PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

龍と大仏とニャガタ先生。

長い冬眠から覚め、ようやく出かけることにした。
行き先は面白スポット満載の岐阜。
前から気になってるところをまとめてやっつけてやろう。


170329-1.jpg


まずやってきたのは羽島にある本覚寺。
ここには龍の天井画があるらしい。
どれどれ。


170329-2.jpg


その前にまずはこのおびんずる様を。
なになに?悪いところをなでておびんずる様をなでて………
………てか……まず何より…
おびんずる様がこわい!
おびんずる様、目が笑ってないって。


170329-3.jpg


さてこちらが「雲龍の絵天井」。
おおー、さすがの迫力。
もともとは幕末期に描かれたのだが1891年の濃尾地震で破損してしまい、
その後日本画家の森村宣稲によって修復されて現在に至る。


170329-4.jpg


八方睨みの龍を堪能した後、御朱印をいただこうと呼び鈴を鳴らしたところ
ご住職の娘さんらしい小学女子が登場。
「300円いただきます」
はい、お願いします。
「しばらくお待ちください…えっと…」
ト、ご住職が現れるまでの間が持たないらしい小学女子。
「あー…(ワシの御朱印帳をパラパラ)…けっこうあちこち行ってますね」
小学女子、渾身の世間話。
だがしかし、上からなのは否めず。

……はぁ、まあ。
そりゃな、多分アンタが生まれる前からあちこち行っとるでな…。

さ、次いこー。


170329-5.jpg


本覚寺からすぐのところにある佐吉大仏。
江戸時代の商人で仏佐吉と称えられた永田佐吉によって建立された釈迦像。
台座を入れて約5m。
大仏って調べるとわりとあちこちにあるもんだ。
特にこの佐吉大仏は、気軽に誰でも入れるようになっていて
ご近所さんにも愛されている。


170329-6.jpg


背中に穴が……。
もしやこれは…。


170329-7.jpg


大仏の周りにはぐるりと佐吉の一生がイラスト付きで紹介されている。
ふむふむ。


170329-8.jpg



『佐吉はよく働きました。
根が正直な佐吉は綿の売買をするのに秤を使わず、相手のいう値段で取引をしました。
このように人を信用し、正直に商売をしていたので、大変繁盛し…』

正直に商売をしていた佐吉。
それにしては……



170329-9.jpg


この顔は……。


170329-10.jpg


そんな佐吉の一生が双六になっております。
戦前に作られたものを現在復刻して、お参りした人なら持ち帰り自由。
色合いといい絵柄といいなかなかよろしい。

さて、先ほどの大仏の背中の穴。
佐吉大仏、実は胎内に入れちゃうのだった。
御子孫の永田さんが管理されているということで、一声かけると。


170329-11.jpg


永田さん登場。
「はいはいはい、とにかくしっかり掴んでね」
はーい。
「とにかく落ちないで」
はーい。
「しっかり掴んでれば大丈夫だから」
…えーと…ワシの足腰がおぼつかないの、そんなにバレバレなんだろうか…。


170329-12.jpg


脚立を使って台座に登り、はしごで胎内によっこいしょ。


170329-13.jpg


中は思ってたより狭い。
なぜならいろんなものが置いてあるから。
金庫まであるし。


170329-14.jpg


お経が一文字ずつ書かれた石も置いてある。
ナムー。


170329-15.jpg


なかなかできない体験もできたし。
ト、そろそろ帰ろうかとハシゴを外したりしていると
「終わった?」
ト永田さんの声。

ありがとうございましたー!
「じゃあコレも。せっかくだから」
はい?


170329-16.jpg


でかい木魚と磬子を鳴らさせてくれるという。
「叩くんじゃなくてね、こう、肩の力を抜いてスコーンと落とすだけ。
重いから力を抜いて落とすだけでいいから」
はぁ。


170329-19.jpg


「こう、ね」
ポコーーン!
「こう」
ポコーーン!
「音が全然違うでしょう?」
ポコーーーン!

永田先生……。


170329-20.jpg


「こっちは、こうまっすぐ持ってヘリに当てる。
鳴らそうとしないで上に向かって当てる。
こう、ね」
ゴォォォォォン!
「響きが違うでしょう?こう」
ゴォォォォォン!

磬子乱れ打ち。
永田シェンシェイ……。


170329-21.jpg


こんな感じだろうか…。
ゴォォォォン!
「ん!いい音だ!でも普通は左手で打つけどね」
ああ、そーか。
どーりでなんとなくヨシキみたいになっとるなと思ったんだ。
いや、なってないから。


170329-22.jpg


木魚、パコーーン。


実はこの後、永田先生の『永田佐吉の一生と大仏の管理』の講義が続き、
木魚と同じくらいワシの腹の音が鳴り響いたことは内緒。
永田先生には聞こえてませんように。









<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

どうもありがとうございます!!

今度は『猫』カテです!!ヤッタ!!

関連記事
スポンサーサイト

| パラダイス | 08:15 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

o(^-^)o

こんばんは(_)

なかなか楽しく見学、体験をしていますね(^^)

鎌倉の大仏も200円を払えば中を見れますよ(^^)

| きよ | 2017/03/29 22:11 | URL |

おはようございます\(^_^)/

いやぁ、楽しかった❗旅いいですね🎵ぜひいcつてみたい

| ドラたん | 2017/03/29 09:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<