PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クルミちゃんのこと。

道ばたで最初にクルミちゃんを見つけたのは翠さんの娘ッコだった。
娘ッコはまだ幼稚園児なので、単純に
『あ!こねこだ!』ト、思ったに違いない。
翠さんもその小ささから子猫だと思ったようだ。
が、翠さんの飼い猫にゃん太くんのかかりつけの獣医さんに連れて行ったところ
事態は一変。

※確認したところ、見つけたのはいちばん上のお兄ちゃんだったそうです。
間違えちゃった、ごめんなさい。


140428-3_convert_20140427191402.jpg


子猫だと思われたその猫はすでに12歳は過ぎており、
さらに重い腎不全を患っていた。
そのため子猫だとおもうくらいにやせ細り小さくなっていたのだった。
顔がむくんでいるせいで身体のバランスも子猫みたいに見えたのかもしれない。
「このコ、もう長くは生きられない…」ト獣医さんに告げられた翠さんは
自宅にその猫を連れて帰ることにした。


140428-4_convert_20140427191420.jpg


長くはないかもしれないけど、最後のときは
暖かいおうちで家族として見送ってあげたいト思ったんじゃないかな、と思う。
猫と暮らしてるヒトなら誰でもそう思うだろう。
でも、実際それができるかどうか。
ワタシならどうかな…ト話を聞いた時に思った。
末期の腎不全、介護が大変なことは想像がつく。
ましてや家にはすでに猫がいる。

でも、翠さんはサクッと決断しておうちにその猫のためのお部屋を作った。
娘ッコはその猫に『クルミちゃん』ト素敵な名前をつけた。


140428-5_convert_20140427191437.jpg


クルミちゃんの病気はもう治らない。
トいうことを聞いて娘ッコは泣いたらしい。
それでもなんとか納得して、今はクルミちゃんの介護で忙しいお母さんのかわりに
にゃん太くんの世話をがんばっている。

そしてクルミちゃん。

翠さんの家族になって一週間がたった今、表情がどんどん変わって来ている。


140428-6_convert_20140427191456.jpg


最初の頃は給餌と点滴で栄養を摂るしかなかったクルミちゃんが
今は自力で少しずつゴハンを食べられるようになったらしい。
粗相のあと翠さんがホットタオルでふきふきすると
ヘソ天でごろごろ言ったりもするらしい。

ぐったりして寝たままシッコしてたクルミちゃんが
今はペットシーツに座ってなさることもあるト。
血液検査もこの一週間で一部をのぞいて正常値になったト。


140428-7_convert_20140427191513.jpg


なんてすごいんだクルミちゃん。
なんてすごいんだ翠さん一家。

ただカワイソウというだけで連れて帰るのはどうなんだろう……
単なる自己満足なんじゃないだろうか…ト悩んでいた翠さん。


そうかなあ。
自己満足でもなんでも、
現実にクルミちゃんの体調は良くなってるようだし
翠さんに抱っこされてるクルミちゃんは幸せそうに見えるし、
いいんじゃないかなあ。
娘ッコだって、
限りが近いからって一つの命を見捨てちゃうお母さんよりも
最後まできちんと責任持って見守るお母さんの方が絶対うれしいはず。
ましてや自分が見つけた命だもんねえ。


140428-8_convert_20140427191532.jpg


これだけなついてるところをみると
きっと以前は飼い猫だったのかもしれないクルミちゃん。
それがどうして腎不全の末期の状態でひとりで外をさまよっていたのか
あまり想像したくない現実があるかもしれないけど。

もう腎不全は治らなくても
クルミちゃんには新しい家族が見つかって
きっと、いや、絶対喜んでるんじゃないかなあ。

願わくば1日でも長くクルミちゃんと翠さん一家の日々が
続きますように。


140428-2_convert_20140427191343.jpg


どうでしょう、ウチのおふたりさん。
キミらはウチに来れてしわわせかね?
え?
どーだね?


140428-1_convert_20140427191325.jpg


大変なこともいっぱいあるけど、
少なくともオカアサンはキミらのおかげでしわわせだよ。


ト、いうことも再認識できたクルミちゃんのお話。
翠さんにも、
紹介してくれたトメさんにも感謝。





関連記事
スポンサーサイト

| | 07:16 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

クルミちゃん、ファイト

クルミさん、小さな命の生命力ってすごいですね。この数年続けて腎不全の猫とくらし、二十歳超えの婆猫は見送り、今はしくろとゆう腎不全猫と暮らしています。何があっても、猫たちは命の有り様そのままに、ただ生き抜く、そのそばに居合わせること偶然であっても幸せだと私はおもっています。沢山の宝物をわけあってくださいませね~♪りー様留様、心に残るお話ありがとう。タナチャン、ワッチャンは絶対幸せですよ~♪りー様がいてくれるのですもん。

| ごえもんのオカン | 2014/05/03 10:49 | URL | ≫ EDIT

なんかもう

勇気と慈愛のシャワーを浴びてクルミちゃんは回復してるんですね。
助けてもらえた1日で一生分の幸せを感じたんじゃないかなあ〜なんて思ったら、おばちゃんもう涙ダーダーです。
人も猫も万歳!

| うな | 2014/04/30 09:27 | URL | ≫ EDIT

コメントどうもありがとうございます!

>きよさま、ホントにそうです。タナわちも幸せだと思ってくれてるといいんですけどねえ〜あいつらはどうだか…ww


>ドラたんさま、覚悟しつつの毎日だろうと思いますが、1日でも長くって思います。


>ユミさま、はい本当にそう思います。


>みっちょんさま、うん、ほんとに。


>まゆんさま、誰にでもできることじゃないと思います。


>kosantaさま、そうならいいですけどねえ〜ホントのところはわからないし、飼い主がしわわせなら猫もしわわせのはずってことで。


>サニー山田さま、まったく同感。クルミちゃんにも気持ちが通じてると思う。


>翠ちゃんさま、ホントにありがとうございます!とワタシからもお礼を。クルミちゃんにも翠さん一家の気持ちが通じてますよね。このしとたちはしんようできる…って思ってくれてる。お別れは誰にでもどのコにもやってくる。でもクルミちゃんの貴重な時間が、冷たいまま悲しい気持ちのままじゃなく、やさしくあたたかいものになって、本当によかったと思います。まだまだ大変なことがたくさんあるかと思いますが、1日でも長くクルミちゃんと翠さん一家が一緒に過ごせますように。



ウチらしくなく、ちょっといい…いやかなりいい話でしたね(笑)。クルミちゃんがんばれ。

| ワタナベリリコ@管理人 | 2014/04/29 18:11 | URL | ≫ EDIT

安心して抱っこされてるクルミちゃん、じーんとします。。。
本当に翠さんご一家に巡りあえて良かったね。

タナわっちもオカアサンと会えて良かった。
お蔭で私も可愛い君たちの姿に会えたよ♡

| まめ | 2014/04/29 15:53 | URL | ≫ EDIT

クルミちゃん、可愛い(*^_^*)
みんなの優しい気持ち、とっても嬉しい。
ありがとう。
ニャンコは自分にとって
最高のおうちを選べるんだと思う。

| うりぼうのママ | 2014/04/29 09:45 | URL |

正直、最初に翠ちゃんからメールもらった時は、連れて帰っても悲しい思いするだけだろう・・・介護も大変だし、って思った。

でも、じゃあ一度助けた命をどうする?
また捨てるのか?
子供の目の前で?

そんなコトできるわけないよね。
そして実際、翠ちゃんはそんなコトしなかった。

ふかふか毛布を用意して、ペットシーツを揃えて。
オムツを工夫したり、可愛いオムツカバーやおくるみを探したり。
獣医さんから点滴や注射のやり方教わって。

大変な介護の中でも、前向きに楽しんでやっている姿に、ほろほろ、ほろり。

最近、涙もろいんだー、ワシ。

ブログに載っけてくれてありがとね、リー。


| 留吉 | 2014/04/28 19:31 | URL |

皆さんありがとうございます!

私が、クルミのママ?(^^;;の翠です。
皆さんのコメント、本当に感謝しています。
また、このブログに載せて頂き、皆さんのコメント読んで、涙がでました・・・
こんなにも、沢山の方が、クルミを応援して下さって、クルミは本当に幸せだと思います。
当初、病院に連れて行った時に、獣医さんから、気休め程度ですが、点滴ぐらいしかできないと、言われ、今日一日もたないと、言われました。その時な名前もなく、事情を説明して、入院させました。
翌日の夜、お迎えの時、クルミのお部屋とともに、発砲スチロールと、保冷剤、綺麗な布を準備し、また動物の合同火葬の場所も見つけた上で、迎えにいきました。
獣医からは、連れてきた時よりもほんの少し回復はみられますが、急変の覚悟を宣告されてました。
翌日、昼から外出予定があったため、昼から夜まで、半日病院に預けました。
お迎えに行ったら、一晩我が家で介護しただけのクルミは、私の手に顔をなすりつけ、一言、ニャアと・・・涙が止まりませんでした。
病院でも、食事はやっぱりでき出ないと聞かされ、今後、自宅で点滴をすることにしましたが、おもった以上の回復で、動き回るため、注射に変更しましょうと、なり先生が準備している間に、もう一度、私がクルミにご飯のお皿を近づけると、いきなりガツガツ!
もう、ビックリしました。
上の歯はなく、歯肉炎が化膿して、少しむせていましたが、生きようとする力を見る事ができ、なんとしても、この子を一日でも長く暖かい場所で、見守りたいと思い、すでに10日は経ちました。
今は朝晩の抗生剤と、ご飯は少し、ミルクはスポイトで美味しそうにペロペロしてます。
紙おむつも、猫用は容量がなく、昨日一日外出したら、漏れてましたね。で、今朝、人間の新生児用を尻尾を出す穴を開けて、昼から外出。
大成功でした。オムツ交換も慣れてきて、拭き拭きしても、気持ち良さそうな顔してます。
クルミには、命の尊さを教えてもらい、私達のもとに来てもらい、感謝しています。
長くなりましたが、本当に皆さんありがとうございます(*^_^*)
これからも、一日一日がクルミにとっては戦いですが、この愛おしいクルミを最期の日まで、愛情を注いで行きたいと思います。

| 翠です(*^_^*) | 2014/04/28 17:36 | URL | ≫ EDIT

クルミちゃんがまた人の愛情を感じることが出来て幸せそうで本当によかった!
翠ちゃんの行動力、愛の深さ、頭が下がります。子供たちもそんなお母さんの姿見て優しい子に育ったんだね。
少しでも長くあたたかい時間が過ごせますように。

| サニー山田 | 2014/04/28 15:57 | URL |

こんにちは

クルミちゃん、娘ッコちゃんに見つけてもらえてよかったね。
幸せな熟女ライフを送ってください。
タナわちののほほ~ん顔を見ればしわわせに決まっとるがな。

| kosanta | 2014/04/28 14:07 | URL | ≫ EDIT

朝、化粧終わってから読んで危うくやり直しになりそーでした。(;_q)
クルミちゃん良かったね♪

翠ちゃんさん素敵♪♪

| まゆん | 2014/04/28 13:15 | URL |

すてき

| みっちょん | 2014/04/28 10:34 | URL |

素敵なお話聞けて嬉しかったです!
一日でも長く幸せが続きますように☆

| ユミ | 2014/04/28 09:25 | URL |

おはようございます♪

クルミちゃん、良いかたにめぐりあえて良かったね!お顔が優しくなってる!!本当に感謝です。ずーっと生きてほしいです。

| ドラたん | 2014/04/28 08:19 | URL | ≫ EDIT

o(^-^)o

おはようございます(_)

クルミちゃんだんだん顔が優しくなってきていますね(^^)

1日でも長く元気でいてもらいたいですね(^^)

タナちゃん、わっちゃんも幸せだと思いますよo(^-^)o

| きよ | 2014/04/28 07:30 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<