PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わっちゃん誤飲事件の顛末。

ゴールデンウィーク中の日曜日の朝だった。

いつも通り、わっちゃんと一緒に3Fにあしょびに行ったとき、
ゆかに青いプラスチックの棒が転がっていたのだった。


DSC_2136_convert_20160515235057.jpg


これ。

あれ?これってあの棒だよな…なんでこんなとこに転がってんのかな…。
ト思いながら拾い上げ、いつも通りわっちゃんとあしょんで2Fに戻り
おもちゃをしまっている棚に一緒に入れて、仕事に向かった。

オープン時間に間に合うように黙々と仕込みをしながらも
それがずっと気になっていた。

あの棒…。
こないだ掃除した時はなかったはずだけどなあ…あったっけ…。
あったのかなあ……てゆーか、あれ。
あの棒だけって洗面所に置いてあったやつだよな…いや…あれは
こないだ捨てたはず……ならなんで棒だけ転がってたんだ??

実は、あの棒。


DSC_2138_convert_20160515235128.jpg


もともとはこんな状態のもの。
40cmちょいくらいの棒の先に4cmくらいの細いブラシがついている。
排水口の掃除をするブラシ。5本入り。
先っぽの黒いのが虫のようにみえるのか、ココ最近ずっと
うちの2ぴきのお気に入りおもちゃになっていた。

うーん…おもちゃ棚に3本あったはず。
で、残りの2本のうち、1本はだいぶ前に棒だけになって洗面所にあって、
もう1本は風呂場にある。
あれ?ってことは…3Fに転がってた棒は…
おもちゃにしてたやつでしまい忘れた1本ってことか?
ってことは…頭のブラシは???
頭のブラシ……でもあれ、おもちゃに使い出した時、試しにぐいぐいやってみたけど
取れなかったんだよな……ってことはやっぱり洗面所に転がってた棒が3Fに…
いやいやいや……それはないわ、捨てたはずだもん……。

仕込みも終わり、オープン準備にとりかかった頃にはどうにもこうにも
不安で不安で、念のため確認することにした。
まずブラシの数を確認。
風呂場に1本(頭付き)。
おもちゃ棚に2本(頭付き)と、さっき3Fで発見した頭なしが1本…。
やっぱりない。
やっぱりこの頭なしはおもちゃのうちの1本だ…。
……でも頭は取れないはずなのに。
ト、ブラシ部分をぐいぐいやってみた。
取れない。もう1本も。取れない。次の1本も………


DSC_2140_convert_20160515235144.jpg


取れた……!!!
2本は全然取れなかったのにこれ取れたよ!!
ちょ、どーしよう!!ブラシ取れちゃう!!
もしかして…わっちゃんが取ってないよね?
わっちゃん、飲み込んでないよね?!!!
どうしようどうしょう!

基本、タナちゃんはこういう固いおもちゃにはそんなに食いつかないので
飲み込むとしたらわっちゃん。

オープン準備をそこまでにして、まずは3Fにブラシ部分を探しに行ったのだが
もちろん見つからず。2Fも探したが見つからず。
結構チカラを入れないと引っこ抜けなかったので、まさか猫じゃ無理だよな……
ト思いつつも実際問題ブラシがない。


DSC_2143_convert_20160515235243.jpg


このサイズ。
なにかのきっかけで抜けたとしたら、わっちゃんが飲み込む可能性大。
てゆーか、もう、そうとしか思えない。
どうしよう…どうしよう…わっちゃん飲んじゃってたらどうしよう…。
ブラシだけならもしかして出てくるかもしれないけど、これ針金だよ!
半泣きでおたおたしつつ、まずトン先生に電話するももちろん休み。
どうしようどうしよう。どうしよう。
「ここ、日曜日でも12時半まで診察って書いてあるから行ってみよう」
タウンページを手に姉。
場所どこ?
「近いよ、クルマで10分!」
でも病院行ったところで…
「念のためレントゲン撮ってもらおうよ、針金だから写るじゃん」
そっか!
「写らなかったら安心だし、写ったらその時にまた考えよう」
う、うん!!
わっちゃん確保してくる!!


ちょうどオープンの時間になっていたけども、ランチタイムをどっちかひとりで
こなすというのは無理なので、オープンが遅れる旨を書いてふたりで出発。


DSC_2142_convert_20160515235203.jpg


初めての病院。
待合室はそこそこ混んでいた。この待ち時間がつらい。
トン先生のところは予約制なので、普段待つことがないのだ。
やさしそうな先生でよかったね。
わっちゃん飲んでませんように。
写りませんように。
結局1時間以上待ったあと、ようやく診察。
「そうですか、ではレントゲン撮りましょうか」
ブラシを見せつつ説明するとやさし先生がやさしく言った。
「金属なので写ると思いますんで」
はい〜!よろしくお願いします!!
キャリーの中で固まったままレントゲン室に連れて行かれるわっちゃん。
わっちゃんがんばれ。
わっちゃんなにも写りませんように。
飲んでませんように。
写りませんように。

そして結果。
「……ごめんなさい、写らないんですよね……」
え……。
「金属だからわかりやすいと思ったんですが、思ってた以上に針金が
細かったようで、あと朝ゴハンもたっぷり入ってて、ちょーっと……」
やさし先生が申し訳なさそうに説明をしてくれた。
レントゲン写真を見ると確かにまったくわからない。
むーむーむー……。
どうしよう…。
やさし先生が画像の濃さをいろいろ調節してくれるのだが、それでも
全然わからない。
もし胃の中にあるのなら、吐かせる、または内視鏡で取り出す。
または自然に出て来るのを待つ。
「一度、かかりつけの先生に相談されてもいいかと思いますよ」
はい、そうします。ありがとうございました。

結局、なにも解決しないまま2時間。
わっちゃんは元気だし、朝ゴハンもしっかり食べたし、
一見何ともなさそうなんだけどなあ。
でもどうしよう、腸の方にいったら手術になっちゃう。
うまいこと出て来るなんて考えらんないし。
針金なんだもん…どっかに引っかかったらどうしよう…。

とりあえず開店はしたものの、わっちゃんが心配で心配で、
さらにいつもおもちゃはきちんとしまっていたつもりだったのに、
なんで出しっぱなしにしてしまったのか、ワタシさえちゃんとしてたら
こんなことにはならなかったのに。
今こうしててもわっちゃんのお腹の中でブラシが移動してるかもしれない。
わっちゃんに何かあったらワタシのせいだ。

ずーーーん…と凹んだままのワタシを見かねてか、夕方、手が空いた姉が
「今度、あたしが探して来るわ!ブラシ!」
え…でもしっかり見たよ?
「こーいうの探すのあたしのが得意だから!』
うん……あるといいなあ……。

自己嫌悪にどっぷり浸かったまま通常業務をこなすこと15分あまり。

「リリさん」
姉が店に降りて来た。
「病院に持ってったブラシ、今も持ってるよね?」
うん、ここに。
「じゃあ、あったよ!」
へ?!
「ほら!棚の中、全部どかしたらあった」
ほんとだ!!!
「多分、ドアにブラシが挟まったまま棒を引っ張って、抜けたんじゃないかなあ」
そうか!!
「それくらいじゃないと抜けないでしょ、このブラシ
頭が抜けてるの気がつかずに3Fに持ってったんじゃないの?
それでそのまま置いて来ちゃった、とか」

………はぁ〜〜〜〜〜〜よかったぁーーーーーー。

わっちゃん飲んでなかった!わっちゃん誤飲してなかった!!
わっちゃんなんともない!
よかったよぉーーーーー。

大げさじゃなく、膝が崩れた。
涙がデタ。


DSC_1977_convert_20160515234642.jpg


病院から帰って来たばかりなのに
なぜかまたむっとした顔でキャリーに入るわっちゃん。

わっちゃん、ホントにごめんね。
なんにもしてないのに急に病院連れて行かれて、
レントゲン撮られて。
ホントにごめんね。ごめんね。


DSC_2091_convert_20160515235005.jpg

「オカアサン、うしがこんなとこはいってるよ」


遊んだあとはきちんとおもちゃを片付けることにしている。
ちゃんと片付けてはいるけども、それがいつの間にか無意識になってた。
だからこんなことに。
ちゃんと意識してないから、こんなことに。


DSC_2090_convert_20160515234659.jpg

「うしー、どしたんだよ〜」ごりごり〜〜。


なんともなくてホントによかった。
ほんっっっっっとにほっとした。


DSC_2113_convert_20160515235043.jpg



オカアサン、海より深く反省。
そして、わっちゃんがどんなに大切か身にしみてわかった。
もちろんタナちゃんも。
そんな大事な2ぴきのためにも、
おもちゃはきちんと確認しながらしまうこと。
ビニールをシャクシャクするのが大好きなわっちゃんのために
ビニールもしっかりフタ付きのゴミ箱に捨てること。
ゴムを噛んじゃうタナちゃんのために、バッグの中にもゴムやヒモを
入れておかないこと。
そしてそれをちゃんと意識すること。

何年猫と暮らしてもホントにダメなオカアサンでごめんね。


関連記事
スポンサーサイト

| | 07:30 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

連休中のわっちゃん病院はそういう事情があったのですね。
リリ様もおねい様も生きた心地しなかったことでしょう(/_;)
良かった、わっちゃんなんともなくて良かったよ~!!

| まめ | 2016/05/18 00:06 | URL | ≫ EDIT

何事もなくて

良かったです。
私もどっきどきで読みました。
ほんと他人事じゃありません。
怖い怖い。
気をつけなくちゃーと改めて思いました。

| チャチャ猫 | 2016/05/17 13:28 | URL | ≫ EDIT

わっちゃん、何事もなくて良かった。
タナちゃんはおとーとを心配しているような。
ここぞとばかり、にーちゃんぶってるような。

| kosanta | 2016/05/17 10:56 | URL | ≫ EDIT

どきどきしながら拝見しましたが、
わっちゃんに何もなくてほっとしました。
長年猫と暮らしてると動作が惰性になってしまうこともあります。
でも猫は普段やらないことを突然やったりするもの。
ときどき気を引き締めないといけないんですね。

| からかる | 2016/05/17 07:39 | URL |

他人事じゃない話、これ猫飼いさんなら一度は経験あるんじゃないですかね?
かく言うワタクシめも、単なる疑惑から実際に誤飲、何度もあります(おい!)
ホントに血の気ひくよねーー
あのコたちの、ゴハンや水やオモチャやベッド…与えるのは誰でもない自分だってこと、肝に命じましょうぜ。

あー、でもわっちゃん、ホントに良かった良かった。

| 留吉 | 2016/05/16 23:06 | URL |

(^^;

こんにちは(_)

タナちゃんこの時は強気に出ていますね(^^;

いくらわっちゃんが大食いでも食べる事はあるのかな?

とりあえずお姉さんがさきちょを見つけてくれ一安心ですね(^^)

| きよ | 2016/05/16 17:13 | URL |

こんにちは!

飲んでなくて良かったですね🎵おかあさんの愛、深いね‼おかあさんの愛に涙が出ました。ありがとうございます🎵わっちゃん、しあわせもんだね🎵

| ドラたん | 2016/05/16 12:48 | URL | ≫ EDIT

誤飲してなくて良かったですね‼︎元気でいてくれるって普段はあまり気づかないけど、本当に凄い事ですよね(^_-)

| ユミ | 2016/05/16 11:29 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<