FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

常滑散歩・炎のワークショップ・

今年一年はとにかくいろいろと大変だった。
まず気力と体力がもたなくなったのがいちばん大きいかなと思うのだが、
ワタシのまわりでもいろいろ環境の変化があったりして
地元の友人ともほとんど会えなかった。
でも年に一回くらいはみんなで集まろう!ト相談して
ランチ忘年会を開催。


191210-1.jpg


そしてそのあと、焼き物で有名な常滑市に移動。
以前にも来たけど、やっぱりいいな、ハァハァ。
「私たち初めてだよ、ハァハァ」ト、としちゃんやまちゃん。
まじでー?いいとこだよ、ハァハァ。

なぜハァハァ言っているかというと、
まゆみさんが行きたいカフェがあると言ったから。
どこよ。
「こっちだと思う……うん」


191210-2.jpg


少々不安げなまゆみさんの道案内であっちだこっちだ
坂をのぼったり下ったり。
……ああ嫌な予感がする。
「………あ!」
やっぱり。
月曜休みってよくあるもんね…。
「ごめん…」
まあいいよ、お昼の豪華ランチも消化できただろうし。
とはいえ休憩しよう。
元の場所に戻って。


191210-3.jpg


12月の寒空におばちゃん4人のうち3人が
冷たいドリンクを注文するという事態に
お店の人も「走ってきたんですか?」ト半笑い。

またゆっくり来なきゃいけないなあ。
でも今日はこれから行かなきゃいけないとこがあるからな。


191210-4.jpg


おお、ここだここだ。


191210-5.jpg


ナヌ!
「アメトーーク 12/19放映予定 
ホリケンさんが体験されました」
とな。
ワタシたちと同じのを体験したのかしら。
そう、わしたちは今からここ、グラスワークス・楽さんで
吹きガラスの体験をするのだ。


191210-6.jpg


わーー、めっちゃ綺麗!!
…こんなのは作れないけど。


191210-7.jpg


こーいうのが作れるのか。
作れるのか。
……ほんとに作れるの?
できない気しかしないけど。

藤原組長似の店主さんに手順を説明されるにつれ
どんどん不安になるおばちゃん4人。

「参加者さんはちょっと空気を吹き込むだけで、
あとはほとんどスタッフが完成させる
という体験教室が多いんですが、
うちは危険なところ以外はご本人にやっていただくので」

で、できますかね?

「サンプル通りの綺麗なものができるとは思わず
あくまでイメージで」

ふむふむ。

ということで、大体の希望の形と色の入り具合を
藤原組長に告げる。


191210-8.jpg


ガラスの塊をとる藤原組長。
「シャボン玉のイメージでふーっとやってください」
ふーー、ですね。
「この棒はずっと回していないとガラスがどんどん垂れてしまうので
絶対に握らないでくださいね」
ハイ!
「棒は回ってるんですか?」ト、やまちゃん。
「はいずっと私が回してますので大丈夫ですよ」
「棒は回ってるんですか?」ト、まゆみさん。
「はい、だから絶対握らないでくださいね握ると止まっちゃうので」
「回ってるのに空気を吹き込むんですか」ト、やまちゃん。
「回ってるのに握らずにフーってやるんですか?」ト、まゆみさん。
「回ってるのに空気を?」ト、やまちゃん。
「回ってるのに口をつけて空気をいれるんですか?」ト、まゆみさん。

キミら、うるさいな!!


191210-9.jpg


「フーー」
吹くとしちゃん。

おおおおおーー。
膨らんどる膨らんどる。


191210-10.jpg


ちょっと膨らんだ塊を、
色ガラスの細かいカケラの上をゴロゴロっとさせて色をつけ、
またガラスを足してまた吹く。


191210-11.jpg


熱いときはまるで発光してるみたいに眩しい塊が。


191210-12.jpg


すぐ色が変わってゆく。


191210-13.jpg


また温度をあげて。


191210-14.jpg


今度は切り口をつける。
これがもう難しいことこの上なし!
左手で棒をゴロゴロさせながら、右手で切れ目をいれる。

「大事なのは左手と右手を同じタイミングで動かすことです」

ゴロゴロ……ゴロゴロ……。
まるで座頭市があんまをするような手つきで
イメトレを続ける見学3人組。


191210-15.jpg


右手を意識しすぎると左手が止まり、
あっという間にだら〜と垂れるガラス。
ヒーヒー言いながらなんとか切れ目を入れてカットした後、
今度は飲み口をいい感じに広げる作業。


191210-16.jpg


さっき切れ目を入れるのに使ったカニバを
今度は持ち方を変えて差し込む。
この使い方でグラスのかたちが決まる。

「まゆみさん!カニバの持ち方が違う!」
「え?こう?」
こう!
「こう?」
こうだよ!
「えー?こう?こっち?」
「90℃まわして!」
「こう?」
あーーちがうー!

体験はひとりずつなので見てるうちに手順はわかってくるはずなのに
見るのとやるのは全く違って
その場になるともうあわわあわわで全員テンパるテンパる。


191210-18.jpg


それでもなんとかできあがり、
丸一日かけてゆっくり冷まして完成の予定。
ワタシのはこの一輪挿しを目指したのだが
果たしてどんな感じに仕上がるかなー。

ト、お会計になったところで問題勃発。
まゆみさんの財布がない。
よく探した?コートのポケットは?
「見た見た」
こっちは?
「ない」
トイレとか。
「なかった…さっきのカフェに置いてきちゃったかな」
うーん…レジで会計だったしそのあと財布だけ置いてくるかね。
「ここまでの間に落としたとか」
うん、それかも。
「いっぺんさっきのカフェに戻って聞いてくる」

えらいことになったな。最後の最後に。
「あるといいけど…」
だねーー。
立て替えして工房を出てまゆみさんのあとを追うも
すぐしょんぼりした姿のまゆみさんを発見。

「なかったー」

うむむう。
「もう一回ゆっくりバッグの中身確認してみる」
そうしよう。
ト、さっきのカフェの系列店のパン屋さんの外のイートスペースの場所を借り
ガサゴソするもやっぱりない。
「誰かが拾って警察に届けてくれてるかな」
それならいいけど…カードとか止めないといかんね。
「うん……」
あ、ねえ、ここのパン屋さんにも聞いてみた?
「いや、聞いてない」
念のため聞いてみようか。


191210-19.jpg


あの〜財布の落し物って届いてないですか?
「あ!ありますあります!」
ひゃーーー!!あるってよ!!


なんと運のいいことか。
このあたりで拾ってくれた方がパン屋さんに預けてくれたらしい。
ありがとうありがとう!お礼にパン買います!



191210-20.jpg



いろいろあっても結果は良し!
来年もそんな一年でありますように。


そして吹きガラスのワークショップはまたチャンスがあったら
やりたいくらい楽しかった。
みなさんもぜひ。


以前の常滑散歩
見てみたらなんと2009年だった!
10年前!!10年前!!


タナわちカレンダー2020 発売中です>
20191122_114410_convert_20191205171542.jpg
ほとんど更新もしていないのに
ご注文くださってありがとうございます!!
木曜から発送します。

ご注文はこちらから→リアル雑貨茶屋通販ページ
ご注文の際の注意点もお読みください。
よろしくお願いいたします!



<ブログランキング参加中です>
バナーをクリックしていただくと、ブログランキングページに飛びます。
それでポイントが入る、という仕組みです。
1日一回毎日一回日々是一回。
どーかひとつ、よろしくお願い致します。


1日一回、この↓バナーをクリックしていただけるとヒジョーにうれしいです。

応援クリックどうもありがとうございます!励みにしています。
関連記事
スポンサーサイト



| パラダイス | 17:45 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

トメさま

常滑も変わったなあ……なんて思いながら歩いてたんだけど
そりゃそーだわなー10年も経ってたんだもん。
こわいわー。

| ワタナベリリコ | 2019/12/17 18:53 | URL |

kosantaさま

冗談じゃなく、10年????と
スットンキョーな声が出ました。
コワイコワイ。

| ワタナベリリコ | 2019/12/17 18:48 | URL |

藤原組長ってゆーより、田中要次だと思うんだけど。

常滑かぁ、ついこの前も行ったよね、とか思ったワシも
かなりのもん。

| 留吉 | 2019/12/13 12:31 | URL |

待ってましたよパラダイス!
ガラスの仕上がりも気にかかるところですが、
10年前の常滑を「また行ったの?」と思った私の
記憶力も時代を超えていることをご報告いたします。

| kosanta | 2019/12/12 10:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<