付きで投稿したのだった。
…の、はずだった。

なのに。
見直したら

胃素材ミックス

ト書いてあった。

…胃素材。
なんだ、胃素材って。
胃液でも足すのか、それとも思い切ってピロリ菌でも入れてみるか。
それか牛の胃か。
センマイか、ミノか、もんたか。

ったくもう。


140915-4_convert_20140914191526.jpg


タナちゃん。


140915-3_convert_20140914191511.jpg


わっちゃん。


140915-2_convert_20140914191450.jpg


異素材ミックス画像。


140915-1_convert_20140914191433.jpg



寝起きの特殊素材ミックス画像。




| こんな自分 | 09:16 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ならば奈良、最終回。

鹿に終わった奈良その1
鹿にはじまった奈良その2
果たして…その3には鹿は出るのか!


140910-1_convert_20140909192739.jpg


さて、この道はどこかというと。
世界遺産・春日大社の参道。
……先が見えん。
大体、何回も奈良に来ているのに、
それもすぐ近くの東大寺にも興福寺にも来てるのに、
なんで今まで春日大社に来なかったのかというと、本殿まで遠いから。
ただその一点。
なんで1.2キロもあるのさーー、参道がーー。


140912-19_convert_20140911182927.jpg


ト、文句をブヒブヒ言いながら歩いていると途中こんな素敵ハウスを発見。
わー!なんじゃこりゃーー。
なになに?『奈良国立博物館・仏教美術資料研究センター』?
へーーー、いいねえ〜。
ここも公開すればいいのに。してないのかなー。
ん?なになに?


140912-18_convert_20140911182852.jpg


『旧奈良物産陳列所』……。
もともとは奈良物産陳列所だったのか。
物産陳列所…。
今で言う、アンテナショップみたいなもんか。
それにしても物産陳列所て。
もう少しひねらんもんかねー。


140912-17_convert_20140911182813.jpg


おお!こんなとこにも鹿が!
かわゆー。
……ってゆーか、こんな灯籠があるってことはもう近いのか?本殿。
どうなのよ。
まったく先が見えん。


140912-16_convert_20140911182759.jpg


「わ、リリさん!見て見て!萬葉植物園だって!」
へー。
「昭和7年創設!国内最古、最大級!だって!」
へー。
「萬葉植物園だって!」
へー。
「今日は無理だから今度絶対来る!観に来る!」
へー。
「すごいなあーすごいなあーーー」
………。
………萬葉植物にそんなに食いついてる姉がすごいわ。
てか、萬葉植物の萬葉って万葉集の萬葉か!
「え!今気がついたの?!それもすごいわ…」
……ちっ。


140912-15_convert_20140911182743.jpg


萬葉植物園も過ぎても以前として見えない本殿。
もう一生着かないんじゃないかと思ったあたりでやっとニの鳥居に到着。
わ!
あの灯籠もめっちゃかわいい!
てゆーか、さっきから気になってたんだけども。
灯籠、多すぎね?普通一対とかじゃ…。


140912-14_convert_20140911182726.jpg


ずらーーーり。


140912-13_convert_20140911182707.jpg


ごっそりーーー。

なんだこの、兵馬俑みたいな灯籠群は。
ト、灯籠ばかり観ていて気がついたら南門に到着していた。


140912-12_convert_20140911182651.jpg


……むむっ!あの後ろ姿はさっきニの鳥居のところの手水所にいたバカップル!
彼女が左手を洗って右手を洗って
「くちもすすぐのー?」
ト言いながら口をすすぎ、パパッと手の水を払ったかと思ったら
彼氏が持っていた抹茶ソフトを受け取りべろり。
続いて彼氏が手をテキトーにババッと洗ってそのまま口をすすぎ、
彼女から抹茶ソフトを受け取りばくり。

………ええええええええ。
口すすいだ意味ないじゃん!!
手洗う前に食っちゃえよ!阿呆か!

ト、わたくしが声を出さずに罵倒したバカップル。
そいつらが……そいつらが………
またしても南門の前からどかねえでやんの。
アンタたち抜きで写真が撮りたいのにいつまでたってもどかねえ。
ムキーーー!!!


140912-11_convert_20140911182632.jpg


イカンイカン。
せっかくの春日大社なのにこんなメラメラしてちゃ。
気持ちを落ち着けて、ト。

さあ、せっかくここまで来たんだから本殿まで行きましょう。
ちなみに参拝所で普通に参拝はできるけど、特別参拝料金500イエン也を払うと
超近くで本殿に参拝できるのだ。


140912-10_convert_20140911182616.jpg


おおーー。あれが本殿か。
思ったより小さいんだな。
ってゆーか、鹿……。
あんたどこから入りなさった…。
もっしゃもっしゃ草食っとる。


140912-9_convert_20140911182558.jpg



うわーーー。
立派な木がはえとるーー。
すごいなあ、さすが春日大社。768年創建。
768年て!!
鳴くようぐいす平安京より前ですよ。


140912-8_convert_20140911182538.jpg


春日大社名物、燈籠ずらーーーり。
外には石灯籠、中にはこれ。
すげーなーー。
どうやら全部で3000基くらいあるらしい。
これが全部灯されるという万燈籠っていうの、一度観てみたいなあ。
すごいやろなーー。


140912-7_convert_20140911182516.jpg


わーー!またしてもかわゆい灯籠発見。


140912-6_convert_20140911182500.jpg


これの方がいいか。
奈良!ってかんじ。
絶対ヨソで観ないもん。


140912-5_convert_20140911182403.jpg


……キミはよう食っとるなあ……。


140912-3_convert_20140911182338.jpg


おお、近くで観るとホントにすごいなー。
樹齢約700年〜1000年て!!
お伊勢さんを思い出すなあ。


140912-2_convert_20140911182321.jpg


脇から伸びた枝もそのまま。

まわりにはバックパッカーらしき外国人観光客が結構いたんだけども
みんなコレの写真撮ってた。
なんつーか、なんとなく神様を大事にしてる感じがするというか。
そーゆーのが伝わる気がした。
気がしたのさ、木だけに。

……………。

いや、もうね遠かったんスよここまで。
サンダルの底がすべって歩きにくくて歩きにくくて、ソックス脱げばマシになるかと
脱いだら今度は足の裏に小石がはさまって痛いし。
疲れたんですよう。


140912-1_convert_20140911182302.jpg


トいうわけで、そのまま東大寺の横の駐車場まで戻って来た。
南大門が見える。
……あれ、ヒトだよね。
でかっ。南大門でかっ!

いやーー。
奈良っちゅーのはいろいろスケールが違うな。
京都のある意味閉鎖的な繊細な感じとまったく違う、
大らかなぼわーーーっとしたユルい感じ。
いいなあ、奈良。

ト、きれいにまとまったところで終了のはずだったんだけど。


140910-12_convert_20140911182239.jpg


帰りのSA。
姉の後ろが全員坊主頭のおっさんで、さらに同じ方向をむいて
全員ラーメン食ってた件。
写ってないとこにもあと2人いた。

国宝とか世界遺産とかありがたいものを観てきたのに
最後の最後がこれかー……。


| パラダイス | 07:21 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ならば奈良、その2。

鹿に終わった奈良編その1
その2ももちろん鹿から始まります。


奈良公園の鹿はあちらこちらでうろうろしているのだけども、
賢い鹿になると待ちポイントが決まっているようだ。


140910-7_convert_20140909193004.jpg


『鹿せんべい』売り場で待つ鹿。
そりゃここで待ってれば確実に鹿せんべいを手にするニンゲンが来るもんな。
飛んで火にいる夏の虫的な。
……そう、このわたくしのような。

って、誰!後ろからごいごいツノをぶつけてくるのは!!
ったくもー。
さて、あっちにタナちゃんみたいなコがいたな。
あのコにあげにいこう。
はーい、どぞー!おせんべだよーー。


140910-8_convert_20140909193109.jpg
わらわらわら。

……悪寒……。


140910-9_convert_20140909193242.jpg
わらわらわら。


わわわっ!なんだ、キミたちはっ!!


140910-10_convert_20140909193302.jpg
わらわらわら。


はいはいはい!ほーれほれ!


140910-11_convert_20140909193410.jpg
わらわら。


はあはあはあ。
まったくもって、鹿にふりまわされておる。
でもとうとうなくなっちゃったよ、鹿せんべい。
ごめんごめん、もう打ち止めー。
おわりーー。


140910-6_convert_20140909192940.jpg
『……まじ?』


うん、もうなくなっちゃったよ。
ごめんごめん。


140910-5_convert_20140909192917.jpg
『………』


いや〜ごめんよ〜〜あのさ〜〜……


140910-4_convert_20140909192853.jpg
『……へー』

……あ、ちょ、ちょ……。
そんなあっさり……。


なにこの、ふられた感。


140910-3_convert_20140909192822.jpg


さて、興福寺。
前に来たのはえーと……五重塔が特別公開してた時か。
今回は特別公開的なものはなにもないんだけど、
上野で会った阿修羅像をもう一度観たい、トいうことでテクテクやってきた。
奈良のお寺は、ホントにそれぞれに有名なブツがいてどこにいっても
楽しめるのだけれど、その中でも興福寺はダントツじゃないかと思う。
特別公開じゃなくても観られる『東金堂』にも国宝がにょろにょろ立ってるし、
なんつってもその名もズバリ!の『国宝館』まである。
阿修羅像がいるのはこの『国宝館』。
木造の千手観音もいるし、十二神将もいるし、
上野であんなに並んで観たメンバーがごくごくフツーに並んでおる。
はーー、たまらん。
大仏と、この国宝館は、奈良に来たら絶対観なきゃ駄目!!


140910-2_convert_20140909192802.jpg


ほら、おみくじだってこんなにかわゆいの。
なにこのユルいかわいさ。


140910-1_convert_20140909192739.jpg


興福寺で国宝を満喫して次へ向かう。
ここからすぐなのに、何回も来てる奈良なのに、
一度も行ったことない場所があった。
さーて、行きましょか。


いやーもう今回の奈良、ブツと鹿ばっかりで
興味のない方にはホントにつまらんことでしょう。
申し訳なか。

| パラダイス | 07:46 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ならば奈良。その1。

久しぶりに奈良に行くことにした。
京都にくらべるとどうしても足が悪いのでなかなか行かれないのだが、
奈良には好きなお寺もブツもたくさんある。
あ、ブツ=仏ね。
おまけに今回は大事な目的がある。
まずは目的その1から片付けることに。


140908-23_convert_20140907220335.jpg


ばーん。
奈良から生駒に向かう途中にある『つよしのコロッケ本舗』。
なぜに奈良でわざわざコロッケかというと、
それはワタシがコロッケが好きだというコト以外に他ならない。
餃子・コロッケ・焼きそば、マイベスト3。
庶民派アピール。
………の、わりにはお店が…。


140908-22_convert_20140907220308.jpg


……か、かわいい。
かわいすぎる!
外観もだけど中もすげーかわいい。
カウンター6席だけのこじんまりとしたお店。
さらにかわいいのはお店の雰囲気だけじゃなくて。


140908-21_convert_20140907220251.jpg


どひーー。
コロッケランチと聞いて誰がこーゆーの想像するか!
というくらいにシャレオツコロッケ。
lineとインスタにアップしたら『どれがコロッケや?』とあちこちから
聞かれた問題のコロッケ。


140908-20_convert_20140907220213.jpg


はい、カボチャの下に2個隠れてました〜。
好きなコロッケが2個選べるコロッケ定食。
ワタクシが選んだのは『ナチュラルポテトコロッケ』と『エビクリームコロッケ』。
もともとフランス料理出身のシェフが作ってるだけあって、そのへんのコロッケと
一緒にしちゃ駄目。
なんつーか『コロッケ』トいうより『CROQUETTE』。
カジュアルなフランス料理食べてる感じ。
いや、もちろんとってもおいしいんだけども!!
でも個人的には肉屋さんの店先のコロッケの方が好きかもなー。
ややや、これはあくまで個人的な意見ですからね。おいしいですよ、ホントに。
ただなんつってもホラ、餃子・焼きそば・コロッケのヒトなんでね。

……ト、食べながら店内をキョロキョロしているとこーいうこじゃれた
インテリアにそぐわないサインとお写真らしきフレームを発見。
おやおや?誰だ?
「誰だろう?見えんね」
姉とコソコソ。
洋ちゃんじゃないの?
「うーん…あんなサインだっけ?」

そう、ワタシがこの店に来ようト思ったのはずいぶん前に
某番組で洋ちゃんこと大泉洋と戸次さんが食べてたからなのだった。

えー?違う?洋ちゃんじゃない?
どれ…。
ト、他にお客さんがいなくなったタイミングでぐっと寄ってみると…。



140908-19_convert_20140907220147.jpg


…ビートたけし。
………世界のキタノかよ…。
…。
そりゃ飾るわ。
そりゃ一緒に写真撮ってサインもらうわ。


ト、ミーハー心も満足したところで目的その2に向かう。


140908-18_convert_20140907220127.jpg
『お?』


140908-17_convert_20140907220054.jpg
『よく』


140908-16_convert_20140907220017.jpg
『きたね』


あ、ごめんごめん。
しかせんべい、持ってないんだよ。


140908-15_convert_20140907215953.jpg
『あそーー』

完全スルー。
ようわかってはるわ。


140908-14_convert_20140907215937.jpg


さて、今日はコレを観に来たのでした。
『国宝・醍醐寺のすべて』展。
京都の醍醐寺の国宝がごっそり奈良の博物館で公開されている。
『南都であじわう密教宇宙の醍醐味』だもの。
京都・東寺の立体曼荼羅がなにより好きなこのあたくしが
観ないでいられようか、いやいられない。


140908-13_convert_20140907215918.jpg


いやもーすごかった。
特にこのいちばん左の『大威徳明王』は平安時代に造られたもので、
そりゃーもーー迫力が違う。
でもって、国宝っていってもこーいう仏像ばっかしじゃなくて
なんとか図とかなんとか覚え書きとかそーいう書物が多いのも醍醐寺ならでは。
それがまた!あんた!
消しゴムがあったわけでもなかろうに、
まーーー絵も字もうまいことうまいこと。
こーゆうの途中で一文字間違えたらどーしてたんだろう、書き直し?
いやいやいや…ありえん!
昔っから器用なヒトってのはいたんだなあ…。


140908-12_convert_20140907215857.jpg


あまりにも作品数が多くて、それもそのほとんどが書物系だったせいで
ちょっと疲れて外に出た。
はー、でもさすがにおもしろかった。
醍醐寺の五重塔内部の壁画もあったし、密教好きな方はぜひ!
もう終わっちゃうから急いで急いで!


140908-11_convert_20140907215831.jpg


さーて、このあとはどーする?
あたし久しぶりに阿修羅観たいなあ。
ト、若鹿のぴちぴちの尻をみながらぷらぷら興福寺へ向かう。

あの若鹿め、あたしがせんべい持ってないからって
すたすた逃げやがって。
よし、せんべい買ってやる。
ちょっと待ってろ……


140908-10_convert_20140907215813.jpg
『クダサイ』

って!
キミはだれだ!


140908-9_convert_20140907230557.jpg
『クダサイヨーー』


近い近い!


140908-8_convert_20140907215800.jpg
『…くれないのか…』


どーして奈良に来ると毎回こんな写真ばっかしになるんだ。


140908-7_convert_20140907215740.jpg
『わしにもください』


ト、振り返っても同じ光景が。
あんた、だれよ!


140908-6_convert_20140907215716.jpg
『くれよーーー』


鼻!鼻!
鼻をバッグにおしつけるんじゃない!


140908-5_convert_20140907215702.jpg
『……ケチ』


なんつーか、ウチの牛に似てるんだよなあ。
そのせいか、どうにも親近感が沸いて仕方ない。
猫なのに牛に似てて鹿にも似ているトいうこの不条理。


140908-4_convert_20140907215634.jpg
『……えーーと………』


中にはウチのちゃいろと同じように
ぼーーーーっとしている鹿もいる。
あーあ、このコ絶対せんべい食べられへんやろなー。
ぼーーっとしとるもんなー。
仕方ない、このコのためにせんべい買うか。

って、思っただけなのに。


140908-3_convert_20140907215600.jpg
『くれ』


だからーー!
あんた誰!急にどっから来た!


140908-2_convert_20140907215536.jpg
『くれよー』


ちょっと待て!落ち着け!
落ち着いて話し合おう!
ね!ね!


140908-1_convert_20140907215509.jpg
『くれくれくれ』


わかったわかった!
今買うから!しかせんべい買うから!!




初秋の奈良、第一回。
ほとんど鹿の顔ばっかり……。

| パラダイス | 08:03 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つかずはなれず。

せっかく外を見てたのに、
横にぐいぐい、うしが来た。


140905-1_convert_20140904213225.jpg


タナちゃん、そんなイヤな顔しないの。
ほら、前見て前。
よそ見してたら……


140905-2_convert_20140904213254.jpg


ほらーー。
わっちゃん、いつのまにか上に乗っちゃってるじゃん。


140905-3_convert_20140904213326.jpg


………。
顔、近い近い。


140905-4_convert_20140904213345.jpg


鼻チュウ……。


140905-5_convert_20140904213409.jpg


………。
タナちゃん…そんな顔……。


140905-6_convert_20140904213427.jpg


……いや、気持ちはわかるけど。
ちょっとわっちゃんに失礼じゃないかね?それは。


140905-7_convert_20140904213502.jpg


あーあ。
そりゃわっちゃんもムッとするよねー。

でもさ〜今までの行いがさー…。
悪すぎるもんねえ、わっちゃん。


140905-8_convert_20140904213538.jpg


そうそう。
反省しなさい、少しは。


140905-9_convert_20140904213603.jpg


って、言ってるそばからもう気が散ってる!
全然反省してないでしょーー。


140905-10_convert_20140904213619.jpg


……ん?なに?タナちゃん?


140905-11_convert_20140904213635.jpg



結局もとに戻る、ト。
なんだかねえ、アンタたちは…。






| | 07:30 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パニックin茶屋。

☆虫の画像が出ます。加工処理してありますが苦手な方は見ないで!見ないでーー!


日曜の午後7時。
姉が突然ワタシの後方を指さし「…うぅぅわぁーーーーー!!」ト叫び声をあげたのだった。
何っっ!!!トあわてて振り返っても誰もいないし何もない。
なのに姉はわなわなと固まっている。
なに?なによ?
「う、上!上上!上!」
はぁ〜?上〜〜??どうせなにもいな………

うううわああああああああ!!


140903-1_convert_20140901165029.jpg


蛾!!!
…それも…で、でかい。でかすぎる…子供の手くらいある…。
一瞬でいやな汗がどばー。
蝉もカナブンもカマキリも素手OKだし、
そこまで虫が苦手な方ではないワタシも蛾は駄目。
おまけにこのでかさ。羽根を閉じた状態で10cm弱ある。

アフォ姉妹固まる。

いつから?てかどこから?!まったく気がつかんかったけど。
「知らんーー!今気がついたもん!」
どどど、どーするよ?この鱗粉野郎。
何かにこう〜移して外に出しちゃおか。

いちばん柄の長いデッキブラシをおそるおそる差し出し
なんとか穏便に、鱗粉野郎に場所移動してもらう計画。
おそるおそる…………


ばたばたばたばたばた!!!!

うわああああああ!!ΣΣ( ̄◇ ̄;)!
「うわわわわわわわ!!ΣΣ( ̄◇ ̄;)!」


全力で叫び身を屈めデッキブラシを振り回すわたくし。
それをみて逃げ惑う姉。
飛び回る小スズメほどある鱗粉野郎。

阿鼻叫喚。

……はあはあはあ…だめだ、どうしよう…。
こんな高い位置じゃ掃除機も届かんし。
「このふわふわのやつならとまるかもよ」
よ、よし…。
静電気でホコリをとるふわふわモップを長い柄の先にガムテで固定した
姉作製の武器を手にまたしても鱗粉野郎に勝負を挑むわたくし。

ほ、ほら…こっちにとまってよ、こっちにとまっ………


ばたばたばたばたばた!!!

ぎゃーーーーーーーっ!!!!ΣΣ( ̄◇ ̄;)!

地獄絵図。


140903-3_convert_20140901165136.jpg


こっちへ向かって来る鱗粉野郎に対し狂ったようにモップを振り回すわたくし。
あまりの勢いでガムテがはずれ、ビヨーーン!とどこかに飛んでゆくふわふわモップ。
モップがはずれた柄の先が鱗粉野郎にヒット!
あっ!!

…どこ行った?!!
「ししし知らん!!」
そっちのショーケースの裏に吸い込まれてったはず。
「えーー!いないよ〜〜」
腰ヒケヒケで狭い通路にしゃがみこみおそるおそる覗き込むも鱗粉野郎の姿はない。
おかしいなあ…ぜったいこっちにしゅーーっと行ったはずなのになあ。
……ト、今度は反対側からのぞいてみると…
ああああっっ!!!
「いた?!」
いい、いるいるいる!
「どこ?!」
うわあああっっ!!いかんいかん!それ以上進んじゃいかんっっ!!
姉、超ニアミス。
木の柱んとこにとまっとる。保護色で目立たん。
でもこの位置なら掃除機で吸える。

無事掃除機に吸い込まれた鱗粉野郎。

よ、よし…このまま外に出して…ダストカップを外して……

ばたばたばたばたば………


140903-4_convert_20140901165220.jpg


「うわーーー!!!」
ちょ、なんであんたフタ閉める?!閉めてどーする!!出さな!!

鱗粉野郎がばたばたするたび、腹から声を出しながらもなんとか
ダストカップから鱗粉野郎を出し、一件落着。

はーーーー……。
「ヤレヤレ」
疲れたね〜〜〜。
「まあそのうちどっか行くよね?」
そやね。
あーー疲れた20分だったなあ。
一息ついたらそろそろ閉店準備をする時間だよ。

やれやれとキッチンの片付けをすませてレジ締めをしてる間に、
いつのまにか姉が外の黒板をしまってくれたようだった。
あら、ありがとう。
「うん、じゃあもう駐車場もしめちゃうね」
うん。
「……わ、いない!」
ん?どした?
「あいつ、いなくなっとる!」
えーーー!!
レジ締めも放りなげ、あわててドアに走るわたくし。
外をみると確かにいない鱗粉野郎。
さっき出したはずなのにねーどっか飛んでったのかなあー。
「うん、そーかも。弱ってるみたいだったけど」
まあその辺の鉢植えの陰に隠れたのかもよー。
「そだねーー」
うん。
さて、レジ締めの続きを………ト、振り返ったわたくしの目に。


140903-2_convert_20140901165118.jpg


……ううーーーわあああああ…!!!!

つい今しがた通った通路のど真ん中に鱗粉野郎がいた……。
こーこーにーーいーーーるーーーーー!!!
「はーー???!!なんでーー???!!!」

呆然と立ち尽くして鱗粉野郎を見つめるアフォ姉妹。
なんだこいつは。新種のエイリアンか。
やっつけてもやっつけても出てきやがる。

さっきあんたがしまった黒板についてたんだよ…たぶん……。
「………そ、そーーか…それしかないもんな…」


その後はもうかなり弱っていたのでなんとか外に掃き出して一件落着。

ご近所のみなさんお騒がせしました。
あの叫び声は通報レベルだったはず…。






| ワタナベ家の人々 | 07:45 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またね、ももさん。

ももさんがあっちへ逝ってしまった。


140901-10_convert_20140831210106.jpg


チームねこのひとり・ひえぽんさんが
「どうしても気になる猫がいる。うちで引き取ろうと思う」
ト言い出したのは去年の秋だった。
ひえぽんさんが気になって仕方なかった猫は、
一人暮らしだったおばあちゃんと仲良く暮らしていたのに、
おばあちゃんが亡くなって行き場が亡くなってしまったコだった。
それも、ただ亡くなってしまっただけじゃなくおばあちゃんは孤独死だった。
まるでゴミ屋敷のようだったおうちの中でひと月ほどの間、
たったひとりでおびえて隠れていたコだった。
猫がいるはずなのに見つからず、やっと見つかったときには
精神的肉体的ストレスのせいで顔面が半分麻痺、
眠るときにも左眼のまぶたが下がらないようになってしまっていた。


140901-9_convert_20140831210036.jpg


そんないきさつでひえぽん家にやってきた年齢不詳のねこさんは
まつこ、たけこ、うめこ、トいうひえぽん家3姉妹にならって
『ももこ』ト名付けられた。

どうやらももさんは、おばあちゃんにべたべたに甘やかされていたらしい、
トひえぽんさんが言いだしたのは、ももさんが来てすぐのことだった。
ヒトの食べ物を欲しがる。
すぐヒザの上で丸くなる。
大人猫ばかり3ぴきもいるおうちに来てすぐなのに、
堂々とオカーサンのヒザに乗るなんてそんじょそこらの猫にできることじゃない。


140901-8_convert_20140831205943.jpg


「ここ、あたしのばしょー」
うんうん、そうだねももさん。
おばあちゃんのひざも好きだっただろうけど、今はこのひざがいちばんなんだね。
おばあちゃんのひざよりもあったかくてふわふわクッションきいてるしね。


140901-7_convert_20140831205918.jpg


先にだれがいてもどんどんひざに乗っちゃうももさん。
ももさんの中ではいちばん安心できる場所が
ひえぽんさんのひざになってるんだな。

ひえぽん家が我が家になったももさんの顔は、保護されたときとはもう別猫。
まん丸のおメメでどんどんかわゆくなってくるももさん。
ひえぽん家がどんなに居心地がいい場所なのかすごく伝わって来る。


140901-5_convert_20140831205807.jpg


ひえぽんさんがとてもフラットなヒトなので、
ひえぽん家の4姉妹もお互い干渉せず、それでいてなんとなく気遣いあう
すごくいい関係だった。
わかりにくいけど、右側の茶トラがいちばん先住さんのうめち。
次に来たのが左側のカゴに入ってるサビ猫のたけち。
次が道の駅に捨てられてたまつこ、いちばーん奥に写ってる。
そして真ん中にももさん。

姫のうめち、マイペースなまつこ、天真爛漫でムードメーカーでやさしいたけち。
そんな3姉妹と、
なにがあっても最後まで面倒見ちゃる!トいう頼れるひえぽんさんに支えられて
きっと、いや、絶対ももさんは幸せだったはず。


140901-6_convert_20140831205828.jpg


たけちと追っかけっこしたり、
うめちがいてもその上からひえぽんさんのヒザに乗っちゃったり、
ひえぽん家に来てまだ1年たってなかったなんて信じられないくらい
馴染んでたももさん。

大好きだったおばあちゃんが急に動かなくなって
どんなに呼んでも起きてくれなくなって、
それが『死』なんだってこと、猫にわかるはずがない。
どんなに不安だっただろう。
でもそのあとに見つけた最高に居心地のいいおうち。


140901-4_convert_20140831205730.jpg


ひえぽん家に遊びに行ったえみさんに挨拶するももさん。
なんだこの顔!けしからんくらいかわゆいじゃないか。

なんだかいろんなことがわかってたんじゃないかな、ももさんは。
先週の半ばに食欲がなくなった……と思ったらガクガクッと急激に落ち、
もしかしてそろそろ……ト覚悟を決めたひえぽんさんが休みをとった金曜日は
いちにち家族全員揃ってマイペースで過ごし、翌土曜日早朝。
ひえぽんさんが仕事に出かける直前に「にゃー」ト挨拶して
あっという間に逝ってしまったももさん。
もうすぐ出かけなきゃイケナイ!泣いてるヒマはない!
まさかのタイミング。
ひえぽんさんが悲しむのわかってて、ばっちり計算してたとしか思えない。


140901-3_convert_20140831205704.jpg


ももさん。
かわいいももさん。
ひえぽんさんちに来てくれてどうもありがとう。
ワタシたちみんなももさんのことが大好きだよ。
いつまでも忘れない。



140901-2_convert_20140831205632.jpg


アタシももっともっとちゃんと向き合っていかなきゃ。
後悔しないように。
これでもか!ってくらい毎日
「タナちゃんだいすきだ!」を伝えなくっちゃ。


140901-1_convert_20140831205617.jpg


うんうん…。
わっちゃんもだいすきだよ。
こんなわっちゃん、すきにならずにいられないよ…。


猫ってほんとすごいな。
みんなそれぞれで、みんなかわいいんだもんな。




| | 07:03 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

<