2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

≫ EDIT

チームねこのニャガハマ遠足〜テツ入門編。

チームねこのニャガハマ遠足、長浜鉄道スクエアを満喫中。


151031-34_convert_20151030194900.jpg


一等二等待合室には火鉢まである。
ニャガハマは北国じゃからのう…。


151031-33_convert_20151030194847.jpg


世話係室か。
アガサ・クリスティーの小説に出てきそうだな。
今あったら人件費が大変だよなあ。


151031-32_convert_20151030194832.jpg


むわ〜〜いい感じ〜〜。
駅の中にこんな部屋があるなんて、昔のシトってセンスいいなあ。


151031-31_convert_20151030194818.jpg


駅長室。
へーーー。
長浜駅初代駅長はのちに東京駅の初代駅長にもなったのか。
すごい出世じゃないか。


151031-30_convert_20151030194803.jpg


…だからって…冷凍保存しなくても(違。


151031-29_convert_20151030194749.jpg


細か過ぎるやろ。字が。
こんな時刻表困るわ。


151031-28_convert_20151030194734.jpg


かと思うとコレ。
汽船時刻表。
ざっくりし過ぎやん。


151031-27_convert_20151030194719.jpg


旅籠料。
一等と五等の差よ。


151031-26_convert_20151030194704.jpg


わーー、こーいうの昔のドラマとか映画に出てくるわ。
そしてエ印の火鉢。
エ印……斉藤工印だろうか。


151031-25_convert_20151030194641.jpg


2Fが撮りたいだけなのに…。
見切れるわぁーーー。


151031-24_convert_20151030194626.jpg


そして、旧長浜駅舎の奥には『北陸線電化記念館』。
この赤いのは電化後に登場したED70形交流電気機関車。
かわいいーー。色がかわいいーー。
おや、運転室に入れるようだぞ。
行こうぜ行こうぜ。


151031-23_convert_20151030194609.jpg


助手席的なところに座るトメ。
「発車オーライ!」
……。
ポーズといい、なぜかこう…抑え切れない昭和臭が…。
まあいい、今度は運転席に座って。


151031-22_convert_20151030194554.jpg


「カシャンカシャン!カシャンカシャン!」
レバーを握っておもむろにつぶやくトメ。
…カシャンカシャンって。
一体キミはなにをイメージしているのか。


151031-21_convert_20151030194537.jpg


「なに?」
い、いや……なんでもない。


151031-20_convert_20151030194513.jpg


隣りのD51にはとんだアイドル気取りが3人。


151031-19_convert_20151030194455.jpg


うわーーかっちょいいなあ。

でもさ、これは衰退して当たり前というか。
これだけ人が乗られない部分がある乗り物っていうのは
移動手段としては致命的だもんな。
でも、それだけに今あったらホントにゼイタクだよなー。


151031-18_convert_20151030194434.jpg


「そこ、ほんま狭いで!」
外からサニー山田の声がする。
うん、確かにめっちゃ狭いわ。
「半ケツやで」
トメ、運転席につく。
「狭いわー!」
半ケツか?
いや、半ケツはどうでもいいわ。それより……。


151031-17_convert_20151030194413.jpg


「カシャンカシャン!カシャンカシャン!」

……言った!


151031-16_convert_20151030194350.jpg


D51から降りると隣りのED70形に
うすぼんやりとアイドル気取りの姿が。


151031-15_convert_20151030194333.jpg


いかん。
めっちゃ笑ってる心霊写真のようになってしまった。


151031-14_convert_20151030194315.jpg


壁にはずらりと新橋から神戸までの鉄道開業の様子。
へー、これが西宮駅ができたときか。
…ん?『お雇い外国人技術者グレー』て。
なんだ?お雇い外国人。


151031-13_convert_20151030194300.jpg


あ、ここにもいるぞ『お雇い外国人技術者』。


151031-12_convert_20151030194247.jpg


あ!ここにも!!


151031-11_convert_20151030194231.jpg


ここもだ!!
もう普通に『外国人技術者』でええやん。
なんでいちいち『お雇い』をつけないかんのか。


151031-10_convert_20151030194213.jpg


あ!ここ……は違った。
てゆーか『お雇い外国人宿舎』て!
なんやねん、『お雇い』て!


151031-9_convert_20151030194157.jpg


おお、新橋駅か。
へー、東京駅より新橋が先だったのか。
「そうやんか、鉄道唱歌でそう歌ってるし」
は?なに?鉄道唱歌て。
「は?なんで?」
「なあ?」
……??ト顔を見合わすわしとヒヨコとえみさん。
朗々と声を揃えて鉄道唱歌を歌うトメとサニー山田。
さらりと一番を披露。
「これやで?知っとるやろ?」
知らーーーん!
「うっそやん!」
いやいやホントに!知らんよ?
「えみとヒヨコは年代かなーと思うけどリリさんが知らんのはないわーー!」
いや!ホントだって!アタシ習っとらんと思う。
「イヤイヤイヤ!知らんわけないわーー!」
「なぁーーーー?!!」
鉄道唱歌め。
知らんと言っとるのに。


151031-8_convert_20151030194141.jpg


さて、その隣りの長浜鉄道文化館に移動。
お?模型だ模型があるぞ。
「ドクターイエローもおるで!」
新幹線、動かしたろ!
「1番押せば止まる?」

横で見ていた子供が手を出さないのもいいことに
ばんばんスイッチを押すおれさま。
全部止めてやったわ!はっはっは。
「鬼やな」


151031-7_convert_20151030194126.jpg


電車の屋根の上も見える。
こんな細い架線で動くんだもんなあすごいよなあ。


151031-6_convert_20151030194111.jpg


あ!顔ハメパネルだ!
やろうぜやろうぜ!
でも4人分しか枠がないわ。
「あ、あたしいいですよ、写真撮ります」
えーーヒヨコも入ればいいじゃん。
「や、いいですよ」
「あ!衣装もあるわ」
「じゃあヒヨコは帽子かぶってみなさいよ」
「いいですよ〜」
いいからいいから!
「いやですよ〜」
「かぶってみなよ〜!」
「似合うって!」
「やですよぉーー」
いいから!ほら!似合う!!


151031-5_convert_20151030194057.jpg


無理矢理かぶらされたわりにはいい笑顔のヒヨコ。
そして記念撮影。


151031-35_convert_20151030194914.jpg


運転士はもちろん、カシャンカシャン!でおなじみのトメ。
そしてまったく打ち合わせしてないのに
まるで申し合わせたかのように手を振るわしら3人。


151031-4_convert_20151030194041.jpg


あーー楽しかった。
想像してた以上に楽しかったなあ、長浜鉄道スクエア。

ト、口々に言い合いながら外に出た時だった。
すぐ横に北陸本線の踏切があったのだがそこでなぜかカメラをかまえている
あんちゃんがひとり。
そして踏切の向こう側にもカメラをかまえているおばちゃんがひとり。
なんだ?なにかめずらしい電車でも来るのか?
北斗星か?
「ほら!リーも撮らな!」
「ほら!リリさんも撮っとかんと!」
「そうそう、テツヲタとしてそこは撮らないと!」
そ、そうか?!
「あ、来ちゃう!」
「来たで!!」
ヤバい!
バタバタバタと撮影ポイントに移動。


151031-3_convert_20151030194026.jpg


キタ!

151031-2_convert_20151030194012.jpg


バシャバシャバシャ……。


151031-1_convert_20151030193958.jpg


バシャバシャ………。


えーと。
撮りましたけど…。
なんの電車ですか、これは。




チームねこのニャガハマ遠足、やっと終盤。
スポンサーサイト

| パラダイス | 08:14 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴーストライターは。

かなり使い込まれた小汚い旧型Macの向こうに
なにやら白いおまんじゅうが……。


151029-1_convert_20151028191709.jpg


ごそごそ動いとるな。


151029-2_convert_20151028191725.jpg


あ。
あのヅラは。


151029-3_convert_20151028191740.jpg


やっぱり!
わっちゃん先生!
わっちゃん先生じゃないですか。
どうですか、執筆の方は?
ブログ、ちゃんとやってくれてます?
ニャガハマの資料もお渡ししましたよね?


151029-4_convert_20151028191754.jpg


あ、またネズミのおもちゃなんか持ち込んでー。
困るんですよね、そーいうことされると。
きんにくがなまったらこまるっていうから
ワンダーコアも準備したんですから。


151029-5_convert_20151028191808.jpg


ほらほら、しっかりたのみますよまったく。
え?なに?
がぞうがおおすぎてたいへんだ?
ねこのてもかりたいって?
はっはっは!なにいっちゃてるんですか。
先生の手こそ正真正銘の猫の手じゃないですか!
ねえ、この手……ねこのて、なんつてーー!!!

はっはっは!!!


151029-6_convert_20151028191822.jpg


……………。
えーと……。
……。


151029-7_convert_20151028191836.jpg


……あ!
いや、今のはなし!
今のはさすがに許されないレベルだった!
先生っ!スミマセンッ!


151029-8_convert_20151028191850.jpg


あ!先生っ!パソコン閉じないでっ!
お願い!!
先生!
わっちゃんせんせいーーーー!!



……トいうわけで、わっちゃん先生がパソコンを閉じてしまったので
ニャガハマ遠足の続きは次回更新までお待ち下さい。




| | 07:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋のニャガハマ遠足その3〜ニャガハマてんこ盛り編

まったくもって進まないチームねこのニャガハマ遠足
ダックツアーからの海洋堂でちょうどお昼どき。
さあいざニャガハマ名物へ!


151027-40_convert_20151026161356.jpg


数ヶ月前。
午後の再放送枠で2時間ドラマを見ていた時だった。
長浜に立ち寄った主人公が「名物のやきそばそうめんをお土産に」ト言ったのだった。
本を読みつつのながら見だったので、
は??!!やきそばそうめん???!!は??
そうめんを焼きそばにするの?
ト軽くパニック。


151027-39_convert_20151026161415.jpg


即トメに『やきそばそうめんてナニ?』ト確認したところ
『それはやきさばそうめんやな』との返事。
…やきさば…そうめん……。
いやいやいや、やきそばそうめんよりはなんとなくわかるけど
やきさばとそうめんってのも…まったく絵が浮かばんぞ。
トいうことで、ニャガハマに来たら絶対食べようと思っていたのだ。

だがしかし、かなりの有名店らしく行列ができている。
おとなしく待つチームねこ。


151027-38_convert_20151026161438.jpg


ヒヨコ以外は店内の席で待つ。

奥さん、今日はどうしたの?
「……実はうちの主人が…」
作り声で答えるサニー山田。
最近ないけどな、奥様お悩み相談室。


151027-37_convert_20151026161505.jpg


古い商家がお店になってる感じ。
素敵やん。


151027-36_convert_20151026161610.jpg


2階にご案内。
うはーいいねえ。


151027-35_convert_20151026161628.jpg


古い湯呑みもかわいい。


151027-33_convert_20151026161721.jpg


てゆーか、テーブル低っ。
あたしゃ足が太いからね、正座すると足の方が高いよ。

そして待つこと数分。


151027-32_convert_20151026161744.jpg


キターー!!これがニャガハマの郷土料理『焼き鯖そうめん』!
甘辛く炊いた焼き鯖が、その炊き汁でゆがいたそうめんの上にのっている。
鯖、ほろほろ。
そうめんにも味がしっかりついててウマイ。
かなり味が濃いのは、もともとおかずとして作られてるものだかららしい。


151027-31_convert_20151026161803.jpg


ということで定食がデフォ。
定食だとお膳に乗って出て来るので低いテーブルでちょうど高さも合う。
鮎のお麩がかわいい。
そうめんとご飯でまさかこんなに満腹になると思わなかったけども
かなりのボリューム。
あーーおいしかった。

「このあとどうする?」
「お寺行く?」
そやねー、ちょっと腹ごなしに散策すっか。


151027-30_convert_20151026161821.jpg


…ト!!
なんだこりは!!
「それ、お花きつね」


151027-29_convert_20151026161839.jpg


……お花きつね…。
どうみても全身タイツできつねのお面かぶってるように見えるのじゃが…。
『お花きつね』ト書いてあるだけでまったくなんの説明も見当たらんし。
「あたしもよう知らんしな」
地元民、知らんのかい!


151027-28_convert_20151026161916.jpg


どうやらお茶屋のお花さんというかわいらしい娘さんに化けたきつね、トいう
古い民話をモチーフにしてるらしいけども、
それがどうしてこんなスペイシーな仕上がりに…。


151027-27_convert_20151026161932.jpg


めっちゃ後ろ体重。
あたしが3Fでタナわちと追いかけっこする時こんなポーズしとるな。
わーーー!って言って追っかけてる時な。
「これ、すごいなあ…わーー…」

いつまでもお花きつねに食いついてたわしとヒヨコ。


151027-26_convert_20151026161957.jpg


これはお花きつねじゃないのね。


151027-25_convert_20151026162038.jpg


あ、お花きつねに食いつき過ぎて皆に置いていかれている。
大通寺に向かう参道。
いい雰囲気。


151027-24_convert_20151026162323.jpg


鮒ずしケーキ。
『鮒ずしが駄目な人にも』って。
鮒ずしが駄目な人がわざわざ食べようと思うかねえ、いや思わん。
限定30個なのに最初からダンピング。
なぜ作ったんだろう…鮒ずしケーキ…。


151027-23_convert_20151026162347.jpg


大通寺到着。
立派な山門。
地元ニャガハマ民には『御坊さん』ト呼ばれているらしい。


151027-22_convert_20151026162411.jpg


円山応挙の襖絵があったり、伏見城の遺構といわれる大広間があったり
伊吹山の借景を楽しめたりとなかなか。
そうそう、井伊家のお姫様のお道具が展示してあったのもおもしろかった。
お化粧道具の中でも毛抜き!
毛抜きってそんな昔からあったのか。
それも今とカタチもまったく一緒。
スゲーー。毛抜き、スゲーー。



151027-21_convert_20151026162430.jpg


御坊さん見学を終え、散策に戻る。
街全体が味があっていいなあ。


151027-20_convert_20151026162457.jpg


わ、いい感じのカヘ。
腹に余裕があったらぜひ寄りたかっ……
ん?
なにか違和感のあるものが…。


151027-19_convert_20151026162521.jpg


腹話術の人形みたいにオジイヤンがぐたっと。
隣りのオバアヤンと合わせ技でオブジェかよ。


151027-18_convert_20151026162651.jpg


さあ歴史ある大通寺見学のあとやってきたのはこちら。
なにやらフリーマーケットがあるらしい。
まあ目的はそのフリーマーケットじゃないんだけど。


151027-17_convert_20151026162721.jpg


この奥にあるらしいんじゃが。
ト、入り始めた時向こうから自転車に乗ったテンガロンハットに半袖短パンのおっさん。
超笑顔でこっちを見よる。
フリーマーケットを撮ろうとしたのになぜ自転車を停めるのだ。
キミを撮りたいんじゃないんだ。
「いしゃしゃしゃしゃ!」
笑てるで……。


151027-16_convert_20151026162741.jpg


フリーマーケットというよりも、
なんというかごちゃ混ぜのなんでもありの
露店のような店が寄り集まった中を抜けると出て来たコレ。
巨大万華鏡。
えーと、なんとなく想像つくぞ。


151027-15_convert_20151026162811.jpg


手作り感満載の巨大万華鏡に吸い込まれていく。


151027-14_convert_20151026162826.jpg


ハンドルをぐるぐる廻すと天井のガラスが変化するという。
まあ予想通りだった巨大万華鏡。


151027-13_convert_20151026162854.jpg


万華鏡の横にはまたしても手作り感満載の秀吉。
うーむ。
全体的にこんなクオリティーだったけど。
なんでもおもしろがるウチらはまあいいとしても、
『巨大万華鏡』トいうある意味ロマンチックな響きに惹かれてか
ワシらのあとから続々とやってくる御若いお二人さん。
……このあと気まずくならないといいけどな…。


151027-12_convert_20151026162921.jpg


町を歩いているとあちらこちらに歴史のある建物が見えて来る。
これもいい。
明治4年に開校したという開知学校。


151027-11_convert_20151026162944.jpg


お、見えて来たぜ。
海洋堂と並んで来たかったココ。
『長浜鉄道スクエア』。
東海道線がまだ全部開通していなかった明治時代に
日本海と太平洋を繋いだ重要な路線として長浜と敦賀の間に鉄度が開通。
その現存する最古の駅舎であるこの旧長浜駅舎を使って
博物館になっているのだ。


151027-9_convert_20151026163038.jpg


ぐっと来るポイント。
ヨルタモリの『始点終点』をホーフツとさせるわ。


151027-8_convert_20151026163055.jpg


どんぐりと銀杏がね。
なんかいいねえ、こーいうとこも。


151027-7_convert_20151026163332.jpg


「わぁーーー!」
「めっちゃカッコいい!」
キャッキャ言うトメとサニー山田の方に行こうとした途端、
後ろで「……ひっ!」ト息をのむ声が。
ヒヨコ?どし…た……


151027-6_convert_20151026163110.jpg


ヒィ!!
「普通に人がいると思ったんですよ〜」
確かに。
出札口の中の駅員さんもなかなかの作り。


151027-5_convert_20151026163132.jpg


こちら一等二等待合室の客人たち。
長浜鉄道スクエア、どうやら思ってた以上にやりよる。
先が楽しみだ。






チームねこのニャガハマ遠足、亀の歩み…。



| パラダイス | 07:31 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タナちゃん、7回めのウチのコ記念日。

タナちゃん、ちょっといい?


151025-1_convert_20151024221723.jpg


タナちゃん、こないだTV見てたよね。


151025-8_convert_20151024222140.jpg


そうそう、これ。
タナちゃんさぁ覚えてる?
覚えてるわけないかー。


151025-6_convert_20151024222009.jpg


7年前の今日、2008年10月25日。
タナカ父母に連れられてウチに来て、2時間後くらいかな。
ほえ〜〜……って顔でじーーっとTV見てたよね、
4ヵ月児のタナちゃん。

この後ろ姿がもうかわいくてかわいくて、
オカアサン忘れられないよ。


151025-3_convert_20151024221825.jpg


ココに乗るのも好きだったねー。
ちょこんと乗っちゃって。


151025-9_convert_20151024222210.jpg


今でもホントは乗りたいんだろうけどね。
さすがに手しか乗らなくなっちゃったね。

でもさ、
こうしてTVに映ってるねこをじぃーっと見てるのかなーと思ったら。


151025-10_convert_20151024222238.jpg


TVに貼ってあった付箋をてしてし。


151025-11_convert_20151024222308.jpg


ん?って。
いいよ、タナちゃんはそれで。

爪とぎからドッカーンと落ちてうひゃひゃひゃひゃ!ってなったり
オカアサンの足に横っ飛びで挑んで来たり
ビリビリのダンボールに隠れてて
通りすがりのわっちゃんの前にわっ!て飛び出してみたり
お店に行きた行きたい行きたいってがんばるくせに
いざ店に行ったらほんの5歩で「もうかえるぅーーーー!」って言ったり
夜中の3時に「ぴやーーーー!」って必死で叫ぶからあわてて起きたら
おもむろに尻トンポジションについたり…

もうタナちゃんの天然エピソードはキリがないからね。


151025-5_convert_20151024221939.jpg


ま、それは4ヵ月児の時から変わってないけど。
いないいないって探しまわったら、
なぜかヒト用トイレにちんまり座ってたりね。


151025-4_convert_20151024221851.jpg


この頃からぐねぐねしてたねえ。


151025-2_convert_20151024221758.jpg


7回めのウチのコ記念日ありがとう、タナちゃん。
毎年変わらずに言うけど。

ホントにウチに来てくれてありがとう。
まあホントにいろいろ振り回してくれるけど
タナちゃんだから仕方ないよ。


151025-7_convert_20151024222048.jpg






そんな顔しながらでいいからさ
雑貨茶屋の招き猫としてこれからもよろしく。

| | 08:14 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋のニャガハマ遠足その2〜フィギュア満喫編

滋賀県ニャガハマ市は思っていた以上に観光客が多かった。
前回のニャガハマ訪問の際はとにかく寒くて閑散としていて
姉曰く『さすが東北…』。
……東北じゃねえし。


151023-34_convert_20151022194610.jpg


黒壁ガラス館。
もともとは明治33年に建てられた百三十銀行長浜支店。
その後教会を経て今はガラスアイテムを扱うショップになっている。


151023-33_convert_20151022195104.jpg


まあ素敵。さすが元銀行。
もと百三十銀行…。
……えらいデカイ数字やな。
岐阜には十六銀行ってのがあるけどな。
「百五銀行もあるで」
「百十四銀行とか」
「七十七銀行も」
口々に言うチームねこ。負けず嫌いか。


151023-32_convert_20151022194555.jpg


数字自慢かよ。
でも岐阜の十六銀行がいちばん早いな。フフフン。
…地元じゃないのに地元意識。


151023-31_convert_20151022194540.jpg


どうやらこのあたりはニャガハマでもいちばんの人気スポットらしい。
そうそう、前も来たのよココは。
でももう入館時間過ぎてて入れなかったのよ。
そう、ここに……。


151023-30_convert_20151022194525.jpg


大魔神ドーーン!!


151023-29_convert_20151022194512.jpg


ドーーーン!!
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁!
フィギュアといえば海洋堂!


151023-28_convert_20151022194458.jpg


あーたたたたたた。
(曖昧なイメージ)


151023-27_convert_20151022194443.jpg


わっちゃん並みの胸板。
わっちゃんとお揃いで、ボタンもついている。
(ボタンじゃねえし)


151023-26_convert_20151022194429.jpg


入館券と一緒にコインが渡される。
そのコインでこのガチャガチャが一回できるのだ。
どれにしよう〜〜。
「やだー、赤ちゃんペンギンが欲しかったのに違うのだった〜」
「あたしもこっちのがよかったのにー」
「残念〜、でもまあ大人だからあきらめるわ」
「うん、まあええわ。ホントは赤ちゃんペンギンがよかったけどな」
「コドモならぶうぶう文句言ってるだろうけどな」
……いや、キミら充分ぶうぶう言うとるで。


151023-25_convert_20151022194414.jpg


日本の里山の風景だな。
なぜすべての動物が一点を見つめているのだ。
田んぼから何か出て来るのか。


151023-24_convert_20151022194358.jpg


哺乳類の台頭。
崖の上に立つ類人猿がかっこええな。
意味なくドラマチック。


151023-23_convert_20151022194339.jpg


ウキーーー!!
猿、イキイキしすぎやろ。すごいな。


151023-22_convert_20151022194322.jpg


太郎さん!!
これ、南青山の岡本太郎記念館に行ったことがあるヒトならわかると思うけど
まんまあのリビングが再現されてる。
太郎ガチャはかなり質がいいとは思ったけどホントすごいわ。


151023-21_convert_20151022195007.jpg


シワ…。
そこまで再現せんでも。


151023-20_convert_20151022194306.jpg


わっちゃんが香箱組んでるとこにそっくり。


151023-19_convert_20151022194249.jpg
151023-18_convert_20151022194234.jpg


うん、そうだね…。
かわいいからってどんどん増やすのも、ルールを守らないで飼うのも
結局は不幸にしちゃうからね。


151023-17_convert_20151022194914.jpg


五郎丸ってこんな感じかしら…と見つめるトメ(嘘。


151023-16_convert_20151022194217.jpg


おおお!合戦だ!合戦しとる。
すげー細かい!


151023-15_convert_20151022194158.jpg


「六文銭おる?」
六文銭……六文銭………えーと……。
いや、血流れとるでオイ。
なかなか生々しいな。


151023-14_convert_20151022194135.jpg


あ、いた!いたよ!
「あ、ほんまや!ちゃんといるわ、すごいな!」
あ!ココ見て!首がない!首ないわ!首取られとるヒトがおる!
「え?ほんまに?!」
ほら!
「ホントだ!ほら、見てみて!この人首がないよ!ほら」
……全然知らないお母さんが突然参入…。
「ほらほら!首ないよ!」


151023-13_convert_20151022194120.jpg


「ほら、ここ!ここ!」
……お母さん、子供たちドン引きですけども。
「首!ほら、この人の首、ここにあるよ」
「…………」
子供無言で後ずさり。


151023-12_convert_20151022194105.jpg


でかいゴジラ、高いっす。
このサイズでもフィギュアって言うのかねえ。
言うんだろうなあ。


151023-11_convert_20151022194050.jpg


タイガーマスク、スイカぱかーん。


151023-10_convert_20151022194035.jpg


うわー、このへん昭和だわ。わかるわ。
タイムボカンシリーズやん。


151023-9_convert_20151022194018.jpg


おおおお……えーと、これは。
ハリソン・フォードはなにかの先生なんだよね?
「えー?なんの?」
この若い子に剣みたいなのの使い方教えてなかった?
「フォース?」
や、知らんけど。なんかの先生だよね?
「ハン・ソロはなんの先生でもないと思うよ」
えーー、じゃあダースベイダーになにか教える?
「いや、教えないと思う」
「なに?リリさんはどうしてもハン・ソロを何かの先生にしたいわけ?」
だって、アタシが見たスターウォーズで何か教えてたもん、この若い子に。
「ルーク?」
知らんけど。
で、このルークって子は後々ダースベイダーになるよね。
「…や、ならんよ」

世間では最新作だなんだと騒がれているスターウォーズも
わしにとっちゃこんなレベル……。


151023-8_convert_20151022194004.jpg


スターウォーズよりさらに全く皆目見当がつかないので
ここは完全スルー。
かなり充実してたようだけども。


151023-7_convert_20151022193950.jpg


ペーター顔色悪すぎる。
Tシャツと同じ緑になっとるぞ。
ハイジに首決められとらんか。


151023-6_convert_20151022193803.jpg


日本列島のご当地フィギュアコーナー。
…なのに。
愛知県、『愛知万博』て!
他にもいろいろあるやろ、名古屋城とかテレビ塔とかえーと他にもいろいろ。
なんで愛知万博?!
ま、隣りの富士山もフジツボみたいだけどな。


151023-5_convert_20151022193612.jpg


フレディとジェイソン。
絶妙に右体重。

あー、おもしろかったなあ。
ひとくちにフィギュアっていってもホントにいろいろあるし
そのひとつずつがレベルが高い。
アニメ関係だけじゃなくて、動物から恐竜から
家具とか建物とか自然とか、とにかくスゴイ。
やっと来れてホントにうれしい。


151023-2_convert_20151022193520.jpg


「あいぽん変えたとこだからストラップがないんですよ」
あー、いいじゃんヒヨコ。
「コレがいいんですけどねえ、こっちが出たらヤバくないですか?」
まあ確かにこの小面はつまんないね。
「コイツが出ますように!」

ガチャコーン!

151023-1_convert_20151022193359.jpg


「これ…」
いいじゃん、般若!ちょっとトゲトゲしてて引っかかりそうやけど。
「うん、いいじゃん!似合う似合う!」
「え…似合いますかねー?」
似合うよ似合うよ!


般若が似合うって……。
もう褒め言葉なんだかなんなんだか。




チームねこのニャガハマ遠足、遅々として進まず…。


| パラダイス | 07:09 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋のニャガハマ遠足その1〜琵琶湖編。

秋晴れの祝日。
チームねこで遠足に出かけた。
行き先は滋賀県ニャガハマ…いや、長浜市。
ここにはワシの大親友トメが住んでいる。
そこにみんなで遊びに行こうトいう計画。
参加者はわし、お馴染み神戸のサニー山田、埼玉のヒヨコ、時男のえみさん
そして現地で待つトメ。
大人の遠足はいつも現地集合だ。
米原まで新幹線そこから北陸本線でニャガハマ。
ト、その米原でサニー山田と合流。
「おー!」
おーー!
「いい天気になってよかったねー」
そやねー。
トそろそろ出発か。

『米原〜さかたさーん〜たむらさーん〜ながはま〜の順に停まります〜』

ムム!今、さかたさんたむらさんって言わなかった?
「は?わからん!」
言ったって!さかたさんたむらさんって。
おかしいなあ…なんの呼びかけだったんだろう…。
答えは次の駅だった。
『坂田』。
そしてその次は『田村』。
………なんだタダの駅名か……。
なんでさんづけに聞こえたんだろう…。
「名字やと思って勝手に脳内変換したんやな」
……うむ。

そんな空耳を乗り越えニャガハマに到着。


151021-1_convert_20151020195728.jpg


観光ハイヤーか。いろんなコースがあるんだな。
「わ!戦国コース見てー!55時間て!」
……55時間……。
ナニが嬉しくてタクシーで夜を明かさないかんのだ。
どんだけ見どころ満載なん、戦国コース。
運転手さんも大変やで……ってよく見なさい『5.5時間』だぞ。
点がついとる。
「あ、ほんまや!」
坂田さん田村さんに続き、タクシー55時間地獄。
…大丈夫だろうか、ワシら。

ト、そこにトメと前乗り隊のヒヨコえみさんが合流。


151021-2_convert_20151020195751.jpg


ニャガハマ遠足はまずコレから。
前々から一度は乗りたいと思っていた水陸両用バス。
それがニャガハマにもある!トわかってすぐ決定。
もちろん全員初水陸両用バス。
ワクワクするなあ。
「テンションあがるねーー!」


151021-22_convert_20151020200648.jpg


スクリューがついとる。
見た感じは単に車体が高いバスって感じだけど、
このスクリューがただもんじゃない感をむんむん。


151021-21_convert_20151020200620.jpg


おー、なんだか遠足っぽくていいわーー。
よし!乗り込むぞ!


151021-20_convert_20151020200602.jpg


まあまあ満員の車内。
「さあみなさん!かけ声をお願いします!
船が!出るぞーーー!!」
なかなかの関西ノリのガイドさんのかけ声に全員ノリノリ。
こーいうのは一緒に乗らないとおもしろくない。


151021-19_convert_20151020200546.jpg


おおおーー!琵琶湖〜〜!!
さらにテンションがあがる車内。
水陸両用バスというのは見たまんま、窓がない。
風びゅーびゅー。
臨場感ハンパない。


151021-18_convert_20151020200447.jpg


長浜城。
普通の観光バスよりも生ってのもいいな。


151021-17_convert_20151020200429.jpg


さてここでいったん停車。
とうとう琵琶湖にダイブなのだ!

「ちなみに、後ろの席に行けば行くほどダイブの衝撃が大きいです。
ただ前の席の方が水をかぶる心配もあります」

……トメとわし、いちばん後ろ……。
「えらいことやで」
トメ、ひっくり返らんよう気つけないかんぞ。
「せやな」


151021-16_convert_20151020200356.jpg


見物人。
ヒヨコー、ウチらの中ではいちばん前の席だから動画撮ってよ動画。
「……………」
ヒヨコ、緊張のあまり動かず。
「ヒヨコのカメラがいちばんいいんだからしっかり撮ってよ」
「…………」
恐怖のあまり顔がこわばるヒヨコ。


151021-15_convert_20151020200309.jpg


「さあ!行きますよ!かけ声いいですかー!」
はーーい!


151021-14_convert_20151020200241.jpg


3!!


151021-13_convert_20151020200211.jpg


2!!


151021-12_convert_20151020200151.jpg


1!!


151021-11_convert_20151020200128.jpg


ご……あっ!!
バサササ〜〜〜〜。

「リー!バッグが!リーのバッグが!」
あっかーーん!!


151021-10_convert_20151020200110.jpg


ダイブの衝撃で膝の上に置いていたバッグが足元にずささーー。
あわてるトメとワシ。
気がついた時にはすでに着水。


151021-9_convert_20151020200047.jpg


……………。
「瞬間、わからんかったな……」
うん……。


151021-8_convert_20151020200031.jpg


そしてしばらく琵琶湖遊覧。
これはいい。
のんびりしたテンポで長浜城や長浜大仏をぼんやり観る。
琵琶湖は広いなあ。思ってた以上に広い。
海みたいだ。

車内には『琵琶湖周航の歌』が流れている。
これ、加藤登紀子?
「それっぽいな」
なぜにこんな物悲しい歌を…。
「悲しい気分になるな」
サニー山田がめっちゃ楽しそうな顔で言う。
あんたホントに悲しい気分になってへんやろ。
♪ひゃくまんぼんのばらのはなを〜……
「やめなさいって」


151021-7_convert_20151020195959.jpg


朗々と響く『琵琶湖周航の歌』を聞いていたらあっという間に着岸の時間。
「水陸両用バスは着水よりも岸に上がる瞬間がいちばん難しいんですよぉー」
そうなのか。
「なのでみなさんはげましてください!せーーの!」

ガーンバレ!ガーンバレ!


151021-6_convert_20151020195930.jpg


ドコイショーー!!
って感じで無事岸にあがったバス。
いやぁ〜〜なかなかいい経験だった。おもしろかった。


151021-5_convert_20151020195913.jpg


途中長浜城のそばを通る。
信号がちょっと上に見えるくらいってことはやっぱりかなり高いんだなこのバス。



151021-23_convert_20151020200738.jpg


そうそう、車内ではこんな記念写真を撮ってくれていた。
この水陸両用バス、ダックツアーのキャラクター・ダッパくんを持っての記念写真。
ガイドさんがグループごとに撮ってくれるのだ。
「ヒヨコ、スマホ変えたとこだからカメラ超キレイだからさ」
「そうそうヒヨコのカメラで撮ってもらおう!」
「ヒヨコ、スマホスマホ!」
水陸両用バスの恐怖で固まっているヒヨコに、わいのわいの言う鬼たち。

そんなワタシたちも相当だったが、
ヒヨコの前の席に座っていた若いパパさんも相当だった。
ガイドさんに渡したのはなんと15センチくらいのレンズがついた大きなデジイチ。
……この距離であんな本格的なデジイチを…。
ガイドさんにあんな本格的なデジイチを…。
鬼や、鬼があそこにもおる!


あーー、楽しかったねえ。
「想像以上によかったね」
めったに乗らんもんなーこんなん。
「だよねー」
でも着水の瞬間は乗ってるとわからんもんだよね。
「うん、ざばーん!ってのはなかったね」
「あ!リリさん!あれ!!」
……!!これ撮っとくか。
「ええんとちゃう?」


151021-4_convert_20151020195852.jpg


ざばーーーん。

ダックツアーの申込所に貼ってあった写真。
そうそう、こんな感じこんな感じ。
……しらんけど。


151021-3_convert_20151020195829.jpg





しっとりした古い町、ニャガハマ。
楽しい遠足のはじまり。





| パラダイス | 07:11 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タナちゃんのお口くちゃい問題。

最近、ねこ友だちの中で猫の歯肉炎とか歯磨きとか
ザックリ言うと口の中のもろもろな問題について話題になることが多くて
参考になれば、ということで。


DSC_4676_convert_20151020121050.jpg


タナちゃん。
数年前に歯肉炎…とまではいかないけども
歯の付け根がリング状にうっすら赤くなってどうにもそれが気になるらしく
あがあがとカリカリを食べにくそうにしてることがありまして。
すわ!!こりゃ大変!!
ト慌てて病院に行ったらトン先生に『……タナちゃん大げさ……』ト
あきれられたという逸話があります。
だけども本猫が気になるものは仕方ないので、
ソレ以来ずっと歯茎にクスリをヌリヌリしております。

そして今タナちゃん、7歳。
歯磨きは子猫の時から嫌がり絶対させてくれず。
おまけにしばらく前からどうにもお口くちゃい、なのでした。
先代ワタナベさんもコロ爺も歯槽膿漏で苦労したので、
なんとかしないとなあ……トずっと考えてたところコレを発見。


DSC_4824_convert_20151020121208.jpg


アニマルウォーター2。
普通の水道水をペットボトルに入れてセットして約5時間で完成。
完成っちゅーか……完成??
水ですよ、水。
細かい気泡がついてるなーくらいでなんもかわりません。
ただ、5時間後の水は飲んでみると湯冷ましみたいななんつーか……
まるい味になってます。
水道水なのでヒトが飲んでも問題なし。


DSC_4825_convert_20151020121231.jpg


『水道水に電気を負荷することで、水が口の中の口臭や歯石の原因の
菌を吸着しやすくなり、菌が洗い流されることで口の中が洗浄され……』
ト書いてあります。

いつもの水をこれに変えるだけで、
もしかしたら歯石がつきにくくなってお口くちゃいもなくなるなら
ええじゃないかええじゃないか!
と即買い決定!!
………の、つもりが。
お値段が!!
えーとえーと…即買いできる金額じゃなかった。
で、毎日サイトを見ては悩み、レビューを見て悩み、むううーーーと考え、
最終的にはタナちゃんのあくびを受け決定。
アタシがこの秋冬、お洋服を買うのをガマンすればいいのよ。そうよ。


1442191586106_convert_20151020121034.jpg


で、これが9月14日。
飲み始めた日の画像。


DSC_4803_convert_20151020121114.jpg


これが10月16日。
あんまり違いがないような気もするけども。
でも歯についてる茶色いスジが薄くなってるかなー。


15-10-19-13-45-00-451_deco.jpg


これ、10月19日、昨日撮った最新版。
よりわかりにくい画像……。
まあ水なので、即効性はないとは思います。
でも、タナちゃんに関しては口臭が少しマシになってるのは確か。
でもって、なによりよかったのは、
タナちゃんがお水をたくさん飲むようになったことです。
これから冬になってストラバイトの不安もあるし、
なんといっても猫は腎臓が心配。
お水はたくさん飲んでくれるに越したことはないのです。
(多飲多尿の心配はまた別として)


ということで。
ウチに関して言えば、買ってよかったかなとは思っております。
すべての猫、犬に効果があるとは限らないし、
お値段もお値段なので軽くおすすめはしないけど。
下にリンク貼っとくので参考にしてみてください。



IMG_20150929_131852_convert_20151020121302.jpg




わっちゃんはお水がかわったとかぜんぜんどーでもいい。









| | 12:52 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タナわち寒暖差。

タナちゃん、TV見てるの?
なに?天気予報?


151019-4_convert_20151018191018.jpg
たかいさん。


おお、某局アナウンサーの高井さんじゃないか。
いいよねー高井さん。
タナちゃんも好きかい?高井さん。


151019-6_convert_20151018191104.jpg
……へーーー。


わっちゃん…。
またそんなコンパクトに。


151019-5_convert_20151018191047.jpg
ぐいぐい。


またそんなにはいってたら
えこのみーくらすしょうがっこうになるよ?


151019-7_convert_20151018191122.jpg
てんきよほう。


お、天気予報、タナちゃんよく見といてね。
昼間は過ごしやすいもんねえ、これが続くといいねえ。


151019-3_convert_20151018191001.jpg
うん。


わっちゃん…。
そんな丸まるほど寒かなかろう。


151019-2_convert_20151018190946.jpg
おてんきだってーー。


お、元気だねタナちゃん。


151019-1_convert_20151018190928.jpg
……。





顔出しパネルみたいやな、わっちゃん。
てか、キミらの寒暖差はなんなん?







| | 07:21 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニューホライズン

あ。
またわっちゃんが。
別世界に行こうトしている。



1510118-6_convert_20151017233639.jpg


てか、すでに。



151018-5_convert_20151017233619.jpg


行ってた。



151018-4_convert_20151017233551.jpg


どうして、わっちゃん。
どうして…。



151018-3_convert_20151017233347.jpg


おちてゆく……。



151018-2_convert_20151017233329.jpg


もう、すでに見慣れた感のある………



151018-1_convert_20151017233308.jpg





ハッッ……!!!
わっちゃんが新たな世界に足を……。

| | 08:38 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

着地0点!

週末にかならず来てくれるナンセイチョウさんは
見た目もしゃべり方もほんわかしているのに、その実、仕事をバリバリこなすOLさん。
年齢もわりと近いということもあってわりと仲良くしてもらっている。
ものすごくやさしげなのにしっかりしていて…そして天然。
天然というか、突っ込みどころがわからない。


151014-1_convert_20151013200701.jpg
……ん?よんだ?



いつもテラス横の席にすわるナンセイチョウさん。
ふと外を見て気がついたようだった。
「あれ?朝顔?」
はい、ちょっと遅いですよねー。
「ですよねえーでもキレイな色」
上の方にもぽつぽつ咲いてるんですよ。
「わー、気がつかなかった〜」
それ、遺伝子組み換えの朝顔なんですよ。
「えーー?!」
苗で買って来たらしいんですけど、種ができないんですよソレ。
「え?そうなんですか?」
花はたくさん咲いたんですけど、しゅ〜〜ってそのまましぼんじゃって終わり。
「へぇ〜〜…線香花火みたいー」


151014-2_convert_20151013200722.jpg
……がくーーー。


線香花火て。
そーじゃないだろう、この場合のリアクションは。
種ができない花なんてこわいじゃろが。
それが遺伝仕組み替えのこわさじゃろが。
それを線香花火て。

このように、そこか!トいうところに話が着地。

そして今、カフェの本棚には京都本が何冊かある。
秋といえば紅葉狩り。
いつかは行きたい紅葉シーズンの京都。
ナンセイチョウさんとは京都好きという点でも話が合うのだ。
「いいですよねえ〜〜京都」
あー、いいですよねーー。
「いつか京都の紅葉も観に行きたいんですけどねー」
そうなんですけどねー、人が…。
「すっごい混みますよね」
特に今はちうごくじん観光客がめちゃくちゃ多いですからねー。
「そうそう!」
大型バスでドンドン来てたりするし。
「ホントに多いですよねー」
ですねー。
「私の職場の最寄りの駅もそうなんですよ」
あら。
「駅の階段のぼる時なんてまわり全部ベトナム人で」
……ベトナム…。
「そうなんですよー」
ベトナム人が地下鉄で観光ってめずらしいですよねえ。
「ああ、近くにナニかの学校があってそこに通ってるみたい」
…えーとそれは学生ですね。
「そうそう、留学生」

………おかしい。
ちうごくじん観光客が多いという話をしていたはずなのに。
いつのまにかベトナム人留学生の話に。



151014-3_convert_20151013200740.jpg
……あちゃー。


そしてその日は連休の初日だった。

「あれ?なんだか曇ってきましたねえ〜」
ああ、明日の予報雨でしたよ。
「えーー!」
予定が?
「私が旅行いくときって絶対雨になる〜〜」
あら、旅行ですか!どちらに?
「実家に」

………実家に……。
どんな観光地に住んでても、実家に帰ることを旅行とは…。



151014-4_convert_20151013200800.jpg
旅行、ちゃうやろーー!



今日もまたナンセイチョウさんの着地点が読めなかった。
いつか読めるように……
ならねーだろうなあ…。




| 変わった人々 | 07:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

よばれてないけどジャジャジャジャーン。

寒くなって来たのでたんすの奥からカーディガンを出して
かわりに入れておこうと後ろを向いてTシャツを手に持って
振り返ったら。





神が。
たんすの神が。


1443192920072_convert_20151010232214.jpg


おお神よ。


1443192914730_convert_20151010232258.jpg


引き出しに住むトいうたんすの神よ。


1443192904740_convert_20151010232417.jpg


なぜこのタイミングで…。


1443192907999_convert_20151010232352.jpg


神よ…。
たんすの神よ。


1443192910585_convert_20151010232331.jpg




暑いんならとっとと出ろや!神!!
邪魔なんじゃいーー!!




| | 08:31 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

踊りなしでも郡上八幡 その3。

さて。
本日のメイン〜エベント〜〜ぐじょ〜はちまんジョーー!(リングアナ風。
そう、ホントは最初に徒歩でのぼる気だった郡上八幡城へ向かう。
お寺のパーキングからほんの1分のぼったあたりに
『郡上八幡城 P』ト書かれた駐車場があったのだが、
阿呆かいな誰が駐めるかいな!トもちろんそのままスルー。

……だがしかし。
その直後激しく後悔することに。


1444229444ou7ArbHxry5hlnx1444227747.gif


ぎゃーーーーー!!
「……………」
わわわわーー!!
「……………」
ヒャーーーー!!
「…………」
騒ぐワシに無言の姉。
おもむろに口を開いたかと思ったら、一言。
「水曜どうでしょうの四国お遍路の旅みたいだ」
おおおおおーー!まったくだよ!
あんたがヒゲでアタシが洋ちゃんだな。

とにかく道幅が狭い、上に、カーブがキツい!
カーブというよりもうこれはUターンに近い。
のぼりの一方通行なので対向車が来ないことだけが救いだけども、
歩行者も同じ道をのぼっている。
申し訳ないが脇の草むらによけていただく。
スミマセン、スミマセン!ト、へこへこと大げさに頭を下げるのは助手席の大事な仕事。


151009-17_convert_20151008193814.jpg


はぁ〜〜〜着いた〜。
思ってた以上に大変だったな。
すげートコに作ったもんだ。


151009-16_convert_20151008193744.jpg


ふぉおおおーー。
なかなか絵に描いたようなキレイなお城やなー。
さすが『日本一美しい山城』。
さすが『再建80周年を迎えた日本最古の木造再建城』。
日本最古の木造再建城…なかなか…苦しい日本最古だな。
いや、それだけじゃないぞ!
郡上八幡城は
『トリップアドバイザー・行ってよかった日本の城ランキング2015』で
堂々20位にランクイン!なのだ!
……20位…こりゃまたなかなかビミョーな…。


151009-15_convert_20151008193723.jpg


はー、でも確かにいい景色。
風が気持ちいいよ。
さ、城に突入するか。


151009-14_convert_20151008193708.jpg


…なんだか。
ドーンと立派な外見と比べると、えらい質素な入り口やな。
裏口か?裏口なのか?


151009-13_convert_20151008193651.jpg


石の階段、いい感じ。


151009-12_convert_20151008193635.jpg


……グレー人間…。
おまけに無表情。
こんなに無表情だけどもきっとキミらは山内一豊とその妻千代。
千代の出身が郡上らしい。
地元の有名人ならせめて色を!カラーを!


151009-11_convert_20151008193620.jpg


ムムッ。
キミは誰だ!
二代、四代八幡城主 遠藤慶隆。
……へぇー。


151009-10_convert_20151008193548.jpg


立派な階段だ。
見たか、丸亀城
でも、階段しかあらへんがな。
味も素っ気もないな。


151009-9_convert_20151008193516.jpg


お、このポスターのおかげで話題らしいじゃないか。
天空の城は竹田城だけじゃなかった、とか。
いやーこうして見るとめっちゃ山の中だな。


151009-8_convert_20151008193446.jpg


戦国時代末期に築城された郡上八幡城は明治4年に廃藩置県で廃城。
その後、昭和8年に再建されたんだけども、その際
『内部はともかく外観は四方どちらから見ても美しい』ようにしたト。
『内部はともかく』て。
確かに『内部はともかく』だけども。


151009-7_convert_20151008193424.jpg


リッパだけどギシギシいうのが木造の階段って感じでイイ。
ちなみに大抵のお城は土足厳禁だけど、ここは靴のままでヨシ。
でもなんてったって木造ですからね、ヒールは駄目ですからね。
来る時はスニーカーがおすすめです。


151009-6_convert_20151008193353.jpg


ほい、出た。山内夫妻。


151009-5_convert_20151008193311.jpg


推しております、千代。


151009-4_convert_20151008193250.jpg


千代、推し過ぎ。


IMG_7544_convert_20151009000758.jpg


そういえばずっとチラチラしてた『およし』の話。
この城を築城するにあたってどうにも足場が悪く、崩れてしまうことが続いた、ト。
そりゃそーだ、こんな山の上なんだもん。
で、村一番の美人さんだったおよしという娘を人柱として生き埋めにした、ト。

………これがおよし伝説……。

ひぃーーー…こんなの紙芝居でできるかぁーーー!!



151009-3_convert_20151008193232.jpg


さてそろそろ帰るか…ト降りて来たところに石発見。
なになに?力石とな?
ほほう、これが『およし伝説』とならんで
郡上八幡二大伝説と言われている力石伝説か。


151009-2_convert_20151008193214.jpg


重い石運んでお奉行さまに褒められたからって、
感涙してその場で卒倒して死んじゃうて。
……切ない…切なすぎるわその死因。
褒めたら死んじゃったって、そのお奉行の気持ちは…。


151009-1_convert_20151008193150.jpg


はー、やっと来れた念願の郡上八幡。
思ってたより小さな町だったけど、すごくいい感じだった。
でもホントは夏に来た方が楽しめるんだろうなあ。
もうちょっとトシとったら郡上踊りにも挑戦してみるか。
水ようかんも食えるし。

さ、帰ろっか。

ト、郡上八幡城から自宅までをナビ設定。
のぼりが一方通行だったんだから下りも一方通行なんだな。



151009-18_convert_20151008194217.jpg



ピンクがこれから行く下りの帰り道。
黄色がのぼってきた道。


……くねくねしすぎやろがーー!!






郡上八幡編、終了です。
長々とおつきあいありがとうございましたーー!!

| パラダイス | 07:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

踊りなしでも郡上八幡 その2。

ブログ10周年にたくさんの、本当にたくさんのおめでとうと
たくさんのコメントをどうもありがとうございます!!
ランキングに参加するのをやめてからかなりたつので
そんなにたくさんの方が読んで下さってるとは思っておりませんでした。
なんとなくまわりのヒトたちがブログから手を引いていく中
なんとなくやめそびれてそのままになって。
でもこんなペースでも読みに来て下さる方がこんなにいたんだ!
ト感激しております。
改めて、これからもよろしくお願い致します!!


今日の記事はここから
   ↓↓


さて、郡上八幡といえば、こちら地方では毎年夏になると
しょっちゅうTVで見かける有名な観光地。
特にフォトジェニックなのか、よく映されているのがここ。


151006-28_convert_20151005175732.jpg


やなか水のこみち。
玉石が敷き詰められた裏道。
確かに雰囲気あるー。


151006-27_convert_20151005175717.jpg


自撮り棒カッポー発見。
…手前のカッポーじゃないよ。


151006-26_convert_20151005175701.jpg


ここの水はもちろん飲んでもおいしい。
まわりに小さな美術館なんかもあってすごくいい感じ。
TVの撮影が多いのも納得。


151006-25_convert_20151005175647.jpg


この近所に有名な水ようかん屋さんがあって、
今回はそれを食べるのも楽しみにしてたのにやってなかった……。
なんだよぅーーー郡上踊りが終わったらもう週末しかやってないのかよぅー。
がっかり…。
これじゃ一生食えねえ。
郡上踊りに参加するしかないか。


151006-24_convert_20151005175627.jpg


そのやなか水のこみちの先に小さなお稲荷さんを発見。
商売人はお稲荷さんを素通りできないものなのだ。
……ぱんぱん……ト手をあわせつつも
なーーーんか…なんか気になるなあ……なんだろう…
…なんのニオイだ??うーむ…。
イマイチもやもやしつつお参りを終えて、ふと見ると。


151006-23_convert_20151005175610.jpg


………あーーー。あんたか。
えらい久々に見たわ。


151006-22_convert_20151005175555.jpg


でもやっぱりこういう町はいいなあ。
思ってたよりお店が少ないけど。
そろそろ小腹が減って来たから何か食いたいのじゃがのう。

お!!あれは!!

151006-21_convert_20151005175540.jpg


ジェラート!!
2コイチでカップに入れてくれる明宝ジェラート。
ワシのセレクトは『あまおう苺』と『フランボワーズヨーグルト』。
女子っぽーーい。
でもこれうっま!!
なんだろ?やっぱり水がいいからか?
ねえねえおいしいよね?

ト、遅れてオーダーをしていた姉を振り返ると。


151006-20_convert_20151005175525.jpg


まさかのトリプルオーダー。
そびえ立っとるなー。
それなに?
「岐阜まるしぼりとほうじ茶とふるさとミルク」
岐阜まるしぼりってなに?
「えーと…揖斐川のよもぎ関のゆず各務原のにんじん
中津川のちこりとスプラウト飛騨のりんご。
岐阜がいーっっぱい詰まってる岐阜まるしぼり野菜ジュースとコラボ!
だって」
カンペか。
「でもめっちゃおいしいよ!ほうじ茶も後味がしっかりほうじ茶だし
ミルクも濃いわー」
……なんかさぁ…あんたすごいよ。
ワシの平凡なセレクトが恥ずかしいよ。


151006-19_convert_20151005175918.jpg


うまいうまいとジェラートを食べるも、さすがのボリューム。
うーん…食い切れん…。
ト、そこにいったん置いて。
いやぁそれにしても流れる水が全部きれいなのが驚きだよ。
この水路の水も、向こうに見える川も全部きれい。
…ト一息入れて再びカップを手に取ると。
!!これ、アンタのカップじゃん!それもカラ!!
いつの間に取り替えた?!
って、アンタ今食べてるのアタシのヤツじゃん!
「だって、もう食べないのかと」
でもアンタ3つ乗ってたのに、おまけにアタシの半分は残ってたのに。
……おそるべし、姉の腹。


151006-18_convert_20151005175406.jpg


郡上八幡旧庁舎記念館。
昭和11年に建てられた旧庁舎は今観光案内所兼お土産屋兼食堂になっている。
いい建物だねえ〜。


151006-17_convert_20151005175349.jpg


あ!あの橋だ!
有名な!


151006-16_convert_20151005175331.jpg


地元の小学生中学生が飛び込んでるうちはよかったけど
それが有名になって観光客が飛び込むようになってから死亡事故があったりして
ほんと、気をつけて。
簡単に飛び込んじゃ駄目。
地元のコは子供の頃からやってるから飛び込むポイントとか飛び込み方とか
身に付いてるらしい。
それを知らない観光客が軽い気持ちで真似して飛び込んじゃ駄目。


151006-15_convert_20151005175316.jpg


橋の欄干から下を見る。
…………ヒィーーーー。
約12m。
欄干の上に立ったら13m越える。
水が透明だから飛び込みたくなる気持ちはわかるけど…
……ってわからんわ!!


151006-14_convert_20151005175259.jpg


はーーこわいわーー。


151006-13_convert_20151005175242.jpg


その新橋のそばにこんな祠のような神様を発見。
神農薬師と書いてある。
薬師ってことは薬師如来さんだろうか。お詣りしておこう。
が、階段が。
この小さい数段の階段が。
小さ過ぎてこわいわ!
半ば四つん這いになりそうな勢いでおどおどとのぼっておりる。


151006-12_convert_20151005175223.jpg


おお!食品サンプルの生みの親の生家か!
ここ郡上八幡は食品サンプル作りでも有名なのだ。
メーカーさんもたくさんあってサンプル作りを体験できたりもする。
ホントはトライしたかったのだが、途中のぞいたところ、
バスツアーのお客さんでぎっしり。
残念ながらあきらめたのでした。


151006-11_convert_20151005175203.jpg


その食品サンプル生みの親の生家のウィンドウに飾ってある芋。
それも焼き芋がぶっすり。


151006-10_convert_20151005175142.jpg


なぜ焼き芋だったんだろう。


151006-9_convert_20151005175902.jpg


お、また神社だ。
『白龍稲荷神社』。
こりゃまたすごい階段だなあ。
階段をのぼらなくてもお詣りできるように、下にも賽銭箱がある。
「どーする?」
え?行くわさ、もちろん。
あたしゃね、あのこんぴらさんだって踏破したんだからね!
こんな階段、屁でもないわ!
ト、さっきの神農薬師のことを棚に上げて吠える。


151006-8_convert_20151005175126.jpg


だがしかし、結果としてヒジョーに怖かった。
この手すりがなかったら泣いてる。


151006-7_convert_20151005175108.jpg


だってもう〜段差が30cm弱あるんだもん!
おまけに半分コンクリ半分石だったりするしーー。
なんだよココ〜〜〜。


151006-6_convert_20151005175055.jpg


ト、裏に回ったら岩だったという。
岩の上に神社がつくってあるという。
最初のお稲荷さんはアレだし、次の神農薬師もアレだし
この白龍稲荷さんもコレだし。
なかなか一筋縄でいかない神社が揃っとるな郡上八幡。


151006-5_convert_20151005175039.jpg


あ、釣り人だ。
鮎釣ってるんだな。
竿、長っ!!


151006-4_convert_20151005175018.jpg


踊り推し。


151006-3_convert_20151005174957.jpg


めっちゃ混んでる。
何屋さん?『肉桂玉』って…肉……肉なんて読むの?
「ちょっと見てくるわ」
人ごみにどんどん混じってゆく姉。
どうやら『飴』という字も見えるのだが、それと『肉』という字が
どーしてもひとつにならん。
だって肉と飴だよ?


151006-2_convert_20151005174934.jpg


ト、そこに戻って来た姉。
「わかった、飴屋さんだった」
や、飴はわかってるんだけどさ。
「ニッキみたいよ、肉桂ってニッケって読んでニッキのことみたい」
ははーー、なるほどねーー。
大のシナモン嫌いのワシにはまったく縁のない店か。
大流行りだけども。


151006-1_convert_20151005174906.jpg






あ、また出た『みとくれ館』。
……およし!およしだよ!!
あの、およしじゃない?
およし伝説!
それも『五月闇』って。
なんなんだ、およし!!





※およしの謎をはらみつつ、次回郡上八幡編最終回です。

| パラダイス | 07:47 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10周年、となりました。

2005年10月2日から始めたこのブログ。
なんと。
今日で10周年となりました。
……じゅっしゅーねん、て。


151002-3_convert_20151001195406.jpg


いやぁーほんとにねー、
もともとは店に来る雑多な人々のことを書いてたはずなのに
タナちゃんわっちゃんかわいさのあまりどんどん猫ブログ寄りになり
さらにいつの間にかぬるいパラダイス巡りまでが定番になり
もう何でもアリの混沌状態。


151002-4_convert_20151001195421.jpg


よくもまあ10年もこんなカオスを続けて来たもんだよ…。
そして
なによりも、10年もこんなカオスブログを読んでくれてるヒトがいる。
10年も続けてるのにいつまでたってもこんな弱小。
それなのに、見捨てずつきあってくれてるヒトが。

ありがたいありがたい。


151002-2_convert_20151001195352.jpg


10年続けて来た中でいつの間にかできた自分なりのルール。

そりゃ日々いやなことやつらいことはたくさんあるけど
それをそのまま吐き出すことだけはやめよう、ト。
やなヤツに会ったことも、
怒りに手が震えるようなことも、
それをそのまま、読んでくれるヒトにぶつけてどーする。
一旦自分なりに飲み込んで、俯瞰で見るようにしよう、ト。
嫌な気持ちを拡散するんじゃなく
せっかくならフッと肩の力が抜けるような気持ちを共有したいな、ト。


151002-5_convert_20151001195435.jpg


それがどこまで実践できてるかはわからないけど
ワタシがタナちゃんわっちゃんはじめ、
オカンや姉、友人たち、お客さんなどなど
身の回りのヒトたちからもらってる『ニヤリ』みたいなものを
少しでもみなさんにおすそ分けできてたらいいなあ。

ま、
ワタシの力不足は、このふたりが充分補ってくれてると思うんで。


151002-1_convert_20151001195333.jpg




これからもこんな感じでだるだると続けていく所存です。
タナちゃんわっちゃんともども
今後ともなにとぞよろしくお願いします。





※『郡上八幡編』、次からまた再開しまーす。

| こんな自分 | 07:38 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

<